Photo Album

 

 

 

 

 

  

 

PHOTO ALBUM  

 

 

 

 

しまっておきたい大切なきもち

とある出来事

  忘れえぬひと

 

 

 

 

 


人は誰でも 心に蔵を持っている

 

 

 

それらが 過去の一ページへと風化するのを待つためなのか

ときには そこに鍵をかけ…

 

 

もしかすると それは

本意とは裏腹に 忘れてしまいたい物悲しさを ともなっているのかもしれない

 

 

光も届かない狭い空間に封じた記憶たちは

やがて 熟成し 美しい思い出にかわる

 

 

 

蔵に生きるのは もうよそう

白い扉を閉めて 歩き出そう

僕らの間に 新しい時を刻むため

 

 

No.84 2005.08.06

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


 

 <Page Back