Photo Album

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM  我 王

 

 

 

 

 

たしか てんとう虫は 冬眠をして 次の年の春まで 生きると記憶している

12月にてんとう虫を見たのは 初めてだ

手のひらに乗せて じっと見つめていると 

手塚治虫の 「火の鳥」を思い出した

 

 

 

醜い鼻を持った 我王という男が登場する

極悪非道 悪の権化のような 我王がただ一度 

命を救ったのはてんとう虫

美しい女性に転生して妻となり そうとは知らず恩返しをうけるが  

愛するがゆえに 疑い 憎み とうとう愛しい妻を斬ってしまう

「あの時救ってくださって ありがとう。 これで恩返しができました。」

そう言って 息を引き取る

名を変え 姿を変え 醜い鼻を持った男は

そのあとも何度も転生して少しずつ 優しい心をもつようになる

そして 火の鳥に遭遇し 実はあの時

 

 

手のひらにのっていたのは 自分の方だったことに気付くのだった

 

そんなストーリーだったように思うが、間違いがあればご容赦ください。

 

 

 

 

撮影のあと この不思議なてんとう虫は

突然羽を広げて どこかへ飛んでいってしまった

しばらく探したが どうしても見つけることはできなかった

 

 

 

No45

2002.12.06

  

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


 

 <Page Back