Photo Album

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM  一枚の絵

 

 

 

母から届いた便り

 

一枚一枚 手書きしたのだろうか

むくげの花が 描かれてあった

 

 

60を過ぎてはじめた水彩画が

こんなにも上達している

 

輪郭をかたどる素描がそのまま残り、

大胆で滑らかなタッチは

母の年輪を物語っている

 

けっして 媚び諂うことはなかった

幾たびもの悲しみ 苦しみを越え

我が道を 飄々と生きてきた母

心配で 電話したことなど一度もない

文字にはそれまで見えなかった力強さ さえうかがえる

 

……人様の前で母を誉めるとは あきれ者だ……

 

そんな母も 何年かぶりかで会うたびに年老いていく

いつまでも母の子でいたいと思った

 

むくげの花が真っ赤な紅を差し

笑っているかに見える

No.5

 

 

No39

2002.09.04

 

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


 

 <Page Back