Photo Album

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM  こおろぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

『 こおろぎよ。

お前にはお前の住む場所があり、

なすべきことがある。 

それは 生まれ落ちたとき

 すでに決まっているのだよ…… 』

 

ずいぶん昔

燃えよカンフーという

アメリカンホームドラマがあった

主人公"ケイン"の父はアメリカ人。

中国人の母を幼い頃になくして少林寺にひろわれる

修行を終え 父にあいたい一心で 単身 開拓時代のアメリカ西部へ渡る

様々な人に合い、助け助けられ 傷ついた人を癒しながら 旅をする

幼い頃ケインは僧たちに"こおろぎ"と呼ばれていた……

 

 

少林寺の門前には 何年か前の自分と同じ境遇の子供たちが 救いを求めて並んでいる

 

「 先生 どうか あの子達を中へ。 私が身代わりに外へ出ます。 」

 

 

 

少林寺の使い手 盲目の高層は

こおろぎを中庭に導いた

『 私には見えないが

いい香りだ。

美しい花たちが咲いているだろう。

 

彼らはやがて その命を終え

実をつける。 』

『 風に、鳥に身をゆだねて運ばれ

 それぞれの場所に落ちるだろう。 』

『 あるものは肥沃な大地に

 あるものは荒野に

 またあるものは乾燥した岩場に…… 

そして、どの種もその場所で生き

 大きさや数に違いはあっても

 同じ花を咲かせるのだ。 』

 

 

 

「 先生 この世はあまりに無情です。なぜ貧しい環境に人は生れてくるのでしょう。私も肥沃な大地で育ち 美しい花を咲かせたかった。 」

 

 

 

『 果たして どうだろうか。』

『 何日もかけて荒野を越え やっとの思いで 乾燥した岩場に辿り着いた旅人が

岩のわずかなくぼみに

小さくとも懸命に咲くその花を見つけたとき、どれほど勇気づけられるだろうか。 』

 

「 ……っ 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 幸福の条件は生れ落ちた場所ではない。 

お前は お前の花を咲かせなさい。 』

 

『 そのために 今 私と共に ここにいるんだよ。 』

 

 

No38

2002.08.29

 

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


 

 <Page Back