Photo Album

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM  愛宕山 2

 

 

 

 

 

 

あれから 一ヶ月近くもたってしまった

 

忙しさのあまり 自分のことを後にしてしまう・・・というより

段取りの悪さか

 

 

この性格にあきれることがあるが

亡くなった祖母に教わったこと

6人の兄弟がいたそうだ

当時、圧倒的死亡率の高い 赤痢の流行で

6人中5人が感染し、祖母は必至の願いを込めてお百度参りをしたそうな

石段の途中、傍らに佇む旅の僧に出遭った

とある山のとある巨木の下にある石をおこして 「そこにいるミミズを煎じて飲ませるがよい」

嘘のような話しだか 本当らしい

おかげで3人が生き残った

そのうちの一人が 父だ

 

祖母にまつわる 不思議な話しは数々あるが

神がかった まさに救いの人だった

  

晩年を穏やかにおくり

静かに静かに消えるように 息をひきとった

 

 

 

 

30年たった今も

祖母の魂は そこかしこに 生きているような気がする

  

 

 

 

泡沫(うたかた)に身を投じて

 

なお

輝いて生きる

本当は それほど 難しいことでは ないのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No26

2002.04.24

 

 

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


 

 <Page Back