Photo Album

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM  法 の 番 人

 

 

 

 

徳川家康は 奥羽の覇者 伊達を恐れて

独眼竜【政宗】の長子 【秀宗】を偏狭の地 伊予の国に封じた

これが 彼の城だ

白鷺城に匹敵するほど美しい

天守閣は独立した珍しい作りをしている

学問や、交易、武術に力を注ぎ 小さいながらも 豊かな藩を築いた

 

 

年に一度

家内安全 子孫繁栄 五穀豊穣を祈って

牛鬼が 街を闊歩する

その巨体の後ろを ほら貝さながらの竹笛を吹きながら 20人ほどの子らがついて回る

牛鬼の咆哮である

その光景を初めて目にした子供は 必ず泣いた

そこいらの鬼ごときなら 恐ろしさのあまり たちまち離散するだろう

 

 

我が家の菩提寺の本堂にも

恐ろしい龍が住んでいる

 手を打つと 天井で地響きのように低く共鳴する

見上ると 雲の切れ間から こちらをにらんで蠢いて見える

ここで行われる 縁日の地獄絵図は 

祖母の解説付で 今でも忘れられない

閻魔様には どんな小さな嘘も見抜かれてしまう と教えられたからだ

人生のすべてが 走馬灯のように 一瞬で露呈してしまうという

過去に 一切のあやまちなどない ・・・と 言い切れる人はまずいない

気づいて善行を重ねれば

ひょっとすると

多めに見てくれるかもしれない・・・らしい

 

 

だがすでに 人生半ばをすぎってしまった

吊るし柿を盗んだくらいは 目をつぶってくれたとしても・・・・・

情状酌量か恩赦を願い出るほかなさそうだ

誰かに 手揉み 胡麻すりのコツを教わっておかないと・・・

 

 

 

No19

2002.01.15

 

 

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


 

 <Page Back