葵の上





総レースの着物を作った時、襲の袿の上に直に被せたらどうか・・・ということを試してみました。濃い色の無地だとレースの刺繍がとてもよくわかります〜。





葵の上は源氏の正妻でとても気位の高い女性でした。源氏より年上であったことに引け目を感じていて、ずっと打ち解けられずにいました。やっと夫婦がお互い理解したと思ったのもつかの間、嫉妬に狂った六条御息所の生霊に取り殺されてしまいました。夕霧の母です。





戻る