NPO法人 日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(HAT-J)
 
Himalayan Adventure Trust of Japan 
 北海道支部のホームページ   


Sir Edmund Hillary 
から元代表 田部井淳子(Junko Tabei)、エドモンド・ヒラリーと奥様
            北海道支部 会報名

    私ども日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラストの元代表でおられました、田部井淳子さんが2016年10月20日に腹膜がんにてご逝去されました。77歳でした。衷心より、哀悼の意を表します。

田部井淳子さんと北海道に関わった岳人からの投稿を掲載します。

【 田部井淳子さんと北大ワンゲルの仲間達 】
居酒屋
「つる」大内倫文店主(北大ワンゲルOB)2017/1/9掲載


速報 「田部井淳子さんを偲んで HAT-J北海道支部との関わり

日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(略称・Hat-J) 北海道支部事務局長 宮崎初恵

2016年12月18日 お別れの会 昭和女子大グリーンホールにて

 19942月の地元の新聞にアジアの若者たちと環境保護について理解を深めようと、「国際交流青少年環境体験登山94」が8月、十勝管内新得町のトムラウシ山(2141m)で開催されることになった。田部井淳子さんがボランティアの協力を呼び掛けている。】の記事が掲載されました。現支部長の花島徳夫氏と宮崎と英語の得意な女性の3人がボランティアで参加し、初めてHAT-Jの活動を知りました。
「国際交流青少年環境体験登山94」の後、北海道のHAT-J会員に呼びかけ19966月に北海道支部が発足しました。発足式には田部井淳子さんに講演をしていただき、次の日の「第1回清掃登山 空沼岳(1251m)」では一緒に登りました。6月の空沼岳は雪が残り、登山道はぐちゃぐちゃ道でした。田部井淳子さんが「泥沼岳だね。」と、楽しそうに語っていたのを思い出します。1967年の「第2回清掃登山 大雪・旭岳」にも田部井淳子さんに参加いただき、東川町で講演が行われました。次の日の登山には「大雪山パークボランティア」の方達と一緒に歩き、大雪山の現状と環境について説明を受けました。また、20009月の「第5回清掃登山 十勝幌尻岳」(雨天の為、然別湖白雲山に変更)に参加」いただきました。帯広市の「植村直己野外学校」で渡邊玉枝さんの講演が行われ、交流会では野外で一緒にバーベキューを楽しみました。
 田部井淳子さんがHAT-J北海道支部の清掃登山参加したのは初期の頃でしたが、支部を発足して戸惑いながら活動していた私達にいろいろな面でアドバイスをいただきました。
 北海道支部は、今年で発足20年になりました。本部の総会や各支部の活動に参加する中で、支部運営のノウハウを学び今迄続けられました。
 1215日に北海道支部では、田部井淳子さんが札幌に来た時に何度も訪れた事のあるHAT-J会員の店で「田部井淳子さんを偲ぶ会」をしました。13名の出席(会員外3名)で、北海道での田部井淳子さんの思い出を語り合いました。
 田部井淳子さんに出会った事で北海道支部が出来、また一人の登山家として身近に接し私達に大切なものを残していただきました。
 心から田部井淳子さんのご冥福をお祈りいたします。
                                      2016.12.24


----------------------------------------------------------------------------
【田部井淳子さんを偲ぶ会】を開催しまし。
2016年12月15日(木)午後6時半から11時半まで  北海道支部主催 場所 『つる』
参加者 杉林、和田、宮崎、大内、出村、佐藤、大槻、福重、石川、増子、花島(以上Hat-J会員)。
高澤、長谷川、豊島(一般参加)

 
会は田部井淳子さんの冥福を祈り、一分間の黙祷を捧げ、献杯をし始められました。花島より、1994年8月トムラウシ山、1995年6月空沼岳、1995年8月中国・朝鮮国境の長白山(白頭山)、1997年6月大雪山旭岳、2000年9月然別湖・白雲山の五つの山に田部井さんと一緒したことを紹介しました。「つる」店主の大内さんからも昔の懐かしい田部井さんに関わる話しが披露されました。出席の皆さんから、いろいろな思い出が語られ、お開きの時間を忘れ、深夜11時半、地下鉄、JRの最終に間に合いべく惜しまれながら解散となりました。順次、皆さんから提供された写真を今後少しづつ掲載いていきます。出席頂きました、皆さんに心より感謝申し上げます。
                              

平成28年事業報告 これまでの清掃登山20年の歴史
(小物入袋)協賛:秀岳荘
役員・事務局 北海道支部会則 しれとこすみれバックナンバー LINK

  
 今年から811日が国民の祝日「山の日」に制定されました。
これまで制定を目指してきた北海道山岳9団体で「山の日制定記念行事」が計画されてきました。その一団体としてHAT-J北海道支部は、この記念すべき日に札幌市の「三角山→大倉山」登山を実施しました。また今回は、札幌に居られる東北震災(3.11)被災者の方にもお声掛けして一緒に登山を楽しみました。

第1回『山の日制定』記念登山
                       三角山 311m(札幌市)


HAT-J
北海道支部主催

1回「山の日制定記念登山 三角山(311m)〜大倉山(307m)」報告

○期 日 : 2016811日(木)

○参加者 : 17名(会員8名 みちのく会7名 その他2名)

 北海道山岳9団体(日本山岳会北海道支部・北海道勤労者山岳連盟・道央地区勤労者山岳連盟・HAT-J・山のトイレを考える会・札幌山岳連盟・北海道山岳ガイド協会・日本ヒマラヤ協会)で、「山の日制定記念事業」を行う計画を4月から決めて話し合ってきました。北海道の各山岳団体がそれぞれの日程を決めて、チラシを配布し一般募集しました。

 HAT-J北海道支部は、東北震災被災者の団体「みちのく会」に声をかけて一緒に登りました。三角山は311mの山で、「みちのく会」の方から「不思議な縁を感じる。」と言う感想をいただきました。

 845分に地下鉄28丁目駅バスターミナルに集合し、バスで山の手登山口に向かいました。登山口で4人家族と合流し記念写真を撮った後、945分に登山を開始しました。

 少し急な道を15分程登って行くと、宮の森コースとの合流地点であるこぶし平広場に着きました。一休みした後それぞれのペースで、「三角山」の山頂を目指しました。1020分に頂上に着きました。山頂には、明治31年に設置された一等三角点がありました。山頂からの眺望はすばらしく、市街地や遠くの石狩湾まで見えました。「みちのく会」から参加した家族の、幼児・小学生・中学生の子ども達も三角山頂上から札幌市内を見て感動していました。山頂で記念写真を撮った後、下山する4人家族と別れ1045分に13名は大倉山を目指しました。50mの急坂を降り尾根道を歩くと、大倉山ジャンプ競技場のアナウンスが聞こえてきました。大倉山ジャンプ競技場では夏のジャンプ競技が行われており、スタート地点の展望台からしばし観戦しました。大倉山ジャンプ競技場横の木の階段の歩道を下り、1215分に大倉山登山口に着きました。大倉山登山口にあるレストランで交流会を行い、1430分に解散しました。今回の登山は天候に恵まれ、「みちのく会」の方達と楽しく歩く事が出来ました。そして、今後も交流を深めていく事を確認しました。

 HAT-J北海道支部は、811日の山の日は毎年「三角山〜大倉山」を計画する予定でいます。

                               (宮崎初恵記)

◎ HAT−J北海道支部例会は、毎月第3木曜日とする。
毎回18時より開催します。
  場所 札幌エルプラザ2階 市民活動サポートセンター
     札幌市北区北8条西3丁目
        TEL:011-728-5888


 


Copyright 2000 - 2011, by T.H

newpage1.htmlへのリンク