(本名:樋口仁一 )  
1971年から、『花岡事件』を徹底的に調査・研究しています。2010年、極秘資料集「秋田裁判記録」を彩流社より刊行!
『花岡事件』のことなら石飛に聞け!
日中平和の原点は、「花岡事件」です。
2013/10/25現在
石飛 仁プロフィール

1942 (昭和17年) 8月1日(大阪生まれ。3歳の時実家島根県飯石郡三刀屋へ)
1954 (昭和29年) 東京都新宿区富久町へ転居 富久小学校6年に転校
1957 (昭和32年) 東戸山中学卒業(第1期生)
1961 (昭和36年) 駒澤大学付属高校卒業(渋谷校)
1965 (昭和40年) 駒澤大学文学部国文学科卒業後、劇団「青俳」演出部へ
            清水邦夫「あの日たち」、井上光晴「地の群れ」
            木村光一演出助手
1967 (昭和42年) 蜷川幸雄らと劇団「現代人劇場」結成、新劇人反戦代表
1970 (昭和45年) 劇団退団後ルポライターへ、月刊「潮」を中心に一連の戦争ルポ
1971 (昭和46年) 中国人強制連行「花岡事件」の調査記録開始
1972 (昭和47年) 光文社女性自身シリーズ人間班専属記者となる
1973 (昭和48年) 太平出版社より「中国人強制連行の記録」刊行
1984 (昭和59年) 花岡事件被害者在日四氏の代理人として企業交渉開始
            事実の劇場劇団「不死鳥」結成公演開始
1985 (昭和60年) 「花岡事件」指導者耿諄発見。河南省で初会見(来日運動を開始)
1991 (平成3年)  孫平化中日友好協会会長と会見し、天津の抗日殉難者記念館初
            の調査。企業交渉原則合意に至る
1997 (平成9年)  「秋田裁判記録」発見により、七月一日「花岡事件」慰霊供養の
            集い開始
1998 (平成10年) 「日中平和祈念堂」建設事業団(二階堂進会長)準備室長となる
2001 (平成12年) 天津中日平和慰霊公園建設事業で天津市と合意調印
2003 (平成15年) 女性自身専属記者を離れ、フリー。
            出雲古代史起し「御門火まつり」開始
2004 (平成16年) 日本写真芸術専門学校 フォトフィールドワーク科講師(2年間)
2005 (平成17年) 「甦れ古代出雲よ」新泉社より刊行
2006 (平成18年) 天津抗日殉難者祈念館完成
2007 (平成19年) (社団法人)国際善隣協会正会員となる
            「1&2演劇祭」運営委員長就任
2008 (平成20年) 季刊「日本主義」同人
2011 (平成23年) NPO国際縄文学協会会員となる
 
石飛 仁の主な著作・制作物
「中国人強制連行の記録」(太平出版社 1973年)
「魅せられてフリークス」共著(秀英書房 1982年)
「レキ君の北斗七星学級」制作(徳間書店 1982年)
「風の使者ゼノ神父」(講談社 1982年)
「讃歌ドキュメント出産」参加協力(恒友出版 1983年)
「夢の砂漠」(佐川出版 1983年)
「迷走」共著(経林書房 1985年)
「悪魔の証明」(経林書房 1987年)
「人間の記録'88」共著(二期出版 1988年)
「自然が体に優しいだから私は野菜党」(農文協 1990年)
「娘・松坂慶子への遺言」協力(光文社 1993年)
「花岡事件」(現代書館 1996年)
「愛が引き裂かれたとき」共著(解放出版社 1996年)
「中国人強制連行の記録」(三一書房 1997年)
「特殊諜報員」協力(現代書館 1998年)
「魂の教育」(東林出版社 1998年)
「風の使者ゼノ」(自然食通信 1998年)
「座長 誠」協力(光文社 1999年)
「蘇れ古代出雲よ」(新泉社 2004年)
花岡事件「鹿島交渉」の軌跡 (彩流社 2010年)
花岡事件「秋田裁判記録」 石飛 仁 金子 博文(彩流社 2010年)
 
 
石飛仁主なドキュメント「女性自身 シリーズ人間」発表記事
タイトル 取材人物
離党の老人25年目の未完成建造物 掛塚留吉
みな阿呆になった 沖安子
最後の純血日本人 北川平吉
私は見た! 正気と狂気の間
20歳の女性死後13日目蘇生に成功 飯田富子
生きていた詩人 立原道造 水戸部アサイ
ある童話 我ら夫婦永久に初夜を迎えず 永井叔
捨てられたサリドマイド児 市川昌也
ボク第二の山下清 山本良比古
ロックの哲学者 相倉久人
私は絶望の街のソソソクラテスがプラトンか 後藤勇一
この若き全盲の英語教師に網膜となる妻を 楠敏雄
謎の環境博士、ボロ布、段ボール、空ビン、古新聞 鈴木孝・横井庄一
私は大学教授たちの陰の家庭教師 小室直樹
さあランドセルを!バッタリの子 小山正義・清子
わが欲望の産物、宇宙戦艦ヤマト 西崎義展
走れ!少女、父の生命を継いで世界一速く 吉富純子
「ばってん荒川」におばあちゃん804万人が 米崎一馬
成りあがりの奇跡、決着はまだ! 矢沢永吉
ゼノ神父「蟻の町のマリア」が待つ天国への勲章は ゼノ神父
聞こえるか、大ロシアの地よ アントニーナ・ニコライナ
私は誇り高きインディアン 弥永光代
現身の我は老ゆれど 長谷川泰子
我をして歌わしめよ 武井義明
永久への航海「BOOV世号」 渡辺郁男一家
我が捨て来し恋の名残に 八代亜紀
むかし暴走族、いま年商60億、350人を率いる女社長 寺田千代乃
オルン・パヨカの轍 成田ウタリアン
地球の終焉をわが眼で イリオモテ島のロビンソン
これがタモリだ 森田一義
狂気の陰に生きた女たち 村田トメ
私は貝になれない  
異端の科学者 清家新一
女犯遍歴 三國連太郎
演じて、生きて、笑わせて 筑紫美主子
最後の瞽女 小林ハル
故郷の山河をいま一度見たい! 朴順信@A
諦めの島に橋が架る 長島愛正園の人々
私は誇り高き森の精 CWニコル
街が消える!高島炭鉱 長崎高島炭鉱ルポ
桜前線男 清川洋一
宇野重吉の熱烈人生に学べ! 宇野重吉
書も料理も女の炎やで(月心寺) 村瀬明道尼
丹頂ヅルの母となった男 高橋良治
「ナザレ園」の女たち 韓国の日本人たち 韓国ルポ
神様、私の命を登に与えてください 竹下唯子
わが愛を銀幕のスターに捧げて 戸田奈津子
故郷とひきかえに年収8千万を捨てた男! 岩國哲人
夕張の女炭鉱婦  
部落差別が夫婦の愛を引き裂いた 三人の女性たち
黒い雨に散った美しき桜花 園井恵子
熱き夢を追う巨人 黒澤明80歳 黒澤明
一個の砲丸の重さが知る俺の闘いの道! アントニオ・猪木
「先生らしく」はもうやめた! 平野広明
ボクは40歳のおじいちゃん タケカワユキヒデ
台所から見た真実 田中真紀子
浮浪雲のような夫婦でありたい 小沢一郎
お母さん2千冊の愛をありがとう! 星加良司
あの古畑任三郎に家庭教師がいた 藤田京子
我もまた「大地の子」なり 朱旭
北極のウンチとヤップ島のノーブラ 高野孝子
ゆきちゃんはあの注射に殺された!HIV 池田今朝治
河原乞食でなぜあかんのや! 山城新伍
身長149センチのブルース 池乃めだか
普通人の法則 役所広司
惚れてます 地獄花の咲く道を! 松井 誠




最初のページへ戻る


お問い合わせ
mitoya_jin@yahoo.co.jp


Copyright (C) 2004 中国人強制連行調査記録の会 All Rights Reserved