霧ふかき宇治の恋


ご存じ田辺版宇治十帖。

本編よりもしんみりした感じがよく出ていて

読みながら切ない気持ちにさせられます。

薫の一人称が”おれ”匂宮の一人称が”わたし”となっていて、

匂宮のいかにも宮様といった感じの艶めかしさに対し

、薫の人間臭さが伝わってくる素敵な小説です。

---by たんぽぽ様(2004.2.25)---