「ほどらいの恋」


「ほどらい」という言葉の「程の良さ」にしみじみしました。

これを標準語にすると「適当」になるのかもしれませんが、

「適当」というのは投げやりっぽいニュアンスに受け取られる場合もありそう。

「ほどらい」には、「個を重んじる、押し付けない思いやり」を感じました。

「笑い合える仲って、最高ちゃうか」ほんと、私もそう思います。

この短編集に出てくる男の人、皆、「可愛げのある」人たちばかり。

自分がもう少し大人になった時に、又読み返したい、

何故だかそんな気持ちになりました。

その時、私はどう感じるのでしょうか。

ーbyしろねこ様(2004.4.19)