私の本棚


HOME
田辺聖子

1928年、大阪市上福島生まれ。
樟蔭女専(現・樟蔭女子大)国文科卒。
’64年「感傷旅行(センチメンタルジャーニー)」で芥川賞受賞。
大阪弁で描くユーモアとペーソス溢れる恋愛小説、
洒脱なエッセイ、また深い造詣に裏付けられた古典物、
独特の視点からの伝記小説など
多くの佳品を生み出している。
「花衣ぬぐやまつわる・・・・わが愛の杉田久女」女流文学賞。
「ひねくれ一茶」吉川英治文学賞。
「道頓堀の雨に別れて以来なりー川柳作家・岸本水府とその時代」読売文学賞。泉鏡花賞
’94年菊地寛賞。
’95年紫綬褒章。
2000年、文化功労者に。



以下にて、発行順の著作、購入先など検索できます。




私の本棚にある田辺作品のリストです。
クリックでESPESIALの感想が読めます。
あ行
愛の幻滅 講談社 \667 1982年11月
i(あい)めぇーる世界文化社 \1,400 2002年02月
愛のレンタル 文芸春秋 \408 1996年09月
言うたらなんやけど 筑摩書房 \980 1980年00月
言うたらなんやけど 続 角川書店 \417 1981年04月
一葉の恋世界文化社 2004年 06月
苺をつぶしながら 新・私的生活 講談社 \495 1985年05月
いっしょにお茶を 角川書店 \460 1984年10月
イブのおくれ毛 2 文芸春秋 \350 1978年00月
ウキウキした気分 永田萠/絵 出版社:大和書房 \1,359 1994年12月
姥勝手 新潮社 \438 1996年05月
姥ざかり花の旅笠  集英社 \1,700 2001年06月
姥ときめき 新潮社 \1,000 1984年05月
うつつを抜かして オトナの関係 文芸春秋 \438 1992年06月
大阪弁ちゃらんぽらん 中央公論社 \485
おかあさん疲れたよ 1〜4 埼玉福祉会 \3,600 1998年09月  
おせい&カモカの昭和愛惜 文藝春秋 2006年10月
おせいさんの落語 角川書店 \379 1979年00月
お聖千夏の往復書簡 中山千夏共著 集英社 \330 1989年11月
男はころり 女はごろり 青春出版社 \1,080 1977年00月
お目にかかれて満足です 上下  集英社 各\571 1985年06月
オムライスはお好き? 集英社 \495 1983年05月
女の居酒屋文芸春秋 \388 1985年11月
女のおっさん箴言集 PHP研究所 \1,300 2003年04月
女の口髭 文芸春秋 \950 1983年08月
おんな商売 講談社 \388 1984年12月
女の中年かるた 文芸春秋 \950 1985年07月
女の停車場 カモカシリーズ 3 文芸春秋 \388 1982年11月
女の長風呂[1][2] 文芸春秋 各\369 1977年00月
女の目くじら 角川書店 \340 1980年00月
か行
鏡をみてはいけません 集英社 \1,456 1996年08月
カモカのおっちゃん興味しんしん 2 文芸春秋 \880 1979年11月
かるく一杯 筑摩書房 \560 1998年04月
感傷旅行 角川書店 \540 1981年00月
休暇は終った 新潮社 \900 1981年00月
九時まで待って 集英社 \457 1990年06月
恋する罪びと PHP研究所 \1,450 2000年06月
ここだけの女の話 新潮社 \438 1981年00月
さ行
魚は水に 女は家に 角川書店 \620 1983年06月
残花亭日暦 角川書店 \1,300 2004年01月
私本・イソップ物語 講談社 \466 1991年01月
写真花源氏物語 相馬大/文 浅野喜市/写真 光村推古書院 \2,500 1988年10月
週末の鬱金香(チューリップ) 中央公論社 \447 1996年11月
春情蛸の足 講談社 \1,000 1987年07月
性分でんねん 筑摩書房 \640 1993年05月
ジョゼと虎と魚たち角川書店 \476 1987年01月
人生は、だましだまし 角川書店 \1,300 2003年03月
人生の甘美なしたたり 角川書店 \438 2002年06月
スヌー物語浜辺先生ぶーらぶら文芸春秋 \1,200 1979年07月
すべってころんで 朝日新聞社 \980 1976年00月
ずぼら 光文社 \1,262 1995年03月
世間知らず 講談社 \495 1982年05月
セピア色の映画館  文化出版局  \1400 1999年 03月
川柳でんでん太鼓 講談社 \590 1988年10月
た行
田辺聖子珠玉短篇集1〜4  角川書店 1993年 03月
■田辺聖子全集13
千すじの黒髪  花衣ぬぐやまつわる
集英社 2005年 04月
■田辺聖子全集11
愛してよろしいですか?  夢のように日は過ぎて
集英社 2005年 03月
■田辺聖子全集9
カモカ・シリーズ(新編集)
集英社 2005年 02月
■田辺聖子全集12
お目にかかれて満足です恋にあっぷあっぷ
集英社 2005年 01月
■田辺聖子全集6
言い寄る・私的生活・苺をつぶしながら
集英社 2004年 08月
■田辺聖子全集8新源氏物語(下) 集英社 2004年 07月
■田辺聖子全集7新源氏物語(上) 集英社 2004年 05月
■田辺聖子全集5 感傷旅行・短篇供 集英社 2004年 05月
■田辺聖子全集 全巻26冊 集英社 
蝶花嬉遊図 筑摩書房 \580 2000年12月
貞女の日記 中央公論社 \883 1979年00月
天窓に雀のあしあと 中央公論社 \1,165 1990年06月
道頓堀の雨に別れて以来なり 上下 中央公論社 \2,400 \2,700 1998年03月
な行
なにわの夕なぎ 朝日新聞社 \1,200 2003年01月
ナンギやけれど… わたしの震災記 集英社 \381 1999年01月
人間ぎらい 新潮社 \438 1983年05月
猫なで日記私の創作ノート集英社 1987年 09月
は行
はじめに慈悲ありき 文芸春秋 \369 1987年11月
花狩 中央公論社 \466 1975年00月
花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女 上下 集英社 \686 1990年06月
浜辺先生町を行く 文芸春秋 \388 1981年04月
薔薇の雨   中央公論社 \971 1989年09月
ひよこのひとりごと
ー残るたのしみー
中央公論新社 2006年6月
苦味(ビター)を少々 399のアフォリズム 集英社 \571 1990年06月  
ひねくれ一茶.講談社 \857 1995年09月
不倫は家庭の常備薬講談社 / \1,068/ 1989年07月
返事はあした 集英社 \533 1985年09月
ベッドの思惑 集英社 \476 1989年05月
欲しがりません勝つまでは 私の終戦まで 新潮社 ¥360 1981年07月
ぼちぼち草子 岩波書店 \1,300 1988年10月
ほっこりぽくぽく上方さんぽ 文芸春秋 \1857 1999年 07月
ほととぎすを待ちながら好きな本とのめぐりあい中央公論社1992年 10月
ほとけの心は妻ごころ 角川書店 \500 1980年04月
ほのかに白粉の匂い  講談社 \427 1990年09月
ま行
まいにち薔薇いろ
田辺聖子A to Z
集英社\1,500  2006年12月
窓を開けますか? 新潮社 \629 1988年00月
むかし・あけぼの 小説枕草子 角川書店 \1,600 1983年06月
や行
夜あけのさよなら 新潮社 \950 1980年00月
ゆめはるか吉屋信子 上下  朝日新聞社 \2200 1999年 09月
夢の櫂こぎ どんぶらこ集英社 \1,200 2002年10月
楽老抄 ゆめのしずく 集英社 \571 2002年02月
楽老抄2 あめんぼに夕立 集英社 \1470 2007年02月
夢のように日は過ぎて 新潮社 \438 1992年11月
ら行
ラーメン煮えたもご存じない 新潮社 \552 1980年04月
わ行
私の大阪八景 文芸春秋 \850 1979年00月