(アンタかわいそうや、いうとんねん)

(?)

(ワシはあんたの味方や、それ、いいとうて)

(味方って?)

彼は疲れたように目を瞑り、口もとざす。静かだ。

窓の外の夕焼けは蒼褪めて、

鳥たちが街の低い屋根の上を 声もなく渡っていく。

みかた。

味方。

護符(おまもり)のことなのかな。

きっとそう。



ー「残花亭日暦」−