「人体模型の夜」中島らも氏。

近来の快作で私はこの毒性の強い才気に生理的快感をおぼえ、

是非こういう作品にも受賞してもらいたいと思ったが、

票を集めるに至らなかった。

この手の作品は読者をえらび、賞をもえらぶ。

作品のほうが賞を選ぶ躰のものであろう。

されば賞をもらえないのがこの手の作品の栄光という場合もある。

だから私は「人体模型の夜」が受賞しなかったのがそれほど意外でもなく、

落胆もしていないのだが、ただこの作品の舌触りは少し異風で、

その異風な味を楽しむところにこの手の本の眼目があるのだから、

普通の文学的物さしをあてるのは不当、という気もする。

それにしてもこの作者は、敬意を表していうのだが、

じつに目障りな才気、私もファンになってしまった。

あとあとの本がたのしみだ。



ー直木賞選評ー