もし私があのまま異人館に住んでいたら、もうペンを折っていたにちがいない。

小説を書くより、自分自身が主人公になってしまったように、ムードに酩酊してしまう。

それを誘うものが神戸にはある。



ーわが街の歳月ー