そうだ湖にいこう...

*デジカメ故障中につき、携帯カメラの粗い画像です。ご了承ください。

勃発

ふと目が覚めると寝汗びっしょり。暑い。暑すぎる。こんな時は、水辺に行きたいのぉ…そうだっ!湖行こう。 森林浴も出来るし、涼しいし、バイクも水鳥の名前だから、湖は喜んでくれるだろう。

もちろん高速はキライなので、極力下道を使い渋滞を避ける時だけ使う事にします。

大垂水峠も見てみたいので、今回は国道20号を通り、第1目標は「相模湖で涼む。」に設定。 後はテキトーに走って芦ノ湖で涼んで、清湘バイパスで帰ってくる事にしました。

4日前の静岡ツーの時からヒザが痛いので、今回は適所に休憩を入れつつ走ります。

出発

っちゅう訳で、こたえてちょうだい(cx)をみながら準備&暖機して、番組終了と同時にstart!

降り注ぐ日差しの中(既に気温32度)大渋滞の環八を走り続け、ようやく国道20号にスイッチ。 結構混んでるんですよ。多分夏休みだからなんでしょうね。 県外ナンバーに天敵「わ」ナンバーばっかり。

そんなヒト達を華麗にすり抜け、ガンガン行く事2時間。気が付けば府中を越えて、大垂水峠に突入。

さてドコでしょう。なかなか風景が気持ち良いのですけど、減速帯がバカみたいに敷いてありました。 僕も峠を走っていたのであんまり偉そうな事言えないんですが、ヤッパリ二輪or四輪の走り屋達が 無理して飛ばして事故を起していたからなんでしょうね。軽く流したいツーリスト達からすると、 やっぱり走り屋って有害なんだなぁと幼き頃の自分を振り返り反省。

途中にあった、自販機で小休憩をしました。汗だくだったので、500ccコーラ一気飲みです。

一服した所で、まったり下り始め、だんだんと相模湖の看板が増えてきて左に相模湖が開けてきました。 涼めそうな所を探そうと適当な所を左折。が、道が違っていたらしく湖から遠ざかってる事が判明。 面倒なので戻らず進む事にしました。ん〜、確か近くに道志みちがあったはず。 なかなか気持いい道って誰かが言ってたなぁ…という訳で早速予定を変更。 道志みちを走りに行ってみることにしました。

っていうか、この道ホントに南下してるんだろうか…。 絶対車すれ違えない位道狭くなってきてるし、砂利とかゴミとか浮いてるし。

お待たせしました。トラブルです。

まるで獣道を舗装したみたいな道をグイグイ進んでいくと、フロントの動きに違和感。ハンドリングが重い。 それに、リヤブレーキがどこまでも踏み込めるようになって全然効かなくなったんですけど…。

木ネジもしや・・・路肩にバイクを停め、まずフロントタイヤをチェック。案の定刺さってました。もぅ勘弁してよぉ…。

次にリヤブレーキをチェック…ってコッチはネジ脱落ですか…。今はGooseにGSFのブレーキペダルを使っているのですが、 マスターとの取りつけ位置が合わず、ステーを使ってリンク式に変えてあるので、ネジが1組多い多いのですよ。で、そのネジが脱落。 帰ったら割りピン止めにしようと心に堅く決め、パンク修理キットは常時携帯しているので、 近場で空気が入れられそうな場所を散策する事に。

山の中だったので、見つからないかと思ったのですが、1kmも走らないうちに自動車整備工場を発見。

Uみたい…中に、バイクが2台程停まっていたので、あっさりOK貰えるだろうという、Ham☆の汚い部分をひた隠しつつ、 やたら腰低く頼み込んだところ、やっぱりあっさりOKが貰えました。

店先をお借りして、さっさかパンク修理して空気を入れ修理完了。重ね重ねお礼をしてその場を後に。

それでも、まだ人に甘えなくちゃなりません。リヤブーレキレバーを固定するネジを探さないと。 小さな集落を通り抜けたところで国道413号道志みちに合流。 すぐ右にガソリンスタンドがあったので、給油ついでに近場でネジを売っている所が無いか尋ねます。 どうせ無いのは解っていたのですが、もちろん、ネジ位あっさり貰えるだろうというこ汚い計算です。あぁこんな自分嫌。

修復完了そしてやっぱりあっさりネジを貰い、工具をお借りして無事リヤブレーキも復活。これで問題なく走れます。 やっぱり重ね重ねお礼を言ってその場を経ちました。

後は、この道を進んで行けば、ちょっとした目的地、道の駅道志がある訳です。

気持ちよ〜く走っていると、フル装備ツアラー集団とか、カップルツーリングとか親子ツーリングとかと結構すれ違いました。 相変わらずHam☆は、近所に買物に行く時と何らかわらない格好だし、しかも今回は半袖なんで、 尚更ツーリングだとは思われていないでしょうね。

道志みちぃ気持ちぃ

渓流トラブルから解放された所で、道志みちをまったり進みます。左側には道志渓谷とやらがあるのか、 時々谷の下〜の方に綺麗な川が見えます。もしかして涼むのに最適では…。とか思い、 適当なキャンプ場入口を降りてみました。っつうか急坂。本当に急坂。垂直なんじゃないかという位急坂。

写真中心左上の白い縦線はプチ滝ヒーコラいいながら下に到着したのですが、おばちゃんが出てきて「お金」とか言って手出してくるんですよ。 ちょっと川見たいだけなのに。自然見るのにお金を払うって嫌ですよ。キャンプ場と言っても 川州の脇にちょっと開けている部分があるだけじゃん。別に整備している訳でも無さそうだし。

夏の雲って感じです。ケチぃ…

癪に障ったので「ヤダ」と捨てゼリフを吐いて、今度は急坂をヒルクライム。

気分を損ねたので、ちょっとラフにアクセル開けちゃったもんだから、危くGooseにバックドロップくらう所でした。

夏っぽい写真怖い思いをして頭が冷えた所で道志みちに復帰。あっちこっちで撮影。デジカメが故障しているのが悔まれる程、ナイス景色ばっかり。 オマケの携帯カメラじゃやっぱりダメですね。

道の駅道志少し雲行きが怪しくなってきた所で道の駅道志に到着。工事をしていて駐輪スペースが売店から遠くてちょっと萎えました。 ジュースをがぶ飲みしながら、周囲を見渡すと結構、人がいました。最初に気付けよって感じですが。 途中で、追い抜いてきたライダーも居ました。いつの間に追い抜かれたんだろ…。あぁネジ貰ってた時かな…。

駐車場にて半袖で乗っていたので、腕が真赤っか。水道でしっかりと冷やしクールダウン。さて、何処行こう…。 折角だから、山梨突入して山中湖でも行くかね。んで、南東に走って芦ノ湖。箱根抜けて、夕暮の太平洋沿いを走り江ノ島でまったりコースに再変更。

そうと決ったら、日が昇っている間にさっさか山中湖向っちゃいますか〜。

祝・初山中湖

少し雲行きが怪しいので、適度に信号待ちなどで県外ナンバーの車を抜いて少しペースアップ。 気温が大分下がってきたので、とても走りやすいです。風がとても心地良いのでほんのり睡魔がチラチラ見え隠れ。

木々の隙間に入道雲それにしても景色が良いのであまりペースをあげるのが勿体無い。 キョロキョロ景色を眺めては前の車に近付きすぎてびっくりするという、アホな事をしているうちにあっさり山中湖に到着。

心配していた天気も持ち直して、かんかん照りになりオイラの白肌を焼き尽してくれます。

湖があんまり写ってないし…テディベア博物館前の駐車場が結構空いていたのでそこにバイクを停めて、自販機でコーヒーを買い一服する事にしました。

バイクを湖に近づけて写真を取ろうと、場所を軽く移動。が、地面がフカフカ過ぎて、サイドスタンドが立たず、 結局スタンドの下に3つ石を埋め込んでようやく安定しました。タイヤ泥だらけ。で、結局携帯カメラじゃ暗すぎて撮影しても真黒。無駄な努力でした。

湖縁に降りていって、たそがれてみる…が、あまりに似合わない事に気が付き、写真をとって駐車場に戻り、そこでマッタリ。

山中湖やっとこさ、湖で涼むという目的を達成。随分遠い湖まで来てしまったけど、やっぱり湖は気持ち良いですね。 30分程マッタリした所で、ボチボチ芦ノ湖に向う事にします。きっと道混んでるんだろうなぁ。

国道138号線を左折して、御殿場方面へ。篭坂峠に突入。高度差があるので、山裾に広がる景色がなかなか乙。 でもそれ以上に、『峠』って響きにそそられているHam☆。空いているので軽く攻めちゃおうかなとか、思って篭坂峠1コーナ突入… って、転びかけました。路面ミュー低っ!ビビりのHam☆は3秒前の考えを改め、ゆっくり下る事にしました。 まぁその後のコーナーは路面ミュー普通でしたし、道もなかなか綺麗でした。 所々のコーナーが地元の母成グリ−ンラインみたいなレイアウトだったので、あまり肩肘張らず走れましたが。 もしかしてビビらせてやろうと言う魂胆なのでしょうか・・・。

静岡県に入り掛けるところで、名物看板発見。『この先所 無するな』に思わずニヤニヤ。 考えた人は、きっと上手い事言ってやったとか思っているに違いない。

やっぱり箱根が好きなんです。

静岡に入るとやっぱり渋滞。あまりにガチガチなので路肩をすり抜け始めたのですが、ダンプやら観光バスやらでなかなか抜けず。 ダンプが多い…もしかしてこの先工事?案の定、道路工事で片側通行やってました。 この渋滞も仁杉交差点を超えると、一気に無くなり、道も2車線に。 国道246号、東名をくぐり抜け、車をスイスイ抜きます。 渋滞にはまってかいた汗を乾かしつつ、Gooseの油温も一気にクールダウン。そして乙女峠に突入。 このペースなら、日が暮れきったあたりには帰宅できそう。

乙女トンネルの中は、やたら涼しくむしろ肌寒い位。 次に停まる時に上着を着る事にして、仙石原交差点を右折し県道75号に入りました。

山中湖道路傍では、草木が「太陽はオレのもの。お前になぞやってたまるか」とばかりにグイグイ上に伸びてます。 夏っぽいですね。と、そこで左側になんかハイジが「アハハハッ〜ペータァ〜〜〜〜〜」って走り回ってそうな草原をナイスビュー発見とばかりに写真撮影。湿度が高い割に風が冷たいので上着を装備。さて、もうちょっとで芦ノ湖。

県外ナンバーばかりの箱根峠をビクビクしながら走り、目的地芦ノ湖に到着。

ちなみに今月2度目の芦ノ湖だし。去年の今頃は、毎朝5時過ぎに芦ノ湖で禊行(お祭期間中なので湖に入って体を清める)してたんだよなぁ…。とか、思い出に浸りボーっとしていると、ドライブなのか駐車場の車中のカップルが同情の眼差しなのかジロジロ見て来るのに気分を害し、そろそろ帰路に着くことにします。なんか負けた気分だわ…。

椿ラインを抜けて真鶴の方に行くつもりだったのですが、ばっちり国道1号走ってました。嗚呼間違いなく大渋滞。 引き返すのも何なので旧街道(県道732号七曲がある方)にスイッチしようと思ったら、通り過ぎてるし…。

あ〜もう。こうなったら、意地でも国道1号で帰ってやるっ。

とか思ったのが大失敗、ガッチガチの渋滞にハマりました。小田原まですり抜けしっぱなし。そそくさと国道135号にスイッチして走るも、夏ですからヤッパリ混んでる…。

江ノ島脇まで行くも人が多いので、江ノ島マッタリ&釜揚げシラスgetは却下。さっさと帰ることにしました。

がここでHam☆の悪い癖が出てしまいまして…。

「この道って何処に通じてるんだろう?」

夕日を浴びつつ軽く迷子。そしてご帰宅

全く知らない道に入っちゃったからもう大変。お日様も暮れて方位も掴めず方向音痴全開。

ココ何処!?とか騒いでたら、鎌倉とか書いてありました。どうやら、まだまだガチョウは東に行きたいようです。 道路の上になんか箱がすごい勢いでぶら下りつつ追い越していったよ・・・んっ宙吊りモノレール? とか思ったら湘南モノレール西鎌倉駅ってデカデカと書いてありました。

現在地が判ったので、ルート再編成。このまま東に行って、横羽に乗って帰るor当初の予定通り国道1号で帰る。 Ham☆は結構頑固者なんです。という訳で1号復帰に向けて、北上。何処の交差点に出るのかと思ったら、 国道1号渋滞ポイント原宿交差点(神宮前じゃないよ)でした。

後は、ガンガン1号、途中で国道15号にスイッチ。 市場食堂で夕食とも思ったのですが、ソロツーは貧乏がモットーなので贅沢は敵です。 欲しがりません勝つまでは!とかアホな事言っているうちに無事帰宅しました。

まとめ

今回もソロツーと言う事で、ほぼ無計画旅でしたが、バイクならではのフットワークの軽さと、Ham☆のアバウトさがあいまって、行き当りばったりに楽しかったですよ。

プチトラブルも有りましたが、こういったトラブルも、旅の情緒だと思ってます。 他人に迷惑を掛けてますけど、その土地の人と話すキッカケにもなりますからね。

トラブルが無いに越した事はないですが、今までも散々助けられてますよ。 人間まだまだ捨てたもんじゃないなぁとか、いつも他人を色眼鏡で見ている自分を反省できたりして。

毎回、出かけるたびに心が洗われて澄んだような気がします。翌日夜にはくすんでますがね。

噂通り道志みちは気持良かったです。紅葉シーズンは転倒の恐怖がありますが。 今回のルートをもうちょっと改善(渋滞回避)して、 また行きたいと思います。

日焼け痛ぇ!!