伊勢1泊ツーリング

再びI澤氏企画のツーリングに行ってきました。ギリギリながらバイト先に2日間休みの許可が貰えたので参加。

今回はaprilia Leonardo250乗りの呑み師O塚氏も参加見込みだったんですが、前日に急遽呑み会が入ったらしくキャンセル。

お酒の場を避けた瞬間に彼は彼でなくなる気がするのでむしろ当然というかなんというか。

ともあれ前回と同じメンツで確定。

オイラが熱望していた伊勢方面一泊ツーリングです。ゴールデンウィークという事もあり道路渋滞は覚悟の上。

静岡⇒名古屋⇒フェリーで伊勢湾横断⇒伊勢界隈の民宿で一泊⇒名古屋⇒伊賀上野のコース。

下準備

ともあれ一泊なので前日我が家にて宿探し。オイラの休みがなかなか確定しなかったんで宿が取るに取れなかったらしいです。

じゃらんとかトクーとかを活用して片っ端から民宿に問い合わせるも流石はゴールデンウィーク。

全く空き無し。ゴールデンウィークで翌日の宿を探してるとは激しくナメているような。

そんなこんなやっているうちにネット問い合わせは弾切れ。諦めて伊勢界隈の民宿協会みたいな所でおのおのの宿に片っ端から電話し始めて2軒目。

キャンセルが出た直後らしく空いているとの事。22:30予約完了。これで準備万端です。

バイトを終え帰宅しI澤氏と打ち合わせ&宿探し。

前述の通り宿が手配できたので、軽く晩御飯・・・のつもりが結構ガブガブ飲酒してしまい隣の客が歌ってたんでそのノリで勢い余ってカラオケまで行く始末。

結局帰宅は朝方4時。カラオケでは呑まなかったんで酒は抜けるにしてもアホかっつうの…。起床7:00。出発8:00。 果たして起きられるのでしょうか。

1日目 予定走行距離340km

8:00頃出発⇒第三京浜⇒横浜新道⇒渋滞情報を見ながら東名にスイッチ⇒適当なICで降りる⇒静岡界隈の港近くの定食屋で舌鼓⇒下道でタラタラと伊良湖港へ⇒伊勢湾フェリー⇒鳥羽市到着⇒17:00過ぎ宿到着⇒宿の夜食で舌鼓⇒就寝

2日目 予定走行距離400km

9:00頃チェックアウト⇒下道⇒伊賀上野⇒味噌煮込みうどんに舌鼓⇒下道⇒どこかの食堂で生シラスに舌鼓⇒時間と渋滞具合を見て高速(東名阪&東名or中央道)⇒帰宅

1日目:出発

なんていうか…

もうちょっと待ってね。見事なまでに寝坊しました…。(ノД`)I澤氏のモーニングコール(3回目)によりようやく起きたオイラ。1時間半の寝坊です。究極に慌ててドタバタ準備して集合場所I澤氏宅に着いたのが10:00。2時間の遅延…大変申し訳ないっす。あ〜カッパ忘れた。向こうの方の天気予報が晴れ時々曇りだったからまぁいいや。出発です。ゴールデンウィークの10:00、環八に出た時点で結構混んでます。レンタカーや他県ナンバー、サンデードライバーが多いこと多いこと。敵が一杯です。オイラが寝坊しなきゃなぁ。

高速乗る前に給油。環八の渋滞をゆったりとすり抜け東京IC到着。ツーリングの時って高速入口に着くと何故かワクワクしてしまいます。が、既に入口から明らかに流れが悪い。渋滞の予感。つくづく自分の寝坊症を呪ふ…。

1日目:東名〜沼津港

ひたすら渋滞していたので久々に高速道路ですり抜けしました。

港北PAにてちょっとストップ。トイレとか凄い事になってました。高速以上に大渋滞。 女子トイレに至っては50人以上並んでました。よく見たら男子トイレの列に子供連れた女の人並んでるし。 オバチャン最強説は間違いないですね。

明らかに子供はトイレに行きたくなさそうでしたが、母親がガッチリ掴んで離さない様子。 確かに堂々と男子トイレには入れるわね・・・。子供可哀想に。

意外と寒いので豚汁定食で体を温めて出発。

相変わらず渋滞は変わらず。ガチガチとは言わないまでも精々30〜50km/h程度で流れてます。 疲れるんであまりすり抜けしたくないんですが。 厚木を超えたあたりから80km/h位で流れ始めたので、すり抜けをやめて車の後ろをテロテロと走ります。

渋滞の恐怖から解放されたので中井PAで小休憩。コーヒータバコで一服して御殿場ICに向け出発。 天気は微妙ですが、やっぱり景色はいいですね〜。富士山が見えて来た時は嬉しかったです。

御殿場出口に近づくに連れ段々と混んでいきました。御殿場で降りて沼津港に行く為、国道246号をひたすら走る事50分。

沼津港沼津港に無事到着。ツーリングライダーが一杯いました。周囲を見渡しても観光客がかなり多め。もちろん食堂、定食屋も人が一杯。恐るべしゴールデンウィーク。あまり時間もないので人が少ない所に入りギャンブル昼食。

すごいボリュームです。鰯専門店らしく鰯料理しかありません。ちょっと高いけど1600円の定食を頼みました。これでも刺身突き出一番安い定食ですが。待つこと15分。出てきました。アジづくしです。刺身・天ぷらその他諸々の定食で、名前はオオハマというらしい。おばちゃん達がオハマオハマって言ってたんですが、レシートを見たらやっぱりオオハマでした。中途半端な略称…。

ちなみに右上の鉢にアジの刺身が大量に入ってます。引くほど入ってます。普通大量のツマの上に精々10キレ位なもんだと思うじゃないですか?そしたら、申し訳程度のツマにアジの切り身がコレでもかって大量に…。

あまりの量に正直飽きました。ご飯:おかずの比率が明らかにおかしいんですもん。まぁ美味しかったんで満足です。

さて、昼食も済んだ所で近くのサークルKにて一服&トイレ休憩。高速を走っている時にGooseのリヤタイヤの挙動が気になってたんで見てみたら、ナナメに引っ張られてました。

最近チェーン回りを触ったのはドラスタでタイヤ交換した時。その時、確認してなかったので確証は無いですが、多分その時ですね。

車載工具を引っ張り出そうとしたら袋のフタが空いていて、割締めを緩めるのに必要な六角が脱落していました。なんか、今日ツイてない事ばっかり。いいや、攻めるわけじゃないし、今まで乗れて来たし(´∀`)

ちょっと、ナナメに構えたGooseを見て見ぬ振りして、伊良湖港に向け出発…って、えっ!もう16時なんですけど。ちょっとばかりゆっくりしすぎたというか…。

宿に約束した17:00に間に合うのでしょうか。

って絶対無理。まだ静岡だし。まだ伊勢湾すら渡ってないし。

どうしましょ…

1日目:沼津港〜名古屋市

約束の時間に間に合わないのは確定なのですが、取り合えず沼津ICから東名に乗り進む事に。

走りながらもう一つタイムリミットがあることを思い出しました。 伊勢湾フェリーの最終便って何時??まさかココまで遅くなるとは思わなかったんで調べてきてないし。

途中のPA(確か遠州豊田)にてストップ。

休憩がてら、伊勢湾フェリー伊良湖営業所に電話し確認すると18:00が最終便の手続き終了らしい。

*コレを書いている時に気付いたのですが、その日はゴールデンウィークという事もあってか増便されていて18:00だったみたいです。

只今の時刻…17:20

無理!フェリー無理。伊勢湾沿いをぐるっと回っていくしかルートがありません。 予定走行時間、予定走行距離を大幅にオーバーです。つうか体力的にも厳しい。

しっかり下調べしておくべきだった…と激しく反省。

* 伊勢湾周辺@mapion

↑の地図見てもらうと、どれだけ迂回したか分かりやすいかと。

『+』点が丁度伊良湖フェリー乗り場で、行きたいのがその左下にある鳥羽。 それが、伊勢湾ぐるりですからえらい遠回りです。

改めて地図を見ても思わず溜息出ますな…。

さて話を戻します。

すでに宿との約束の時間を過ぎているので、一応キャンセルも念頭においた上で宿に電話。

フェリーに乗り損ね、伊勢湾を迂回するしかないので、かなり遅くなる事を伝えると、 『遅くなっても大丈夫だし夕食もお風呂もご用意できますよ。』と快く了承を貰えました。

あまり遅くなっても悪いからキャンセルしようと思っていたのに、 ココまで言われちゃうとキャンセルするのはあまりに忍びない。 予約もあまりに急だったし遅い時間に電話したし。

よし。覚悟を決めて向かいますか。

これからは1時間チョイ走ったら休憩を入れ、極力100km/hキープで走る事に。 嗚呼、ツーリング位ゆっくり走りたかったのになぁ。

どうせ、寝坊したオイラが全て悪いんですけどねっ! ヽ(`Д´)ノシ

そういや、沼津から先をバイクで走った事がありませんでした。 走った事が無い道を走るのがとても好きなので、時間が押しているとはいえ景色キョロキョロ見て走ってました。

浜名湖付近の景色はなかなか良かったです。時間が有れば浜名湖SAで写真撮ってボケーっとしたかったんですが、ガソリン給油だけで済ませ、次回リベンジです。

道中、豊橋ナンバーの車に煽られました。追い越し車線を走ってたのですが、前に車がいるのに無理矢理抜かそうとするので無視。

事故に巻き込まれそうなんで、一旦避けて抜かさせました。ああ言うのは相手にしないのが一番ですよね。 その車、3キロ先の渋滞に嵌ってました。その横を済ました顔して(スモークシールドだから顔見えないけど)悠々とすり抜けていく時が最高の反撃。性格悪っ。

その後は特に問題も無く東郷PAで一休み。だいたいここで半分。後一息で名古屋だ〜。 なんか雲行きが徐々に怪しくなってきました。カッパ持ってないのに…。

「これで雨でも降ったらほんと踏んだり蹴ったりのツーリングですわ。」と、関西弁で呟き名古屋に向け出発。

名古屋に近づくとともに段々交通量が増えてきて案の定断続渋滞が始まりました。 名古屋料金所を抜けて、名古屋首都高に突入。よ〜しいい感じ。

と思った矢先に迷子。悪い事は重なるものです。

1日目:名古屋市街地〜宿

実は、I澤氏とツーリングに行く時って地図持ってないんですよ。迷子になったらどうしようもなく…。自業自得なんですがね。

一旦高速を降り、ローソンで地図を見ながら一服。よ〜分からん。 何の為にバイク便経験したんだか。方向音痴は相変わらずです。

隣にオートバックスがあったので六角レンチを購入し、ようやくリヤタイヤをまっすぐにする事が出来ました。

宿に「今名古屋で迷子中です。あと3時間位は掛かりそうです。」と連絡。 再び快く「いいですよ〜。気をつけてきてくださいね。」とお返事。

I澤氏がガソリン給油がてら店員に道を尋ね、その通りに行った筈が再び迷子。

名古屋で大分時間をロスしたから、もうちょっとペースを上げていかないと午前様にチェックインする事になりそう。

雲行きが怪しくなってきました。天気も時間も。日も暮れちゃったし。

良純め!!と心の中で叫びながらかっとんで行きます。別に良純に対して悪意は無いんですが、当たり散らすならやっぱりメジャー所に。

あと約140km弱。あ〜遠いのぉ…。

結局、30分位迷って東名阪道に復帰。と思いきや逆方向に乗ってしまい1300円のロス…。

20:25ようやく名古屋西料金所に到着。観光用の地図を貰ってそれでルートを確認。

雨が段々と強くなってきてます。

さあ、いよいよ踏んだり蹴ったりツーリング1日目も大詰めとなって参りましたよ。

渋滞をすり抜けて、伊勢自動車道に入り大山田PAで休憩。いつの間にやら雨が本降りです。どおりで視界が悪いはずだわ。

伊勢自動車道に入ったことを宿に連絡し、ちょっと休んで再び走行開始。

あまりに寒いので、スクリーンを全開まで立てて体を伏せ、I澤氏のテールランプだけを頼りに無心で走ります。

高速最後の休憩を嬉野PAで取り、22:20無事伊勢料金所に到着。料金所を越えたところのトイレで用を足し一休み。

宿に、寒さでガクガク震えながら伊勢料金所についた事を連絡。 「あ〜そうですか。そこから20分位ですから。」と聞いてホッとしたかった所なんですが、実は宿の場所、住所以外殆ど知らなかったんです。

でも、伊勢界隈は以前大来ていた事があったんで、見覚えのある景色がチラチラと。ここからはオイラが先頭で走ります。

名古屋西料金所で貰ったかなり縮尺の大きい地図で宿の場所を確認。ほぼ真西。真西に走ってる道が有料道路と一般道で2本。 予定外の出費が多かったので、下道を選択。

晴れの日に走ったらかなり気持ちよいであろう山道を通り抜け、湾岸線に合流。おし、あとちょっと。

ローソンがあったので詳細地図を購入して、宿に電話。間も無く着くことと詳細な場所と目印を尋ね、さぁもうひと踏ん張りです。

言われたとおりに走る事10分。暗いながらも道の先に海が開けて小さな漁港みたいな所の前に目的の宿の看板を発見。

涙がちょちょ切れそうでした。本当にヘトヘト。

宿前の堤防沿いにバイクを停め

22:50

ついに

ついに

宿に到着…。・゚・(ノД`)・゚・。

1日目:宿

バイクの気配に気が付いたのか、女将さんが出てきたので、気が付けばひたすら平謝りしてました。 遅くなったし、I澤氏はカッパ姿、オイラはビチョビチョだし。それにも関わらず伊勢なまりでほんわかと迎えてくれました。

晩御飯の用意が出来ていているので、食べている間にお風呂用意しとくとの事。 クタクタの体を魂で引きずるようにして部屋に行き、荷物を下ろして遅めの夕食をとりに別室へ。

この宿を選んだのは、空きがあったとかそれ以前に、料理が豪勢だったからなんですよ。 あまりに遅くなって、夕食抜きになっちゃったらどうしようとか思ってたんですけどきちんと用意してもらえてました。

豪華画像処理してあるのは、I澤氏の足が見切れてた為。折角のおいしそうな料理が台無しなので消えて戴きました。ヒラメの煮付けとえんがわの刺身、押し寿司、サザエのつぼ焼きと刺身、伊勢海老の刺身、松坂牛、海鮮の天ぷら、その他諸々。その土地のその時期の名物を食べられるってのがツーリングの醍醐味の一つですよね〜。

込み上げるヨダレを飲み込んで写真撮影してました。女将さんにあるものをお願いして食事開始です。

キリンやっぱりビールですよね。これが心身の旅の疲れを癒してくれるんです。一泊旅行だからこそ、出先で飲めるビール。セカセカと乾杯をして飲み干して「ウマイ!」の一言。疲れて口数少なくなってます。

初。伊勢海老の刺身とか、目移りしながらも、もくもくとむさぼります。今となっては疲れてたのか、美味しくて黙り込んでいたのかは知る由もありませんが、とにかく舌鼓を打つしかありませんでした。

1時間程かけてゆっくり食事を終え、入浴後さっさと就寝。

明日は晴れるといいなぁと願いながら眠りにつき…

眠りにつき…眠りにつき……


眠りにつけねぇ………

I澤氏のイビキが強烈!彼のイビキは雪崩を呼ぶ。噂には聞いていたけど強烈です。耳を塞いでも肉を伝って、骨を伝って鼓膜に響いてきます。流行の骨伝導。

I澤氏を起こさないように、頭の位置を変えたり、転がしたりして静かになった刹那、ようやくHam☆は眠りにつく事が出来たのでした。多分26時位。

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

ZZzzz...

GAaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!

ウルセ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ヽ(`Д´;)ノ

いいかげん寝させておくれ…といった駆け引きは、I澤氏(のイビキ)との戦いはHam☆が精も根も尽き果てる朝方4時まで続いたのでした。

2日目:宿〜鳥羽フェリー乗り場

朝食が8:30という事で8:00まで寝てました。I澤氏(のイビキ)との戦いであまり眠れなかったのですが、思ったより疲れが取れていてあまり眠くもありませんでした。

寝ぼけたまま寝癖を直し、別室にて朝食。ふつうの朝食。かと思いきや、こっちって赤ミソのお味噌汁なんですよね。しかも、伊勢海老入り。写真取り逃してしまいました。

食事を終え天気予報を見ると、昼前まで雨の模様。その時初めて外を見たのですが…

ベランダにて雨でビチョビチョ。若干日が差しているところがありますが、暫く止む気配は無さそう。 にしても天気が良かったらこの景色、絶景だったんだろうなぁとなんか哀しくなりました。カッパをどうにかして手に入れようと、携帯と電話帳を駆使して調べたのですが、近隣に用品店がない。諦めて、通り道にあるジャスコで普通のカッパを買うことにして、そこまでは我慢。

昨日の走り過ぎ+高速代オーバー+天候不良の為、予定していた伊賀上野にて味噌煮込みうどんは却下して、 フェリーに乗りトロトロと下道で戻る事にしました。

打ち合わせを終え準備をして、10:00前さんざん迷惑を掛けた宿から出発。僅か11時間でしたが大変お世話になりました。

昨日きた時は夜中だったので道が空いていたのですが、どうやらココは生活道路らしく大渋滞。しかも、県外ナンバーも多く通り道だったりするのかもしれません。

ジャスコに立ち寄りカッパを購入、装備して伊勢湾フェリー鳥羽乗り場へ。

向かっている途中で雨が弱くなってきました。

やっぱり…やっぱり僕は雨男なのですね。

沢山フェリー乗り場に到着する頃には殆ど雨が上がりました。しっかり装備したツーリストがいっぱい。こちとらポロシャツにジーパンです。I澤氏には「Ham☆君がカッパ忘れたから雨降られたんだよ〜」と攻められるしもうボロクソ。

以降雨は降りませんでしたが、後々、役に立ってくれました。フェリーの予約をしに行くと、空きが1つしかなく次便に見送る事に。時間があるので近隣を散策して、乗り場でお土産を購入することにしました。

フェリー待ちゴールデンウィークという事もあり、見渡す限り人人人。家族連れが目立ちました。タバコを吸ったり、写真の整理をしていたらあっちゅう間に乗り込みの時間。

東京方面・伊良湖行のりば予定と逆方向でフェリーを使う事となりましたよ。さて対岸は晴れてるんでしょうか…

以降ずっと作成中...の予定