ショートツーリングin房総半島

日記でお馴染み、I澤氏とツーリングに行ってきました。

今週頭(13日)にI澤氏と呑んでいた時に持ち上がった今月末か来月頭にツーリングに行こうと言う企画から始まりました。東京を朝早く出て、下道で静岡⇒フェリーで伊勢⇒名古屋⇒伊賀上野のコースを、来られる仲間を集めて一泊でと言う計画。

がしかし、前日(16日)にHam☆のバイトが決まってしまい来週以降は難しいので、今週中に行く事に。

自宅で調べる事だけ調べて、晩御飯を食べながら打ち合わせ。あまりに急だったのとお互いお金に余裕が無いという事で日帰りショートツーリングに変更。2人で千葉県は房総半島を巡る事になりました。

暖かくて、何度も眠くなりましたが結構楽しかったです。これからもっと暖かくなっていくんですよね。

段々とツーリングの楽しみ方が分かってきた気がします。次は西日本の方に行っておいしいモノ食べたい。

予定した暫定ルート

8:30頃出発⇒久里浜港で朝食⇒東京湾フェリー⇒房総半島⇒内房から外房へ向けて海岸線を淡々と走る⇒お腹が空いた所で集辺で定食屋を見つけて昼食⇒アクアラインに向かって山道を抜け内房へ⇒アクアラインを通って帰宅

実際に通ったルート

時刻到着地次ルート備考
08:20-環八Ham☆宅を出発。
08:45首都高下り羽田入口首都高横羽線〜湾岸線600円
09:30終点幸浦出口国道357号〜国道16号〜国道134号
10:15久里浜港東京湾フェリー(久里浜⇒金谷)朝食(朝定食)/1280円/10:40発
11:35金谷港国道127号〜県道34号〜国道128号富津市発上陸記念撮影/予定していた館山方面が渋滞の雰囲気/県道34号で対岸の外房までショートカット。
12:35セブンイレブン天津小湊店国道128号休憩
13:40御宿中央海水浴場国道128号〜県道123号砂浜のラクダ鑑賞(月の砂漠記念館前)
14:20一水亭県道123号〜国道128号昼食(アジ刺身定食)/1260円/千葉県長生郡一宮東浪見
15:00セブンイレブン三崎中原店国道128号〜県道152号〜県道154号〜国道465号〜国道297号〜国道409号(うろ覚え)食後の一服/ルート再検討
16:35セブンイレブン袖ヶ浦東横田店国道409号休憩
17:00木更津港前・活き活き亭徒歩で駅前やっさいもっさい
17:15木更津駅近隣散策後戻るにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃ〜
18:00木更津港前・活き活き亭国道16号〜県道87号〜東京湾アクアライン夕食(アジの開き・アジの生け造り・ゴハン・味噌汁)/1060円
19:35海ほたる東京湾アクアライン〜国道409号〜産業道路〜環八方向一緒だけど一応解散宣言/2400円
20:20Ham☆宅風呂〜布団〜夢帰宅/ジャスト12時間/走行距離約260km

以下、長ったらしいツーレポです。

前日

久々に装着。打ち合わせしながら軽く呑んだので、バイクで来たI澤氏はバイクを我が家に置いて徒歩で帰宅。翌日も徒歩で来るとの事。すり抜け仕様からツーリング仕様にすべく大きなミラーも装着。4個のミラー。安全思考が高いと見られるか、はたまたオカマ恐怖症に見られるか・・・。楽に走れてナンボですよね。結局、朝までエントリーシート書いていたので結局布団に入ったのが明け方でした。果たして起きられるのか。

当日

出発〜久里浜港

I澤氏初登場喘息のせいであまり寝られず本当に寝不足。その割に起きてみたらサッパリした気分。天気予報を見たら千葉南部でも最高気温26℃。かなり気持ちよく走れそうです。8時過ぎにI澤氏が我が家に到着。スタンドの調子が悪そうですが、行きませう。特に渋滞に嵌る事も無く、久里浜港に1時間半程で到着。日が照ってきて上着を着ていると汗ばむ程気温が急上昇。

東京湾フェリー久里浜港次のフェリーまで30分以上あるので朝食を軽く済ませて、切符を購入しウロウロしていたら、バイクは先着18台、既に15台埋まっていました。慌ててバイクを持ってきて列に並べてセーフ。

潮風と春の日差しにぼんやりしながらタバコとコーヒーで一休みしていたら、係のオッチャンが拡声器で集合させてます。乗り込みの時間のようです。

ワラワラおります。携帯で撮ったんで空の一部が黒ずんでますね。皆、ツーリングな格好をしてます。東京・神奈川あたりのナンバーの人が大半でした。それと小型が多かったのが目に付きました。高速に乗れない小型でも房総半島をマッタリ走れて、アクアラインより断然安いしフェリーって結構便利なもんですね。初フェリーに、ちょっと興奮気味のHam☆です。

久里浜港〜フェリー

ほんのしばしお別れ。乗りこんで早々申し訳無いけど、係のオッチャン達が無駄にテンパっていて思わず笑ってしまいました。バイクをテンパるオッチャン達に促されバイクを停めると、タイダウンで壁にある金具に固定してもらえます。揺れるので壁から少しスペースを空けて停めました。僅か30分チョイの船旅ですが、多分それ以上だと船酔いするんで船気分を味わうには十分な時間。

アバヨ!久里浜波もあまり無く揺れは少なかったんですが、ちょっと風が強くて何度も帽子飛ばされそうになりました。甲板に出て到着までマッタリしようと、中の売店でボッタクリコーラを買って、カメラ片手に景色撮りまくっていたら、ああもう少しで夏だなとか思ってワクワクしてテンション上がりまくってました。

どうやって降りたんだろ…。遠い写真で判り辛いとは思いますが、小さな島の上で釣りしてます。波にさらわれたりしないんでしょうかねぇ。

金谷港到着です。上陸待ち今日のステージ房総半島入口に到着し、各車スターティンググリットに着きました。

海〜フェリーを降りた後、ちょっとバイクを停めて記念撮影。空・海・バイク。みんな青。なんか気持いいですね。あれだけ嫌いだったグースのブルーも、今となっては最高のスパイスってなもんです。国道127号に出ると想像以上に交通量が多く、予定していた館山回りのルートは渋滞の予感がしたので、鋸山の脇を掠めてショートカットしていく事にしました。

外房へ

県道34号別名、長狭街道をテロテロとマイナスイオン浴びながら国道128号に接続。外房側に到着。

CB&Goose気温がまだまだ上がりそうです。ってか、気持ち良くて眠い…。ちょっと休憩。セブンイレブン天津小湊店にてコーヒー飲みながら一服。ちょっと風が強くなってきました。一休み中にバイクを撮影。I澤氏のサブマシン兼業務マシン13コイチCBです。バイク便で酷使され車体は正直グダグダ。前後サスが抜けております。とココで友人から謎のメール。「御宿の砂浜にラクダが居るので見に行ってみなさい。」見てぇ。超見てぇ。見に行こう。

ただ今12:30。朝食が遅かったんで、勝浦の先らへんで昼食する事にして出発。海沿いを心地よいのか眠いのか分からない状態でトロトロと走行。これはこれで結構気持ちいいもんです。東京だったら大事故招くんで出来ない事ですけどね。

銅像御宿に入ったところで、脇道にそれラクダを探します。おっ!居た居た。……って銅像やんけ。月の砂漠記念館がありました。思わず「つ〜きのさば〜くを〜」と歌ったのは言うまでもありません。ラクダの側に月もあったんですが、中途半端にデフォルメ効いた三日月でちょっと萎えました。風があるんで砂つぶて食らいまくり。友人に怒りの文面をメールしつつ昼食をする為九十九里に向け出発。

アジ頂きませう

国道128号を走り県道30号、九十九里ビーチラインに入りました。シーズンじゃないからガラガラの海を想像してたんですが結構サーファーの姿がありました。サマースポーツってイメージがあるけど好きな人は年がら年中波に乗ってるんだなぁとちょっと感心。バイク乗りだって寒いから冬はバイク降りる人も居るのにね。

男の裸には興味が無いのでそそくさと撤退、近辺で定食屋を散策。

しかぁし!!無い。ほんと無い。失敗した。勝浦の手前くらいで食べれば良かった。ちょっと洒落たお店しかない。

お前なかなかうまかったぜよ。ハラペコ2人は背に腹は変えられないって事で止む得ず入店。結構人が居るもんだ。で、アジ刺身定食を注文。あまり期待してなかったんですが、結構美味しくてビックリ。美味しかったので、お造りさんのお魚さんにも、一服して頂きましたでも、I澤氏は腑に落ちないらしく、木更津らへんでリベンジをする事に。

食後の一服をセブンイレブン三崎中原店で済ませる。多分気温がピークなんでしょう。止まっていると長袖1枚でも暑い。まだ、4月半ばなんですがねぇ…。気持ちイイからまぁいいんですが、夏が恐ろしいですね。

さて、アクアラインに向け出発です。房総半島を横断すべく山道をひたすら抜けていきます。

実家では良く見かけられた田舎景色を堪能。東京に来てからというものやはり緑が恋しいですね。田植えの時期らしく水を張ってます。実家に居た頃はこれを見て季節を実感していたんだなと、妙に納得。窓の外には田んぼですからね。我実家は。カエルの鳴き声を聞いたのも凄く久しぶりな気がします。

木更津到着

木更津から12km程手前、セブンイレブン袖ヶ浦東横田店にて休憩。 少し気温が下がってきて肌寒くなってきました。コーヒーとタバコで一服してそそくさと出発。

やっぱり…間も無く木更津。少し日が落ち始めた頃、無事木更津港に到着。最近の木更津と言ったら木更津キャッツアイと暴走房総ロックバンド氣志團が有名でしょうか。近隣をお散歩して、食べられそうな所を探しながら木更津見物。

正面が木更津駅木更津駅前なんですが結構いい感じに寂れてます。やっぱり田舎。僕の実家よりはマシですが。しかしまぁ、東京湾を挟んで反対側はこんなに田舎なんですよね。なんか不思議。想像通り氣志團系の物がありました。このポスター、他にも花屋さん、ファンシーグッズ屋さん、パン屋さん、呉服屋さんと無差別です。 やっぱりヒーローなんですね。

駅木更津駅の周りもやっぱり寂れてます。アクアラインが出来るまでは東京湾を横断するフェリーが来ていたらしく結構栄えてたみたいで、大型デパートなどが多く残ってました。潰れてボロボロでしたが。アクアラインで損した街だったんですね。

未来の…デパートの前でストリートライブをやってました。お客さんもチラホラ。もっぱら携帯いじりに夢中でしたが。彼らも氣志團に次いで、木更津発信ポップグループとなれるのでしょうか。

みまち通りさらに折角なのでI澤氏が好きなドラマ『木更津キャッツアイ』の撮影地を見に行きました。僕はドラマ見て無いのですが。みまち通りの中にある実際の建物やお店を使って撮影していたとの事。誇らしげに案内図がありました。

オジー噂には聞いていましたが、狸に関するものがメチャクチャ多かったです。壁画、銅像、案内板などなど。ドラマで使われた小道具のお地蔵さんも居ました。 オジーと言うキャラクターを模したものらしいのですがドラマ見てないと訳が分かりません。右手にビールジョッキ持ってます。

散髪屋さんこの床屋さん「バーバータブチ」が主人公の自宅という設定。I澤氏曰く「マンマだよ!本当に床屋だったんだぁ〜!」と興奮しながら携帯で写真撮りまくってました。 中も殆ど木更津キャッツアイのポスター、グッズで埋め尽くされてました。
*後に判明しましたが、セットだったようです。ぬか喜びでしたね。

雑種かな…その向かいに居たネコちゃん。写真で分かり辛いとは思いますがデカい。毛が長くて足が太くて懐っこくて可愛いので写真撮って来ました。 いつもココに居るような雰囲気でした。ドラマの後、急に人が増えてビックリしてるんでしょうかね。

晩御飯でリベンジ

じゅる…周りを見て歩き回ってたら激しくお腹が空いてきました。めぼしい定食屋も見つからなかったのでバイクの元に戻ります。バイクを停めた駐車場に温室みたいな食堂があったので中を覗いてみると、セルフで海鮮類を焼いて食べられるという素晴らしいサービスをしてるので晩御飯にする事にしました。定番になりつつあるアジの開きと目の前で泳いでるアジを活造りにしてもらいゴハンと味噌汁をプラスしてアジ尽くし定食の完成。開きをジリジリと焼いていたら思わずヨダレがオーバーフロー。食欲が先走っちゃって活造りの写真撮り忘れてしまいましたが美味でしたよ。そして何よりココがステキなのはこれだけ食べても1000円切ってる事。お金が無いけどおいしいモノ食べたい方は是非。

暗くてすいません。海鮮茶屋活き活き亭。日が暮れていて写真が暗いのは申し訳ないです。ガラス張りの温室風建物で、実際夏場は室内が40度超えるらしいです。夏以外がお勧めですかね。

ブルーがステキ。海鮮も満喫した所でアクアラインに向かうもI澤氏が道に迷い始めたのでちょっと慌てましたが、Ham☆が最近仕事で来てたんで、何とか事無きを得てアクアラインに乗れました。海ホタルで夜景を見ながらプチ休憩して無事帰宅しました。

房総の良いところを結構満喫出来たかと思います。