茅ヶ崎でエンスト

トラップセット

仕事を終え帰宅した後、ツーリング&翌々日の講習会に備え、ドラスタに部品類を調達し20:00頃帰宅しメンテ開始。

各部のグリスアップを終え、突っ張っていたチョークワイヤーも交換する事にしました。

試しにバンディット用を流用しようと、不必要なバネを外したり、太鼓をヤスリで削ったり、四苦八苦したのですが、最後は太鼓を紛失して終了。現時点で既に25時。起床予定は6:30。さて寝ないと。

やっぱりそれは突然に..

ちいさな翼主催の箱根ツーリングに参加すべく、集合場所である西湘バイパス下りPAに向かう途中の出来事でした。

案の定寝坊。飛ばしていけば、ギリギリ間に合う時間だったので、さっさか準備をして向かいます。

首都高横羽線→横浜新道→新湘南バイパス→湘南海岸ICといいペースで流し、タバコを買おうとセブンイレブンに寄ってエンジンを止めたのが最後、ウンともスンとも言わなくなりました。

セルを回しても駄目。押し掛けしてみても全く駄目。バックファイヤーとアフターファイヤーの応酬…。押し掛けしていると、明らかに圧縮が低いのが判りました。

135号から茅ヶ崎駅周辺まで、徒歩で3時間程茅ヶ崎市内を歩き周り、ようやく工具屋発見。キャブまでバラせる工具をゲット。

はやる気持ちを押さえ、帰りはタクシーを拾ってセブンに戻り、湘南の青空の元、作業開始。

分解

まずプラグチェックした所、綺麗なキツネ色でした。んじゃキャブでもチェックしてみますか。ってタンクを外した時点でなんか違和感。

キャブ取れかかってるんですけど…

これかなぁ…2次エア吸い込みで抱き付き or 焼き付き?

取り敢えず、乗って帰るのは絶望的状況。前回に引き続き、休業中のI澤氏にレスキューを求めました。度々ご迷惑お掛けしております。

新湘南バイパス桑田佳祐とバンド組めそうな勢い、茅ヶ崎に7時間程滞在。忘れねぇぜ。茅ヶ崎あばよ。あばよ茅ヶ崎。セブンイレブン茅ヶ崎柳島店サイコー!!んな訳あるかっつうの。寂しかったよ、ママン。バイクの陰に潜んで2時間位寝てましたよ。茅ヶ崎でなんかいい夢みらんねぇよ。サザンオールスターズこんにゃろう。

ともあれ無事自宅近所まで到着。エンジン回りは全然判らないのでそのまま近所のバイク屋に持ち込み事情を説明して預けてきました。多分腰上を開けることになるので、勉強がてら今週末の土曜日に作業見学させてもらうことにしました。結果やいかに…。

原因追求

土曜日の夕方です。バイク屋に行き作業を観察させてもらう日。

…圧縮が無い原因が何なのかを追求していきます。焼付、抱付、バルブが落ちている、ピストンに穴が開いている。果たしてどれか。まずはバルブがしっかり動いているかどうか、まず排気側のバルブ。クランクを回してバルブを動かしてみると特に問題なく動いております。

続いて吸気側のバルブ。キャブを外し、インマニを外し中を覗き込むと…ハイ?

犯人

…。 バネバネ
バネバネ
バネバネ…

...先が長く曲がったクチバシ型のラジオペンチで慎重に外してもらいます。

部屋に転がっていたはずのバンディット用チョークワイヤーに付いていたバネ様が何故こんな所にいらっしゃるんですか?

猛省

犯人。取り出されたバネ。バルブに挟まって広がっているものの断面を見てみると、シリンダーヘッド内部で切れたような跡は無いので、一通り組み終わりエンジンを掛けてみます。もしバネが切れていたら即アウトなので結構ギャンブル。いいや、逝ってしまえ掛かっておくれガタガタガタ!!っと鳴り出し、慌ててエンジンを切りましたが、どうやらカムチェーンテンショナーの音だそうで。初めて聞いたもんだから思いっきりビビりましたよ。もう。何度かレーシングするとガタガタ音が止みました。

(・∀・)直ったーーーーーーーーーー!!

試乗しても、特に感じ取れる程のパワーダウンも無く、異音も出ていないので、多分ダメージは最小限。しばらく様子見ます。

しかし、なんでバネが入っているのかと…。不可思議で仕方ないけど、バイク屋さんに「昔整備中に、友達が蹴ったネジがたまたまシリンダーに入っちゃったらしく、ヘッド駄目にした事があるよ。」と励まされました。多分茅ヶ崎に着くまでキャブのバタフライバルブかニードルに引っかかってて、エンジン停止時に何らかの力が掛かってヘッド内まで落ちたんでしょう。

「この世に不思議な事など何も無いのだよ。」なんて、某小説主人公の台詞なんぞ思い浮かべられるほど元気になりました。僕もバイクも。暫く、バネの悪夢にうなされそうですが。焼き付いた〜だのピストンに穴空いた〜だの騒いだクセに、結局バネオチです。

大変お騒がせ致しました。