Feb.2005

2005/02/27

呪 っ て や る

あっ「祝 っ て や る」と間違えちった。世の中アホな人は沢山居るものです。

先週は友人の結婚式がらみで、18日から25日の1週間里帰りしてました。友人代表の余興の練習に参加できなかったので、必然的に本番にも参加できなかったのがかなり残念でした。披露宴での友人達は新郎新婦より明らかに輝いてました。前日に行った3時間を超えるリハ以上の出来。

もっとも、本人達は余興というより、主役だと思っていましたから当然かもしれません。円陣組んだ時の掛け声も「俺らが主役だ」でしたからね。実際、練習量はハンパじゃなかったし、第一お祝いムードの曲でも無く、場が盛り上がるというだけで選ばれた曲。僕等の輪の中に「enjoy!!」「アッパーなテンション」というキーワードが新たに生まれました。nobody knows+「ココロオドル」は思い出の曲となりました。そして、そのメンバーの1人も春先には結婚。気の許せる仲間達はこうやってじわじわ欠けていくのだなとも実感。

いや、正直、新郎にあたる友人は、身内全員が煙たがる存在でしたから、ある意味喜んでやれました。

そうそう。本日、人生22回目の2月27日、人生二度目のゾロ目年齢を迎えました。

といっても、今朝友人知人からのバースデーメールを見て、思い出した訳です。こうやって、気がつく間も無く老けていくのでしょうね。少ないとはいえ、バースデーメールは嬉しいものです。

祝ってくれた人一覧

宗教勧誘、撃退したつもりでしたが、気に入られたみたいです。前回と同じ人だったし。前回のボロが出ないかとヒヤヒヤものでした。誕生日プレゼントに聖書から一節紹介してくれそうになりましたが、眠かったので丁重にお断りしておきました。

2005/02/11

馬刺し部改め刺身部活動

mylifeのBeer四天王さんと馬刺し部を設立して早半年、そろそろ活動しようと今月9日に打ち合わせ。I澤氏バースデー当日11日が建国記念日なので都合が良いので、バースデー呑みと平行して初活動する事になりました。ビール四天王のうち3人が揃っての会合、果たして何が起こるのか。

さて馬刺しプレイスは、小田急よみうりランド駅から徒歩10分の小料理屋さん。普段電車に乗らないHam☆とI澤氏は、小田急のシステムを全く理解しておらず、よみうりランド駅無いじゃん!!と困惑していました。特急で通り過ぎてからようやく気がつき、オロオロと普通で戻るという電車オンチ振りを発揮して四天王さんにヤキモキさせてしまいましたが、無事合流しました。特急とか準急とか超訳ワカメです。

以前食べた究極ラーメンについて熱く語りながら歩き、店へ到着するも既に満席。Ham☆が箱根に行っていた為に、集合時間が遅れてしまったのも要因のひとつでしたが、それ以前に3連休初日の夜だから一家揃って出かけているだろうと高を括っていたのが悪かったようです。ともあれ、初部活動から本命を外すなど言後道断、席を陣取るお客達は殆どコースで入店しているとの事なので、予約しおきました。席が空くまでの1時間は養老の滝でフライング乾杯して消化、ジョッキ3杯程空けた所で本命店から連絡が入り、ようやく目的の店へと入店鎮座を果たしました。

エビスビールで改めて乾杯すると運ばれてきたのは、刺身の盛り合わせ、フグ刺、馬刺、あん肝など等、ブルジョアジーな食物。刺身にはやっぱり日本酒、店にある全種類呑んでおきました。こうして馬刺部は刺身部へと趣旨替えを果たしました。終電ギリギリまで騒ぎ、なんとかギリギリ乗車。

ところが、安心して眠っていたのが運の尽き、乗換駅と勘違いして降車、もう電車来ないよね…。結局、徒歩20分程歩いて国道にてタクシーを拾い無事自宅付近まで戻れました。さらに、ラーメンを食べようと、いつものラーメン屋へ行くも、本日定休日…もう勘弁してください。

箱根で転んだり、目的駅スルーしたり、終電から飛び降りたり、ラーメン食べ損ねたりと、なかなか愉快な1日となりました。

2005/02/02

レーサーレプリカ=スーパースポーツ+ビッグスクーター

ここ最近バイクのシェアは、スーパースポーツブームと、ファッションとして定着しつつあるビッグスクーターブームが混在しています。共に、毎年マイナーチェンジやモデルチェンジを繰り返し、前者はスペック、後者は利便性の向上がメインの様子。

今の2大ムーブメントと、80年代のレーサーレプリカブームを比較すると、共通項が多いような気がします。そもそもレプリカブーム当時は、補助輪が取れたての自転車で暴走していた頃なので、知識も先輩ライダーから当時の話を聞いた程度に過ぎません。

そもそもレプリカブーム当時は、レースそのものがとても人気を博しており、それが波紋となって人々に広がりました。ステータスとして「速さ」が存在し、ファッションとしてレプリカが流行ったという背景があります。趣味の幅も現代程多様化しておらず、バブル経済の兆しが見え始めた時代、金銭的なゆとりもあってか、バイクで街、峠、湾岸と場所を問わず走り回る人達が次々と現れました。

そんな時代を敏感に察知し、速く乗る為というより、ファッションとしてレプリカを所有していた人達は、それ以降に続くネイキッドブームや、アメリカンブームにも上手く応じていきました。

今のスーパースポーツブームを支えているのは、速さやマシンスタイルに魅力を感じた人で、その内訳は、ライディングに楽しさを見出す人や、元々スポーツタイプしか乗らない人、スペック重視の人、当時何らかの理由で所有できなかった遅咲き組や、復活組が大半でしょう。所有者の年齢層が高いのも頷けます。

一方、ビッグスクーターブームを支えているのは、ファッションとしてバイクに魅力を感じた人達で、若者が大半を占めるのはご存知の通り。アメリカンブーム、スカチューンブーム、そしてビッグスクーターブームに反応していった人達も居るはずです。

どちらにも例外として、交通手段として所有する人や、盆栽目当ての人も居るかとは思います。趣味ですから、他人に迷惑を掛けずに楽しんでいるのなら何に乗ってもいいと思いますから、特に否定する事はしません。

モータースポーツとしてのライダー、ファッションとしてのバイカーとして書いているサイトを見つけたので、リンク張っておきます。ところでバイクを盆栽する人はどちらになるのでしょうかね。

見栄っ張り

誕生月に突入し、間も無く、人生2度目のゾロ目歳を迎えます。家系の寿命記録から見て、あと3回程度はゾロ目を迎える算段なので、今回のゾロ目で人生の2/5を消化した事になります。それだけ消費しても、まだ社会的に一人で立つ心構えが出来ていない自分に少し苛立ってみようかと、ヘラヘラしながら、鼻水垂らしながら、考えています。

そもそも、そう考え始めたのは理由があって、正月に稼いだ生活費の底が見え始めて来たから。もともと上げ底でしたが、予定では2月中旬位まで持つはずでした。しかし、今月半ばに地元の悪友が結婚する事になり、当然、式は強制参加。流石にみっともない格好で参加する訳にはいかないので、シャツ・ネクタイ・革靴を新調しました。

「春先に別の友人の結婚式も有るから」「そんなに着ないから長く着られるって」「結婚式っていい出逢いのケースじゃん」その他諸々、勝手な言い訳が思考を駆け巡り、我に帰って並べてみたらブランド物のみ。そもそも、ブランド・ノンブランドに拘りは無いのに。

そもそも、スーツをまとう事により一人前と見せかけて、これから社会に出ようとする人間が、スーツの良し悪しなど分かりません。しかしセンス良く見せたい、よって無難なブランド品に逃げたのだと憶測。自己誇張は動物的本能でもありますから当然です。

また、周囲の人間が、自分以外の人間が全て就労者なのも要因のひとつ。彼等に比べれば、収入面で断然劣るのですが、いくら学生とはいっても、そんな輪の中にヨレヨレのネクタイ、擦り切れたカラー、黄ばんだカフスでは場に堪えません。決して結婚式を祝う為の投資では無く、自己保身の為の投資をした訳ですから、ことさら自信の内面を疑いたくもなります。

ちなみに、ここ3年間の出費簿を見ると、毎年1月は臨時出費や新年会などどうしてもイベントが多く、他の月比で2倍以上です。その点、服を奮発した今年1月でも1.2倍程度。どれだけ、無駄金使ってきてるんでしょうね。日々是精進、年々倹約能力がアップ。別名ケチ化が進んでおります。

ちなみに上京後初めて迎えた1月、婚約指輪以上の額を散財していました。内心、都会に馴染もうと必死だったのかもしれません。

こんな事書く暇あるなら就職活動なりバイトするなりすればいいのは分かってるんですが、半年以上も働いていないと流石に腰が重く、根が張っている様子。

ケチで見栄っ張りでニート予備軍のHam☆でした。