2004

2004年を振り返って

世間では、戦争だの天災などで結構キツめでしたが、個人的には結構有意義な1年でした。

3月で再びバイク便を廃業し、稼いだお金でバイクのローンを一括清算し自由の身に。去年と同じく働かないでいようかとも思ったのですが、行きつけの服屋でバイトのお誘いを受け上京初の時給制労働。憧れのショップ店員でしたが、服への気持ちより、退屈さが上回り、僅か3ヶ月で辞職。その後は、知人の誘いなどで時々働いて稼いでいました。

去年と違って今年は卒論が有り、大学の友人らも卒論に時間を割いている為、誘いも少なく、去年より自堕落の程度は低めでした。引きこもり具合は相変わらずでしたが、今年はツーリングに頻繁に出かけたりして、感性なんかを磨く事が出来たかと思います。

また、去年のバイク仲間が欲しいという目標が実りました。このサイトを見て声を掛けてくれた方と呑んだり出かけたり。それに年末にも良く行くサイトの管理人さんと呑み仲間になり、またそこの企画ツーリングにも参加させてもらったりして、バイク乗りの輪が広がった気がします。

ただ、反省すべき点も多々有り。卒論を言い訳に、働かず、そして就職活動もせず、やりたい事だけを選んできました。就きたい仕事は幾つもあるのですが、現実味が薄かったり、学歴的に無理だったり。それ以前に、努力というものが嫌いなので、就職活動自体敬遠してます。

就職はせずとも、なりふり構わなければ生きていける社会ですし、人生も1度だけ、やりたい事をひとつづつ片付けていこうかと思ってます。体力があるうちに日本一周だったり、世界一周だったりしてみたいのですよね。出来るならバイクで。

それにしても今年の日記を読み返すと、途中で途端に文脈が変わっていました。一人称の「オイラ」の使用率がグングン激減。最近になるともはや0%です。サイトデザイン自体も随分と大人しくなりました。何が要因か不明ですが、内面的に進歩しただと思います。ただ、表面的な部分にまでそれが及んできているかというと、そうでもなさそうです。

ともあれ、今年は専ら今後の人生設計をせねばなりません。仕事を趣味にするか、趣味に生きるか、その間をとるか。この若さでドロップアウトというのも悪くはないですし。どれを選択するか。今後の人生が掛かってるんで、優柔不断さを押し殺して決断せねばならなそうです。