++バランサーを付けてみる++
 やたらトップヘビーだったモンスターリンクにお粗末なバランサーを装着。
◆工程をすっ飛ばし
これだけ

 いきなりですが完成品。板オモリに両面テープを貼ってグリップに巻き、その上から補強のためにテニスのグリップテープ(ドライタイプ)を巻きました。ちなみに、グリップエンドからテープの2/3くらいのところまでオモリを巻いています。
 テープが全部巻かれてないのは長さが足りなかったからです。でもちょっと味があっていいかも。

◆↑だとちょっと説明不足なので
 巻く際の注意点などです。
  • 長さによるが、6ftならリールを付けない状態でトリガーから15cmくらい前の位置で釣り合うようにするといいようである。
  • 板オモリは両面テープで貼ってしまう前に、仮に巻いてみてバランスを見ること。
  • グリップテープの重さも加わることになるので、その分を考えて板オモリの量を調整。必要ない場合もあり。
  • 板オモリの巻き方は自由だが、厚くなりすぎるとアレなので、自分で何とかうまくやる。
  • 仕上げのグリップテープの巻き方は、説明書を参照あれ。
  • 使用するのはドライタイプ。 ウェットタイプはやや厚い素材で、本来は汗を吸ってグリップ力を得るので重くなるらしい。
  • その重さを考慮し、あえてウェットタイプを利用する手もある。
 とまぁ、こんなところでしょうか。その他、あっと驚くようなアイディアがあれば、秘密にしないで(笑)、ぜひ教えてください。


TOP