TOPページ お知らせ  リンク  親の会の歩み(講演会)  本の紹介  親の会通信  小さなギャラリー


      
   桜の季節ですね!

   浜松市内の小中学校では、900人以上の不登校の子どもたちがいます。
   ひきこもりの若者たちも増えていて、生きづらさが続く今の世の中、
   皆で考える必要があります。

   学校復帰や引っ張り出すことだけが最終目的ではないですから。

   2013年度、部活教師による体罰問題がクローズアップされた浜松。
   その教育のあり方・構造自体にも問題があるといっていいでしょう。
  
   
   内田良子さんの講演会を、
はままつチャイルドラインと共催で、
   2013年9月29日(日)に開催!(盛会にて終了)


   
  
 浜松市でも、2012年6月に曳馬中2年の男子が飛び降り自殺。
   第三者による調査委員会を立ち上げた。
   学校へ行かない選択もあるよ!と伝えたい。


 
   6月13日(水)のNHKテレビ
「クローズアップ現代」で、精神科医療の子どもの
   過剰医療などの問題点などが放映されました。親の会でもNHKから奥地さんを通して
   アンケート依頼があり、当事者の視点をどこまで取り入れた内容になるのか?
   奥地圭子さんの問題提起と精神科医・石川憲彦さんのコメントなど。

       
   
   
はままつチャイルドラインの<第二期受け手養成講座>
     (5月13日から10回) 申し込みは、こちらへ。
   
    5月20日は、名古屋の弁護士・多田元さんのお話。「子どもの権利・大人の役割」
    多田さんは、少年事件や子どもシェルターに関わったり、二人の息子さんの不登校
   の体験で目からウロコの体験をしてみえます。子ども側にたった弁護活動で忙しい
   日々。ぜひ多くの方に聞いてほしいです!

   チャイルドラインでは、全国の子どもたちの声が繋がり、まさに社会を反映してるなあと
   感じます。話を聞いてほしい子どもって、たくさんいるんですよね


    3月4日の
高岡健さん講演会106名もの方が参加。静岡市や名古屋市、
    一宮市などからもみえ、当事者の参加もありました。
    「ひきこもることは、自分と自分との対話すること。不登校は小さなひきこもり。
    人生に、ひきこもることは必要なんだ」と。

    不登校体験者の森下さんの話にも、うなづく親御さんの姿が印象的。
      くわしい報告は、通信で。


   今年も残り少なくなりました。受験を控えた子どもにとって、不登校でなくとも
   プレッシャーがかかる季節。親の思いもありますが、本人は、もっと
   いろいろ深く考えていますよ。学校って子どもの集まる一番身近な場には
   違いないけれど、本当にストレスのかかる気遣いながら生活してるんだなあ
   って、会員の方たちの話から、伝わってきます。
   あくまでも、子どもの気持ちに寄り添って、、、いつも無理は禁物ですね。
   進学情報なども、お伝えできます。
 
   
   夏休み明けは、不登校の子どもたちにとって、ちょっとしんどい季節。
   今年も、9月1日の前後に、自殺した子どもたちが数人出ましたね。
   なんともいえない、つらい気持ちになります。
   どうぞ生きて!  
   学校は死をもってまで、行くところじゃあないよ、と伝えたい。

   

   3月11日の東日本大震災では、自然の持つ脅威そして原発という
   人間が作り出した脅威の前に、ただただ驚き、祈るしかありません。
   亡くなられた方のご冥福を、そして被害にあわれた方への
   心よりのお見舞いを申し上げます。
  
 そして今、自分のできることをする、それが大事ではないでしょうか。

  2011年度1月から9回にわたり、
はままつチャイルドライン
  受け手養成講座が始まっています。→好評のうち終了。
  「チャイルドライン」とは、18歳までの子どもの専用電話。
  子どもの声をただただ聴く。子どもに寄り添う、
  そんな活動をしたい方、ぜひ一緒にやりませんか?
  
  
What’s up!  はままつチャイルドラインのブログもみてね!
   
                

   2011年度の
不登校を考える全国夏合宿は、高知
     
7月23日・24日に開催!終了
                            

    ・高岡健さん(
岐阜大准教授)の講演
       「子どもを理解するために〜発達障がいと不登校〜」
    
    ・山下英三郎さん
(日本スクールソーシャルワーク協会会長
       「修復的対話というアプローチ」
    
    ・子どもたちや親のシンポジウム、分科会、そしてもちろん、
     懇親会もあって、今年の夏は、坂本龍馬の高知へいかが?
    内田良子さん、奥地圭子さん、多田元さん、森英俊さんたちにも会える。

    ホテルも由緒ある素敵な山翠園ですよ。


   2010年度の全国夏合宿は、福島
全国から大人400子ども100名
   仲間が集まりました。
(終了)
    2010年、2月で親の会は20周年を迎え、5月30日に「奥地圭子さん講演会」
  今まで多くの方に支えられ続けられたことに感謝!(114人の参加者で終了)
  
2010年3月21日(日には浜松まちづくりセンターで、親の会メンバー二人が
  話をしました。
   2009年9月27日、講演会で不登校体験の若者たち、須永さん、伊藤さん
  お二人を東京からお呼びしました。SBSTV(イブニング・アイ) の取材あり。
  いろんな生き方や、進む道があることを知るのは、とってもだいじ!
  家でゆっくりとホームエデュケーションしてる子どもたちも居ますよ。親同士で
  いろいろ語り合いましょう!子どもは日々成長しています。(大人よりも・・)
   2008年度は7月、弁護士・多田元さん講演会が、好評のうち終わりました。
  講演記録集も2009年8月20日発行!500円。お申し込みは、こちら。
   2009年度の夏合宿は、東京早稲田大学会場にて盛会に終わりました。
  大会の最後に、「不登校の子どもの権利宣言」と
  「不登校政策についてのアピール」が発表されました。
   
◆「浜松登校拒否親の会」は、学校に行かないことを否定的にとらえるのではなく、
  子どもの成長する一つの過程ととらえ、子どもたちの多様な生き方と自立を見守り、
  孤立しないで支えあっていく親たちと、不登校の問題を一緒に考えていく人たちとの
  「自助グループ」としての集まりです。一人で悩まないでお気軽にご連絡下さいね!
◆「NPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」に加入。全国の59の団体会員
  と個人会員17人により、ゆるやかにつながりあい、情報交換などをしています。
◆私たちの会は、1990年2月に発足し、月一度の通信発行と例会を開催。年に2回ほど
  講演会を開催。年会費(通信費)は3000円。入会金は無料。会員は現在90名くらい。
◆1992年3月、文部省は「学校にも多くの原因があり、登校拒否は誰にでも起こりうる」と
  いう見解を出しました。子どもには、学校に行かねばならない義務はなく、学ぶ権利が
  あり、「子どもの権利条約」も1994年に批准されています。
  学校に行く・行かないにこだわらない、いろいろな生き方・選択肢が認められる多様性
  のある社会になってほしいと、私たちは心より願っています。
         お問い合わせはこちらへ
  
     《つながる、つたえる、つつみこむ、の3つの「つ」を大切に!》とは、
                   奥地圭子さんの言葉です。

     

【今まで講演会でお呼びした人たち】
奥地圭子(NPO法人東京シューレ理事長・東京シューレ葛飾中学校長)、石川憲彦(児童精神科医)、
山下英三郎(日本スクールソーシャルワーク協会会長・社会事業大学院教授)、渡辺位(精神科医)、
高岡健(精神科医)、内田良子(子ども相談室「モモの部屋」主宰・心理カウンセラー)、
久田恵(ノンフイクション作家)、多田元(弁護士・名古屋親の会世話人)、森英俊(内科医・鳥取タンポポの会世話人)、石橋涼子(小児科医)、加茂光廣(草笛奏者)、須永祐慈(東京シューレ出版)、渡辺広史、下村功、鈴木暁、石井志昂(不登校新聞社「Fonte」編集長)、・・・その他多数(順不同)
              


      
  

  since 2001.7.7  リニューアル 2003年12月1日
★ 無断転載禁止! ★
    
  最終更新日  2014年4月1日


ホームページの画像は下のフリー素材ページからいただきました!

柚莉湖♪風と樹と空と♪