信頼のハマトリオ
ホーム=プロフィール

茶箱

     ベニヤ箱

  古民家=芳賀荘   

古民家 天井

  浜田木材工業の前身は、明治43年浜田富治郎個人が製材
 業として創業しました。建設材といて利用できない間伐小径
 木や曲がった木材、倒木の活用を考え、静岡県の特産物であ
 るミカン・お茶に着目し、その梱包箱の板材として使用しま
 した。特にお茶の梱包箱の板材とするため、小径木からカッ
 トした小幅の板を竹くぎで継ぎ合わせ一枚板に加工し、合わ
 せ目には和紙を貼り、また反った板は熱圧プレスで圧縮し使
 用しました。さらに、内側に湿気を防ぐためのトタンを貼
 り、皆さん存じの茶箱を生産しました。

  昭和20年代は、清水港からお茶の輸出が始まり、のちに
 静岡市の名誉市民となったマッケンジー家より輸出用茶箱
 (通称ベニヤ箱)の生産を依頼され、これをきっかけに当時
 利用価値の少なかった北海道のブナ・ナラ材を使用した合板
 を開発しました。

  30年代には高品質で表面仕上げが良く、加工しやすいプ
 リント合板の生産を開始しました。

  現在はJAS認定工場として、F☆☆☆☆・ノントル
 エン/ノンキシレン対応の化粧板を製造しています。 

  最近は、山村の活性化のお手伝いと人々との交流の場を提
 供するため古民家の再生を試み、梅ヶ島の杉材と安全で品質
 の安定した合板を独自の高度なラミネート・塗装技術で加工
 した製品を使用し、再生しています。

  自然との共生と健康で安全な化粧板の開発・生産をコンセ
 プトに日々取り組んでいます。
企業理念
→会社概要
企業理念
→敷地・建物・設備
→生産品目
→最近の業績
→ニュースリリース・採用情報
→関連企業・リンク集
→会社概要工場移転前
→会社概要工場移転前
→古民家=芳賀荘にようこそ
Our firm was founded in 1910(明治43年)