燃料に関する実験

実験13 燃料の比較

カイロ用に使用できる燃料について、調べられる範囲で比較をしてみました。
ただ、この結果を曲解して使われると大変に困るので、わけがわからない方は読み飛ばしてください。
具体的には、たとえば、この実験ではコールマンホワイトガソリンなどの値が低く出ています。ということはコールマンジャパンは高い価格で粗悪品を売っているのか! というと、そういうわけではありません。サイト作者がカイロ用として重要な性質を調べたので、ハクキンベンジンなどが「よい」値になっているだけです。コールマンホワイトガソリンは、コールマンのガソリンストーブやランタン用に調整されていて、カイロに使われることは想定していないし、カイロ用に特別な調合をしているわけでもありません。
逆に、ハクキンベンジンはコールマンのガソリンストーブに使えはするかもしれませんが、割高になるだけで純正ホワイトガソリンを使ったときに比べてあまり得になるわけでもありません。
その点をご留意の上でごらんください。

その1 比重(密度)

石油を精製するときに、その比重はわりと重要になってきます。
具体的には、たとえば、比重0.75の液体1リットルは750gに、比重0.70の液体1リットルは700gになります。
石油などの燃焼時の熱量は、重量にほぼ比例しますので、上記のようなガソリンやベンジンそれぞれ1リットルを完全に反応させたときは、当然、比重0.75のもののほうが多く熱が出ます。ということは、比重0.75のホワイトガソリン1リットルが740円で、比重0.70のホワイトガソリン1リットルが700円で売っていた場合、実は比重0.75のものを買ったほうがお得ということになります。ただし、この比重の値は、製品のパッケージ等には表示されていません。少なくとも日本では、ガソリンなどは容量(リットル数)を表示すればよいことになっているからです。さらに、全く同じ銘柄でも、比重はロットによって微妙に異なります。これは、超簡単に言うと、石油からまず灯油や軽油や自動車用ガソリンなどが作られ、余った分からホワイトガソリンやカイロ用ベンジンが作られているためです。逆にいうと、自動車用ガソリンなどの比重も、ロットごとに変わっていることになります。
比重の違いはもう1つ、カイロにとっては重要なものの指標になります。だいたい、比重の小さい石油精製物は、沸点が低く、揮発しやすい性質があります。

比重
(カイロ用ベンジン)
ハクキンベンジン 0.730
東薬 0.723
NT(タカビシ) 0.724
鳩宝印(原薬品) 0.725
バラ印(石井化薬) 0.733
(ライター用オイル)
Zippo 0.725
シラカワ 0.711
ダイソー 0.717
(ホワイトガソリン)
コールマン 0.700
コールマンプラス1 0.696
ジョイフル本田 0.696
やませみ(メイホウ) 0.711

※室温約15℃、実験用比重計を使用(検定品ではありません)

その2 揮発性

次に、どれくらい揮発しやすいのか、を調べました。
マンナンライフの蒟蒻畑のカップを12個用意し、それぞれの重量をはかりました。1.1gのものと1.2gのものがあり、1.1gのものには液を9.1gになるまで、1.2gのものには9.2gになるまで入れました。つまり液量は8gになります。
その後、2時間後、13時間後、16時間後に重量を測定しました。表に掲示してあるのは、カップの重量を引いた値です。測定には家庭用の0.1gまではかれるはかりを使用しました。

2時間後 13時間後 16時間後 24時間
ハクキンベンジン 7.2g 5.3g 5.0g 4.3g
東薬 6.8g 4.2g 3.6g 2.5g
NT(タカビシ) 6.8g 4.2g 3.6g 2.6g
鳩宝印(原薬品) 6.9g 4.3g 3.9g 2.8g
バラ印(石井化薬) 7.3g 5.3g 5.0g 4.2g
Zippo 7.7g 6.8g 6.6g 6.1g
シラカワ 6.3g 3.3g 3.1g 2.4g
ダイソー 7.9g 7.3g 7.1g 6.7g
コールマン 5.7g 3.3g 3.1g 2.6g
コールマンプラス1 6.7g 3.0g 2.5g 1.6g
ジョイフル本田 6.1g 3.3g 3.1g 2.4g
やませみ(メイホウ) 6.9g 4.7g 4.3g 3.6g

※約3週間放置したところ、カップ内に残留したものはありませんでした。ただし、ほとんどのものが7日以内で完全に蒸発したのに対し、ダイソーオイルだけは2週間以上かかりました。

銘柄によって相当の差があることがわかります。特にホワイトガソリンはかなり早く揮発しています。ただしこれは、それらの燃料の質が悪いという意味ではありません。ガソリン式ストーブなどは、いったん器具のタンクに燃料を入れてしまえば、揮発する心配はありません。それに、ホワイトガソリンは機械などの洗浄にも使われます。洗浄したあとはなるべく早く揮発してくれたほうが都合がよいわけですから、早く揮発することはホワイトガソリンにとって悪い性質ではありません。
どちらかというとカイロ用にとっては揮発しにくいほうがよいわけですが、揮発しにくい成分が多いと、反応できずにタンクの中にたまり続け、綿を痛める可能性もあります。揮発しにくければしにくいほどカイロにとってよい、というわけではありません。

その他の燃料についてはかなり大きな差が生じているのがわかります。ライターの中に入れてしばらく持たせなければならないZippoオイルなどは実際に揮発しにくくなっています。
意外なことに、ハクキンベンジンと石井化薬のベンジンは(比重も含め)はかった限りでの特性がほぼ同じでした。また、この2種を除くその他のカイロ用ベンジン同士も特性がほぼ同じでした。

なお、ダイソーのライター用オイルは、ロットによって容量に激しくばらつきがあります。容器にはどれも「120ml」と書いてあるのですが、サイト作者の計測したところによると、最も少ないもので83mlしか入っていませんでした。逆に割高になる可能性もありますので、ダイソーのものは緊急でほかに選択肢がないという場合以外はおすすめしません。

追実験その3

マルミ印のカイロ用ベンジンというのがひんぱんに話題に上がるのですが、サイト作者の近辺では販売店が見つからず、上の2つの実験を行った際には使用できませんでした。
その後、現物を入手できたので調べました。パッケージには新日本石油製である旨が表示してあり、比重や特性はNTベンジンや同じく新日本石油製の東薬カイロ用ベンジンと比重、持ちはほぼ同じでした。(正確性を期するため、上記と同じように、ハクキンベンジンを含むカイロ用ベンジン数種で同時に揮発実験を別に行いました)


実験15 重質ナフサと合成イソパラフィン系炭化水素

2006年の途中から、Zippoオイルの成分がそれまでの重質ナフサから合成イソパラフィン系炭化水素に変わりました。
(実験13で使用したのは重質ナフサです)
そこで、比較のために同じように揮発実験をしてみました。
ただし、前回は2006年1月7日19時〜8日19時という大変に寒い時期にやりましたが、今回は2007年11月30日21時〜12月1日21時という、この季節にしてはちょっと暖かめの日になってしまいました。

比重(密度)測定

比重
(カイロ用ベンジン)
ハクキンベンジン 0.734
NT(タカビシ) 0.726
(ライター用オイル)
旧Zippo(重質ナフサ) 0.744
新Zippo(合成イソパラフィン系炭化水素) 0.726
シラカワ 0.714
ダイソー 0.740
(ホワイトガソリン)
コールマン 0.700

室温15℃、実験用比重計を使用(検定品ではありません)

揮発実験

実験のやり方も同様です。マンナンライフの蒟蒻畑のカップを7つ用意しました。1.1gのものと1.2gのものがあったので、1.1gのものにはカップも含め9.1gになるまで液を入れ、1.2gのものにはカップを含め9.2gになるまで液を入れ、2、13、16、24時間後に重量をはかりました。

表の重量はカップの値を引いた数値です。

0時間後 2時間後 13時間後 16時間後 24時間 (参考)
72時間
(参考)
96時間
(参考)
120時間
ハクキンベンジン 8.0g 7.4g 5.3g 4.9g 3.8g 1.1g 0.4g 0.0g
NT(タカビシ) 8.0g 6.8g 3.9g 3.2g 1.7g 0.0g
旧Zippo(重質ナフサ) 8.0g 7.7g 7.0g 6.7g 6.1g 3.7g 2.9g 2.2g
新Zippo(合成イソパラフィン系炭化水素) 8.0 7.7g 6.8g 6.5g 6.1g 2.9g 2.0g 1.4g
シラカワ 8.0g 6.6g 3.1g 2.7g 1.8g 1.7g 1.6g 1.5g
ダイソー 8.0g 7.6g 5.9g 5.5g 4.4g 1.5g 0.7g 0.3g
コールマン 8.0g 6.0g 3.4g 3.0g 2.3g 0.8g 0.4g 0.3g

この後、ほとんど全ての銘柄が、9日以内にほぼ完全に蒸発しましたが、シラカワだけは21日後も完全に蒸発はせず、0.1g残っていました。

前回と気象条件が相当に異なるはずなのに、少し揮発のスピードが上がっただけで、ほとんどの製品は、前回とほぼ同じ減り方をしました。ただし、一部の製品は明らかに他の銘柄よりも減り方のスピードが上がっています。ロット違いかも知れませんが。
また、Zippoオイルも、新旧どちらも揮発の仕方はほぼ同じでした。比重や、長い時間置いたときの減り方が新旧で若干違う値が出ていますが、主な原因は、旧Zippoオイルの変質と推定されます。変質については後述します。

この実験で注意しなければならないことがいくつかあります。今回も、前回同様、新品の燃料を店頭でほぼ同日に買ってきて、同時に封を開けるという方式を使いました。製品の変質によって値が変化する可能性を極力減らすためです。もっとも、製品によって、店舗によって売れ行きは違うので、完璧な方法ではありませんが、できうる方法として最もよいと思われるこの方式をとりました。
しかし、今回は、1つだけ、ほぼ同日に購入することができなかったものがあります。そうです。重質ナフサの旧Zippoオイルです。これだけは、どんなに頑張っても、1年半以上前に製造されたものしか手に入りません。
そうすると問題になるのが、旧Zippoオイルの変質です。2,3年では変質などしないのか、あるいは無視できない程度に変質してしまっているのか。実験結果から結論を出す前に、その部分をはっきりさせる必要があります。
そもそも変質なんてするの?って方は、コスモ石油のサイトをごらんください。これによれば、ガソリン(を含む燃料油)は、徐々に酸化が進み、さらに軽質成分が蒸発します。つまり、変質(コスモ石油の用語は「劣化」)します。しかし、どれくらいで劣化するのかという情報は、コスモ石油のサイトにはありません。保存状態によって異なる、という書き方だけです。サイト作者の手元のZippoオイルが変質しているのか、していないのかをどうやって調べたらよいのでしょう。
そこで一つ方法を見つけました。2003〜2005年版ハンディウォーマーに添付されていたオイルの重量を、缶ごと量るのです。もし、古いものが軽く、新しいものが重いとしたら、それはつまり、注ぎ口の継ぎ目から徐々に成分が揮発している、つまり、変質が進んでいると判断することができます。
残念ながら、はっきりと2003年のものと断言できる缶は見つかりませんでした。しかし、2004年,2005年モデルのハンディウォーマーのパッケージ(Zippo及びマルカイ)から開けていない缶が2缶ずつ見つかりましたので、重量を量りました。

重量(含缶、内容物)
2004(その1) 139.6g
2004(その2) 138.1g
2005(その1) 141.4g
2005(その2) 140.3g

賢明な読者の皆さんにはもうおわかりでしょう。Zippoオイルは、たとえ使わなくても、徐々に内容物が揮発し、そして変質するのです。
最初は沸点の低い軽質成分のほうが多く揮発しますので、比重も当然、数年かけて徐々に上がっていきます。
そんなわけで、今回の実験結果は、旧Zippoオイルの値が製造直後よりも「比重が大きく出ている」「揮発が遅くなっている」ことを考慮に入れて見てください。そうして見てみると、前回の実験の際の旧Zippoオイルの比重0.725と今回の新Zippoオイルの比重0.726はほとんど同じです。揮発の仕方についても、前回の旧Zippoオイルと今回の新Zippoはほぼ同じで、気象条件を加味すると、新Zippoのほうが若干揮発しにくいと考えられます。

※追記:Zippoオイルは、同一ロット品でも元々の重量に最大1.5g程度の差があることが分かりました。ただ、元々封のない商品なので、小売り段階までの間で抜き取り等がされると調べようがありません。小売店側で封をして売っているものも調べましたがやはり差がありました。上記の結果は全部、パッケージに入ったオイル缶そのものを計っています。変質が進んでいることを証明するためには、開けていない同一の缶を継続して数年間測定する必要があるかもしれません。また、重量も、重質ナフサのもの(旧)が138〜141gだったのに対して、合成イソパラフィン系炭化水素(新)のものは新品状態で137〜138g程度でした。製造工程が一新されているので、これが比重が変わったかどうかの推測には使えませんが....(133ml缶に、揮発分を見込んで136ml入れていた、などという可能性もあるためです)

そしてもう1つの注意を。合成イソパラフィン系炭化水素は、石油を単純に蒸留して作るものではありません。石油を蒸留した成分に水素などを加えて高温高圧にして化学反応させて作ります。するとどうなるか、というと、ベンジンとホワイトガソリンを比べるときのように、単純に重量で発熱量を推測することがしにくいのです。ただ、一応、そんなに大きくは変わらないだろう、という推測はできます。(詳しい方はもっと詳しく計算してみてください)

上記の結果から、サイト作者は、揮発性や比重、発熱量に関して、新旧Zippoオイルに大きな違いはない、と結論します。


合成イソパラフィン系炭化水素について

合成イソパラフィン系炭化水素について調べてみたのですが、非常に低い温度で沸騰や引火をするものから、本当にパラフィン状になっていて、よっぽど気合いを入れて高温加熱しないと引火すらしないものまで、種類は非常に豊富でした。ただ、缶には「第4類第1石油類」と書いてありますので、引火点が低い比較的炭素の少ない成分から作られているのは確実です。(第1石油類は、引火点21℃未満の物質の分類です)
かつてのZippoオイルの成分、「重質ナフサ」と何が違うのか、というと、重質ナフサのほうは(1)アルカン(鎖式飽和炭化水素)、(2)イソパラフィン、(3)シクロアルカン(環式飽和炭化水素)、(4)不飽和炭化水素、(5)芳香族(ベンゼンなど)、(6)硫黄分など、の混合物です。ただし、(4)の成分は元々ほとんど含まれていないようです。(6)の硫黄分については、現代では精製段階で脱硫装置によって分離されてしまい、製品中にはほとんど残りません。従って、重質ナフサの成分はほぼ(1)(2)(3)(5)だと思えばいいです。
一方、合成イソパラフィン系炭化水素のほうは、重質ナフサと水素を反応させた上で他の成分をとりのぞき、(2)のイソパラフィンだけにしたものだと思えばいいです。
(1)のアルカンと(5)の芳香族は、それなりににおいがあります。特に、芳香族は強い刺激臭がします。新Zippoオイルはこれらの成分が取り除かれているので、元々においが少ないといえます。(もっとも、通常は精製の途中で大部分の芳香族は取り除かれてしまうので、旧Zippoオイルにも、それほど多くの芳香族は入ってなかったと思います)ただし、イソパラフィンも完全に無臭ではなく、わずかににおいはあるようです。
では、化学的な特性はどうなのでしょうか。国立医薬品食品衛生研究所のサイトにある日本語版ICSCで調べてみました。
下の表は、カイロ用ベンジンやライター用オイル、ガソリンなどに多く含まれる代表的な3種類の物質、ヘキサン、ヘプタンとオクタン、そしてその構造異性体1種類ずつとの比較です。これら6種しか調べなかったのは、種類が膨大にあって調べきれなかったのと、日本語版ICSCには全種類のデータがなかったためです。逆に言うと、通常は1種類1種類の細かい性質を調べなくても、ヘキサンの異性体ならノルマルヘキサンとだいたい同じ性質として扱っても通常はほとんど問題が生じなくて、それ以上の細かい性質とかは調べる必要性がない、という意味でもあります。

ヘキサン ヘプタン オクタン
名称 ノルマルヘキサン 3-メチルペンタン ノルマルヘプタン イソヘプタン ノルマルオクタン 2,2,4-トリメチルペンタン
(イソオクタン)
分子式 C6H14 C6H14 C7H16 C7H16 C8H18 C8H18
分子量 86.2 86.2 100.2 100.2 114.22 114.3
構造式 CH3(CH2)4CH3 CH3CH2CH(CH3)CH2CH3 CH3(CH2)5CH3 CH3CH(CH3)(CH2)3CH3 CH3(CH2)6CH3 CH3C(CH3)2CH2CH(CH3)2
融点 −95℃ −118℃ −91℃ −118℃ −56.8℃ −107℃
沸点 69℃ 63.3℃ 98℃ 90℃ 126℃ 99℃
比重 0.66※ 0.66 0.68 0.68 0.70 0.69
蒸気圧(20℃) 17 kPa 20.5 kPa 4.6 kPa 5.3 kPa(14.9℃) 1.33 kPa 5.1 kPa
引火点 −22℃ −20℃ −18℃ −18℃ 13℃ 4.5℃
備考 アルカンの仲間 イソパラフィンの仲間 アルカンの仲間 イソパラフィンの仲間 アルカンの仲間 イソパラフィンの仲間
要するに、何が
分かるかっていうと
沸点が低くて蒸気圧の高い3-メチルペンタンのほうが揮発しやすい。
分子量、比重はほぼ同じなので、発熱量は同じ。
沸点が低くて蒸気圧の高いイソヘプタンのほうが揮発しやすい。
分子量、比重はほぼ同じなので、発熱量は同じ。
沸点が低くて蒸気圧の高いイソオクタンのほうが揮発しやすい。
分子量、比重はほぼ同じなので、発熱量はほぼ同じ。
(ガソリン、ベンジンとしては)比較的に軽質成分 (ガソリン、ベンジンとしては)比較的に重質成分

※何故か、日本語版ICSCでは、ノルマルヘキサンだけ、比重の有効桁数が少なかった(小数第1位、他の物質は小数第2位)ので、この値だけは別のところの値を使用しています。

6種類しか調べてませんが、要するに、同じ分子式のアルカンとイソパラフィンでは、(1)イソパラフィンのほうが揮発しやすい、(2)比重や発熱量はほぼ同じ、ということがだいたい分かります。
新Zippoオイルが、単純に「ノルマルヘキサンの代わりに3-メチルペンタン」、「ノルマルオクタンの代わりにイソオクタン」と、単純に同じ分子式の成分に取り換えただけだとすると、発熱量は同じで、揮発しやすい製品になるはずです。が、サイト作者の実験では、どちらも同じように揮発しました。これは重質成分とかをわざと加えて揮発の仕方が旧Zippoと同じになるように調整しているのかもしれません。(たとえば、ノルマルヘプタンのかわりにイソオクタン、など)
サイト作者の出した結論を言うと、新Zippoオイルの成分は、重質ナフサからにおいの強い成分を取り除き、代わりに発熱量がほぼ同じでにおいの少ない(そして、生物への刺激も少ない)合成イソパラフィン系炭化水素に差し替えた上で、早く揮発するのを防ぐために何らかの加工(恐らく、重質成分の添加)をしたものだろうと推測されます。もっともこの推測のとおりだとすると、新Zippoオイルのほうが比重が高くなるはずなのですが、そうなっていないのでほかの方法が使われたのかもしれません。

においについても調べてみたのですが、漠然と、アルカンよりイソパラフィンのほうがにおいが少ないみたいことを書いているサイトとかは見つかったのですが、それ以上は分かりませんでした。ICSCにはにおいに関する記述がほとんどないのですが、生物への刺激に関しての記述はアルカンよりイソパラフィンのほうが少ないようです。もっとも、単に調査不足という可能性もありますが。
しかし、生物への刺激が少ないのは確からしく、化粧品や、刺激の少ない(シックハウス症候群になりにくい)塗装剤とかにもイソパラフィンは使われているそうです。それらの用途用のイソパラフィンは、ライター用オイルよりは分子量の大きい成分のようですが、一応、化粧品に使われている可能性のある成分のうち「(C7,8)イソパラフィン」っていう成分は多分イソヘプタンやイソオクタンの仲間で、ライター用オイルにも含まれる成分です。
一方、「(C13,14)アルカン」より軽質なアルカンは、化粧品には使われてはいないようです。
カイロ用ベンジンやガソリンに使われるのはC5〜C8程度のものです。

なお、イソパラフィンはイソアルカン、イソアリファーテなどと呼ばれることもあります。


実験16 Zippoオイルの変質

Zippoオイルの比重を計り、そのまま放置して徐々に揮発させます。
2ヶ月後、再び比重を計り、成分に変化があるかを調べます。

比重
2007年12月8日 0.724
2008年2月8日 0.728

室温15℃、実験用比重計を使用。
なお、2008年2月8日にはほぼ同時に新品のものの比重も計りましたが、そちらの値は0.721でした。

この実験結果から、Zippoオイルが揮発する際は、軽質成分が先に早く揮発し、重質成分が多く残るということが分かりました。


実験17 カイロ用ベンジンの変質

製造後20〜30年のカイロ用ベンジンが入手できたので、比重や揮発性について調べました。

比重
ハクキンベンジン 0.729
NTベンジン 0.725
1984年製造のナショナルカイロ用ベンジンゴールド500 0.746
透明ガラス瓶入りハクキンベンジン(1980年代のもの?) 0.752

1984年ものは、密封してありましたが内容物は約4分の1弱に減っていました。計算すると、毎年平均6%が揮発していたことになります。
ガラス瓶入りハクキンベンジンは、約半分程度までは残っていました。
なお、ナショナルカイロ用ベンジンと、NTベンジンは、銘柄が違いますが発売元が同じ(タカビシ化学)です。NTベンジンにもナショナルカイロ用に使えるという表記もありますし、恐らく、製造時の品質の差はそれほどにはない、と推測できます。が、比重で見て分かるとおり、相当の差が出ています。
これらの結果から、カイロ用ベンジンも、経年変化により変質し、さらに、その変質の仕方は、軽質成分が先に揮発して、主に重質成分が残る、という形であることが分かります。
さらに、これらを含むカイロに使用可能な燃料を使って揮発実験を行いました。実験の方法は、実験13、実験15と同じで、マンナンライフの蒟蒻畑のカップに8gの燃料を入れて、数時間ごとに重量を量るという方式です。

0時間 2時間後 13時間 16時間後 24時間後 48時間後 72時間後 96時間後 完全に揮発
ハクキンベンジン(新品) 8.0g 7.4g 5.8g 5.5g 4.6g 3.3g 2.3g 1.6g 9日
NTベンジン(新品) 8.0g 6.9g 4.9g 4.5g 3.5g 1.4g 0.1g 0.0g 5日
コールマンホワイトガソリン 8.0g 6.1g 3.7g 3.2g 2.8g 1.9g 1.3g 0.9g 12日
Zippoオイル 8.0g 7.8g 7.1g 6.9g 6.4g 5.2g 4.1g 3.2g 12日
透明ガラス瓶入りハクキンベンジン(1980年代製造?) 8.0g 7.4g 6.5g 6.3g 5.8g 4.6g 3.6g 2.9g 13日
茶色ガラス瓶入りハクキンベンジン(1970年代製造?) 8.0g 7.7g 6.8g 6.6g 6.2g 5.0g 4.0g 3.1g 13日
1984年製造ナショナルカイロ用ベンジンゴールド500 8.0g 7.5g 6.6g 6.2g 5.9g 4.7g 3.5g 2.7g 12日

比重だけでなく、揮発の仕方もより遅くなっています。
この実験から、古いカイロ用ベンジンは成分が変質していることが分かります。
ただし、使うとカイロがだめになるような変質かというと、そうとも言い切れないようです。
カイロ用燃料で一番困るのは、何日経ってもほとんど揮発しない非常に重質の成分が入っていることです。そのような成分があると、タンク内に徐々に成分がたまり、綿を痛めます。ただし、実験結果を見る限り、古くなったカイロ用燃料でも、少し遅くなっただけで順調に揮発は進み、Zippoオイルよりも極端に揮発が遅くなるものはないようです。
最終的に、13日以内ですべての燃料がほぼすべて(測定限界以内までに)蒸発しました。ハクキンカイロの指定燃料であるZippoオイルも12日ですから、相当に古くなった燃料でも、使うとカイロが故障するというほどには変質はしていないようです。しかし、新品に比べると揮発は遅くなっていますから、変質しているのは確かです。
このことから、古いカイロ用燃料でも、使おうと思えば使えるようだ、という結論に達しました。ただし、はっきり違うにおいがついていましたので、非常時以外は使うのはおすすめはしません。PETボトル入りのナショナルカイロ用ベンジンは若干変色しているものもあります。これはボトルの成分か何かと反応したためかもしれません。
なお、「古い」Zippoオイルは現行品と成分が違うため、この実験では使用しませんでした。ただ、元々カイロ用燃料よりも揮発しにくい製品が、長期間保存によってさらにさらに揮発しにくくなるわけですから、使わないほうがよさそうです。パッケージに「カイロ」という表記が入ったのが2003年頃なので、表記がない古いものはカイロには使わないほうがよいでしょう。


実験18 Zippoオイルの減少

新品のZippoオイルを缶ごと計り、約1年後に再び計りました。

記号 製造年月日(現地時間) 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 備考
A 2006年2月20日10時14分 CHF 137.1 137.0 136.4 135.6 135.2 134.7
B 2006年2月20日10時14分 CHF 137.7 137.3 136.6 136.0 135.3 134.7
C 2007年7月25日14時46分 CH75TH 137.9 137.7 137.3 136.8 136.4 136.1
D 2006年2月20日10時14分 CHF 135.1 134.9 134.4 134.0 133.3 133.1
E 2006年9月22日16時26分 CH=- 137.2 136.8 136.1 135.2 134.5 134.0
F 2007年7月25日14時46分 CH75TH 136.1 135.9 135.4 134.9 134.3 133.9
G 2007年7月25日14時46分 CH75TH 136.4 136.3 135.8 135.3 134.9 134.5
H 2002年8月13日13時32分 Uウムラウト 125.0 123.1 121.2 119.3 117.3 115.6 ※1
I 2006年9月22日07時51分 CH=- 136.9 136.7 136.2 135.7 135.2 134.8
J 2006年9月22日16時26分 CH=- 138.3 138.1 137.6 ※3
K 2007年4月13日07時57分 CHXYZ 332.4 332.4 331.6 330.6 330.0 329.7 ※2

※1のみ重質ナフサ、他は全て合成イソパラフィン
※2 のみ大缶(335ml入り)、他はすべて133ml缶
※3 J缶は2009年の測定後にうっかり使用してしまい現存しません。

測定日は、2007年12月7日と、2008年12月5日、2009年12月6日、2010年11月27日、2011年12月4日、2012年12月1日です。 ただし、Kのみは初回は2007年は12月22日に計測しました。

ほぼ同じ場所に置いておいたせいか、減り方がほとんど同じになりましたが、やはりそれでも微量が蒸発しているようです。
これがもし、「すべての缶が0.2gずつ減った」というような場合、逆に測定時の系統誤差を疑わなければならないところですが、B缶、E缶のように1年で0.4g差が出たものや0.1g差しかないものなど、差の付き方にも変動がありましたがので、これは「内容物が減っている」と判断してよいと思います。最初と2年後を比べると、1g以上減ったものから0.5gしか減らないものがあったりして、かなりはっきりとした差が出ています。
意外なことに大缶は最初の年は全く減りませんでした。内容が多い分、変動も多いかと思ったのですが。

参考のため。A,B,D缶、C,F,G缶、E,J缶はそれぞれ同一ロット品です。さらに、E,I,J缶はZippo創業75周年記念缶です。

以前の実験時に使用した20年以上前のカイロ用ベンジンが、新品であるにもかかわらず中身が減っていましたので、減少することはある程度予想はしていましたが、カイロ用ベンジンや以前の重質ナフサに比べると、新Zippoオイルは缶に入れていたときの減り方が遅いようです。もっとも、カイロ用としての揮発実験をしたときにはそれほどには減り方が違ったりしませんでしたので、一体どういうところで違いが出て来たのかは不思議なところです。

それと、※1の重質ナフサは、青い缶のものです。


実験19 2009年、Zippoオイル、また成分変更

2008年11月ごろから製造のものから順次、Zippoの純正燃料「Zippo Lighter Flued」の成分が変わりました。日本では2009年3月頃からこのロットのものが出回るようになったようです。
Zippoは2006年ごろにも成分の変更を行っていて、またしてもずいぶん急な変更です。
参考のため、パッケージに表示された成分等を紹介しますと、以下のとおりです。

〜2006年 重質ナフサ 危険等級II 第4種第1石油類
2006年〜2008年11月 合成イソパラフィン系炭化水素 危険等級II 第4種第1石油類
2008年11月〜 Light Petroleum Distillate(ライター用オイル) 危険等級III 第4種第2石油類

なお、当サイトでは、従来、「重質ナフサ」のものを旧Zippoオイル、合成イソパラフィン系炭化水素のものを新Zippoオイルと呼んできましたが、この「実験19」以降の更新分ではなるべく成分で書くようにします。

今回の変更では、パッケージは、成分表示が変わっているほか、何故かアメリカのZippo本社の電話番号がプリントされています。日本国内向けの缶なのに何でなんでしょうね。さて、今回は危険等級なども変わっているので、成分なども変わっているのかと思い、またしても比重をはかって揮発実験もやってみました。比重測定時の室温は15℃です。揮発実験も前回、前々回と同じように、マンナンライフの蒟蒻畑のカップに、カップの重量は別で8.0gの燃料を入れて揮発させるというものです。
実験は2009年12月末から2010年1月にかけて行いました。

比重 2h 13h 1日 2日 参考(3日) 参考(4日)
ジョイフル本田ホワイトガソリン 0.693
Zippo 合成イソパラフィン系炭化水素 0.719 7.7 6.8 5.9 4.2 3.7 2.1
Zippo ライター用オイル 0.709 7.0 6.1 5.4 4.3 4.0 2.9
コールマンホワイトガソリンエコクリーン 0.693 6.1 3.3 2.2 1.0 0.7 0.2
ハクキンカイロ専用ベンジン 0.728 7.2 5.4 4.1 2.9 2.2 1.2
NTベンジン 0.724 7.0 4.3 2.6 0.8 0.0
シラカワ オイルライター専用オイル 0.706 6.6 2.9 1.9 1.5 1.5 0.9

Zippo合成イソパラフィン系炭化水素のものは、2008年9月17日製造。成分ライター用オイルのものは2009年8月28日製造。

ジョイフル本田のホワイトガソリンは、製造後かなり時間が経っていたものなので揮発実験には使用しませんでした。コールマンホワイトガソリンは名称を変え、成分を変えたことをうたっていたので一応はかってみました。
10日目までにほぼすべてが揮発し終わりましたが、シラカワだけは0.7g残っていました。全量が揮発したのは順に、NTベンジン、コールマン、ハクキン、合成イソパラフィン、成分ライター用オイルのZippoオイル順です。ただ、6日目に成分ライター用オイルのZippoオイルを少量こぼしてしまったのがちょっと残念です。こぼさなかったら、すべてが揮発するのにはもう1,2日余分にかかっていたと思われます。
コールマンははかった限りでは以前のものと大きな特性の差はありませんでしたが、Zippoのほうはかなり差が出ました。危険等級がIIからIIIになっているので、揮発しにくい重質成分が増えたのかとも思いましたが、比重は合成イソパラフィン系炭化水素のものより低く、しかしながら揮発には以前のものよりも時間がかかっています。揮発のスピードは、最初のうちはライター用オイルのZippoオイルのほうが速いのですが、2日目あたりから逆転し、最終的に後まで残ったのはライター用オイルのZippoオイルのほうでした。ネットで検索をしてみると、合成イソパラフィン系のものは、ライターに入れておくと揮発が早くてすぐなくなるというような話が出ていたので、今回のものはそれを改良したのかもしれません。実験15でも、合成イソパラフィン系炭化水素のものはその前のロットの重質ナフサのものよりも揮発しやすかったので、恐らく、ライターに入れておいても同じようなことになると思います。
今回は、ほぼ同時期に製造されたものが手に入らなかったので、重質ナフサのものは実験には使いません(使えません)でした。が、以前の実験との比較をしてみると、実験15では4日目、合成イソパラフィン系のものが残り2.0gだったとき、重質ナフサのものは2.9gでした。今回も、4日目で合成イソパラフィン系のものがほぼ同じ2.1gで、成分ライター用オイルのものは2.9gです。これらの結果から、成分ライター用オイルのものは、揮発性に関しては重質ナフサ時代とほぼ同等なのではないかと推測します。
カイロ用に使った場合、Zippoオイルは以前から、発熱時間が非常に長く、1日分の量を入れても1日半や場合によっては2日発熱することがありましたが、サイト作者がやってみたところ、現行の成分ライター用オイルのZippoオイルも同じように長時間発熱しました。同じカイロにホワイトガソリン等を入れると持ちが短いので、火口の劣化ではないと思います。
においも比べてみましたが、サイト作者のかいだ限りでは、1)重質ナフサ-2)合成イソパラフィン系炭化水素-3)ライター用オイルの順ににおいが強かったです。ただし、合成イソパラフィン系のものだけは、はっきりとにおいの種類が違います。うまく言えませんが、これだけは化粧のにおいに近い、お上品(?)なにおいがします。残りの2つは石油系のにおいです。しかし、においは、強さよりも種類に敏感な方が多いようで、成分がライター用オイルのものはにおいがだめだという方がいらっしゃるようです。


実験編へ戻る トップへ