JR九州の「いぶたま号」   (2011・11・13

JR九州の鹿児島中央ー指宿間を走っている名物の観光特急「いぶすきの玉手箱」略称「いぶたま」です。
列車の右と左が白と黒に色分けされたユニークなデザインの外車内は海岸側(東側)の窓側に一列に並んでいます。
また、車両入口のドアが開く時には玉手箱が開いて出る白い煙が出るなど凝った仕掛けもあります。
鹿児島での同窓会があった翌日クラス仲間と指宿まで乗って行き、温泉に浸かって帰ってきました。