扉○ 目次○ 五十音順○ メディア別○ 発表順○ 掲示板○ その他○ 情報○ 更新履歴○

ゲーム 小説 雑誌
生原稿・生原画 海外版 グッズ 他メディア インディーズ 文章 電磁 その他


喋る山田章博

イベント名開催施設/場所イベント形態更新
実施時期・時間主催
高知県高校生アーティスト育成事業講習会高知新聞放送会館/高知市本町3丁目2番15号講演・授業050506
2004年2月7日 9時30分〜17時高知県教育委員会
菜露様のレポートはこちら(菜露様に情報をいただきました)
るりさんのレポートは、掲載サイト閉鎖ですが、テキストコピー保存してたのでこちら
子供と遊び不明講演020421
1992年近所(京都市)の小学校の父兄会
RPG MAGAZINE 1992.4月号に、先生がコメントとしてお書きに。(初音むつなさんから情報いただきました。)
コミックスクール不明講義020301
不明インターナショナルアカデミー
全4回の講義。講義録はこちら。先生は3期のみを担当(もしくは2期も)。 (柘榴さんに情報をいただきました)
伝奇だ!魔界だ!チャンバラだ!
-トークショーと伝奇ホラー時代劇鑑賞の午後
朝松健&山田章博両先生トークショー
ロフトプラス1/東京都新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2対談020307
1999年4月25日不明〜16時40分不明
入場料1200円。問答録はこちら(菜露様・初音むつなさん・Junさん・marinさんに情報をいただきました)
第2回日本ファンタジーコンベンション大阪府豊中市民会館/豊中市曽根東町3-7-1 閉館。2016年10月10日豊中市立文化芸術センターとして開館。対話161003
1985年5月18日・19日不明
先生を囲むトークもあったらしい。 (魔法使いの弟子の見習い書記官さん発行の「山田章博作品目録III-雑誌篇1(1981〜1989)-」から抜粋させていただきました)
バーズフェア
斎藤岬&山田章博両先生トークショー
アニメイト池袋店/東京都豊島区東池袋1-20-7対談020402
2001年8月18日15時30分〜16時30分ソニーマガジンズ バーズ編集部
問答録はこちら(初音むつなさん・Junさんに情報をいただきました)
山田章博−世界を生み出す魔法の筆−
企画展&ライブ・ドローイング・イベント
京都国際マンガミュージアム 1 階多目的映像ホール/京都市中京区烏丸通御池上ル講演・実演161003
2011年5月5日14時〜16時京都国際マンガミュージアム
プロジェクターを使用し、説明しながら「BEAST of EAST」の鬼王丸のカラーイラストを描いていく様子が、ネットでも生中継された。
山田章博〜挿画の世界展〜
ギャラリートーク
芦屋市谷崎潤一郎記念館/兵庫県芦屋市伊勢町12-15対談161003
2014年6月8日14時〜15時30分芦屋市谷崎潤一郎記念館
「ハーディ」の真山仁先生と。
山田章博展 −幻想空間へのいざない
−第5回高知出身まんが家展 トーク
横山隆一記念まんが館/高知九反田2-1高知市文化プラザかるぽーと内講演161003
2006年8月6日13時〜14時財団法人高知市文化振興事業団 横山隆一記念まんが館
なんで「トーク」?普通「トークショー」では?との問いに、「僕は見せもんちゃいます!」とお答えになりました。まんが館さんにも同じことを仰ったみたいです。
不明不明授業060524
2006年5月18日伏見高校
課外授業1時間。デザイン科120名参加。(公式から情報をいただきました)
砥部注:京都に伏見高校という学校は存在しません。京都市立伏見工業高等学校の産業デザイン科でしょうか?ちなみに、ドラマ「スクールウォーズ」(1984〜1985)のモデルになったこの高校、2017年度から夜間専門校となり、全日制は京都市立京都工学院高等学校となるそうです。


書く山田章博

イベント名開催施設/場所イベント形態更新
実施時期・時間主催
『GEAR [ギア]』発売記念
複製原画パネル展 サイン会
紀伊國屋書店 グランフロント大阪店/大阪府大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪ショップ&レストラン南館6Fサイン会161003
2016年7月31日14時〜出版ワークス
紀伊國屋書店 新宿本店/東京都新宿区新宿3-17-7サイン会
2016年7月24日14時〜
丸善 京都本店/京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251京都BAL地下1階〜地下2階サイン会
2016年7月30日14時〜
有隣堂 横浜駅西口コミック王国/神奈川県横浜市西区南幸1-4-B1Fサイン会
2016年7月23日14時〜
いずれも菅浩江先生と合同。各店とも抽選で2名に両先生サイン入り複製原画プレゼント。
横浜・大阪会場では、サイン会参加者全員に表紙イラストのポスターもプレゼント(他店はポストカード添付)。
ザ・スニーカー創刊1周年記念サイン会ブックストア談京都店/京都市下京区四条通柳馬場東入エイシンビル1〜3階サイン会161003
1994年3月5日角川書店
紀伊国屋書店梅田本店/大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街サイン会
1994年3月6日
竹河聖先生と合同。(Junさんから情報いただき、魔法使いの弟子の見習い書記官さん発行の「山田章博作品目録V-雑誌篇3(1994〜1996)-」から抜粋させていただきました。)
十二国記画集刊行記念サイン会紀伊國屋書店新宿本店/東京都新宿区新宿3-17-7サイン会161003
2014年8月8日講談社
紀伊國屋書店阪急32番街コミックハウス店/大阪府大阪市北区角田町8-47阪急グランドビル30F
2015年3月25日閉店 紀伊國屋書店 グランフロント大阪店として移転
サイン会
2014年8月9日
(初音むつなさんから情報いただきました。)
「すうべにぃる」発売記念
原画展&サイン会
大阪駸々堂/大阪府大阪市北区角田町5-15阪急ファイブ5階 閉店。駸々堂倒産。サイン会161003
1984年3月17日東京三世社
「SFマンガ競作大全集」24の発売予告で告知。確認は取れてません。(魔法使いの弟子の見習い書記官さん発行の「山田章博作品目録III-雑誌篇1(1981〜1989)-」から抜粋させていただきました。)
「百花庭園の悲劇」発売記念サイン会まんが書店/東京都渋谷区宇田川町24-10サイン会020916
1984年12月23日新書館
書泉ブックマート/東京都千代田区神田神保町1-21-6 2015年9月閉店サイン会
1984年12月24日
駸々堂京宝店/京都市中京区河原町通三条下ル大国町58 閉店。駸々堂倒産。サイン会
1984年12月26日
年明けに何処かでもう1ヶ所あったらしい。(初音むつなさん・恵那さんに情報をいただきました)
第一回ファンタスティック・カーニバルビッグバン/京都府京都市中京区河原町 ネットではヒットせず。サイン会161030
1982年7月25日まんがFC連合会
ロック・ライブ、ダンス、演劇等の催事のひとつとして、佐藤晴美、竜巻竜次、寺島令子、ひさうちみちお、魔夜峰央各先生との合同。
(魔法使いの弟子の見習い書記官さん発行の「山田章博作品目録III-雑誌篇1(1981-1989)-」から情報をいただきました)
「ミステリービィストリート」
創刊記念サイン会
有隣堂アトレ恵比寿店/東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿5Fサイン会161003
2002年11月2日幻冬舎コミックス
(魔法使いの弟子の見習い書記官さん発行の「山田章博作品目録VII-雑誌篇5(2000-2002)-」から抜粋させていただきました)
「山田章博画集」サイン会書泉ブックタワー/東京都千代田区神田佐久間町1-11-15Fサイン会161003
2002年中央公論新社
(初音むつなさんに情報いただきました)
山田章博〜挿画の世界展〜芦屋市谷崎潤一郎記念館/兵庫県芦屋市伊勢町12-15サイン会161003
2014年6月8日15時30分〜16時芦屋市谷崎潤一郎記念館
ギャラリートーク後に、引き続き「ハーディ」の真山仁先生と。入場時配布の「ハーディ」のイラスト入りポストカード2枚にそれぞれサイン。
山田章博展 −幻想空間へのいざない
−第5回高知出身まんが家展 サイン会
横山隆一記念まんが館/高知九反田2-1高知市文化プラザかるぽーと内サイン会161003
2006年8月6日14時30分〜16時30分財団法人高知市文化振興事業団 横山隆一記念まんが館
トーク後に、場所を展示会場入り口に移動して、図録にサイン。
当日の事前配布整理券は早朝から長蛇の列で、時間を繰り上げて配布、配布開始予定だった9時には既に無くなっていたという盛況ぶり。
第5回漫画博覧会台北世界貿易中心/台北市信義区信義路5段5号サイン会050506
2004年8月13日14時30分〜16時尖閣出版
博覧会自体は中華民国政府の文化部(日本の文部省にあたる)と大手出版社各社が主催するかなり大きなイベントで、大手のひとつである尖閣出版さんはその中で先生のサイン会を主催。
レポートはこちら(菜露様・山科様に情報をいただきました)


写る山田章博

掲載場所商品形態発行・発表元発行・発表年更新
商品番号・アドレス税抜価格
朝日新聞 2006年3月5日付新聞朝日新聞社2006161004
なし125
デジタル新聞朝日新聞社2006
http://www.asahi.com/ (過去1年分しか見れないので該当の記事を見ることは出来ません)3518(月額)
。3月4日・11日・18日・25日と掲載。横山隆一記念まんが館 奥田奈々美学芸員が執筆。
ファンタジー作家、まんがに美術的要素、土佐伝承の妖怪ヒント、挿絵独自の解釈交え−というサブタイトルあり。

母から『大枚135円をはたいて新聞を買った』と聞かされて朝日新聞の地方版のサイトに行ってみました。
・・・が、何ですかな、あの写真は?
こちらには実物をご存知の方が多いと思いますが、どこから引っ張り出してきたのやら・・・なものでしたね。
まあ、確かにあれも本人なので・・・・・イヤイヤ、これ以上は言いませんが兄バカな小生としては後ろを向いて文句を言いましょう。(うちの弟はもっとイケてる!!)
邦博さま 2006年3月5日 (日) 11時13分09秒

朝日新聞のサイト見ました。開いた画面を見てしばしフリーズ。今時免許証の写真でももう少しマシなんじゃないでしょうか。徹夜明けだったんすかね。
てんてんさん2006年3月5日 (日) 23時35分05秒

(爆笑)最初にもっとマシな写真を送ったのよ;(笑) でも、正面向いた“証明書用写真”みたいなのを送って下さいって言われて、手近にあった超ロングの写真をアップにしてトリミングして送ったのよ。もっと長髪で、バックに紫陽花の花が写ってたんだけど、花と共に髪の毛も七三のリクルートにカットされており; やっぱ、新聞には相応しくなかったのかしら。(笑)
菜露様 2006年3月9日 (木) 10時56分21秒

そう言われてもう1回写真を見てみると、ホントだ。襟足の辺りが変!修正するならもうちょっと上手にして欲しいものです。しかし、センセの眼鏡。度がすごいですね。顔の輪郭が陥没(爆)してる。視力0.0幾つの世界ですか。
てんてんさん 2006年3月9日 (木) 23時20分30秒

ホントは、そこら辺の写真を送っちゃいけないんですけどね; センセちょっと〆切でボロボロだったんで、いま撮ったら更に失望の色が濃いかも?と思って;(笑) 
菜露様  2006年3月10日 (金) 09時56分19秒
朝日新聞 2006年7月14日付新聞朝日新聞社2006161004
なし125
7月14日の朝日新聞・高知版に、山田章博展の記事が掲載されていた模様です。センセの写真付きです(^^;)白黒。
初音むつなさん 2006年7月21日 (金) 02時47分13秒
えけれしゃ vol.1B5判同人誌天空人1983161004
なし不明
p.8 スナップ、鬱蒼と茂る木々の中、欄干に後ろ手でもたれる。粒子が粗くディテールはよく分からない。ひじ下まで袖をまくってることくらい。
p.14 森脇先生の真似なのか、目以外を手で覆い隠す、黒縁のロイド眼鏡、真ん中分け気味、右手人差し指と中指に煙草を挟む。
p.15 机に向かい原稿を仕上げるポーズ、右横顔。
p.22に2枚。1枚はp.15の顔部分を拡大したような感じで余計顔は見えない。もう1枚は手が右頬の辺りに煙草挟んで。
SFマガジン10月号雑誌早川書房1996161004
不明不明
第35回日本SF大会「コクラノミコン」レポートが掲載されていました。そこに、サングラスにキャップ、だぶだぶのシャツといった出で立ちで第27回星雲賞受賞の壇上に立つ山田センセの写真。白黒。
SFマンガ競作大全集 PART24A5判雑誌東京三世社1984161004
11965-3550
p.43・44 「デジタル対談 森脇真末味×山田章博」スナップ2枚。若い。ロイド眼鏡が似合ってる。シャープな女顔。結構な柄物の半袖シャツを着こなす。左腕に革バンドの腕時計。
p.226に「スーブニール」発売予告、タンクトップで右手を口元に上半身、粒が粗い。
SFマンガ競作大全集 PART28A5判雑誌東京三世社1984170423
11965-11550
p.14 広告「MY COMICS BEST HIT!8」スナップ1枚。上記「24」と同様の出で立ち。咥え煙草にマッチを擦っている。
カフェ・ド・マキニカリスB5判平綴コミック東京三世社1985161114
ISBN4-88570-474-X796
表紙折込に。1983.12 「カンサイマンガ大全集」時に撮ったものの、別ポーズ。
柳の生い茂る川べりで。腕時計をした左手を頭の後ろにやり、佇む。髪はナチュラル6・4分け、眼鏡なし、白シャツに青系のブルゾンをひっかけ、ズボンは暗くて色は判別不可。右手には、眼鏡、大きめの黒革ポーチ、薄い水色に水玉模様の傘(女性ものでしょうね)、「NISHIOKA」と印字された紙袋。左下に「加賀真澄」と印字、写真撮った方ですかね。
京都国際マンガミュージアムの10年 2006−2016小冊子京都国際マンガミュージアム2016170320
なし無料
2016年11月23日に開催された「京都国際マンガミュージアム10周年記念式典」で、招待者(関係者)に、更に京都精華大学ファンクラブ会員に配布されたもの。
遊び紙部分(表紙の後と裏表紙の前についてる紙)に、例の手型石膏像がずらりと写真で掲載されていまして、山田センセのものも表3(裏表紙の前のページ)に。また「U マンガ文化へのみちしるべ」と題されたイベント回顧録のページには、2011年5月のライブドローイングイベントの紹介と当日の写真が掲載されています(P27)。写真は2枚のスクリーンと先生たちの座っている様子が会場の後ろの方から撮影されたもの。
初音むつなさん 2016/12/31 23:46と2017/1/9 2:01
月刊京都 2月号B5判平綴雑誌白川書院2014161004
4910029610240714
バンダナ巻き、眼鏡は横長逆台形の縁あり、濃い系の色のセーターにベストを羽織ってる。
コミッカーズ秋号A4判平綴雑誌美術出版社1996161004
T1007612091005971
インタビュー、巻頭に半袖の白ポロシャツで、パレットに筆を入れる、パレットは5段積み、手前にも奥にも重ねられたパレットが、画板の上には色塗り途中のデモニカの原画、下には厚さ10センチはありそおな、多分タウンページが。カラー。
コミッカーズ秋号A4判平綴雑誌美術出版社2004161004
49100761211401143
眼鏡かけて鼻に右手(薬指にごつい指輪1)の人差し指をやる首像。カラー。
コミックトム5月号B5判平綴雑誌潮出版1995161004
03947-5388
p.6 作業机の前に座った姿と宝物として紹介している画板を手にしたもの。髪が短いです。鼈甲だけど細いフレームの眼鏡、臙脂のパーカー長袖3分めくり、ズボンはベージュ。部屋の中は、窓枠内取り付けの縦型冷房機、市松ベージュのカーテン、二段の小ぶりな引き戸付き本棚、上には電子レンジ。机上は、画板、それを支えるB4大のダンボール箱と、空きスペースに原稿、セロテープに紙テープ(普通の茶色のごついやつ)、画材が詰まった菓子箱や広口ビン、その横に百円ライター。先生の横に画板と同じくらいの大きさの持ち手のついた黒い金属の塊が立ってるんですが、電気ストープかな?
コミックnewtype秋の号平綴雑誌角川書店1996161004
07010-11631
p.19,21 普通にぼさーっとした髪、眼鏡なし。白系半袖の薄手のジャンバーなのか、襟までジッパーが。右手に中指と小指に指輪、リングは細く、飾りは指の太さと同じくらいのかなり大きめ。1枚目は腕組みから右手を顎に。2枚目はおちよしひこ先生とのにこやかな2ショット。
ザ・スニーカー春号雑誌角川書店1994161004
T1008806030701680
p.20・23・25 いのまた先生と竹河先生とのスリーショット2枚含む。丸っぽい縁の細い眼鏡、きっちりツーボタンを留めて淡い色系スーツ上下を着こみ、インは濃い色の丸首スウェット、左腕に革バンド腕時計、髪は小室分け。
ザ・スニーカー10月号雑誌角川書店2001161004
T1114081100722686
p.45 水野先生とのツーショット。髪は64分け黒、眼鏡なし、服はゴルフウェアっぽい半袖ポロシャツタイプで、襟や袖口に白の3本ラインが。ポケットには扇子・アンテナ付携帯電話。左腕に腕時計−革ベルトが本体下にもベースになっているタイプ。右手薬指にごつい指輪1。
p.47 紹介欄に小さく。服は同じですが、黒系のカンカン帽を被り、煙草を挟んだ右手は頬に、右手首には五角形に星形のマークの入ったリストバンド装着。
少年少女SFマンガ競作大全集 PART14A5判雑誌東京三世社1982161004
04785-4550
p.3。「人魚変生」の広告にて、全身。カラー。ボブカット、眼鏡なし、黒いストール、ブラウンのセーター袖3分まくり、グレーのチノパンに両手を突っ込む。靴はブラウンに幅広のラインが横に入ったスウェードの紐靴(多分)。

p.187「関西コミックパワーの秘密を探ってまいりました」の対談で。眼鏡なし、ボブカットで艶然と微笑む。ボタンダウンシャツにネクタイをキュッと締め、上にセーター。テーブルのコーヒーカップを左手で。右手は、ミルクを入れようとしてるのか、粗いのでよくわかりませんが、何か摘まんでます。
一部掲載:830406 雑誌「SFマンガ競作大全集 5月号 PART19」p.200
1ページ手前には対談の4先生が喫茶店でテーブルを囲む姿が。ただ、山田先生はモロ背中です。

p.191ひさうち先生とのツーショット。右半身、影に沈んでます。いつの間にか銀縁眼鏡をかけ煙草を吸ってます。セーターの袖を肘上までまくり上げてます、両腕。

p.349ソファに左足を組んでる最中なのか、足首の辺りが右腿にあって、不自然に不安定な姿勢。右手の煙草を吸っており、左手は、これも不自然にほぼ二の腕が真上に向かっており、肘から向こうは背中でも掻いてるかのように折れ曲がってます。眼鏡なし、目は閉じて、髪は軽く左で64分け。服は森脇先生対談の時の柄物、初めてカラーで見ると、グレー地に柄は黒と臙脂の2パターン、ズボンは脚上げてるので足首より上の方で裾になってますが、加減絞ってあるように見受けられ、ジャージなのかも。靴は、黄色い革のサンダルで、甲の上辺りでベルトで留めてある。場所は事務所っぽく、ソファの後ろはブラインドが下ろされてるが、ビルが立ち並ぶ様子が見れる。
すうべにぃるA4判画集東京三世社1984161004
ISBN4-88570-459-61456
p.91 スナップ、わざと粒子粗くした。多分、アフターディナーの宇都宮氏とHacoさんと。マフラーにコート、俯き加減で眼鏡はかけてます、髪は真ん中分け。
p.98 あとがきに添えて、上記の格好と同じ模様。真ん中分けというか、右側は垂れてきてるけど、左側はなでつけられてます。何かと思ったら、コートと同系色の毛糸の手袋を両手に持ってます。マフラーは先がぶわーってなってるやつ。右肩に少し大きめの縦長のショルダーバッグ下げてます。
ひさうちみちお&やまだあきひろ
カ・ン・サ・イ・マ・ン・ガ・大全集
A5判ムック東京三世社1983161004
11966-12/15980
p.1・2・5・6 ポストカードの両側に。p.1右:自宅でギターを爪弾く。p.1左:前髪を左手でかき上げる(背後に京都タワー)。p.2右:自宅で咥え煙草にライターで点火。p.2左:自宅でギターをもって笑顔。p.5左:護岸に佇む。p.6柳をバックに、右手に大きめの黒ポーチ・白いビニール傘・四角いもの、左手は腕時計して左耳辺りに。
p.14〜15 仕事部屋のスナップ、原稿に向かってペンを走らせる右横、眼鏡、白シャツに薄紫のセーター、袖4分まくり、縦ストライプのグレーのズボン。机の上は、キャスター2箱と透明ボディの100円ライター、昔学研の付録とについてたいろんな形が繰り抜いてある定規ピンク色、シャーペンもピンク色、灰皿に吸い差しの煙草、顔のシルエットの置物2つ、1人前用の握り寿司入れるような持ち手付きの容器(=岡持ち)に、ブルボンのルマンド、木のコースター、筆立ての中に鉛筆・各種筆。
p.16 同じシーンで後姿。
p.18 立って微笑む、左手に革バンド腕時計、靴下は右がグレー、左は白。胡坐かいてギターをつま弾くポーズ。
p.20〜21ひさうち先生宅にて村田順子先生と3者対談、背中のみ。白の半袖シャツ、黒縁眼鏡、グレーのズボン。少しシニカルな笑み、右手に煙草。灰皿に灰を落とすため右手を伸ばす。ジャガーポーズで熱く語る。後ろに手を突き話を聞く。向かいの村田先生に話しかける背中。煙草を吸う。後ろに手を突き話を聞く。
p.26 姫路の商店街を森脇先生と歩く後姿、両手をズボンのポケットに突っ込み、猫背気味、大柄入りシャツを4分まくり上げ、ショルダーバッグを提げる。森脇先生の二の腕を左後ろから左手でつかみ微笑む。森脇先生の横で笑う。
p.169 人相占い、ボブカット、眼鏡なしの笑顔。
p.170 両手の手形。
p.172 後姿。
p.173 煙草を右手に真面目な横顔、マフラーしてる。
p.174〜175 昔の写真。兄と2歳。叔母と兄と2歳頃。父と4〜5歳。高校の学生証。大学生、実家の店舗内。同じころ、眼鏡してる。
游遊情報冊子不明1999161004
なし無料
マーメノイドインタビュー記事に、胡坐かいて机に向かっている合間に顔を上げたという感じで、黒縁眼鏡、ブイネックの長袖Tシャツ、黒地に水色の三本線のジャージズボンも膝下までまくり上げてて素足が。右手にペンと人差し指に粗い画像でも判別できるほどの大きさの指輪。右手のすぐ横には蓋の開いた白KENTの箱。


海外版 グッズ 他メディア インディーズ 文章 電磁 その他
ゲーム 小説 雑誌


扉○ 目次○ 五十音順○ メディア別○ 発表順○ 掲示板○ その他○ 情報○ 更新履歴○



砥部粧 E-mail : tobeshow@yahoo.co.jp
が全文責を負っています。