警察階級

日本の警察は旧軍隊と同じく完全階級制度である。階級が上の

人間には絶対服従の世界でもある。此処にその階級を紹介する。

(階級章は現在使用の前の物を使用しています。)

※「道府大県警本部」政令指定都市を含む道府県警察本部及び

警察庁指定県警察本部で本部長が警視監の道府県。

※「小県警本部」上記以外の県警本部。本部長が警視長の県。

巡査

警察官の最低級の階級であり、地方公務員である。一般の警察官は全て巡査

から始まり、(キャリアは警部補からスタート)階級を上げるためには警部

になるまでその都度、昇任試験を受けなくてはならない。

巡査長

巡査のうち、特に勤務成績が優秀で、実務経験が豊富な者に与えられる称。

しかし実は、勤務年数がある程度以上になっても巡査部長になれない者に対

して、試験を受けなくても「長」を付けてあげようと言う親心で与えられる

称号。これは、巡査経験の長い者に対して志気高揚を目的に与えられるもの

で、年功的な便宜上で与えられるものなので基本的には警察の階級外とされ

ている。

巡査部長

巡査の次の階級(上記でも述べたが巡査長は階級外)。巡査部長は、いわば

現場の親方クラスで新任の巡査を教育する役目も負っている。地方公務員。

警部補

巡査部長の次の階級。地方公務員であり、国家公務員1種試験で合格したキ

ャリア組が一番最初になる階級でもある。役職では警察署の係長や警視庁で

は主任クラス。道府大小県警本部でも係長クラスである。

警部

警部補の次の階級で、地方公務員である。役職としては警察庁ですと係長。

警視庁でも係長クラス、道府大県警本部では課長補佐。大小所轄では課長ク

ラスである。

警視

警部の次の階級で、地方公務員。役職としては大所轄では一部ではあります

が課長。警察庁では課長補佐、警視庁では理事官・管理官、課長。小県警本

部では参事官・課長。道府大県警本部では課長クラスである。

警視正

警視の次の階級で、国家公務員・地方警務官となる。役職としては警視庁参事

官・主要課長・各方面本部長。道府大県警では本部長(各本部の本部長は数名

がノンキャリア)・参事官・主要課長。小県警本部では部長クラス。(警務以

外はかなりがノンキャリア組)

警視長

警視正の次の階級で、国家公務員。ノンキャリア組にとっては最高位の階級。

これ以上の階級はキャリア組だけの階級である。(ノンキャリアは退官時、警

視監と昇任する)役職としては警視庁本部部長(2名ほどノンキャリア)。道

府大県警本部主要部長、北海道警各方面本部長、小県警本部本部長。

警視監

警視長の次の階級で、国家公務員です。階級外の警察庁長官を除けば、トップ

の警視総監に次いでナンバー2のポストでその枠は36名。役職としては警視

庁本部主要部長、道府大県警本部本部長、大阪府警警務部長。

警視総監

日本の警察官のただ一人に与えられる最高峰の階級と同時に警視庁の長、国家

公務員。警視庁の事務を統括し、職員を指導、監督する。内閣総理大臣の承認

を得て任免。