配役宝典 第六版 と その2






トー・ジョンソン(とおじょんそん:1903〜1971)
〈〉アメリカの俳優
郷里大輔(吹替)『エド・ウッド 日本語版』映画VHS版・平成8年

ドーセット侯[初代](どおせっとこう:1455〜1501)
〈トーマス・グレイ〉イングランドの貴族
吉武利文『リチャード三世《オンシアター自由劇場公演》』舞台・昭和51年〈ドーセット〉
沢田裕『リチャード三世』舞台・昭和62年〈ドーセット〉
横田栄司『リチャード三世』舞台・平成11年
水口勲『リチャード三世《六行会ホール公演》』舞台・平成12年〈ドーセット〉
吉田アキラ『リチャード三世《銀座みゆき館公演》』舞台・平成12年
福岡理恵『リチャード三世』舞台・平成14年
鍛冶直人『リチャード三世《日生劇場公演》』舞台・平成15年
福留律子『国盗人』舞台・平成19年〈王妃の連れ子〉
森本亮治『リチャード三世』舞台・平成20年
森本亮治『リチャード三世』舞台・平成21年
入月謙一『国盗人』舞台・平成21年〈王妃の連れ子〉
浦野真介『リチャード三世《新国立劇場公演》』舞台・平成24年
松村泰一郎『リチャード三世《少年社中公演》』舞台・平成27年

十市遠忠(とおちとおただ:1497〜1545) 
〈兵部少輔〉室町期の武将
安部川賢治郎(声)『戦国大戦 1600 関ヶ原 序の布石、葵打つ』トレーディングカードアーケードゲーム・平成26年

十市皇女(とおちのひめみこ:653?〜678)
〈〉飛鳥期の皇族。天武天皇の皇女
中村小芳『戀慕萬葉集』舞台・昭和26年〈十市姫〉
中村歌右衛門『壬申の亂』舞台・昭和32年〈十市郎女〉
長内美那子『東芝日曜劇場 壬申の乱』テレビ単発・昭和36年
中村芝雀『萬葉集 額田女王』舞台・昭和47年
美野真奈『あかねさす紫の花《宝塚花組公演》』舞台・昭和52年
麻里光『あかねさす紫の花《宝塚花組新人公演》』舞台・昭和52年
優ひかり『あかねさす紫の花《宝塚雪組公演》』舞台・昭和53年
真乃ゆりあ『あかねさす紫の花《宝塚雪組宝塚新人公演》』舞台・昭和53年
朝風めぐみ『あかねさす紫の花《宝塚雪組東京新人公演》』舞台・昭和53年
斉藤とも子『額田女王』テレビ単発・昭和55年
調査中『野外ミュージカル 斎王夢語』舞台・平成5年
さえぐさみえ『葦の原幻想』舞台・ 〈十市の皇女〉
貴咲美里『あかねさす紫の花《宝塚雪組公演》』舞台・平成7年
愛田芽久『あかねさす紫の花《宝塚雪組新人公演》』舞台・平成7年
北原沙織『天上の虹〜星になった万葉人〜』舞台・平成7年〈十市〉
真樹めぐみ『あかねさす紫の花《宝塚雪組全国公演》』舞台・平成8年
川田妙子(声)『天上の虹』CDドラマシリーズ・平成9年〈十市〉
落合るみ(声)『火の鳥太陽篇』ラジオドラマシリーズ・平成13年
珠まゆら『あかねさす紫の花《宝塚花組公演》』舞台・平成14年
憧花ゆりの『あかねさす紫の花《宝塚月組公演》』舞台・平成18年
中山陽子;三上由果『茜色に燃ゆる時』舞台・平成19年
紅露朱音『古代浪漫物語 飛鳥に咲く』舞台・平成27年
大友歩『アンソロジー この歌にねがゐをこめて』舞台・平成27年

トータス松本(とおたすまつもと:1966〜)
〈松本敦〉昭和・平成期の歌手
高嶋史也『わたしが子どもだったころ ウルフルズ・ボーカリスト トータス松本』テレビ単発・平成19年
巨勢竜也『THE M〜M's History トータス松本篇』テレビバラエティ単発・平成20年

十市遠長(とおちとおなが:〜1593)
〈常陸介〉織豊期の大和国の国人領主
樋山貴彦/倉八慶(声)『島左近−大和の風』ラジオドラマシリーズ・平成20年   
矢野一弘(声)『大和の風』テレビアニメシリーズ・平成21年

トート(とおと:)
〈トト〉エジプト神話の死を司る神
一路真輝『エリザベート《宝塚雪組公演》』舞台・平成8年
安蘭けい『エリザベート《宝塚雪組新人公演》』舞台・平成8年
麻路さき『エリザベート《宝塚星組公演》』舞台・平成8年
彩輝直『エリザベート《宝塚星組新人公演》』舞台・平成8年
調査中『エリザベート《ガラ・コンサート版公演》』舞台・平成9年
姿月あさと『エリザベート《宝塚宙組公演》』舞台・平成10年
夢輝のあ『エリザベート《宝塚宙組新人公演》』舞台・平成10年
山口祐一郎;内野聖陽『エリザベート』舞台・平成12年
山口祐一郎;内野聖陽『エリザベート』舞台・平成13年
春野寿美礼『エリザベート《宝塚花組公演》』舞台・平成14年
蘭寿とむ『エリザベート《宝塚花組新人公演》』舞台・平成14年
山口祐一郎;内野聖陽『エリザベート』舞台・平成16年
彩輝直『エリザベート《宝塚月組公演》』舞台・平成17年
青樹泉『エリザベート《宝塚月組新人公演》』舞台・平成17年
山口祐一郎;内野聖陽『エリザベート』舞台・平成17年
調査中『エリザベート《ガラ・コンサート版公演》』舞台・平成18年
山口祐一郎;武田真治『エリザベート』舞台・平成18年
市川高麗蔵『滑稽俄安宅珍関』舞台・平成18年
水夏希『エリザベート《宝塚雪組公演》』舞台・平成19年
沙央くらま『エリザベート《宝塚雪組新人公演》』舞台・平成19年
山口祐一郎;武田真治『エリザベート《東宝版公演》』舞台・平成20年
島村壮『エリザベート《カヅラカタ歌劇団公演》』舞台・平成20年
瀬奈じゅん『エリザベート 愛と死の輪舞《宝塚月組公演》』舞台・平成21年
山口祐一郎;石丸幹二;城田優『エリザベート』舞台・平成22年
山口祐一郎;石丸幹二;マテ・カマラス『エリザベート《東宝版公演》』舞台・平成24年
大島寛達『エリザベート《カヅラカタ歌劇団公演》』舞台・平成24年
一路真輝;姿月あさと;彩輝なお;春野寿美礼;紫苑ゆう『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』舞台・平成24年
森川智之(声)『神々の悪戯』PSPゲームソフト・平成25年〈トト〉
明日海りお『エリザベート−愛と死の輪舞《宝塚花組公演》』舞台・平成26年
柚香光『エリザベート−愛と死の輪舞《宝塚花組新人公演》』舞台・平成26年
森川智之(声)『神々の悪戯』テレビアニメシリーズ・平成26年〈トト〉
城田優;井上芳雄『エリザベート《帝国劇場公演》』舞台・平成27年
城田優;井上芳雄『エリザベート《帝国劇場公演》』舞台・平成28年
朝夏まなと『エリザベート−愛と死の輪舞−《宝塚宙組公演》』舞台・平成28年
瑠風輝『エリザベート−愛と死の輪舞−《宝塚宙組新人公演》』舞台・平成28年
伊藤侃『エリザベート〜愛と死の輪舞〜《東海高校カヅラカタ歌劇団公演》』舞台・平成28年
中井和哉(吹替)『キング・オブ・エジプト 日本語版』映画・平成28年〈トト〉
珠城りょう『エリザベート−愛と死の輪舞−《宝塚月組公演》』舞台・平成30年

ドーニャ・マリア・デ・アスピルクエタ(どおにゃまりあであすぴるくえた:)
〈〉ドン・フアン・デ・ヤスの妻。フランシスコ・ザビエルの母
調査中『歴史秘話ヒストリア ザビエル戦国を行く〜知られざるニッポン 3万キロの大冒険〜』テレビ単発・平成27年

トーマス・アンチセル(とおますあんちせる:1821〜)
〈〉アメリカの博物学者。明治期のお雇い外国人
ルイジ・フィダンザ『アイウエオ』テレビシリーズ・昭和42年

トーマス・アンドリュース(とおますあんどりゅうす:1873〜1912)
〈〉タイタニック号の設計技師
調査中(吹替)『SOSタイタニック 日本語版』映画テレビ放映・昭和43年 
納谷六朗(吹替)『タイタニック 日本語版』映画VHS版・平成10年
小川真司(吹替)『タイタニック 日本語版《フジテレビ版》』映画テレビ放映・平成13年
小川真司(吹替)『タイタニック 日本語版《日本テレビ版》』映画テレビ放映・平成15年
松岡充『タイタニック』舞台・平成19年
加藤和樹『タイタニック』舞台・平成27年

トーマス・ウェード(とおますうぇいど:1818〜1895)
〈トーマス・フランシス・ウェード〉19世紀のイギリスの駐清大使
調査中『その時歴史が動いた 大久保利通 新生日本を救う 回避された幻の日清戦争』テレビ単発・平成16年

トーマス・エジソン(とおますえじそん:1847〜1931)
〈トーマス・アルバ・エジソン〉アメリカの発明家
佐伯宰『この光は消えず トーマス・アルバ・エジソン』テレビシリーズ・昭和35年〈トーマス・アルバ・エジソン〉
大戸基裕『テレビ図書館 エジソンの少年時代』テレビ単発・昭和36年
田中勝(声)『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』テレビアニメシリーズ・昭和52年〈ドジソン〉
いかりや長介『ドリフ大爆笑’78』テレビバラエティ単発・昭和53年
いかりや長介『ドリフ大爆笑’82』テレビバラエティ単発・昭和57年
山崎哲也/太田淑子(声)『ビデオアニメブック偉人物語』OVAシリーズ・
浜畑賢吉『おしゃべり人物伝』テレビバラエティシリーズ・昭和59年
峰恵研(声)『たいむとらぶる トンデケマン!』テレビアニメシリーズ・平成元年
掛川裕彦(声)『時空探偵ゲンシクン』テレビアニメシリーズ・平成10年
有川博(吹替)『ともだちは科学者 エジソン・映像の魔術師 日本語版』テレビ単発・平成10年
山口擦蔵『陰陽師 阿部晴明《月蝕歌劇団公演》』舞台・平成13年
銀河万丈(声)『永遠の法』アニメ映画・平成18年
片岡鶴太郎『ニッポン人が好きな100人の偉人』テレビバラエティ単発・平成18年
名倉潤『OUT OF ORDER〜偉人伝心〜』舞台・平成19年
野口五郎『100人の偉人 天才編〜ニッポン人が好きな100人の天才〜』テレビバラエティ単発・平成19年
田中要次『夢をかなえるゾウ』テレビ単発・平成20年
環有希(声)『マリー&ガリー』テレビアニメシリーズ・平成21年
環有希(声)『マリー&ガリー ver.2.0』テレビアニメシリーズ・平成22年
名倉潤『OUT OF ORDER〜偉人伝心〜』舞台・平成25年
林博之『ニノさん 全人類サミットin 2014 前編/後編』テレビバラエティ単発・平成26年
調査中『ニノさんSP!! 全人類サミット』テレビバラエティ単発・平成26年
宮田幸季(声)『ドラマCD ラヴヘブン 第1巻』CDドラマ・平成26年
田村信『陰陽師 安倍晴明−最終決戦−』舞台・平成27年
のり『ニノさん 世界の偉人降臨SP ニノさんと偉人さん 前編』テレビバラエティ単発・平成27年
調査中『歴史秘話ヒストリア あの名言にはウラがある!?〜ヒストリア書房の迷える人々〜』テレビ単発・平成27年
関智一(声)『仮面ライダーゴースト』テレビシリーズ・平成27年
武田幸史(声)『屍者の帝国』アニメ映画・平成27年
寺島拓篤(声)『Fate/Grand Order』スマホゲームアプリ・平成27年
佐久間祐人『ENDorphin』舞台・平成28年〈男10〉
チャド・マレーン『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』映画・平成28年
羽多野渉(声)『タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜』テレビアニメシリーズ・平成28年
梶裕貴(声)『輪華ネーション』スマホゲームアプリ・平成28年
沢木郁也(声)『タイムボカン 逆襲の三悪人』テレビアニメシリーズ・平成29年

トーマス・H・インス(とおますえっちいんす:1882〜1924)
〈〉アメリカの映画監督・製作者 
咲野俊介(吹替)『ブロンドと柩の謎 日本語版』映画VHS版・平成15年〈トム・インス〉

トーマス・エドワード・ロレンス(とおますえどわあどろれんす:1888〜1935)
〈アラビアのロレンス〉20世紀のイギリス軍人
岸田森(吹替)『アラビアのロレンス 前編/後編 日本語版』映画テレビ放映・昭和53年
井上孝雄(吹替)『アラビアのロレンス 前後編 日本語版』映画テレビ放映・昭和56年
山寺宏一(吹替)『インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険 日本語版』テレビシリーズ・平成5年
山寺宏一(吹替)『インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険 ジャッカルの呪い 日本語版』テレビ単発・平成7年
山寺宏一(吹替)『アラビアのロレンス 日本語版』映画テレビ放映・平成12年

トーマス・エリオット(とおますえりおっと:1490〜1546)
〈〉イングランドの外交官、学者
真殿光昭(吹替)『エリザベス 日本語版』映画DVD版・平成12年

トーマス・グラバー(とおますぐらばあ:1838〜1911)
〈トーマス・ブレーク・グラバー〉幕末期のイギリスの貿易商。後に日本に帰化
畑中蓼坡『海援隊 阪本龍馬《12月公演》』舞台・昭和10年〈ガラバ〉
畑中蓼坡『海援隊 坂本龍馬《1月公演》』舞台・昭和11年〈ガラバ〉
畑中蓼坡『海援隊 阪本龍馬《4月公演》』舞台・昭和12年〈ガラバ〉
千田是也『海援隊《築地小劇場公演》』舞台・昭和14年
千田是也『海援隊《有楽座公演》』舞台・昭和14年
城所英夫『これが真実だ ある晴れた日に 幕末の政商グラバー』テレビ単発・昭和36年
フランツ・グル−ベル『竜馬がゆく』テレビシリーズ・昭和43年
チャールズ・シムズ『商魂一代 天下の暴れん坊』映画・昭和45年
岩井貴三郎『海援隊 龍馬と同志の人々』舞台・昭和52年〈英国人ガラバ〉
ディーン・テイラー『花神』テレビシリーズ・昭和52年
佐藤正治(声)『まんが日本史』テレビアニメシリーズ・昭和58年
ロジャー・バリンス『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』映画・昭和61年
中丸新将『ミュージカル 坂本龍馬』舞台・昭和63年
中丸新将『ミュージカル 坂本龍馬』舞台・平成元年
ケント・ギルバート『野望の国 嵐の章』テレビシリーズ・平成元年
ポール・アルピン『坂本龍馬』テレビ単発・平成元年
郷里大輔(声)『新選組異聞 蒼き狼たちの神話1天動』CDドラマ・平成3年
大友龍三郎(声)『お〜い!竜馬』テレビアニメシリーズ・平成4年
ショーン・コネリー/ユアン・マクレガー『スコテッシュ・サムライ』映画・平成10年〈企画のみ〉
加藤晃良『Regret しあわせの刻』舞台・平成12年
天希かおり『猛き黄金の国−士魂商才!岩崎彌太郎の青春−《宝塚雪組公演》』舞台・平成13年〈グラヴァー〉
貴船尚『猛き黄金の国−士魂商才!岩崎彌太郎の青春−《宝塚雪組新人公演》』舞台・平成13年〈グラヴァー〉
藤本幸広(声)『龍馬が打つ』タイピングソフト・平成14年
パックン『歴史ミステリー 龍馬の黒幕』テレビ単発・平成18年
大川透(声)『幕末機関説 いろはにほへと』インターネットアニメシリーズ・平成18年
ムウエテ・ムルアカ『平成幕末世直し劇 草奔崛起!高杉晋作と奇兵隊』舞台・平成19年
脇太平『龍馬異聞 KURAMATENGU…遥かなる海へ』舞台・平成20年
ジョシュ・ケラー『篤姫』テレビシリーズ・平成20年
持木弘『ミュージカルオペラ 龍馬』舞台・平成21年
ティム・ウェラ−ド『龍馬伝』テレビシリーズ・平成22年
ツァレフ・セルゲイ『大河ドラマが描かない坂本龍馬の真実』テレビ単発・平成22年
ツァリョフ・セルゲイ『歴史秘話ヒストリア さよなら 愛しの故郷〜長崎・グラバー邸 父子2代の物語〜』テレビ単発・平成22年
ウィル・ゲラック『JIN 仁(完結編)』テレビシリーズ・平成23年
大林隆介(声)『名探偵コナン 長崎ミステリー劇場 幕末編』テレビアニメ単発・平成24年〈劇中劇〉
レナト・リベラ・ルスカ『八重の桜』テレビシリーズ・平成25年
櫻井孝宏(声)『薄桜鬼 裏語 ドラマCD 志士たちの船出』CDドラマ・平成25年
櫻井孝宏(声)『裏語 薄桜鬼』PSPゲームソフト・平成25年
楠見尚己(声)『風雲維新ダイ☆ショーグン』テレビアニメシリーズ・平成26年
ジョン・オオクマ『花燃ゆ』テレビシリーズ・平成27年
手塚ヒロミチ(声)『憂世ノ志士』PS3ゲームソフト/PSVitaゲームソフト・平成27年
田渕法明『龍の羅針盤 第一部 幕末死闘篇』舞台・平成28年〈トーマス・ブレーク・グラバー〉
福山潤(声)『ロッテ ガム彼!新撰組』PRキャンペーンキャラクター・平成28年〈グラマー〉
田渕法明『龍の羅針盤 第二部 維新回天篇』舞台・平成29年〈トーマス・ブレーク・グラバー〉

トーマス栗原(とおますくりはら:1885〜1926)
〈〉大正期の映画監督 
松井工『ヨコハマキネマホテル』舞台・平成19年〈トーマス霧原〉

トーマス・ジェームズ(とおますじぇえむず:)
〈〉イギリスの軍人。ローラ・モンテスの駆け落ち相手
水田航生『VAMP〜魔性のダンサー ローラ・モンテス〜』舞台・平成26年

トーマス・ド・モーブレー(とおますどもおぶれえ:〜1385〜1405)
〈〉イングランドの貴族
太田信乃『ヘンリー四世《明治大学シェイクスピアプロジェクト公演》』舞台・平成25年〈モーブレー卿〉

トーマス・バード・ヒルマン(とおますばあどひるまん:1963〜)
〈〉平成期の野球監督
近藤広務(声)『超ぽじてぃぶ!ファイターズ』テレビアニメシリーズ・平成16年

トーマス・バイルズ(とおますばいるず:〜1912)
〈トーマス・R・D・バイルズ〉アメリカの神父。タイタニック号の乗客
調査中(吹替)『タイタニック 日本語版』映画VHS版・平成10年
調査中(吹替)『タイタニック フジテレビ放映版』映画テレビ放映・平成13年
調査中(吹替)『タイタニック 日本テレビ放映版』映画テレビ放映・平成15年

トーマス・P・スタッフォード(とおますぴいすたっふぉおど:1930〜)
〈〉アメリカの宇宙飛行士 
城山堅(声)『人類、月に立つ 日本語版』テレビシリーズ・平成11年〈トム・スタッフォード〉

トーマス・比嘉太郎(とおますひがたろう:1916〜1984) 
〈〉昭和期のハワイ日系移民。アメリカの軍人
ゴリ『戦場の真心 チムグクル〜沖縄を救った日系人〜』テレビ単発・平成27年

トーマス・ミラマ(とおますみらま:〜1994)
〈〉ポール・ルセサバギナの妻タチアナの弟。ルワンダ虐殺で死亡
調査中(吹替)『ホテル・ルワンダ 日本語版』映画DVD版・平成18年

トーマス・ヤング(とおますやんぐ:1773〜1829)
〈〉イギリスの医学者、物理学者、考古学者
塩屋浩三(声)『ミームいろいろ夢の旅』テレビアニメシリーズ・昭和58年

トーマス・ライダー・ゴールズワージー(とおますらいだあごおるずわあじい:)
〈高恵悌、ガルスウォージ、ガルスウォルズウェー〉イギリスの商船・高陞号の船長
カール『坂の上の雲 第1部』テレビシリーズ・平成21年

トーマス・リプトン(とおますりぷとん:1848〜1931)
〈トーマス・ジョンストン・リプトン〉イギリスの実業家。紅茶ブランド「リプトン」の創業者
マーク・ホバート『リプトン サー・トーマス・リプトン編』テレビCM・平成27年

トーマス・ルーシー・チャースロト(とおまするうしいちゃあすろと:)
〈〉イギリス・チャールコウトの豪族。ウィリアム・シェークスピアが庭園から鹿を盗んだという伝説がある
川村進『ウィリアム・シェイクスピア』舞台・平成25年

トーマス・ルフロイ(とおまするふろい:1776〜1869)
〈トーマス・ラングロワ・ルフロイ〉アイルランドの政治家、裁判官
内田夕夜(吹替)『ジェイン・オースティン 秘められた恋 日本語版』映画DVD版・平成22年〈トム・ルフロイ〉

トーマス・ワトソン(とおますわとそん:1854〜)
〈Thomas Augustus Watson〉アメリカの電気技術者。ベルの元で電話機の開発にかかわった
堀秀行(声)『ミームいろいろ夢の旅』テレビアニメシリーズ・昭和58年

どーもくん(どおもくん:)
〈〉NHKのマスコットキャラクター
山川静雄(声)『どーもくんスポット』テレビシリーズ・平成11年
山川静夫(声)『どーもTVシリーズ』テレビアニメシリーズ・平成21年
玄田哲章(声)『みんなDEどーもくん!』テレビシリーズ・平成24年
玄田哲章(声)『どーも、NHK』テレビシリーズ・平成28年
高杉真宙『どーもありがとう』PV・平成30年

遠山景晋(とおやまかげくに:1764〜1837)
〈左衛門尉、景普〉江戸後期の幕臣。長崎奉行、江戸町奉行を歴任
中村駒梅『春は花遠山桜』映画・大正13年〈遠山金左衛門〉
嵐璃徳『花春遠山桜《帝キネ版》』映画・大正13年〈遠山金左衛門〉
関操『若様奉行』映画・昭和5年〈遠山藤左衛門〉
東良之助『お江戸春化粧』映画・昭和10年〈遠山頼母〉
阿部九州男『振袖お蝶』映画・昭和10年
香川良介『飛びっちょ判官』映画・昭和29年
河部五郎『血ざくら判官』映画・昭和29年
河部五郎『遠山の金さん 荒獅子判官』映画・昭和30年
香川良介『遠山の金さん 喧嘩奉行』映画・昭和30年
香川良介『怪盗と判官』映画・昭和30年〈遠山河内守〉
薄田研二『遠山の金さん 海賊奉行』映画・昭和32年
明石潮『遠山の金さん はやぶさ奉行』映画・昭和32年
榎本健一『大暴れ東海道』映画・昭和33年
明石潮『火の玉奉行』映画・昭和33年
明石潮『遠山の金さん 御存じいれずみ判官』映画・昭和35年
香川良介『遠山の金さん さいころ奉行』映画・昭和36年
薄田研二『遠山の金さん さくら判官』映画・昭和37年
市川寿美蔵『御存知金四郎 あばれ判官』舞台・昭和46年
松方弘樹『名奉行遠山の金さんスペシャル 江戸城大騒乱!将軍とおんな天一坊』テレビ単発・平成元年
河原崎長一郎『びいどろで候』テレビシリーズ・平成2年
大木晤郎『名奉行遠山の金さん(第6部)』テレビシリーズ・平成6年 
鈴木瑞穂『遠山桜一番吹雪 天保改革奇譚』舞台・平成8年
長門裕之『花吹雪いれずみ奉行』舞台・平成8年
小林稔侍『夢暦長崎奉行』テレビシリーズ・平成8年
近藤正臣『出島』舞台・平成12年
伊吹剛『熱血!周作がゆく』テレビシリーズ・平成12年
南条好輝『歴史秘話ヒストリア 一件落着!?桜吹雪伝説〜遠山の金さん きまじめ官僚の正体〜』テレビ単発・平成21年
磯部勉(声)『魔岩伝説』ラジオドラマシリーズ・平成23年

遠山景晋の妻(とおやまかげくにのつま:)
〈〉榊原次兵衛忠寛の娘
草笛光子『名奉行遠山の金さんスペシャル 江戸城大騒乱!将軍とおんな天一坊』テレビ単発・平成元年
淡島千景『江戸を斬る(第8部)』テレビシリーズ・平成6年〈たか〉
山口果林『夢暦長崎奉行』テレビシリーズ・平成8年〈遠山津代〉
草笛光子『金さんVS女ねずみ』テレビシリーズ・平成10年〈弥寿〉
原田美枝子『名奉行!遠山の金四郎』テレビ単発・平成29年〈寿々〉
原田美枝子『名奉行!遠山の金四郎』テレビ単発・平成30年〈寿々〉

遠山景晋の養母(とおやまかげくにのようぼ:)
〈〉遠山景好の妻。遠山景信の娘
千石規子『江戸を斬る III 』テレビシリーズ・昭和52年〈うめ〉

遠山景任(とおやまかげとう:〜1573)
〈友通、大和守、左衛門尉〉戦国期の武将
久保田創『女信長』舞台・平成21年
大石昭弘『歴史秘話ヒストリア 戦場の花嫁 愛に生きた女城主』テレビ単発・平成29年

遠山景元(とおやまかげもと:1793〜1855)
〈金四郎、左衛門尉〉江戸末期の江戸町奉行。遠山景晋の子
調査中『接木根岸礎』舞台・明治10年
調査中『根岸花遠山桜』舞台・明治23年
調査中『遠山桜天保日記』舞台・明治26年
調査中『敵討護持院ヶ原』舞台・明治32年
調査中『遠山桜天保日記』映画・明治44年
調査中『遠山政談』映画・明治44年
調査中『遠山の金さんと鼠小僧』舞台・大正4年
尾上松之助『花の春遠山桜 前後篇』映画・大正13年
澤村四郎五郎『遠山金四郎(花の遠山桜)《松竹版》』映画・大正13年
阪東妻三郎『春は花遠山桜《マキノ版》』映画・大正13年
片岡仁引『花春遠山桜《帝キネ版》』映画・大正13年
嵐璃徳『遠山桜 前篇』映画・大正13年
嵐璃徳『遠山桜 中篇』映画・大正13年
嵐璃徳『遠山桜 後篇』映画・大正13年
澤村四郎五郎『情熱の火《松竹版》』映画・大正13年
市川幡谷『情熱の火《マキノ版》』映画・大正13年
嵐璃徳『情熱の火《帝キネ版》』映画・大正13年
早瀬進三郎『落花の辻』映画・昭和3年
楠英二郎『遠山桜金さん奉行《日活版》』昭和4年
大原聖一郎『刺青名奉行』映画・昭和4年
三善英芳『遠山桜金さん奉行』映画・昭和4年
沢田清『金四郎半生記』映画・昭和4年
市川百々之助『刺青奉行』映画・昭和4年
天津竜太郎『魔像百万両(謎の百万両)』映画・昭和4年
市川左団次『天保演劇史』舞台・昭和5年
高田浩吉『若様奉行』映画・昭和5年〈金四郎じつは遠山兵馬〉
結城重三郎『江戸っ子金看板』映画・昭和6年
高田浩吉『遠山の金さん』映画・昭和7年
明智三郎『仇討二番原』映画・昭和8年
林長二郎『彫青判官』映画・昭和8年
林長二郎『刺青判官 百さん危難の巻』映画・昭和8年
矢野伊之助『天保捕物鬼譚』映画・昭和8年
林長二郎『刺青判官 完結篇』映画・昭和8年
市川百々之助『艶説刺青綺譚』映画・昭和8年
大谷日出夫『お江戸春化粧』映画・昭和9年
阿部九州男『あばれ菩薩 振袖お蝶 前篇』映画・昭和10年
阿部九州男『あばれ菩薩 振袖お蝶 後篇』映画・昭和10年
尾上菊太郎『お洒落旗本』映画・昭和10年
結城一朗『やくざの掟』映画・昭和10年
海江田譲二『鮮血の鬼面 前篇 大江戸丑満篇』映画・昭和10年
海江田譲二『鮮血の鬼面 必殺魔刃篇』映画・昭和10年
尾上菊太郎『江戸の遠山桜』映画・昭和11年
尾上菊太郎『手柄の銀次』映画・昭和11年
月形龍之介『花の春遠山桜』映画・昭和11年
南部章三『人情百万両』映画・昭和12年
綾小路絃三郎『旗本伝法侍(春艶遠山桜)』映画・昭和12年
杉山昌三九『踊る百万両 天の巻 地の巻』映画・昭和12年
松本栄三郎『謎の短銃』映画・昭和12年
片岡千恵蔵『弥次喜多道中記』映画・昭和13年
近衛十四郎『帰って来た銀平』映画・昭和14年
天津龍太郎『謎の百万両』映画・昭和14年
市川寿三郎『紫頭巾』映画・昭和14年
本郷秀雄〈←海江田譲二〉『千両判官』映画・昭和14年
大谷日出夫『天保江戸桜』映画・昭和15年
綾小路絃三郎『江戸錦遠山桜』映画・昭和15年
松本栄三郎『喧嘩花笠』映画・昭和15年
近衛十四郎『渦巻く浮雲城 前後篇』映画・昭和15年
長谷川一夫『昨日消えた男』映画・昭和16年
黒川弥太郎『大江戸の鬼』映画・昭和22年
長谷川一夫『遊侠の群れ』映画・昭和23年
長谷川一夫『足を洗った男』映画・昭和24年
片岡千恵蔵『遠山の金さん いれずみ判官前後編』映画・昭和25年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 女賊と判官』映画・昭和26年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 千恵蔵エノケンのあばれ御輿』映画・昭和26年
片岡千恵蔵『銀次郎旅日記』映画・昭和26年
江戸川乱歩『文士劇 謎文東海道土産』舞台・昭和27年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 飛びっちょ判官』映画・昭和27年
月形龍之介『はだか大名 後篇』映画・昭和27年
大谷友右衛門『江戸ッ子判官』映画・昭和28年
市川右太衛門『素浪人奉行』映画・昭和28年
大谷友右衛門『金さん捕物帖 謎の人形師』映画・昭和28年
中村鴈治郎『鉄火奉行』舞台・昭和29年
市川寿三郎『鉄火奉行』舞台・昭和29年
大河内伝次郎『鉄火奉行』映画・昭和29年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 血ざくら判官』映画・昭和29年
坂東好太郎『怪盗まだら蜘蛛』映画・昭和29年
小堀明男『御ひいき六花撰 素ッ飛び男』映画・昭和29年〈遠山左衛門尉景之〉
若杉英二『伝七捕物帖 人肌千両』映画・昭和29年
片岡千恵蔵『勢ぞろい喧嘩若衆』映画・昭和30年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 喧嘩奉行』映画・昭和30年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 荒獅子判官』映画・昭和30年
黒川弥太郎『男一匹』映画・昭和30年
市川雷蔵『次男坊判官』映画・昭和30年
高田浩吉『お役者小僧 江戸千両幟』映画・昭和30年
市川雷蔵『怪盗と判官』映画・昭和30年
若山富三郎『唄祭り 江戸っ子金さん捕物帳』映画・昭和30年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 長脇差奉行』映画・昭和31年
中村扇雀『遠山金さん捕物控 影に居た男』映画・昭和31年
近衛十四郎『青空剣法 弁天夜叉』映画・昭和31年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 海賊奉行』映画・昭和32年
片岡千恵蔵『遠山の金さん はやぶさ奉行』映画・昭和32年
近衛十四郎『伝七捕物帖 髑髏狂女』映画・昭和32年
近衛十四郎『勢ぞろい桃色御殿』映画・昭和32年
坂東好太郎『金四郎江戸桜』テレビシリーズ・昭和32年
若山富三郎『姫君剣法 謎の紫頭巾』映画・昭和32年
若山富三郎『謎の紫頭巾 姫君花吹雪』映画・昭和32年
片岡千恵蔵『火の玉奉行』映画・昭和33年
勝新太郎『弁天小僧』映画・昭和33年
高田浩吉『大暴れ東海道』映画・昭和33年
坂東好太郎『朱桜判官』映画・昭和33年
島田竜三『江戸っ子桜』映画・昭和34年
片岡千恵蔵『遠山の金さん 江戸っ子判官とふり袖小僧』映画・昭和34年
森美樹『晴れ姿勢揃い 剣侠五人男』映画・昭和34年
澤村國太郎『伝七捕物帖 女肌地獄』映画・昭和34年
近衛十四郎『伝七捕物帖 幽霊飛脚』映画・昭和34年〈遠山左衛門尉〉
片岡千恵蔵『遠山の金さん 御存じいれずみ判官』映画・昭和35年
勝新太郎『東海道ちゃっきり娘』映画・昭和35年
夏目俊二『遠山の金さん捕物帳』テレビシリーズ・昭和35年
島田竜三『濡れ髪喧嘩旅』映画・昭和35年
森繁久弥『天下の大泥棒 白浪五人男』映画・昭和35年
丹波哲郎『源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽蝶』映画・昭和36年
片岡千恵蔵『遠山の金さん さいころ奉行』映画・昭和36年
片岡千恵蔵『あばれ神輿』映画・昭和36年
丹羽又三郎『刺客屋敷』映画・昭和36年
島田竜三『妖花伝』映画・昭和36年
片岡千恵蔵『遠山の金さん さくら判官』映画・昭和37年
大川橋蔵『橋蔵のやくざ判官』映画・昭和37年
丹波哲郎『源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽の蝶』映画・昭和37年
坂東鶴之助『講談ドラマ 遠山の金さん』テレビシリーズ・昭和37年
鶴田浩二『いれずみ判官』映画・昭和40年
片岡千恵蔵『さくら判官』舞台・昭和41年
藤田まこと『ほんだら捕物帖』映画・昭和41年
三遊亭歌奴『落語野郎 大爆笑』映画・昭和42年
市川新之助『遠山の金さん』テレビシリーズ・昭和42年
沢本忠雄『大奥』テレビシリーズ・昭和43年
波島進『特別機動捜査隊 新春寿捕物控 大江戸卍絵図』テレビ単発・昭和43年〈北町奉行〉
中村梅之助『遠山の金さん捕物帳』テレビシリーズ・昭和45年
林成年『旅姿鼠小僧』舞台・昭和46年
中村梅之助『天保の戯れ絵』舞台・昭和46年
橋幸夫『遠山の金さん』舞台・昭和46年
高田浩吉『御存知金四郎 あばれ判官』舞台・昭和46年
片岡千恵蔵『江戸巷談 花の日本橋 髪結いおしま捕物帖 前編』テレビ単発・昭和46年
片岡千恵蔵『江戸巷談 花の日本橋 髪結いおしま捕物帖 後編 謎の銀かんざし』テレビ単発・昭和46年
中村竜三郎『青空浪人』テレビシリーズ・昭和46年
中村梅之助『桜吹雪三十万両』舞台・昭和47年
尾上松緑『遠山金四郎 江戸の花吹雪』舞台・昭和47年
森達哉『性盗ねずみ小僧』映画・昭和47年
木村功『浮世絵 女ねずみ小僧(第2部)』テレビシリーズ・昭和47年
市川段四郎『ご存知遠山の金さん』テレビシリーズ・昭和48年
中村梅之助『伝七捕物帳』テレビシリーズ・昭和48年
調査中『天下堂々』テレビシリーズ・昭和48年
中村梅之助『御存知遠山の金さん 情の千石船』舞台・昭和49年
橋幸夫『ご存じ金さん捕物帳』舞台・昭和49年
橋幸夫『ご存じ金さん捕物帳』テレビシリーズ・昭和49年
宗方勝巳『特別機動捜査隊 初笑いとら、とら、とら捕物帳』テレビ単発・昭和49年〈遠山の金さん〉
西郷輝彦/佐藤宏之『江戸を斬る II 』テレビシリーズ・昭和50年
杉良太郎『遠山の金さん』テレビシリーズ・昭和50年
山城新伍『影同心』テレビシリーズ・昭和50年
若山富三郎『痛快!河内山宗俊』テレビシリーズ・昭和50年
常田富土男『賞金稼ぎ』テレビシリーズ・昭和50年
杉良太郎『遠山の金さん』舞台・昭和51年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の春風』舞台・昭和52年
西郷輝彦『江戸を斬る III 』テレビシリーズ・昭和52年
西郷輝彦『江戸を斬る』舞台・昭和53年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の流し笛』舞台・昭和53年
中村梅之助『ご存知遠山の金さん 桜ふぶき千住恋唄』舞台・昭和54年
西郷輝彦『江戸を斬る IV 』テレビシリーズ・昭和54年
杉良太郎『遠山の金さん』テレビシリーズ・昭和54年
中村梅之助『そば屋梅吉捕物帳』テレビシリーズ・昭和54年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の夕顔』舞台・昭和55年
西郷輝彦『江戸を斬る V 』テレビシリーズ・昭和55年
花紀京『きんきら金さん迷奉行』テレビ単発・昭和55年
加藤茶『ドリフ大爆笑’80』テレビバラエティ単発・昭和55年 
西郷輝彦『江戸を斬る VI 』テレビシリーズ・昭和56年
緒形拳『時代劇スペシャル 怪盗鼠小僧といれずみ判官』テレビ単発・昭和56年
杉良太郎『大江戸桜吹雪 八千両の舞』テレビ単発・昭和56年
高橋英樹『遠山の金さん』テレビシリーズ・昭和57年
片岡千恵蔵『時代劇スペシャル 地獄の左門 十手無頼帖』テレビ単発・昭和57年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸のおらんだ囃子』舞台・昭和58年
高橋英樹『遠山の金さん』舞台・昭和58年
里見浩太郎『時代劇スペシャル 秘剣揚羽蝶 源氏九郎颯爽記』テレビ単発・昭和58年
栗塚旭『必殺スペシャル 仕事人アヘン戦争に行く』テレビ単発・昭和58年
市川祥之助『時代劇スペシャル 裏切りの報酬 追放者・九鬼真十郎』テレビ単発・昭和58年〈遠山左衛門尉〉
山城新伍『新伍の笑エティー教室』テレビバラエティシリーズ・昭和58年
ビートたけし『オレたちひょうきん族 ブラックデビルの死の真相の巻』テレビバラエティ単発・昭和58年
高橋英樹『遠山の金さん 江戸の母子草』舞台・昭和59年
杉良太郎『遠山の金さん』舞台・昭和59年
里見浩太朗『秘剣揚羽蝶 源氏九郎颯爽記』舞台・昭和59年〈遠山金四郎〉
中条きよし『ねずみ小僧怪盗伝』映画・昭和59年
丹波哲郎『花王名人劇場 中原理恵の怪盗!女ねずみ小僧』テレビ単発・昭和59年
北町嘉朗『時代劇スペシャル 地獄の左門 十手無頼帖 声を盗まれた娘』テレビ単発・昭和59年〈遠山左衛門尉〉
葉山良二『ねずみ小僧次郎吉』舞台・昭和60年
高橋英樹『遠山の金さん 琉球怨み花』舞台・昭和60年
高橋英樹『遠山の金さん 天保おんな忠臣蔵』舞台・昭和60年
杉良太郎『遠山の金さん 幽霊江戸を行く』舞台・昭和60年
高橋英樹『遠山の金さん II 』テレビシリーズ・昭和60年
高橋英樹『遠山の金さん』舞台・昭和61年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸のわらじ唄』舞台・昭和61年
杉良太郎『遠山の金さん《明治座公演》』舞台・昭和62年
高橋英樹『遠山の金さん 天保おんな忠臣蔵』舞台・昭和62年
里見浩太朗『江戸を斬る(第7部)』テレビシリーズ・昭和62年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の華 長屋の弁天小僧』舞台・昭和63年
細川たかし『遠山金四郎 人情長持唄』舞台・昭和63年
高橋英樹『遠山の金さん 琉球怨み花』舞台・昭和63年
高橋英樹『遠山の金さん 晴舞台遠山策略』舞台・昭和63年
松方弘樹『名奉行遠山の金さん(第1部)』テレビシリーズ・昭和63年
松村雄基『夢と承知で 鼠小僧大江戸青春絵図』テレビ単発・昭和63年〈遠山金四郎〉
タモリ『今夜は最高!』テレビバラエティ単発・昭和63年
高木ブー『ドリフ大爆笑’88』テレビバラエティ単発・昭和63年
矢尾一樹(声)『遠山桜宇宙帖 奴の名はゴールド』アニメ映画・昭和63年〈ゴールド〉
近藤正臣『必殺スペシャル・新春 決定版!大奥春日野局の秘密』テレビ単発・昭和64年
松方弘樹『名奉行遠山の金さん(第2部)』テレビシリーズ・平成元年
伊武雅刀『女ねずみ小僧』テレビシリーズ・平成元年
松方弘樹『名奉行遠山の金さんスペシャル 江戸城大騒乱!将軍とおんな天一坊』テレビ単発・平成元年 
杉良太郎『遠山の金さん』舞台・平成2年
保阪尚輝/山下規介『びいどろで候』テレビシリーズ・平成2年
松方弘樹『名奉行遠山の金さん(第3部)』テレビシリーズ・平成2年
松方弘樹『名奉行遠山の金さんスペシャル 大陰謀!天下分け目の桜吹雪』テレビ単発・平成2年
松方弘樹『名奉行遠山の金さんスペシャル 江戸は燃えているか!加賀百万石の陰謀』テレビ単発・平成2年
松方弘樹『名奉行遠山の金さんスペシャル 美女の陰謀!関八州あばれ旅』テレビ単発・平成2年
ガダルカナル・タカ『なめくじ長屋捕物さわぎ』テレビ単発・平成2年  
細川たかし『遠山金四郎 佐渡の流れ星《御園座公演》』舞台・平成3年
細川たかし『遠山金四郎 佐渡の流れ星《新宿コマ劇場公演》』舞台・平成3年
杉良太郎『遠山の金さん』舞台・平成3年
中原潤『ねずみ小僧 IBUN』舞台・平成3年
堤大二郎『大江戸捜査網 賭場破り桜吹雪』テレビ単発・平成3年
若林豪〈←高橋英樹〉『御影同心 鬼っ子侍』テレビ単発・平成3年
松方弘樹『名奉行遠山の金さん(第4部)』テレビシリーズ・平成3年
松方弘樹『名奉行遠山の金さんスペシャル 江戸城転覆!女忍者の復讐』テレビ単発・平成3年
由利徹『爆笑・花の天保六花撰』舞台・平成4年
高橋英樹『遠山の金さん 天保おんな忠臣蔵』舞台・平成4年
松方弘樹『名奉行遠山の金さんスペシャル 江戸城転覆!覗かれた赤毛の女』テレビ単発・平成4年
中村梅之助『サントリー ウイスキー 白角』テレビCM・平成4年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の夕顔』舞台・平成5年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の母子鳥』舞台・平成5年
松方弘樹『名奉行遠山の金さん(第5部)』テレビシリーズ・平成5年
梅宮辰夫『付き馬屋おえん事件帳(第2部)』テレビシリーズ・平成5年〈遠山左衛門尉〉
古谷一行『八丁堀捕物ばなし(第1部)』テレビシリーズ・平成5年〈遠山左衛門尉景元〉
杉良太郎『遠山の金さん 江戸のお告げ師』舞台・平成6年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の夕顔』舞台・平成6年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸のおらんだ囃子』舞台・平成6年
松方弘樹『名奉行遠山の金さん(第6部)』テレビシリーズ・平成6年
里見浩太朗『江戸を斬る(第8部)』テレビシリーズ・平成6年
大出俊『父子鷹』テレビシリーズ・平成6年
松方弘樹『名奉行遠山の金さん(第7部)』テレビシリーズ・平成7年
中条きよし『江戸むらさき特急』OV・平成7年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸のわらじ唄』舞台・平成8年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の夕顔』舞台・平成8年
里見浩太朗『遠山桜一番吹雪 天保改革奇譚』舞台・平成8年
細川たかし『花吹雪いれずみ奉行《新宿コマ劇場公演》』舞台・平成8年
細川たかし『花吹雪いれずみ奉行《御園座公演》』舞台・平成8年
細川たかし『花吹雪いれずみ奉行《劇場飛天公演》』舞台・平成8年
葛山信吾/三觜要介『夢暦長崎奉行』テレビシリーズ・平成8年
角野卓造『天晴れ夜十郎』テレビシリーズ・平成8年
古谷一行『八丁堀捕物ばなし(第2部)』テレビシリーズ・平成8年〈遠山左衛門尉景元〉
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の一ばん星』舞台・平成9年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸のお告げ師』舞台・平成9年
西郷輝彦『江戸を斬る』舞台・平成9年
松方弘樹『遠山の金さんVS女ねずみ』テレビシリーズ・平成9年
松方弘樹『金さんVS女ねずみ』テレビシリーズ・平成10年
西郷輝彦『江戸を斬る』舞台・平成11年
コロッケ『コロッケ版 遠山の金さん七変化』舞台・平成11年
杉良太郎『さくら吹雪 一番鶏がいま鳴いた』舞台・平成11年
中村嘉葎雄『天保義民伝 土に生きる』テレビ単発・平成11年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の一番星』舞台・平成11年
松方弘樹『遠山の金さん 新しき門出』舞台・平成12年
細川たかし『花吹雪遠山ざくら』舞台・平成12年
山本太郎『出島』舞台・平成12年〈遠山金四郎〉
西郷輝彦『江戸を斬る 明日への道標』舞台・平成12年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の夕顔』舞台・平成12年
唐渡亮『熱血!周作がゆく』テレビシリーズ・平成12年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の華長屋の弁天小僧』舞台・平成13年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸のわらじ唄』舞台・平成13年
西郷輝彦『江戸を斬る』舞台・平成14年
田島文人『大江戸こてこて物語』舞台・平成14年
辻本茂雄『吉本大活劇 電気トオル 遠山の金さん編』テレビ単発・平成14年
柴田善行『金ちゃん鍋焼きうどん』テレビCM・平成14年
西郷輝彦『江戸を斬る 思い出に咲いた恋』舞台・平成15年
細川たかし『遠山金四郎 花吹雪人情通い船』舞台・平成15年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸のおらんだ囃子』舞台・平成15年
杉良太郎『遠山の金さん 江戸の華 長屋弁天小僧』舞台・平成16年
地井武男『御用牙』テレビ単発・平成16年
松平健『遠山の金さん』舞台・平成19年
板尾創路『桜と印籠』映画・平成19年
松平健『遠山の金さん』テレビシリーズ・平成19年
大川透(声)『大江戸ロケット』テレビアニメシリーズ・平成19年
立川三貴(声)『東西南北夢花道』ラジオドラマ単発・平成19年
尾上菊五郎『遠山桜天保日記』舞台・平成20年〈金四郎〉
板尾創路『桜と印籠』映画・平成20年
柴田恭兵『オトコマエ!』テレビシリーズ・平成20年
柄本明『志村けんのバカ殿様 年の初めはバカ笑い!特大版』テレビバラエティ単発・平成21年
柴田恭兵/丸山瀬南『オトコマエ!2』テレビシリーズ・平成21年
佐田修典『歴史秘話ヒストリア 一件落着!?桜吹雪伝説〜遠山の金さん きまじめ官僚の正体〜』テレビ単発・平成21年
松方弘樹『松方弘樹の名奉行金さん2009』OV・平成21年〈発売延期〉
おりも政夫『唄う弥次喜多道中旅日記』舞台・平成23年
細見大輔(声)『魔岩伝説』ラジオドラマシリーズ・平成23年
杉良太郎『CR遠山の金さん〜燃えろ桜吹雪〜』パチンコ・平成23年
上田耕一『デカワンコ 新春スペシャル』テレビ単発・平成24年
竹内力『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!!』テレビバラエティ単発・平成24年〈遠山左衛門尉〉
服部桂吾『ためしてガッテン 長引く肩の痛みに喝!五十肩&コリ一挙撃滅』テレビバラエティ単発・平成26年
瀬戸かずや『風の次郎吉 ―大江戸夜飛翔―』 舞台・平成27年〈遠山金四郎〉
中村橋之助『大江戸事件帖 美味でそうろう 前編/後編』テレビ単発・平成27年〈遠山左衛門尉〉
松方弘樹『遠山の金さんと女ねずみ』舞台・平成28年〈公演中止〉
松平健『伝七捕物帳』テレビシリーズ・平成28年〈遠山左衛門尉〉
堀江瞬(声)『一血卍傑-ONLINE-』PCブラウザゲーム/スマホゲームアプリ・平成28年〈キンシロウ〉
松平健『伝七捕物帳2』テレビシリーズ・平成29年〈遠山左衛門尉〉
松岡昌宏『名奉行!遠山の金四郎』テレビ単発・平成29年〈遠山金四郎〉
つるの剛士『大江戸ロボコン』テレビシリーズ・平成29年〈遠山金四郎〉
松岡昌宏『名奉行!遠山の金四郎』テレビ単発・平成30年〈遠山金四郎〉
調査中『超入門!落語 THE MOVIE 秋スペシャル 天狗裁き』テレビ単発・平成30年

遠山景元の妻(とおやまかげもとのつま:)
〈〉堀田伊勢守一知の娘
入江たか子『鉄火奉行』映画・昭和29年〈けい〉
緑魔子『大奥』テレビシリーズ・昭和43年〈おゆき〉
松坂慶子『江戸を斬る II 』テレビシリーズ・昭和50年〈おゆき 徳川斉昭の隠し子の設定〉
松坂慶子『江戸を斬る III 』テレビシリーズ・昭和52年〈おゆき〉
山口いづみ『江戸を斬る』舞台・昭和53年〈おゆき〉
松坂慶子『江戸を斬る IV 』テレビシリーズ・昭和54年〈おゆき〉
松坂慶子『江戸を斬る V 』テレビシリーズ・昭和55年〈おゆき〉
松坂慶子『江戸を斬る VI 』テレビシリーズ・昭和56年〈おゆき〉
根本りつ子『江戸を斬る』舞台・平成9年〈おゆき〉
水野真紀『遠山の金さんVS女ねずみ』テレビシリーズ・平成9年〈奈津〉
水野真紀『金さんVS女ねずみ』テレビシリーズ・平成10年〈奈津〉
坂口良子『江戸を斬る』舞台・平成11年〈おゆき〉
芦川よしみ『江戸を斬る 明日への道標』舞台・平成12年〈おゆき〉
根本りつ子『江戸を斬る』舞台・平成14年〈おゆき〉
多岐川裕美『江戸を斬る 思い出に咲いた恋』舞台・平成15年〈おゆき〉

遠山景善(とおやまかげよし:)
〈〉江戸後期の幕臣。景晋の嫡男
緒形幹太『夢暦長崎奉行』テレビシリーズ・平成8年

遠山景織子(とおやまきょうこ:1975〜)
〈〉平成期の女優
遠山景織子『マンハッタンラブストーリー』テレビシリーズ・平成15年

遠山重長(とおやましげなが:)
〈勘解由〉江戸前期の伊達家家臣
若井緑郎『伊達騒動 風雲六十二万石』映画・昭和34年〈遠山勘解由〉
調査中『樅ノ木は残った』テレビシリーズ・昭和45年〈遠山勘解由〉
本田博太郎『樅ノ木は残った』テレビ単発・平成2年〈遠山勘解由〉

遠山静子(とおやましずこ:)
〈〉団鬼六作「花と蛇」シリーズの登場人物
谷ナオミ『花と蛇』映画・昭和49年
麻生かおり『花と蛇 地獄篇』映画・昭和60年
小川美那子『花と蛇 飼育篇』映画・昭和61年
長坂しほり『花と蛇 究極縄調教』映画・昭和62年〈遠山志津子〉
杉本彩『花と蛇』映画・平成16年
杉本彩『花と蛇2 パリ/静子』映画・平成17年
調査中(声)『花と蛇』ゲームソフト・平成17年
三坂知絵子『花と蛇』舞台・平成19年
小向美奈子『花と蛇3』映画・平成22年
三坂知絵子『団鬼六・悦楽王―「花と蛇」の作家―』舞台・平成23年
三坂知絵子『花と蛇 新版』舞台・平成26年
濱田のり子『花と蛇ZERO』映画・平成26年

遠山隆義(とおやまたかよし:)
〈〉団鬼六作「花と蛇」の登場人物
児玉謙次『花と蛇』映画・昭和60年
永井秀明『花と蛇 飼育篇』映画・昭和61年
野村宏伸『花と蛇』映画・平成16年
宍戸錠『花と蛇2 パリ/静子』映画・平成17年
本宮泰風『花と蛇3』映画・平成22年
津田寛治『花と蛇ZERO』映画・平成26年

遠山夫人(とおやまふじん:〜1571)
〈徳姫、龍勝院〉武田勝頼の最初の正室。織田信長の養女
調査中『おんな風林火山』テレビシリーズ・昭和61年
徳丸純子『武田信玄』テレビシリーズ・昭和63年
黒川心『おんな城主 直虎』テレビシリーズ・平成29年

遠山政景(とおやままさかげ:〜1580)
〈右衛門大夫、甲斐守、景政〉織豊期の北条家家臣
枯暮修『髑髏城の七人』舞台・平成2年〈遠山景政〉

遠山美枝子(とおやまみえこ:1946〜1972)
〈〉昭和期の新左翼活動家。連合赤軍のメンバー。山岳ベース事件で粛清された
坂井真紀『実録・連合赤軍 「あさま山荘」への道程』映画・平成19年 
安竜うらら『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』舞台・平成29年

遠山康英(とおやまやすひで:〜1578?)
〈直次〉織豊期の北条家家臣
松本大(声)『炎の蜃気楼』テレビアニメシリーズ・平成14年

遠山康光(とおやまやすみつ:〜1579)
〈左衛門尉〉織豊期の上杉家武将
螢雪次朗『天地人』テレビシリーズ・平成21年
アンディ本山『朱炎〜あけぼの〜』舞台・平成29年

遠山雄午(とおやまゆうご:)
〈雄吉〉幕末期の白虎隊士
小春『別世界カンパニー7周年記念特別公演 新撰組伝』舞台・平成22年
実景『新撰組伝・終章〜宿敵!人斬り半次郎と斉藤一』舞台・平成23年

ドーラ・キャリントン(どおらきゃりんとん:1893〜1932)
〈ドラ・デ・ホートン・キャリントン、Dora Carrington〉イギリスの画家。リットン・ストレイチーの妻
山像かおり(吹替)『キャリントン 日本語版』映画VHS版・平成8年

ドーラ・デューフラン(どおらでゅうふらん:1868〜1934)
〈Dora DuFran〉アメリカ西部開拓期の女性実業家
山像かおり(吹替)『バッファロー・ガールズ 日本語版』テレビ映画VHS版・平成8年〈ドーラ・デュフラン〉
沢海陽子(吹替)『バッファロー・ガールズ〜カラミティー・ジェーンの半生 前編/後編 日本語版』テレビ単発・平成11年
南光愛美『ビリィ・ザ・キッド』舞台・平成24年

トール(とおる:)
〈〉北欧神話の神
柴田秀勝(声)『サイボーグ009』テレビアニメシリーズ・昭和54年
杉山紀彰(声)『神々の悪戯』PSPゲームソフト・平成25年
奥山敬人(声)『一血卍傑-ONLINE-』PCブラウザゲーム/スマホゲームアプリ・平成29年

トール・ヘイエルダール(とおるへいえるだある:1914〜2002)
〈Thor Heyerdahl〉ノルウェーの人類学者  
玉川伊佐男『巨石の謎』テレビ単発・昭和34年〈トール・ハイヤダール〉
小西克幸(吹替)『コン・ティキ 日本語版』映画DVD版・平成26年

富樫家経(とがしいえつね:)
〈〉鎌倉期の御家人
笠原明『弁慶』舞台・昭和51年
児玉清『武蔵坊弁慶』テレビシリーズ・昭和61年
西川鯉之亟『弁慶』舞台・平成18年

富樫家通(とがしいえみち:)
〈〉鎌倉期の御家人
実川延若『安宅関』舞台・昭和40年〈富樫介家道〉
里見浩太朗『弁慶』テレビ単発・平成9年
磯部勉『弁慶』舞台・平成18年

渡嘉敷良子(とかしきよしこ:〜1945)
〈〉昭和期の沖縄の女子学生。ひめゆり部隊のメンバー  
酒井和歌子『激動の昭和史 沖縄決戦』映画・昭和46年

富樫左衛門(とがしさえもん:)
〈〉平安末期の武士。歌舞伎「勧進帳」などで安宅関の関守とされる。モデルは富樫泰家(左衛門、のち重純)とされるが他の実在人物に当て込みされている場合は別項も参照
金井謹之助『勸進帖』舞台・大正11年
関操『関守の情』映画・大正13年
片岡我當『勧進帳《東劇2月公演》』舞台・昭和10年
中村翫右衛門『勧進帳』舞台・昭和13年
藤田進『虎の尾を踏む男達』映画・昭和27年
柳家金語楼『浮かれ狐千本桜』映画・昭和30年
市川謹也『流転』映画・昭和31年〈劇中劇「勧進帳」〉
調査中『武智鉄二アワー 勧進帳』テレビ単発・昭和32年
中村富十郎『花椿ショウ 光子の窓』テレビバラエティシリーズ・昭和33年
尾上梅幸『ゴールデン劇場 勧進帳』テレビ単発・昭和34年
市川海老蔵『勧進帳』舞台・昭和36年
森川信『雲の上団五郎一座』映画・昭和37年〈劇中劇「勧進帳」〉
中村勘三郎(声)『これがステレオだ!歌舞伎十八番勧進帳』ラジオドラマ単発・昭和37年
坂東鶴之助(声)『現代劇場 富樫』ラジオドラマ単発・昭和38年
市川雷蔵『武智歌舞伎 勧進帳』舞台・昭和39年
中村翫右衛門『勧進帳《前進座公演》』舞台・昭和39年
実川延若『安宅関』舞台・昭和40年〈富樫介家道〉
高橋幸一『浅香光代の勧進帳』舞台・昭和40年
大友柳太朗『源義経』テレビシリーズ・昭和41年〈富樫泰経〉
島田正吾『花の宴』舞台・昭和42年〈劇中劇「勧進帳」〉
市川海老蔵『勧進帳』舞台・昭和44年
近江俊輔『女沢正 あほんだれ一代』舞台・昭和45年〈劇中劇〉
尾上辰之助:市川海老蔵:中村吉右衛門『勧進帳《南座公演》』舞台・昭和49年
辰巳柳太郎『武蔵坊弁慶』舞台・昭和51年
中村勘三郎『滑稽俄安宅珍関』舞台・昭和53年
吉水慶(声)『まんが日本絵巻 武蔵坊弁慶』テレビアニメ単発・昭和53年
坂東彦三郎『安宅関』舞台・昭和55年〈富樫介家直〉
坂東吉弥『弁慶と義経』舞台・昭和55年
佐野浅夫『武蔵坊弁慶』舞台・昭和58年
寺島幹夫(声)『まんが日本史』テレビアニメシリーズ・昭和58年
梅沢武生『晴れ姿勧進帳』舞台・昭和60年
長門裕之『源義経』テレビ単発・平成元年〈富樫泰家〉
中村吉右衛門『勧進帳《歌舞伎座正月公演》』舞台・平成3年
尾上菊五郎『勧進帳《歌舞伎座5月公演》』舞台・平成3年
片岡孝夫『勧進帳《南座公演》』舞台・平成3年
高橋英樹『源義経 第二部』テレビ単発・平成3年〈富樫泰家〉
中村梅玉『勧進帳《歌舞伎座公演》』舞台・平成4年
中村勘九郎『勧進帳《中座公演》』舞台・平成4年
中村信二郎『勧進帳《国立劇場公演》』舞台・平成5年
中村梅玉『勧進帳《歌舞伎座公演》』舞台・平成5年
中村吉右衛門『勧進帳《明治座公演》』舞台・平成5年
中村歌昇『勧進帳《浅草公会堂公演》』舞台・平成5年
中村梅玉『勧進帳《中座公演》』舞台・平成5年
市川左團次『滑稽俄安宅新関』舞台・平成5年
渡辺哲『炎立つ』テレビシリーズ・平成5年〈関守〉
市川染五郎『勧進帳』舞台・平成6年
中村梅玉『寿 初春大歌舞伎公演 勧進帳』舞台・平成7年
森次晃嗣『絢爛義経絵巻 この愛よ永遠に《劇場飛天・新宿コマ劇場公演》』舞台・平成7年
中村富十郎『勧進帳』舞台・平成9年
中村富十郎『勧進帳』舞台・平成9年〈別舞台〉
尾上菊五郎『勧進帳』舞台・平成9年
中村梅玉『勧進帳《国立劇場1月公演》』舞台・平成10年
市川新之助『勧進帳』舞台・平成10年
市川團十郎『勧進帳《歌舞伎座10月公演》』舞台・平成10年
尾上辰之助『勧進帳《浅草公開堂公演》』舞台・平成11年
中村勘九郎『八月納涼歌舞伎 勧進帳』舞台・平成11年
尾上菊五郎『勧進帳《博多座公演》』舞台・平成11年
尾上菊五郎『勧進帳《新橋演舞場1月公演》』舞台・平成12年
中村鴈治郎『勧進帳《大阪松竹座1月公演》』舞台・平成12年
坂東八十助『富樫』舞台・平成12年
中村富十郎『勧進帳《博多座6月公演》』舞台・平成13年
梅沢武生『ふるさと皆様劇場 笑説弁慶と義経』テレビ単発・平成13年
大蔵弘治『ベンケイパンチ』舞台・平成17年
石橋蓮司『義経』テレビシリーズ・平成17年
磯部勉『弁慶』舞台・平成18年〈富樫家通〉
戸塚祥太『滝沢演舞城2007』舞台・平成19年
桂小米朝『大銀座落語祭 勧進帳』舞台・平成20年
河合郁人『滝沢演舞城’08命(LOVE)』舞台・平成20年
青木まさと『義経記異聞 遮那王と弁慶』舞台・平成21年
河合郁人『滝沢演舞城’09タッキー&LuckyLOVE』舞台・平成21年 
高倉良文『大逃亡〜義経と弁慶〜』舞台・平成21年
市川海老蔵『勧進帳』舞台・平成23年
丸・ボーロII『源平乱舞〜静回想録〜』舞台・平成24年
尾上菊之丞『舞踊詩 黄金の夢 長唄舞踊 勧進帳』舞台・平成24年
市川團十郎(声)『おはなしのくにクラシック 歌舞伎「勧進帳」』テレビアニメ単発・平成24年
林翔太『滝沢演舞城2013』舞台・平成25年
林翔太『滝沢歌舞伎2014』舞台・平成26年
市川染五郎『勧進帳《歌舞伎座11月公演》』舞台・平成27年
坂口涼太郎『木ノ下歌舞伎 勧進帳』舞台・平成28年
片岡仁左衛門『勧進帳《大阪松竹座1月公演》』舞台・平成29年

富樫晴貞(とがしはるさだ:〜1570)
〈泰縄、晴泰〉戦国時代の加賀国守護
中家志穂(声)『戦極姫〜戦乱の世に焔立つ〜』PCゲームソフト・平成20年

富樫政親(とがしまさちか:1455〜1488)
〈〉戦国期の大名
田中康郎(声)『まんが日本史』テレビアニメシリーズ・昭和58年
梅沢冨美男『タオの風』テレビ単発・平成11年

戸叶武(とかのたけし:1903〜1982)
〈〉昭和期の政治家
山本亘『曠野のアリア』テレビ単発・昭和55年

戸川秋骨(とがわしゅうこつ:1870〜1939)
〈〉明治期の評論家
加藤恒憲『風雪 浪漫光茫』テレビ単発・昭和39年
菅原謙次『明治の雪 樋口一葉の生涯』舞台・昭和51年
大谷朗『北村透谷 わが冬の歌』映画・昭和52年
水野善行『樋口一葉 明治の雪』舞台・昭和53年
立松昭二『明治の雪』舞台・昭和60年

戸川秀安(とがわひでやす:1533〜1592)
〈〉戦国期の宇喜多家武将
江川央生(声)『戦国無双2 Empires』PS2ゲーム・平成18年
カマンベール十円堂(声)『戦極姫3〜天下を引き裂く光と影〜』PCゲームソフト・平成23年
永井一郎(声)『鬼武者 Soul』オンラインシュミレーションRPG・平成24年
白川周作(声)『戦極姫3〜天下を切り裂く光と影〜』PSPゲームソフト・平成24年
白川周作(声)『戦極姫‐華‐〜真録・天下を切り裂く光と影〜』PCゲームソフト・平成26年

戸川昌子(とがわまさこ:1931〜2016)
〈〉昭和・平成期の推理作家、シャンソン歌手
戸川昌子『鏡の中の野心』映画・昭和47年

戸川万吉(とがわまんきち:)
〈〉本宮ひろ志作「男一匹ガキ大将」の主人公
富山敬(声)『男一匹ガキ大将』テレビアニメシリーズ・昭和44年
酒井修『男一匹ガキ大将』映画・昭和46年

戸川逵安(とがわみちやす:1567〜1627)
〈肥後守〉織豊期の武将
大島宇三郎『春日局』テレビシリーズ・昭和64年
南早紀(声)『戦国姫譚MURAMASA−雅−』スマホゲームアプリ・平成27年〈外川達安〉

戸川安愛(とがわやすちか:1834〜1885)
〈[やすなる]、伊豆守、鉡三郎、晩香、鉾三郎忠愛〉幕末期の幕臣、旗本。大目付 
調査中『竜馬がゆく』テレビシリーズ・昭和43年〈戸川伊豆守〉
露木護『花神』テレビシリーズ・昭和52年〈戸川鉾三郎〉
田口計『新選組始末記』テレビシリーズ・昭和52年〈戸川伊豆守〉

戸川安広(とがわやすひろ:1652〜1709)
〈備前守〉江戸前期の幕臣
北上弥太郎『大忠臣蔵』テレビシリーズ・昭和46年

杜翰(とかん:)
〈〉中国・清の政治家。辛酉政変で失脚
尾上寿鴻『西太后』舞台・平成7年
中村蝶八郎『西太后』舞台・平成9年
市川龍蔵『西太后』舞台・平成15年
市川龍蔵『西太后《新橋演舞場公演》』舞台・平成16年
市川龍蔵『西太后《中日劇場公演》』舞台・平成16年〈軍機大臣杜翰〉

常子内親王(ときこないしんのう:1642〜1702)
〈品宮〉後水尾天皇の皇女。近衛基煕の妻
吉川満子『大奥』テレビシリーズ・昭和43年〈基子〉

富木常忍(ときじょうにん:)
〈日常〉鎌倉期の日蓮宗徒
丹波哲郎『日蓮』映画・昭和54年

土岐善麿(ときぜんまろ:1885〜1950)
〈哀果〉大正・昭和期の歌人
笹川富士夫『われ泣きぬれて』映画・昭和23年
伊豆肇『雲は天才である』映画・昭和29年〈土井哀果〉
楠高宣『啄木の妻』舞台・昭和56年
楠高宣『啄木の妻』舞台・昭和57年

常田きく(ときたきく:1785〜1823)
〈菊、キク〉小林一茶の最初の妻
澤村藤十郎『髪を結ふ一茶』舞台・平成8年
石田ゆり子『おらが春』テレビ単発・平成14年
調査中『日本史サスペンス劇場 好評第2弾・本当にあったマル秘事件&情事』テレビ単発・平成19年
佐々木希『一茶』映画・平成29年〈菊〉

常田隆永(ときだたかなが:〜1572)
〈〉戦国期の武将
橋本じゅん『風林火山』テレビシリーズ・平成19年

時田光介(ときたみつすけ:1836〜1916 )
〈少輔、井上少輔〉幕末期の長府藩士、明治期の実業家
鈴木萬喜多『坂本龍馬《8月公演》』舞台・昭和3年〈時田少輔〉
鈴木萬喜多『坂本龍馬《10月南座公演》』舞台・昭和3年〈時田少輔〉
鈴木萬喜多『坂本龍馬《10月公園劇場公演》』舞台・昭和3年〈時田少輔〉
村田壽男『坂本龍馬《3月公演》』舞台・昭和14年〈時田少輔〉
多岐征二『維新の曲』映画・昭和17年〈時田少輔〉

土岐朝治(ときともはる:1660〜1733)
〈豊島半之丞、信濃守〉江戸中期の幕臣
福田豊土『八代将軍吉宗』テレビシリーズ・平成7年
大石昭弘『日本偉人大賞2007 歴史を変えた超エライ人スペシャル』テレビバラエティ単発・平成19年〈豊島半之丞〉

土岐朝義(ときともよし:〜1859?)
〈信濃守〉幕末期の一橋家家老
小野武彦『徳川慶喜』テレビシリーズ・平成10年

時錦恒則(ときにしきつねのり:1931〜1991) 
〈小林恒則、四釈迦山〉昭和期の力士
時錦『土俵物語』映画・昭和33年

土岐政頼(ときまさより:〜1547)
〈頼純〉戦国期の武将
仲谷昇『国盗り物語』テレビシリーズ・昭和48年
土屋嘉男『国盗り物語 斎藤道三』舞台・昭和62年
西田健『戦国の暴れん坊 斉藤道三』テレビ単発・平成3年
原田大二郎『国盗り物語』テレビ単発・平成17年

土岐村元立(ときむらげんりゅう:)   
〈〉紀州藩家老三浦長門守家医
山田芳夫『滝沢家の女たち』舞台・昭和58年

時山直八(ときやまなおはち:1838〜1868)
〈養直、松太郎〉幕末期の長州藩士、志士
松平健『花神』テレビシリーズ・昭和52年
姉歯たくま『徳川一族の崩壊』映画・昭和55年
畠山創『よみがえれ!!松陰』舞台・平成13年
花輪ともふみ『平成幕末世直し劇 草奔崛起!高杉晋作と奇兵隊』舞台・平成19年

土橋亭里う馬[七代目](どきょうていりうま:1849〜1920)
〈〉明治・大正期の落語家
丸山博一『たぬき 浮世節 立花家橘之助』舞台・昭和58年

土岐与左衛門(ときよざえもん:〜1652)
〈〉江戸前期の浪人。承応の変の首謀者のひとり
天野刃一『黎明以前』映画・昭和6年

斎世親王(ときよしんのう:886〜927)
〈真寂〉平安中期の皇族
坂東志うか『菅原伝授手習鑑 第二部』舞台・昭和41年
坂東たか志/**福次『青年歌舞伎 菅原伝授手習鑑 加茂堤』舞台・平成4年
市川團蔵『鯛多二九波濤泡 タイタニック』舞台・平成12年
大井靖彦『菅原伝授手習鑑〜天神さまの来た道〜』舞台・平成24年

土岐頼芸(ときよりあき:1502〜1582)
〈左京大夫、美濃守〉戦国期の大名
守田勘弥『国盗り物語』舞台・昭和40年
中村又五郎『国盗り物語 斎藤道三篇』舞台・昭和48年
金田竜之介『国盗り物語』テレビシリーズ・昭和48年
大山克巳『国盗り物語 斎藤道三』舞台・昭和62年
田中健『戦国の暴れん坊 斉藤道三』テレビ単発・平成3年
横内正『国盗り物語』舞台・平成12年
伊武雅刀『国盗り物語』テレビ単発・平成17年
磯貝誠『虎よ、虎よ〜蝮と呼ばれた親と子の下剋上〜』舞台・平成28年

土岐頼殷(ときよりたか:1642〜1722)
〈伊予守〉江戸前期の大名。出羽上山藩主、大坂城代
三島雅夫『水戸黄門 天下の副将軍』映画・昭和34年
加賀邦男『水戸黄門(第14部)』テレビシリーズ・昭和58年
穂高稔『水戸黄門(第24部)』テレビシリーズ・平成7年 

土岐頼員(ときよりかず:)
〈〉鎌倉末期の武将
市川寿美蔵『無礼講』舞台・大正14年

土岐頼兼(ときよりかね:〜1324)
〈〉南北朝期の武将
田辺年秋『太平記』テレビシリーズ・平成3年

土岐頼次(ときよりつぐ:1545〜1514)
〈〉戦国〜江戸初期の武将、江戸幕府旗本
古河徹人(声)『平グモちゃん 戦国下剋上物語』PCゲームソフト・平成24年

土岐頼遠(ときよりとお:〜1341)
〈〉南北朝期の武将
下元史朗『太平記』テレビシリーズ・平成3年

土岐頼稔(ときよりとし:1695〜1744)
〈内匠、兵部、丹後守〉江戸中期の大名
内山森彦『八代将軍吉宗』テレビシリーズ・平成7年
谷口高史『米将軍・吉宗に挑んだ男』テレビ単発・平成10年〈土岐頼行〉

土岐頼布(ときよりのぶ:1775〜1837)
〈定峯、山城守、美濃守〉江戸中期の大名
下塚誠『殿さま風来坊隠れ旅』テレビシリーズ・平成6年〈土岐山城守 ※土岐定富または土岐定吉の設定の可能性もある〉
 
土岐頼礼(ときよりのり:)
〈大隅守、頼徳〉幕末期の幕臣
山崎猛『徳川慶喜』テレビシリーズ・平成10年

土岐頼秀(ときよりひで:)
〈〉戦国期の武将
市川松之助『悲願千人斬』映画・昭和2年
亀谷雅彦『国盗り物語』テレビシリーズ・昭和48年
水野純一『国盗り物語』テレビ単発・平成17年

土岐頼旨(ときよりむね:〜1884)
〈丹波守〉幕末期の幕臣
高勢実乗『フランスお政』映画・昭和8年
臼井秀雄『徳川慶喜』テレビシリーズ・平成10年

土岐頼香(ときよりよし:〜1544)
〈八郎〉戦国期の美濃の武将
下元佳好『国盗り物語』テレビ単発・平成17年

常磐井(ときわい:)
〈〉江戸中期の大奥上臈御年寄
桐生ユウ子『八代将軍吉宗』テレビシリーズ・平成7年

常磐井(ときわい:)
〈高辻〉幕末期の大奥女中。篤姫附上臈御年寄
戸谷友『篤姫』テレビシリーズ・平成20年

常盤御前(ときわごぜん:1137〜)
〈〉平安末期の女官。源義朝、平清盛の愛妾、後に一条長成の妻となる
久松喜世子『源義朝』舞台・昭和3年
園井恵子『日本美女伝』舞台・昭和14年
水戸光子『牛若丸』映画・昭和27年
田上嘉子『子供の時間 こども源平盛衰記 牛若丸と辯慶』テレビ単発・昭和28年
水谷八重子(声)『源義経』ラジオドラマシリーズ・昭和29年
中村歌右衛門『新・平家物語』舞台・昭和30年
山田五十鈴『源義経』映画・昭和30年
山田五十鈴『続源義経』映画・昭和31年
大谷友右衛門『新・平家物語』舞台・昭和32年
大江美智子『美少年 扇の剣法』舞台・昭和33年
久慈あさみ『新平家物語』舞台・昭和34年
池内淳子『日本ロマンス旅行』映画・昭和34年
風見章子『源義経』テレビシリーズ・昭和34年
藤間紫『舞踊劇 牛若丸』テレビ単発・昭和34年
山田五十鈴『ゴールデン劇場 清盛と常盤』テレビ単発・昭和35年
中畑道子(声)『カンタータ 遥かなる旅路』ラジオドラマ単発・昭和36年
中村歌右衛門『一条大蔵譚』舞台・昭和37年
山田五十鈴『新平家物語』舞台・昭和37年
山田五十鈴『清盛と常盤』舞台・昭和39年
嵐芳三郎『新・平家物語 南都炎上』舞台・昭和39年
市川門之助『源義経』舞台・昭和41年
山田五十鈴『源義経』テレビシリーズ・昭和41年
中村雀右衛門『鬼一法眼三略巻』舞台・昭和44年
司葉子『新・平家物語 第一部ちげくさの巻/第二部常磐木の巻』舞台・昭和47年
若尾文子『新・平家物語』テレビシリーズ・昭和47年
淡島千景『小袖源氏』舞台・昭和49年
市原悦子(声)『まんが日本昔ばなし』テレビアニメシリーズ・昭和51年
八並映子『好色源平絵巻』映画・昭和52年
北村昌子(声)『まんが日本絵巻 おさな子よ母を許して! 常盤御前』テレビアニメ単発・昭和53年
佐藤友美『草燃える』テレビシリーズ・昭和54年
弥永和子(声)『ドラえもん』テレビアニメシリーズ・昭和54年〈牛若丸の母〉
澤村藤十郎『貞操花鳥羽恋塚』舞台・昭和55年
淡島千景『清盛と常磐』舞台・昭和55年〈常磐御前〉
山元恵子『雪の華 建礼門院徳子の生涯』テレビ単発・昭和57年
尾上梅幸『絵本牛若丸』舞台・昭和59年
高樹沙耶『おしゃべり人物伝』テレビバラエティシリーズ・昭和59年 
藤村志保『武蔵坊弁慶』テレビシリーズ・昭和61年
中村歌右衛門『一条大蔵譚』舞台・昭和62年
調査中『源義経』テレビ単発・平成元年
尾上梅幸『一条大蔵譚《歌舞伎座公演》』舞台・平成3年
十朱幸代『源義経 第一部/第二部』テレビ単発・平成3年
嵐徳三郎『平家女護島』舞台・平成4年
山村邦次郎『牛若丸』舞台・平成4年
市川門之助『一条大蔵譚 奥殿《浅草公会堂公演》』舞台・平成4年
中村時蔵『一条大蔵譚《南座公演》』舞台・平成4年
岩下志麻『平清盛』テレビ単発・平成4年
中村雀右衛門『一条大蔵譚《歌舞伎座公演》』舞台・平成5年
松田美由紀『炎立つ』テレビシリーズ・平成5年
二木てるみ(声)『平家物語』テレビ人形劇シリーズ・平成5年
中村京巳『鬼一法眼三略巻 一条大蔵譚』舞台・平成9年
真行寺君枝『イマジンスーパーミュージカル 義経と弁慶』舞台・平成9年
あさいゆきの『YYK論争 永遠の誤解』映画・平成11年
澤村宗十郎『一条大蔵譚《大阪松竹座公演》』舞台・平成10年
中村雀右衛門『鬼一法眼三略巻 一条大蔵譚《国立劇場公演》』舞台・平成11年
中村芝雀『一条大蔵譚《北とぴあさくらホール公演》』舞台・平成11年
中村芝翫『一条大蔵譚』舞台・平成12年
石井育代『五条霊戦記』映画・平成12年
後藤藍『美しの水 White Blue Red』舞台・平成14年
後藤藍『美しの水 外伝 Purple』舞台・平成14年
成田真貴『義経《シアタージャック公演》』舞台・平成15年
稲森いずみ『義経』テレビシリーズ・平成17年
若木志帆『春のおどり』舞台・平成18年
星奈優里『滝沢演舞城』舞台・平成18年
片岡秀太郎『一條大蔵譚』舞台・平成18年
岩崎亜希子『美しの水2006 White/Blue/Red/Purple』舞台・平成18年
金子珠美『日本偉人大賞2007 歴史を変えた超エライ人スペシャル』テレビバラエティ発・平成19年
椿千寿『義経−儚きこと淡雪の如く−』舞台・平成20年
はねゆり『美しの水2011』舞台・平成23年
寺島尚正(声)『氷川きよし節 きよ劇場 牛若丸 前後編』ラジオドラマ単発・平成23年
恋羽みう『清盛疾風伝 大いなる武士』舞台・平成24年
かなざわれいこ『義経記』舞台・平成24年
武井咲『平清盛』テレビシリーズ・平成24年
調査中『歴史秘話ヒストリア 源義経VS.平家のプリンスたち〜最終決戦!壇の浦への道〜』テレビ単発・平成24年
尾高もえみ(声)『美浜幕府』観光アプリ企画・平成25年
河原崎國太郎『雪月花源氏旗挙―牛若丸―《前進座1月公演》』舞台・平成29年
早瀬栄之丞『牛若丸《前進座全国巡演》』舞台・平成29年

常磐津林中[初代](ときわづりんちゅう:1842〜1906)
〈山蔭忠助、常磐津小文字太夫[十一代]〉明治期の常盤津節の太夫
中村勘三郎『雪の華』舞台・昭和47年
中村勘三郎『東芝日曜劇場 雪の華 前後編』テレビ単発・昭和48年

常盤操子(ときわみさおこ:1897〜1959)
〈粟津ゆき、小川ゆき〉大正・昭和期の女優。小川隆の妻
大路美也子『寛平とんぼ返り』舞台・昭和53年〈常葉操子〉

常盤良彦(ときわよしひこ:1971〜)
〈〉平成期の実業家
調査中(声)『ガールズ&パンツァー』テレビアニメシリーズ・平成24年



最終アップデート 2019.01.17
このページは「配役宝典」を完成稿として、そのままアップデートしたものです。
現在もデータ収集や記事の修正をしています。

情報をいただける方や興味をもたれた方はメールでご連絡ください。

配役宝典 第六版 目次


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ