配役宝典 第六版 き その1





き

城井久右衛門(きいきゅうえもん:〜1620)
〈〉江戸前期のアユタヤ日本人町の頭領
吉水慶(声)『まんが日本絵巻 象に乗った英雄 山田長政』テレビアニメ単発・昭和52年

ギーズ公(ぎいずこう:1550〜1588)
〈アンリ・ド・ギーズ、アンリ1世〉フランスの貴族
速水奨(吹替)『王妃マルゴ 日本語版』映画VHS版・平成7年
岩田翼『マルゴ 王妃にして王女』舞台・平成16年
凛城きら『SANCTUARY《宝塚宙組公演》』舞台・平成26年

キース・ヘリング(きいすへりんぐ:1958〜1990)
〈〉アメリカのポップアーチスト
柿澤勇人『ラディアント・ベイビー〜キース・ヘリングの生涯〜』舞台・平成28年  

キース・リチャーズ(きいすりちゃあず:1943〜)
〈〉イギリスのミュージシャン。ザ・ローリング・ストーンズのメンバー
laika.g.g『中盤のパラノイア』舞台・平成10年
大石紗綾香『中盤のパラノイア』舞台・平成14年
津田英佑(吹替)『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 日本語版』映画DVD版・平成19年

鬼一法眼(きいちほうげん:)
〈吉岡鬼一法眼〉鞍馬山にすむと言われる天狗、または平安後期の陰陽師ともいう
市川莚十郎『牛若丸』映画・大正6年
市川瓢蔵『牛若丸』映画・大正14年〈堀川鬼一法眼〉
荒木忍『牛若丸』映画・昭和16年〈大天狗〉
市村羽左衛門『鬼一法眼三略巻』舞台・昭和44年
河原崎権十郎『鬼一法眼三略巻 菊畑』舞台・昭和49年
常田富士男(声)『まんが日本昔ばなし』テレビアニメシリーズ・昭和51年 
市村羽左衛門『絵本牛若丸』舞台・昭和59年
片岡仁左衛門『鬼一法眼三略巻 菊畑』舞台・平成元年
市川左團次『花畑』舞台・平成3年
中村鴈童『鬼一法眼三略巻 菊畑《国立文楽劇場公演》』舞台・平成4年
市川左團次『鬼一法眼三略巻 菊畑《浅草公会堂公演》』舞台・平成4年
小佐川源次郎『牛若丸』舞台・平成4年
市村羽左衛門『鬼一法眼三略巻 菊畑《国立劇場公演》』舞台・平成5年
片岡仁左衛門『鬼一法眼三略巻 奥庭《南座公演》』舞台・平成5年
市村羽左衛門『鬼一法眼三略巻 菊畑《歌舞伎座公演》』舞台・平成10年
岸野幸正(声)『天狗陰陽道』ドラマCD・平成15年
美輪明宏『義経』テレビシリーズ・平成17年
唐沢民賢(声)『GENJI』PS2ゲームソフト・平成17年
市川左團次『鬼一法眼三略巻 菊畑』舞台・平成18年
鈴木真理『BENKEI―静恋の涙』舞台・平成21年
ISAO『第31回 魔界錬闘会〜炎陣の巻』舞台・平成28年
諏訪部順一(声)『一血卍傑-ONLINE-』PCブラウザゲーム/スマホゲームアプリ・平成28年〈キイチホウゲン〉
藤川矢之輔『雪月花源氏旗挙―牛若丸―《前進座1月公演》』舞台・平成29年〈僧上坊実は鬼一法眼〉
藤川矢之輔『牛若丸《前進座全国巡演》』舞台・平成29年〈僧上坊実は鬼一法眼〉
楠見尚己『犬神家の一族』舞台・平成29年〈鬼一法眼の菊人形〉

城井鎮房(きいしげふさ)→宇都宮鎮房(うつのみやしげふさ)

城井鶴姫(きいつるひめ:1575〜1588)
〈〉宇都宮鎮房の娘
尾上梅幸『乞食大将』舞台・昭和26年〈鎮房の娘鶴姫〉
中村芳子『乞食大将』映画・昭和27年〈制作は昭和20年〉
朝風みどり『講談ドラマ 武士〜乞食大将より〜』テレビ単発・昭和38年〈鶴女〉
藤由紀子『乞食大将』映画・昭和39年
市川由衣『軍師官兵衛』テレビシリーズ・平成26年〈お鶴〉

城井朝房(きいともふさ:1571〜1588)
〈弥三郎〉織豊期の武将
橋本淳『軍師官兵衛』テレビシリーズ・平成26年〈宇都宮朝房〉

ギー・ド・リュジニャン(ぎいどりゅじにゃん:1159〜1194)
〈〉フランスの騎士
大塚芳忠(吹替)『キングダム・オブ・ヘブン 日本語版』映画DVD版・平成17年

キートン山田(きいとんやまだ:1945〜)
〈山田俊司〉昭和・平成期の声優
今井隆信『まる子の大冒険』舞台・平成24年

紀伊局(きいのつぼね:〜1166)
〈藤原朝子、紀二位〉平安末期の官女。藤原通憲(信西)の妻
大久保光代『新・平家物語《新橋演舞場公演》』舞台・昭和46年〈紀伊の局〉
中村吉之助『新・平家物語 第一部ちげくさの巻/第二部常磐木の巻』舞台・昭和47年〈紀伊の局〉
大塚道子『新・平家物語』テレビシリーズ・昭和47年〈紀伊ノ局〉
浅香唯『平清盛』テレビシリーズ・平成24年〈朝子〉

喜入久高(きいりひさたか:1819〜1983)
〈摂津守〉幕末期の薩摩藩士
村上幹夫『翔ぶが如く』テレビシリーズ・平成2年〈喜入摂津守〉

木内宗五郎(きうちそうごろう)→佐倉宗吾(さくらそうご)

木内学(きうちまなぶ:1982〜)
〈〉平成期のバレーボール選手・指導者
渡邊蓮央『爆笑問題のTVじゃやらないコト』インターネットテレビシリーズ・平成23年

木内泰史(きうちやすふみ:1976〜)
〈〉平成期のドラマー、歌手。サンボマスターのメンバー
木内泰史『電車男』テレビシリーズ・平成17年

義円(ぎえん:)
〈〉道成寺伝説の登場人物
南部彰三『安珍と清姫』映画・昭和35年

義円(ぎえん:1153〜1181)
〈乙若丸、今禅師、円成〉平安末期の禅僧。源義朝の子
河原崎長十郎『朝飯前』舞台・大正12年
坂東慶三『新・平家物語』舞台・昭和30年〈乙若〉
坂東小簑『新・平家物語』舞台・昭和32年〈乙若〉
調査中『新・平家物語』テレビシリーズ・昭和47年〈乙若〉
若松克洋『小袖源氏』舞台・昭和49年
林田賢『好色源平絵巻』映画・昭和52年
黒沢裕之『清盛と常磐』舞台・昭和55年〈乙若〉
吉山祐『武蔵坊弁慶』テレビシリーズ・昭和61年〈乙若丸〉
勝木翔馬『源義経 第一部』テレビ単発・平成3年〈乙若丸〉
松川尚瑠輝『五条霊戦記』映画・平成12年〈乙若丸〉
吉川史樹『義経』テレビシリーズ・平成17年〈乙若丸〉
岩越佳祐『義経と弁慶』ODVD・平成17年〈乙若丸〉
山盛大聖『日本偉人大賞2007 歴史を変えた超エライ人スペシャル』テレビバラエティ単発・平成19年〈乙若丸〉
江戸恆雄『歴史秘話ヒストリア 海の王者平氏を打ち倒せ〜決戦!壇の浦・義経の苦闘〜』テレビ単発・平成24年〈乙若〉
荒川槙『平清盛』テレビシリーズ・平成24年〈乙若丸〉

義演(ぎえん:〜1314)
〈〉鎌倉期の僧侶
大石継太『道元の冒険』舞台・平成20年

義演(ぎえん:1558〜1626)
〈三宝院〉織豊〜江戸前期の僧侶
調査中『おんな太閤記』テレビシリーズ・昭和57年
築茂栄順『葵 徳川三代』テレビシリーズ・平成12年

魏延(ぎえん:〜234)
〈文長〉中国・三国時代の蜀の武将
岡本信人(声)『人形劇 三国志』テレビ人形劇シリーズ・昭和57年
小杉十郎太(声)『横山光輝 三国志』テレビアニメシリーズ・平成3年
野島昭生(吹替)『三国志(原題・三国演義) 日本語版《NHKBS版》』テレビシリーズ・平成7年
増谷康紀(声)『真・三國無双2』PS2ゲームソフト・平成13年
増谷康紀(声)『真・三國無双2 猛将伝』PS2ゲームソフト・平成14年
増谷康紀(声)『真・三國無双3』PS2ゲームソフト・平成15年
増谷康紀(声)『真・三國無双3 猛将伝』PS2ゲームソフト・平成15年
増谷康紀(声)『真・三國無双3 Empires』PS2ゲームソフト・平成16年
増谷康紀(声)『真・三國無双』PSPゲームソフト・平成16年
増谷康紀(声)『真・三國無双4』PS2ゲームソフト・平成17年
増谷康紀(声)『真・三國無双4 猛将伝』PS2ゲームソフト・平成17年
増谷康紀(声)『真・三國無双4 Empires』PS2ゲームソフト・平成18年
増谷康紀(声)『真・三國無双 2nd Evolution』PSPゲームソフト・平成18年
増谷康紀(声)『無双OROCHI』PS2ゲームソフト・平成19年
増谷康紀(声)『真・三國無双5』PS3ゲームソフト・平成19年
高木俊;小野大輔(声)『鋼鉄三国志 歌劇舞台〜深紅の魂よみがえりしとき〜』舞台・平成20年
浜田賢二(吹替)『三国志 国際スタンダード版(三国演義・ソフト用改題) 日本語版』テレビシリーズDVD版・平成20年
増谷康紀(声)『無双OROCHI 魔王再臨』PS2ゲームソフト・平成20年
増谷康紀(声)『真・三國無双5 Special』PS2ゲームソフト・平成20年
増谷康紀(声)『無双OROCHI PSP』PSPゲームソフト・平成20年
増谷康紀(声)『無双OROCHI 魔王再臨 PSP』PSPゲームソフト・平成20年
加賀ヒカル(声)『真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜』PCゲーム・平成20年
増谷康紀(声)『真・三國無双 MULTI RAID』PSPゲームソフト・平成21年
増谷康紀(声)『無双OROCHI Z』PS3ゲームソフト・平成21年
増谷康紀(声)『真・三國無双 MULTI RAID Special』PS2ゲームソフト・平成21年
平田宏美(声)『真・恋姫†無双〜乙女大乱〜』テレビアニメシリーズ・平成22年
木村彰吾(声)『最強武将伝 三国演義』テレビアニメシリーズ・平成22年
増谷康紀(声)『真・三國無双 MULTI RAID 2』PSPゲームソフト・平成22年
加賀ヒカル(声)『真・恋姫†無双〜萌将伝〜』PCゲームソフト・平成22年
島眞閑(声)『三極姫〜乱世、天下三分の計〜』PCゲームソフト・平成22年
平田宏美(声)『真・恋姫†夢想〜乙女繚乱☆三国志演義〜』PSPゲームシリーズ・平成22年
平田宏美(声)『真・恋姫†無双〜乙女大乱〜 あわわっ第七巻はOVAスペシャルです〜』OVA・平成23年 
増谷康紀(声)『真・三國無双6』PS3ゲームソフト・平成23年
島眞閑(声)『三極姫〜三国乱世・覇天の采配〜』PSPゲームソフト・平成23年
増谷康紀(声)『真・三國無双6 猛将伝』PS3ゲーム・平成23年 
増谷康紀(声)『無双OROCHI2』PS3ゲームコンテンツ・平成23年
大塚芳忠(吹替)『三国志 Three kingdoms 日本語版』テレビシリーズ・平成24年
島眞閑(声)『三極姫〜戦煌の大火・暁の覇龍〜』PS3ゲームソフト・平成24年
島眞閑(声)『三極姫2〜天地大乱・乱世に煌めく新たな覇龍〜』PCゲームソフト・平成24年
増谷康紀(声)『真・三國無双6 Empires』PS3ゲームソフト・平成24年
和久井友哉『サンゴクシ』舞台・平成25年〈ギエン〉
増谷康紀(声)『真・三國無双7』PS3ゲームソフト・平成25年
嶋眞閑(声)『三極姫2〜天下覇統・獅志の継承者〜』PSPゲームソフト・平成25年
嶋眞閑(声)『三極姫2〜皇旗咆哮・覚醒めし大牙〜』PS3ゲームソフト・平成25年
嶋眞閑(声)『三極姫3〜天下新生〜』PCゲームソフト・平成25年
増谷康紀(声)『無双OROCHI2 Ultimate』PS3ゲームソフト・平成25年
和田亮一『DIVE@LIVE―炎―』舞台・平成26年
加賀ヒカル(声)『真・恋姫†英雄譚2〜乙女艶乱☆三国演義[魏]〜』PCゲームソフト・平成27年
白月かなめ(声)『三極姫4 天下繚乱 天命の恋絵巻』PCゲームソフト・平成27年
加賀ヒカル(声)『真・恋姫†英雄譚3〜乙女艶乱☆三国演義[呉]〜』PCゲームソフト・平成27年
井上遥乃(声)『雷子』ニンテンドー3DSゲームソフト・平成27年
松田健一郎(声)『侍霊演武 将星乱』テレビアニメシリーズ・平成28年
加賀ヒカル(声)『真・恋姫†英雄譚123+PLUS』PCゲームソフト・平成28年
増谷康紀(声)『真・三國無双 英傑伝』PS4ゲームソフト・平成28年
高山わかな『暁!三國学園』舞台・平成29年〈魏延まさひろ〉
加賀ヒカル(声)『真・恋姫†無双‐革命‐ 蒼天の覇王』PCゲームソフト・平成29年
古河徹人(声)『三極姫5〜飛将降臨・戦煌の闘神』PCゲームソフト・平成29年
増谷康紀(声)『真・三國無双8』PS4ゲームソフト・平成30年
増谷康紀(声)『無双OROCHI3』PS4ゲームソフト・平成30年
加賀ヒカル(声)『真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の命脈』PCゲームソフト・平成30年

妓王(ぎおう:1154〜1172?)
〈祗王、義王、性如禅尼〉平安末期の白拍子。平清盛の愛妾
村田栄子『清盛と仏御前』舞台・大正5年〈祇王〉
石上都『武蔵坊弁慶』映画・昭和17年
中村福助『平家物語』舞台・昭和33年
中村福助『平家物語《歌舞伎座公演》』舞台・昭和34年〈白拍子妓王〉
加藤道子:花柳照奈『舞踊ホール 祗女』テレビ単発・昭和37年
加賀屋歌江『平家物語 建礼門院』舞台・昭和44年〈白拍子祇王〉
中村時蝶『建礼門院』舞台・昭和46年〈白拍子祇王〉
波乃久里子『新・平家物語』テレビシリーズ・昭和47年
中村万之丞『建礼門院』舞台・昭和52年〈白拍子祇王〉
山科ゆり『壇ノ浦夜枕合戦記』映画・昭和52年
市村萬次郎『貞操花鳥羽恋塚』舞台・昭和55年
菅原園美『雪の華 建礼門院徳子の生涯』テレビ単発・昭和57年
調査中(声)『平家物語』テレビ人形劇シリーズ・平成5年
上原**『平家物語絵巻 恋の滝口』舞台・平成6年
寺田路恵『愛の森 清盛をめぐる女人たち』舞台・平成7年
秋野ひとみ『美しの水 White Blue Red』舞台・平成14年〈祇王〉
秋野ひとみ『美しの水 外伝 Purple』舞台・平成14年〈祇王〉
陵ちはや『六條山縁起』舞台・平成17年
秋野ひとみ;大竹えり『美しの水2006 White/Blue/Red/Purple』舞台・平成18年〈祇王〉
中川えりか『美しの水2011』舞台・平成23年〈祇王〉
小山みか『8月のC’est si bon 2〜語り・朗読 声優たちのa la carte 〜平家物語 巻第一 祇王』舞台・平成24年〈祇王〉
焼酎ステラ『月に叢雲、花に風』舞台・平成24年〈常盤祇王〉
尾上紫『平清盛』テレビシリーズ・平成24年〈祇王〉
北村愛里『ホトケノハラ』舞台・平成25年〈祇王〉
中村壱太郎『厳島招檜扇』舞台・平成25年〈祇王〉
巽悠衣子(声)『戦国アスカZERO』スマホゲームアプリ・平成27年

祇園藤次(ぎおんとうじ:)
〈〉江戸前期の小太刀の達人
市川團次郎『宮本武蔵《東宝劇団9月公演》』舞台・昭和11年
**雁之助『続宮本武蔵』舞台・昭和11年
竹田信三『宮本武蔵《2月公演》』舞台・昭和12年
竹田信三『宮本武蔵《7月公演》』舞台・昭和12年
竹田信三『新編 宮本武蔵(続宮本武蔵)』舞台・昭和16年
竹田信三『続々宮本武蔵』舞台・昭和16年
浮田勝三郎『宮本武蔵 一乗寺決闘』映画・昭和17年
伊丹啓治『宮本武蔵 決戦般若坂』映画・昭和17年
大久保欽司『新稿 宮本武蔵』舞台・昭和23年
笈川武夫『宮本武蔵《12月公演》』舞台・昭和26年
笈川武夫『宮本武蔵《2月公演》』舞台・昭和27年
加東大介『宮本武蔵』映画・昭和29年
加東大介『続宮本武蔵 一乗寺の決斗』映画・昭和30年
宮本曠二朗『宮本武蔵《2月公演》』舞台・昭和31年
加東大介『決闘巌流島』昭和31年・映画
清水彰『宮本武蔵 三十三間堂の決闘』舞台・昭和34年
井上昭文『侍 宮本武蔵一乗寺の決闘』テレビ単発・昭和36年
南廣『宮本武蔵 般若坂の決斗』映画・昭和37年
南廣『宮本武蔵 二刀流開眼』映画・昭和38年
高津住男『宮本武蔵』テレビシリーズ・昭和45年
穂積隆信『宮本武蔵』映画・昭和48年
柳沢真一『宮本武蔵』テレビシリーズ・昭和50年
河原崎建三『宮本武蔵』テレビシリーズ・昭和59年
嵐吉三郎『宮本武蔵』舞台・昭和60年
園田裕久『武蔵』舞台・平成元年
草薙良一『宮本武蔵』テレビ単発・平成2年
小林勝彦『宮本武蔵《御園座公演》』舞台・平成5年
高橋浩二朗『宮本武蔵』舞台・平成11年
及川以造『宮本武蔵』テレビ単発・平成13年
尾上寿鴻『宮本武蔵』舞台・平成15年
阿部寛『武蔵 MUSASHI』テレビシリーズ・平成15年
塚本高史(声)『龍が如く 見参!』PS3ゲームソフト・平成20年
裕輝朗『GANRYUJIMA』舞台・平成22年
デビット伊東『宮本武蔵 第一夜/第二夜』テレビ単発・平成26年
呉圭崇(声)『きくドラ 吉川英治「宮本武蔵(火の巻)−美少年−」』インターネットラジオドラマ単発・平成27年

祇園女御(ぎおんのにょうご:)
〈白川殿〉平安末期の白拍子。白河天皇の愛妾、俗説で平清盛の母とされる
中村鴈治郎『新・平家物語 地下草の巻《10月大阪歌舞伎座公演》』舞台・昭和27年〈平泰子〉
中村鴈治郎『新・平家物語 ちげくさの巻《12月歌舞伎座公演》』舞台・昭和27年〈平泰子〉
木暮実千代『新・平家物語』映画・昭和30年
細川ちか子(声)『新・平家物語』ラジオドラマシリーズ・昭和32年
河原崎国太郎『新・平家物語』舞台・昭和36年〈泰子〉
河原崎国太郎『新・平家物語』舞台・昭和38年〈泰子〉
河原崎国太郎『新・平家物語《新橋演舞場公演》』舞台・昭和46年
山田五十鈴『新・平家物語 第一部ちげくさの巻/第二部常磐木の巻』舞台・昭和47年〈泰子〉
新珠三千代『新・平家物語』テレビシリーズ・昭和47年〈泰子→澪之禅尼〉
香川桂子『新平家物語《明治座公演》』舞台・昭和59年〈祇園女御泰子〉
澤村宗十郎『新・平家物語 若き日の清盛《歌舞伎座公演》』舞台・昭和59年〈平泰子〉
香川桂子『新平家物語』舞台・昭和60年〈泰子〉
香川桂子『新平家物語』舞台・昭和62年〈泰子〉
調査中(声)『平家物語』テレビ人形劇シリーズ・平成5年
平松沙理『清盛疾風伝 大いなる武士』舞台・平成24年
米沢尚美『まる子の大冒険』舞台・平成24年
松田聖子『平清盛』テレビシリーズ・平成24年〈五条乙前と同一人物の設定〉

祇園女御の妹(ぎおんのにょうごのいもうと:〜1120)
〈兵衛佐ノ局〉平忠盛の側室。平清盛の生母という説がある
堀越美穂『義経』テレビシリーズ・平成17年〈鶴羽〉
吹石一恵『平清盛』テレビシリーズ・平成24年〈舞子〉

魏加(ぎか:)
〈〉中国・戦国時代の趙の臣
調査中(声)『キングダム』テレビアニメシリーズ・平成24年

鬼形礼(きがたれい:)
〈〉つのだじろう作「恐怖新聞」の主人公
古谷徹(声)『恐怖新聞』OVAシリーズ・平成3年
小橋賢児『恐怖新聞』OV・平成8年
堀川亮(声)『恐怖新聞』PSゲームソフト・平成9年
山本圭『予言』映画・平成16年
與真司郎『恐怖新聞』映画・平成23年〈鬼形経 礼の子孫という設定〉

木川松蔵(きかわまつぞう:1838〜1919)
〈〉河井継之助の従僕
青山良彦『花神』テレビシリーズ・昭和52年
荒川良々『河井継之助龍〜駆け抜けた蒼龍〜』テレビ単発・平成17年
廣井晃『鉄と麦と赤レンガ〜河井継之助と外山脩造 志のリレー〜』テレビ単発・平成22年
阿久津愼太郎『最後のサムライ』舞台・平成27年
永山絢斗『峠 最後のサムライ』映画・平成32年

木川良助(きがわりょうすけ:)
〈良介〉江戸中期の同心。「大岡政談」の登場人物。創作上の人物か?
沢田清『銀之丞出現』映画・昭和13年
西本裕行『男は度胸』テレビシリーズ・昭和45年

キキ(きき:)
〈〉サンリオのキャラクター。リトルツインスターの双子の男の子
戸田恵子(声)『キキとララの青い鳥』アニメ映画・平成元年〈チルチル〉
戸田恵子(声)『キキとララのお姫さまになりたい』OVA・平成5年
戸田恵子(声)『キキとララの白鳥座のお姫さま』OVA・平成5年
戸田恵子(声)『キキとララの星のダンスシューズ』OVA・平成5年
戸田恵子(声)『キキとララのヘンゼルとグレーテル』OVA・平成5年〈ヘンゼル〉
戸田恵子(声)『キキとララのはばたけ!ペガサス』OVA・平成6年
戸田恵子(声)『キキとララのパパとママにあいたい』OVA・平成6年
戸田恵子(声)『キキとララのママってすてき』OVA・平成7年
鉄砲塚葉子(声)『キティズパラダイス』テレビバラエティシリーズ・平成11年

キキ(きき:)
〈〉角野栄子作「魔女の宅急便」の主人公
高山みなみ(声)『魔女の宅急便』アニメ映画・平成元年
工藤夕貴『魔女の宅急便』舞台・平成5年
小高恵美;入絵加奈子『魔女の宅急便』舞台・平成7年
持田真樹『魔女の宅急便』舞台・平成8年
小芝風花/原涼子/横溝菜帆/野村琴葉『魔女の宅急便』映画・平成26年
上白石萌歌『魔女の宅急便』舞台・平成29年
浜辺美波(声)『日清カップヌードル HUNGRY DAYS アオハルかよ。 魔女の宅急便篇』テレビCM・平成29年
福本莉子『魔女の宅急便』舞台・平成30年

樹木希林(きききりん:1943〜2018)
〈中谷啓子、内田啓子、悠木千帆[初代]〉昭和・平成期の女優
調査中『ファミリーヒストリー 樹木希林〜女が土台 受け継がれる覚悟〜』テレビ単発・平成28年
調査中『黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史』テレビ単発・平成28年

木々高太郎(きぎたかたろう:1897〜1969)
〈林髞〉昭和期の作家
綾木由香『ミステリー音楽劇 嗚呼、私の探偵は!《Sweetヴァージョン》』舞台・平成22年
森田真和『ミステリー音楽劇 嗚呼、私の探偵は!《Dryヴァージョン》』舞台・平成22年

桔梗の前(ききょうのまえ:)
〈〉平将門の側室
羽田えみこ『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』舞台・昭和50年
森昌子『風と雲と虹と』テレビシリーズ・昭和51年〈桔梗〉
尾崎佳子(声)『まんが日本絵巻 熱血の反逆児・平将門』テレビアニメ単発・昭和53年
桜舞『将門MASAKADO〜平将門傀儡徒夢』舞台・平成19年
はぎさわ亜矢『将門 MASAKADO』舞台・平成22年〈桔梗〉
調査中『都市伝説の女』テレビシリーズ・平成24年〈桔梗姫〉
中村七之助『陰陽師 滝夜叉姫』舞台・平成25年
高田聖子『蒼の乱』舞台・平成26年〈桔梗〉
神谷明奈『瀧夜叉傳』舞台・平成27年〈桔梗姫〉
蒼野夕妃『Honganji』舞台・平成28年〈桔梗姫〉

桔梗屋吉栄(ききょうやきちえい:)
〈お栄〉幕末期の京の芸妓
富志沢牧子『新選組始末記』テレビシリーズ・昭和52年〈小栄〉
佐野由美子『幕末〜不夜城の女たち〜』舞台・平成18年〈吉栄天神〉
西原亜希『輪違屋糸里 女たちの新選組』テレビ単発・平成19年
小倉百代『新選組血風録』テレビシリーズ・平成23年〈小栄〉
倉瀧真由美『弱漢たち〜新撰組外伝半人前史書〜』舞台・平成26年
伊達侑華『新撰組哀歌 びいどろ揚羽蝶』舞台・平成26年
大蔵愛『大新撰組〜不器用にしか生きられなかった自分たち』舞台・平成27年
松井玲奈『輪違屋糸里 京女たちの幕末』映画・平成30年

菊(きく:)
〈〉江戸前期の阿国歌舞伎の踊り手
加賀屋福之助『歌舞伎歴史図絵』舞台・昭和36年〈弟子お菊〉
大原麗子『出雲の阿国』テレビシリーズ・昭和48年
今村文美『出雲の阿国』舞台・平成14年
麻生あくら『復元 阿国歌舞伎』舞台・平成15年
原田夏希/田中美悠『出雲の阿国』テレビシリーズ・平成18年
川岸加奈絵『夢のまた夢』舞台・平成19年
今村文美『出雲の阿国』舞台・平成19年〈お菊〉
三原じゅん子『川中美幸特別公演 出雲の阿国』舞台・平成19年
今村文美『出雲の阿国』舞台・平成21年〈お菊〉
今村文美『出雲の阿国』舞台・平成22年〈お菊〉
水野杏奈『天翔ける盗賊 石川五右衛門』舞台・平成24年〈お菊〉
佃井皆美『危機之介御免』舞台・平成25年〈出雲尾菊〉

菊(きく:〜1727)
〈〉江戸中期の商家白子屋の下働きの女中
山崎杏佳『髪結新三 梅雨小袖昔八丈』舞台・平成17年
井内菜摘『日本史サスペンス劇場 江戸を揺るがした大事件・白子屋お熊!』テレビバラエティ単発・平成20年

菊井良治(きくいりょうじ:1949?〜)
〈〉昭和期の左翼活動家。朝霞自衛官殺害事件の犯人
松山ケンイチ『マイ・バック・ページ』映画・平成23年〈梅山〉

菊王丸(きくおうまる:〜1185)
〈〉平教経の供侍。佐藤継信の首を討とうとして弟の忠信に逆に討たれる
市川銀之助『源義経』テレビシリーズ・昭和41年
高橋浩二郎『源義経 第一部』テレビ単発・平成3年
堀江慎也『MOON SAGA―義経秘伝―第二章』舞台・平成26年
堀江慎也『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月』舞台・平成28年〈映像出演〉

菊ヶ浜亀吉(きくがはまかめきち:)
〈〉幕末期の長州藩力士隊士、参謀
石堂淑朗『花神』テレビシリーズ・昭和52年

菊川英山(きくかわえいざん:1787〜1867)
〈〉江戸後期の浮世絵師
尾上梅幸『ねずみ小僧次郎吉』テレビ単発・平成4年

菊川金蝶(きくかわきんちょう:〜1905)
〈坂東小三津〉明治期の日本舞踊家元
寿ひずる『コンダーさんの恋 鹿鳴館騒動記』舞台・平成26年

菊川怜(きくかわれい:1978〜) 
〈〉平成期の女優
菊川怜『俺たちに明日はある』テレビ単発・平成26年
菊川怜『Chef〜三ツ星の給食〜』テレビシリーズ・平成28年

麹義(きくぎ:)
〈〉中国・後漢末の武将
西嶋陽一(声)『蒼天航路』テレビアニメシリーズ・平成21年

菊田一夫(きくたかずお:1908〜1973)
〈〉昭和期の劇作家
久保明/中山千夏『がしんたれ 青春編』舞台・昭和35年〈竹村和吉〉
小鹿敦『放浪記』舞台・昭和36年
小鹿敦『放浪記』舞台・昭和37年
八波むと志『浅草瓢箪池』舞台・昭和38年
池田秀一『がしんたれ』テレビシリーズ・昭和38年
小鹿敦『放浪記』舞台・昭和46年
小鹿番『放浪記』舞台・昭和49年
丸山博一『ご存知喜劇王 エノケン・ロッパ物語』舞台・昭和49年
田中和洋『がしんたれ』テレビシリーズ・昭和54年
小鹿番『放浪記』舞台・昭和56年
小鹿番『放浪記《芸術座公演》』舞台・昭和58年
小鹿番『愛の賛歌 越路吹雪の青春 前編』テレビ単発・昭和58年
小鹿番『放浪記』舞台・昭和61年
小鹿番『放浪記』舞台・昭和62年
小鹿番『放浪記』舞台・昭和63年
小鹿番『放浪記』舞台・平成元年
渥美清『菊田一夫伝(浅草芸人伝)』テレビ単発・ 〈企画のみ〉
小鹿番『放浪記』舞台・平成2年
小鹿番『ごめんねコーちゃん』テレビ単発・平成2年
小鹿番『時間ですよ たびたび』テレビシリーズ・昭和63年〈菊田先生・舞台「放浪記」からのインスパイア〉
北見治一『時間ですよ新春スペシャル 梅の湯はギャグでいっぱい』テレビ単発・昭和64年〈菊田先生・舞台「放浪記」からのインスパイア〉
小鹿番『時間ですよ 平成元年』テレビシリーズ・平成元年〈菊田先生・舞台「放浪記」からのインスパイア〉
小鹿番『新春!時間ですよスペシャル 梅の湯の結婚式はギャグでいっぱい』テレビ単発・平成2年〈菊田先生・舞台「放浪記」からのインスパイア〉
小鹿番『放浪記』舞台・平成6年
小鹿番『放浪記』舞台・平成8年
小鹿番『放浪記』舞台・平成11年
東山紀之『ハッピーバースデー!ゴールデンウィーク超豪華スペシャル』テレビバラエティ単発・平成12年
小鹿番『放浪記《芸術座公演》』舞台・平成14年
小鹿番『放浪記《芸術座公演》』舞台・平成15年
小鹿番『放浪記《中日劇場公演》』舞台・平成16年
斎藤晴彦『放浪記《芸術座公演》』舞台・平成17年
斎藤晴彦『放浪記《帝国劇場公演》』舞台・平成18年
山梨光國『喜劇の殿さん』舞台・平成18年
斎藤晴彦『放浪記』舞台・平成20年
斎藤晴彦『放浪記』舞台・平成21年
斎藤晴彦『放浪記』舞台・平成22年〈公演中止〉
柳家花緑『ラストダンス〜the musical 越路吹雪〜』舞台・平成24年
加田智志『血脈』舞台・平成25年
佐久間拓人『RUSTRAIN FISH』舞台・平成26年〈訪問者4〉
石坂浩二『森光子を生きた女〜日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった〜』テレビ単発・平成26年
原康義/俵和也『放浪記』舞台・平成27年

菊田粂三郎(きくたくめさぶろう:1860〜1916)
〈〉明治期の自由民権運動家
山崎純資『月に嘯く』舞台・昭和43年

菊竹淳(きくたけすなお:1880〜1937)
〈六鼓〉明治〜昭和期のジャーナリスト
三國連太郎『記者ありき 六鼓・菊竹淳』テレビ単発・昭和52年

菊タロー(きくたろう:1976〜)
〈〉平成期のプロレスラー、覆面レスラー
菊タロー(声)『獣装機攻ダンクーガノヴァ』テレビアニメシリーズ・平成19年

菊地あやか(きくちあやか:1993〜)
〈彩香〉平成期の歌手。AKB48のメンバー
菊地あやか(声)『クレヨンしんちゃん 宇宙家族ノハラだぞ 前後編』テレビアニメ単発・平成24年

菊池包子(きくちかねこ:1899〜1989)
〈〉菊池寛の妻
桜木つらら『悪妻身につかず』舞台・平成16年〈霧子 先妻の設定〉
秋月美江『悪妻身につかず』舞台・平成16年〈初音 後妻の設定〉
仲川いずみ『悪妻身につかず《アドレナリン21版公演》』舞台・平成24年〈菊池霧子〉
小崎愛美理『悪妻身につかず《劇團チョコリンゴ版公演》』舞台・平成24年〈菊池霧子〉
盛田千文『悪妻身につかず』舞台・平成25年〈菊池霧子〉
酒井望『悪妻身につかず』舞台・平成26年〈菊池霧子〉

菊池寛(きくちかん:1888〜1948)
〈〉昭和期の作家、劇作家
フランキー堺『末は博士か大臣か』映画・昭和38年
小山田宗徳『がいな奴』テレビシリーズ・昭和40年〈樋口啓吉〉
湯浅実『風雪 芥川龍之介 或阿呆の一生より』テレビ単発・昭和40年
柳川清『喜劇役者』テレビ単発・昭和41年
如月寛多『ご存知喜劇王 エノケン・ロッパ物語』舞台・昭和49年〈築地寛〉
フランキー堺『マー姉ちゃん』テレビシリーズ・昭和54年
井川比佐志『※東奇譚〈※=さんずいに墨〉』映画・平成4年
山下祐市『悪妻身につかず』舞台・平成16年
片岡我當『シベリア超特急5』映画・平成17年〈菊地冠〉
西田敏行『丘を越えて』映画・平成20年
デ☆ら『鬼の如く、地獄の如く、恋の如く』舞台・平成21年
鈴木卓爾『人間失格』映画・平成22年
後藤公太『悪妻身につかず《アドレナリン21版公演》』舞台・平成24年
後藤公太『悪妻身につかず《劇團チョコリンゴ版公演》』舞台・平成24年
北川瞬『一筆入魂 −締切追うもの、追われるもの−』舞台・平成25年
上田高嗣『悪妻身につかず』舞台・平成25年
佐久間和明『悪妻身につかず』舞台・平成26年
小市慢太郎『KANO 1931海の向こうの甲子園』映画・平成27年〈小池 台湾制作〉
三木眞一郎(声)『文豪とアルケミスト』PCブラウザゲーム・平成28年
津田寛治『この道』映画・平成31年

菊池貫平(きくちかんぺい:1847〜1914)
〈〉明治期の農民運動指導者。困民党参謀長 
調査中『菊池貫平』舞台・平成16年   
岡野進一郎『草の乱』映画・平成16年

菊池謙二郎(きくちけんじろう:1867〜1945)
〈仙湖〉明治〜昭和期の教育家
前田武彦『吾輩は猫である』映画・昭和50年〈独仙〉
岸部一徳『夏目家の食卓』テレビ単発・平成17年〈八木迷亭〉
野呂朋大『坂の上の雲 第1部』テレビシリーズ・平成21年

木口小平(きぐちこへい:1872〜1894)
〈〉明治期の陸軍軍人
和田桂之助『天皇・皇后と日清戦争』映画・昭和33年

菊池節子(きくちせつこ:)
〈小沼節子〉ロシア文学者・小沼文彦の前妻。杉原千畝夫人幸子の妹
宗田靖子『最後のトランジット・ビザ』舞台・平成17年
吹石一恵『終戦60年ドラマスペシャル 六千人の命のビザ』テレビ単発・平成17年〈杉原節子〉
辛島小恵『SE・M・PO〜日本のシンドラー 杉原千畝物語』舞台・平成20年
片山陽加;佐藤亜美菜『SEMPO 杉原千畝物語』舞台・平成25年〈杉原節子〉

菊地大三郎(きくちだいざぶろう:)
〈〉大岡昇平作「事件」の主人公。弁護士。その後のシリーズ化では主人公の名前を変えて継続
丹波哲郎『事件』映画・昭和53年
若山富三郎『事件』テレビシリーズ・昭和53年
若山富三郎『続・事件』テレビシリーズ・昭和54年
若山富三郎『続・続事件 月の景色』テレビシリーズ・昭和55年
若山富三郎『新・事件 わが歌は花いちもんめ』テレビシリーズ・昭和56年
若山富三郎『新・事件 ドクターストップ』テレビシリーズ・昭和57年
若山富三郎『新・事件 断崖の眺め』テレビシリーズ・昭和59年
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件』テレビ単発・平成5年
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件2』テレビ単発・平成6年〈河北雄一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件3』テレビ単発・平成7年〈寺沢廉〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件4』テレビ単発・平成8年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件5』テレビ単発・平成9年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件6』テレビ単発・平成10年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件7』テレビ単発・平成11年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件8』テレビ単発・平成12年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件9』テレビ単発・平成13年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件10』テレビ単発・平成15年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件11』テレビ単発・平成16年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件12』テレビ単発・平成18年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件13』テレビ単発・平成20年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件14』テレビ単発・平成22年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件15』テレビ単発・平成24年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件16』テレビ単発・平成27年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件17』テレビ単発・平成28年〈伊丹秀一〉
北大路欣也『土曜ワイド劇場 事件18』テレビ単発・平成29年〈伊丹秀一〉

菊地隆吉(きくちたかよし:)
〈〉幕末期の幕臣
西尾孝一『徳川慶喜』テレビシリーズ・平成10年

菊地武夫(きくちたけお:1854〜1912)
〈〉明治期の法学者、教育家
市川右之助『孤松は語らず』舞台・平成元年

菊地武(きくちたけし:1931〜)
〈〉昭和期の東芝労組組合員。松川事件で被告となる 
天野新二『松川事件《新国劇公演》』舞台・昭和34年
渡辺健一『松川事件』映画・昭和36年

菊池武重(きくちたけしげ:〜1338?)
〈〉南北朝期の武将
市川右太衛門『菊地千本槍』映画・昭和19年

菊池武時(きくちたけとき:1292〜1333)
〈〉南北朝期の武将
吉井莞象『菊地千本槍』映画・昭和19年

菊池武敏(きくちたけとし:〜1341?)
〈〉南北朝期の武将
多岐征二『菊地千本槍』映画・昭和19年

菊池武房(きくちたけふさ:1245〜1285)
〈〉鎌倉期の武将
小西博之『北条時宗』テレビシリーズ・平成13年

菊池武光(きくちたけみつ:1319?〜1373)
〈〉南北朝期の武将
戸上城太郎『菊地千本槍』映画・昭和19年

菊池武吉(きくちたけよし:〜1336)
〈〉南北朝期の武将
阿部九州男『菊地千本槍』映画・昭和19年

菊池正(きくちただし:1931〜1955)
〈〉栃木雑貨商一家殺人事件の犯人
永島敏行『さらばわが友 実録大物死刑囚たち』映画・昭和55年〈黒木清〉

菊池哲栄(きくちてつえい:1946〜)
〈〉昭和・平成期の音楽プロデューサー
村松和輝『時代をプロデュースした者たち 半歩だけ先を行け〜芸能プロデューサー・渡邉晋〜』テレビ単発・平成27年

菊池徹(きくちとおる:1921〜2006)
〈〉昭和期の地質学者
高倉健『南極物語』映画・昭和58年〈潮田暁〉
木村拓哉/小泉諒河『南極大陸』テレビシリーズ・平成23年〈倉持岳志〉

菊池豊三郎(きくちとよさぶろう:1892〜1971)
〈〉昭和期の文部官僚、実業家
大澤豊『映画監督って何だ!』映画・平成18年 

菊地直子(きくちなおこ:1971〜)
〈エーネッヤカ・ダーヴァナ・パンニャッター師補〉平成期のオウム真理教信徒
酒井若菜『1000年後に残したい…報道映像2012 菊地直子逃亡17年の真実』テレビ単発・平成24年
土屋貴子『潜伏』映画・平成25年〈波子〉

菊地成孔(きくちなるよし:1963〜)
〈〉平成期の音楽家
伊井大輔『わたしが子どもだったころ 音楽家 菊地成孔』テレビ単発・平成21年

菊地半九郎(きくちはんくろう:〜1626)
〈〉江戸前期の旗本。祇園の若松屋お染と心中
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・大正4年
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・大正6年
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・大正8年
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・大正10年
嵐璃徳『鳥辺山心中』映画・大正12年
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・大正13年
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・大正14年
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・大正15年
林長二郎『鳥辺山心中』映画・昭和3年
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・昭和5年
市川左團次『鳥辺山心中』舞台・昭和10年
林長二郎『お染半九郎』映画・昭和11年
市川寿美蔵『鳥辺山心中』舞台・昭和16年
市川寿美蔵『鳥辺山心中』舞台・昭和17年
市川寿美蔵『鳥辺山心中』舞台・昭和22年
市川男女蔵『鳥辺山心中』舞台・昭和23年
市川笑猿『鳥辺山心中』舞台・昭和26年
市川寿海『鳥辺山心中』舞台・昭和26年
河原崎長十郎『鳥辺山心中』舞台・昭和28年
松本幸四郎『鳥辺山心中』舞台・昭和29年
河原崎長十郎『鳥辺山心中』舞台・昭和29年
坂東竹若『鳥辺山心中』舞台・昭和29年
松本幸四郎『鳥辺山心中』舞台・昭和30年
岩井半四郎『鳥辺山心中』舞台・昭和30年
不二洋子『鳥辺山心中』舞台・昭和31年
市川海老蔵『鳥辺山心中』舞台・昭和31年
岩井半四郎『鳥辺山心中』舞台・昭和32年
河原崎長十郎『鳥辺山心中』舞台・昭和33年
市川海老蔵『鳥辺山心中』舞台・昭和33年
不二洋子『鳥辺山心中』舞台・昭和34年
松本幸四郎『鳥辺山心中』舞台・昭和36年
市川寿海『鳥辺山心中』舞台・昭和37年
市川猿之助『鳥辺山心中』舞台・昭和39年
市川寿海『鳥辺山心中』舞台・昭和42年
河原崎権十郎『鳥辺山心中』舞台・昭和43年
市川左三郎『鳥辺山心中』舞台・昭和44年
市川海老蔵『鳥辺山心中』舞台・昭和45年
片岡孝夫『鳥辺山心中』舞台・昭和51年
市川染五郎『鳥辺山心中』舞台・昭和51年
市川海老蔵『鳥辺山心中』舞台・昭和52年
市川染五郎『鳥辺山心中』舞台・昭和56年
松本幸四郎『鳥辺山心中』舞台・昭和58年
市川團十郎『鳥辺山心中』舞台・昭和62年
嵐圭史『鳥辺山心中』舞台・平成元年
中村橋之助『鳥辺山心中』舞台・平成4年
市川團十郎『鳥辺山心中』舞台・平成6年
松本幸四郎『鳥辺山心中』舞台・平成9年
松本幸四郎『鳥辺山心中』舞台・平成11年
中村梅玉『鳥辺山心中』舞台・平成12年
松本幸四郎『鳥辺山心中』舞台・平成13年
片岡仁左衛門『鳥辺山心中』舞台・平成14年
市川海老蔵『鳥辺山心中』舞台・平成17年
片岡愛之助『鳥辺山心中』舞台・平成19年

菊池眞紀夫(きくちまきお:)
〈〉昭和・平成期の消防士
石川健一『水曜エンタ 目撃スクープ!私、そこにいました。』テレビドキュメンタリー単発・平成28年

菊池道治(きくちみちはる:)
〈〉平成期のジャーナリスト。河北新報気仙沼総局長
鶴見辰吾『明日をあきらめない…がれきの中の新聞社 〜河北新報のいちばん長い日〜』テレビ単発・平成24年

菊地芳文(きくちほうぶん:1862〜1918)
〈常次郎、克興、公起〉明治・大正期の日本画家
川浪公次郎『序の舞』映画・昭和59年

菊地幸夫(きくちゆきお:1957〜)
〈〉昭和・平成期の弁護士、タレント
菊地幸夫『視覚探偵 日暮旅人』テレビ単発・平成27年

菊地良馨(きくちよしか:)
〈〉野口英世の友人。山内ヨネのいとこ
草野大悟『野口英世伝 光は東方より 青春篇』テレビ単発・昭和51年

菊池良(きくちりょう:1987〜)
〈〉平成期の就活学生。自身をPRするサイトを立ち上げ話題となる
柄本時生『世界一即戦力な男』インターネットドラマシリーズ・平成26年

菊亭公規(きくていきんのり:1638〜1697)
〈今出川公規〉江戸前期の公卿
有島一郎『水戸黄門(第10部)』テレビシリーズ・昭和54年〈菊亭左大臣〉
加賀邦男『水戸黄門(第18部)』テレビシリーズ・昭和63年〈菊亭左大臣〉

菊亭晴季(きくていはるすえ:1539〜1617)
〈今出川晴季〉織豊期の公卿
志摩靖彦『大坂城の女』テレビシリーズ・昭和45年〈菊亭大納言〉
岩井半四郎『風神の門』テレビシリーズ・昭和55年
金内吉男『おんな太閤記』テレビシリーズ・昭和56年
小林勝彦『風雲!真田幸村』テレビシリーズ・平成元年
阪脩(声)『戦国英雄伝説 新釈 眞田十勇士』テレビアニメシリーズ・平成17年〈菊亭右大臣晴季〉

聴涛克巳(きくなみかつみ:1904〜1965)
〈〉昭和期の労働運動家、ジャーナリスト
鈴木瑞穂『日本の戦後 一歩退却二歩前進 二・一ゼネスト前夜』テレビ単発・昭和52年

鞠武(きくぶ:)
〈〉中国・燕の家臣
星ひかる『秦・始皇帝』映画・昭和37年

麹文秦(きくぶんたい:〜640)
〈〉高昌国の王
伊藤栄次(声)『シルクロード少年ユート』テレビアニメシリーズ・平成18年

菊谷栄(きくやさかえ:1902〜1937)
〈〉昭和期の喜劇作家。榎本健一の座付き作家。三谷幸喜作「笑の大学」の主人公・椿一のモデル
坂東八十助(声)『笑の大学』ラジオドラマ単発・平成6年〈椿一〉
近藤芳正『笑の大学』舞台・平成8年〈椿一〉
近藤芳正『笑の大学』舞台・平成10年〈椿一〉
稲垣吾郎『笑の大学』映画・平成16年〈椿一〉
マーティン・フリーマン『The Last Laugh《英語版来日公演》』舞台・平成19年
岡田桂『上演許可○否《タイ公演》』舞台・平成21年

菊谷節子(きくやせつこ:1944〜2017)
〈〉平成期の弘前市のイカ焼き店主。ブサ秋田犬わさおの飼い主
薬師丸ひろ子『わさお』映画・平成23年

菊屋峰吉(きくやみねきち)→鹿野安兵衛(かのやすべえ)

季瓊真蘂(きけいしんずい:1401〜1469)
〈〉室町期の禅僧
加藤和夫『花の乱』テレビシリーズ・平成6年

キケロ(きけろ:B.C.106〜B.C.43)
〈マルクス・トゥッリウス・キケロ〉古代ローマの政治家、哲学者
藤本譲(吹替)『クレオパトラ 前編/後編 日本語版《日本テレビ版》』映画テレビ放映・昭和50年〈シセロ〉
田原アルノ(吹替)『ROME 日本語版』テレビシリーズ・平成19年
渡辺いっけい『カエサル――「ローマ人の物語」より』舞台・平成22年
佐久間祐人『REVERATION GARDEN スパルタクスの反乱』舞台・平成26年〈キケイロ〉

魏元忠(ぎげんちゅう:〜707) 
〈真宰〉中国・唐の政治家
土師孝也(吹替)『則天武后 日本語版』テレビシリーズ・平成8年

奇皇后(きこうごう:)
〈〉中国・元最後の皇帝・順帝(トゴン・テムル)の皇后。高麗人・奇子敖の娘
木下紗華/小林由美子(吹替)『奇皇后 日本語版』テレビシリーズ・平成26年〈キ・ヤン〉

聞得大君[初代](きこえのおおきみ:)
〈音智殿茂金、月清〉尚円王の娘
吉田妙子『テンペスト』テレビシリーズ・平成23年〈馬天ノロ・第一尚王朝尚巴志の叔母の設定〉

聞得大君[三代目](きこえのおおきみ:〜1605)
〈真和志聞得大君加奈志、浦添梅岳〉織豊期の琉球国シャーマン。尚元王妃で尚永王の母
佐藤太圭子『琉球の風』テレビシリーズ・平成5年

聞得大君[四代目](きこえのおおきみ:1584〜1653)
〈聞得大君加奈志、尚月嶺〉織豊期の琉球国シャーマン。尚永王の娘
友利由香/梅原万海花『琉球の風』テレビシリーズ・平成5年

聞得大君[十五代目](きこえのおおきみ:1817〜)
〈仲井間翁主、真鶴金、聞得大君加那志〉幕末期の琉球王国シャーマン。玉城按司・向朝敕の妻
生瀬勝久『テンペスト』舞台・平成23年
高岡早紀『テンペスト』テレビシリーズ・平成23年
高岡早紀『劇場版テンペスト3D』映画・平成24年

鬼谷子(きこくし:)
〈鬼谷先生〉中国・戦国時代の遊説家
中村千絵(声)『雷子 紺碧の章』PSVitaゲームソフト・平成28年

魏国夫人(ぎこくふじん:) 
〈柳氏〉王仁祐の妻。唐の皇帝・高宗の皇后・王皇后の母
久保田民絵(吹替)『則天武后 日本語版』テレビシリーズ・平成8年

魏国夫人(ぎこくふじん:〜666) 
〈賀蘭氏〉中国・唐の皇帝・高宗の側室
本多知恵子(吹替)『則天武后 日本語版』テレビシリーズ・平成8年

木崎国嘉(きざきくによし:1907〜1984)
〈〉昭和期の医師
木崎国嘉『ヤングおー!おー! 日本のジョウシキでーす』映画・昭和48年

季札(きさつ:)
〈季子〉中国春秋時代・呉の王族、政治家
勝部演之(吹替)『孫子兵法 日本語版』テレビシリーズ・平成23年
鈴木清信(吹替)『孫子兵法大伝 日本語版』テレビシリーズ・平成23年
大川透(吹替)『孔子 日本語版』テレビシリーズ・平成26年

喜三郎(きさぶろう:〜1860)
〈〉幕末期の清水一家の博徒
岡本光太郎『次郎長背負い富士』テレビシリーズ・平成18年

如月ハニー(きさらぎはにい:)
〈〉永井豪作「キューティーハニー」の主人公
増山江威子(声)『キューティーハニー』テレビアニメシリーズ・昭和48年
根谷美智子(声)『新キューティーハニー』OVAシリーズ・平成6年
永野愛(声)『キューティーハニーF』テレビアニメシリーズ・平成9年
永野愛(声)『キューティーハニーF 劇場版』アニメ映画・平成9年
増山江威子(声)『魔女っ子大作戦』PSゲームソフト・平成11年
永野愛(声)『中居正広の金曜日のスマたちへ OPアニメ』テレビバラエティシリーズ・平成13年
調査中『サブリミナル・ミッション〜バットマン…それから〜』舞台・平成16年
佐藤江梨子『キューティーハニー』映画・平成16年
堀江由衣(声)『Re:キューティーハニー』テレビアニメシリーズ・平成16年
原幹恵『キューティーハニー THE LIVE』テレビシリーズ・平成19年
西内まりや『CUTIE HONEY−TEARS−』映画・平成28年〈如月瞳〉
坂本真綾;内田真礼;黒沢ともよ;田村ゆかり;花澤香菜;三森すずこ(声)『Cutie Honey Universe』テレビアニメシリーズ・平成30年
叶美香『AnimeJapan 2018』イベント・平成30年

キジー(きじい:1790〜1860)
〈〉クンタ・キンテの娘
藤田弓子(吹替)『ルーツ 日本語版』テレビシリーズ・昭和52年
鈴木弘子(吹替)『ルーツ 日本語版』テレビシリーズVHS版・平成2年

岸朝子(きしあさこ:1923〜2015)
〈〉昭和・平成期の料理評論家
調査中『いつみても波瀾万丈 波瀾万丈伝岸朝子』テレビバラエティ単発・平成11年
松山尚子『富豪刑事デラックス』テレビシリーズ・平成18年〈崖夕子〉
ふくまつみ『新美味しんぼ』テレビ単発・平成19年〈岸田〉
ふくまつみ『新美味しんぼ2』テレビ単発・平成19年

岸井左馬之助(きしいさまのすけ:)
〈〉江戸中期の剣客。池波正太郎作「鬼平犯科帳」の登場人物
加東大介『鬼平犯科帳』テレビシリーズ・昭和44年
加東大介『鬼平犯科帳』テレビシリーズ・昭和46年
田村高廣『鬼平犯科帳』テレビシリーズ・昭和50年
神山繁『鬼平犯科帳』テレビシリーズ・昭和55年
神山繁『鬼平犯科帳』テレビシリーズ・昭和56年
田村高廣『鬼平犯科帳』テレビシリーズ・昭和57年
江守徹『鬼平犯科帳(第一部)』テレビシリーズ・平成元年
江守徹『鬼平犯科帳(第二部)』テレビシリーズ・平成2年
江守徹『鬼平犯科帳スペシャル 兇剣』テレビ単発・平成元年
竜雷太『鬼平犯科帳(第五部)』テレビシリーズ・平成6年
竜雷太『鬼平犯科帳(第六部)』テレビシリーズ・平成7年
田中秀幸(声)『鬼平』テレビアニメシリーズ・平成29年

岸宇吉(きしうきち:1839〜1910)
〈〉明治期の地方官僚
片桐光洋『米百俵 小林虎三郎の天命』OV・平成5年
重松宗隆『先人たちの底力 知恵泉 お宝発掘、助けます「渋沢栄一」』テレビ単発・平成27年

義慈王(ぎじおう:599〜660)
〈扶余義慈〉百済国王
藤真秀/寸石和弘/藏合紗恵子(吹替)『階伯 日本語版』テレビシリーズDVD版・平成24年

岸惠子(きしけいこ:1932〜)
〈〉昭和・平成期の女優
松尾貴史『キッチュの徹底討論朝までもっとナメてれば』OV・平成2年
鈴木砂羽『力道山』映画・平成17年〈韓国映画・沖浜子〉
鈴木砂羽『力道山 日本公開版』映画・平成18年〈沖浜子〉

奇子敖(きしごう:)
〈〉奇皇后の父。高麗人
谷昌樹(吹替)『奇皇后 日本語版』テレビシリーズ・平成26年〈キ・ジャオ〉

貴志康一(きしこういち:1909〜1937)
〈〉昭和期の音楽家
高須蓮『神童と呼ばれた男の生涯〜貴志康一』テレビ単発・平成18年

岸静江(きししずえ:1837〜1866)
〈国治〉幕末期の浜田藩士
織本順吉『奇兵隊』テレビ単発・平成元年

岸島芳太郎(きしじまよしたろう:)
〈由太郎〉幕末期の新選組隊士
高島辛郎『新撰組』舞台・大正12年
戸石正雄『新撰組』舞台・大正14年
渥美丘『新撰組』舞台・大正15年
渥美丘『新撰組』舞台・昭和2年
山田良樹『新選組』テレビシリーズ・昭和48年〈岸島由太郎〉

岸清一(きしせいいち:1867〜1933)
〈〉明治〜昭和期の弁護士、政治家。IOC委員
岩松了『いだてん 東京オリムピック噺』テレビシリーズ・平成31年  

岸田衿子(きしだえりこ:1929〜2011)
〈〉昭和・平成期の詩人、童話作家
木野花『密柑とユウウツ−茨木のり子異聞−』舞台・平成27年〈岸田葉子〉

岸田喜世(きしだきよ:)
〈〉岸田猛吾の妻。作家・宮尾登美子の母
若尾文子『櫂』テレビシリーズ・昭和50年〈喜和〉
水谷良重『櫂』舞台・昭和56年〈喜和〉
十朱幸代『櫂』映画・昭和60年〈喜和〉
若尾文子『春燈』テレビ単発・平成元年〈喜和〉
藤真利子『寒椿』映画・平成4年〈喜和〉
真野響子『春燈』テレビシリーズ・平成9年〈喜和〉
松たか子『櫂』テレビシリーズ・平成11年〈喜和〉
樫山文枝『仁淀川』舞台・平成14年〈喜和〉
三田佳子『喜和』舞台・平成17年〈喜和〉

岸田今日子(きしだきょうこ:1930〜2006)
〈〉昭和・平成期の女優
松本由美子『いつみても波瀾万丈 波瀾万丈伝岸田今日子』テレビバラエティ単発・平成11年

岸田吟香(きしだぎんこう:1833〜1905)
〈〉明治期のジャーナリスト
調査中『あすをつげる鐘 新聞の夜明け ジョセフ・ヒコの物語』テレビ単発・昭和36年
進藤英太郎『風雪 よろず重宝 吟香と涙香』テレビ単発・昭和40年

岸田国士(きしだくにお:1890〜1954)
〈國士〉大正・昭和期の劇作家
西村淳二『さよなら李香蘭 前篇/後篇』テレビ単発・平成元年
調査中『美の巨人たち 長谷川利行「岸田国士像」』テレビ単発・平成20年

岸田猛吾(きしだたけご:〜1951)
〈〉大正・昭和期の芸妓娼妓紹介業者。作家宮尾登美子の父
伊藤孝雄『櫂』テレビシリーズ・昭和50年〈岩伍〉
菅原文太『櫂』舞台・昭和56年〈岩伍〉
緒形拳『櫂』映画・昭和60年〈富田岩伍〉
菅原文太『春燈』テレビ単発・平成元年〈富田岩伍〉
西田敏行『寒椿』映画・平成4年〈富田岩伍〉
藤竜也『春燈』テレビシリーズ・平成9年〈岩伍〉
仲村トオル『櫂』テレビシリーズ・平成11年〈富田岩伍〉
篠田三郎『仁淀川』舞台・平成14年〈富田岩伍〉

岸田俊子(きしだとしこ)→中島湘煙(なかじましょうえん)

岸谷五朗(きしたにごろう:1964〜)
〈〉平成期の俳優
岸谷五朗『居酒屋ふじ』テレビシリーズ・平成29年

岸田日出刀(きしだひでと:1899〜1966)
〈〉昭和期の建築家
花ヶ前浩一『満州国の黄金の都市 幻影の王道楽土』舞台・平成18年

岸たまき(きしたまき:1882〜1945)
〈竹久たまき、多万喜〉竹久夢二の先妻
森川まさみ『宵待草恋日記』映画・昭和25年
馬淵晴子『風雪 夢二えがく』テレビ単発・昭和40年
渡辺美佐子『宵待草』テレビシリーズ・昭和44年
梶芽衣子『竹久夢二物語 恋する』映画・昭和50年
浜木綿子『夢二慕情』テレビシリーズ・昭和50年
奈良岡朋子『夢二 大正さすらい人』舞台・昭和58年
緑魔子『まあええわいな』テレビシリーズ・昭和58年
坂東玉三郎『夢二慕情《中日劇場公演》』舞台・昭和59年
中尾ミエ『夢恋し』テレビシリーズ・昭和61年
碧川るり子『宵待草』舞台・昭和63年
夏木マリ『火曜サスペンス劇場 宵待草殺人事件』テレビ単発・平成元年
金子順子『山帰来荘 わたしの夢二』舞台・平成2年
中野今日子『山帰来荘 わたしの夢二』舞台・平成5年
南風洋子『夢二の妻』舞台・平成10年
吉嶺薫『宵待草』舞台・平成10年
小口絵理子『夢二人形』映画・平成10年
波乃久里子『宵待草 夢二恋歌』舞台・平成12年
木野しのぶ『お葉と呼ばれたモデル』舞台・平成12年
洞口依子『およう』映画・平成14年
北まち子『夢二〜男の花 女の冠』舞台・平成19年
藤村容子『夢二』舞台・平成22年
藤原さえ『怪盗ルパン 竹久夢二の双曲線』舞台・平成23年
調査中『歴史秘話ヒストリア 愛と悲しみの「カワイイ!」〜大正ロマン・竹久夢二の生涯〜』テレビ単発・平成23年
藤原さえ『怪盗ルパン 竹久夢二の双曲線』舞台・平成24年
黒谷友香『夢二 愛のとばしり(旧題:夢二、愛の迸り AI no Tobashiri)』映画・平成28年

岸田劉生(きしだりゅうせい:1891〜1929)
〈〉明治期の洋画家
辻萬長『生きて愛して〜光太郎・智恵子〜』テレビシリーズ・昭和48年
中尾彬(声)『アートファンタジー 麗子微笑 岸田劉生と娘』テレビ単発・昭和62年
水上雅人『迷宮美術館 岸田劉生』テレビバラエティ単発・平成16年
調査中『美の巨人たち 岸田劉生「道路と土手と塀」』テレビ単発・平成29年

岸田麗子(きしだれいこ:1914〜1962)
〈〉昭和期の画家。岸田劉生の娘
矢口蒼依『美の巨人たち 岸田劉生「麗子微笑」』テレビ単発・平成12年
矢口蒼依『美の巨人たち 岸田劉生「麗子像」』テレビ単発・平成20年

岸信介(きしのぶすけ:1896〜1987)
〈〉昭和期の政治家
若山弦蔵(声)『ぶたれや繁昌記』ラジオドラマ単発・昭和34年〈総理大臣〉
片山滉『激動の昭和史・軍閥』映画・昭和45年
高杉哲平『不毛地帯』映画・昭和51年〈総理大臣〉
仲谷昇『小説吉田学校』映画・昭和58年
岡田映一『山河燃ゆ』テレビシリーズ・昭和59年
調査中『李香蘭』テレビ単発・平成19年
小日向文世『わが家の歴史 第三夜』テレビ単発・平成22年
堀勝之祐(声)『NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 −政治の模索−「第1回」』テレビ単発・平成27年

岸信周(きしのぶちか:〜1565)
〈〉戦国期の斎藤家武将
杉崎亮(声)『織田信奈の野望』テレビアニメシリーズ・平成24年〈岸勘解由〉

岸富美子(きしふみこ:1920〜)
〈安芙梅〉昭和期の映画編集者
大塚忍『キネマの大地』映画・平成21年〈末永真理子・中国映画〉
沓名環希『人は来たりて見よ 甘粕正彦憲兵大尉』舞台・平成25年
日色ともゑ『時を接ぐ』舞台・平成30年

岸部一徳(きしべいっとく:1947〜)
〈岸部修三、サリー〉昭和・平成期の俳優、ミュージシャン。元ザ・タイガースのメンバー
調査中『ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜』テレビ単発・平成18年
東康平『よ〜いドン!〜思い出ごはん 梶原善編〜』テレビ単発・平成28年
岸部一徳『転々』映画・平成19年
岸部大輔『ヒットメーカー 阿久悠物語』テレビ単発・平成20年

岸辺清(きしべきよし:1931〜)
〈〉昭和期のミュージシャン。黎明期のザ・ドリフターズのリーダーもつとめた
中山秀征『上を向いて歩こう 坂本九物語』テレビ単発・平成17年

岸部シロー(きしべしろう:1949〜)
〈岸部四郎〉昭和・平成期の俳優、タレント
岸部シロー『喜劇 ここから始まる物語』映画・昭和48年
調査中『ひまわり〜夏目雅子27年の生涯と母の愛〜』テレビ単発・平成19年

木嶋佳苗(きじまかなえ:1974〜)
〈〉平成期の連続不審死事件の被告
調査中『NHKスペシャル 木嶋被告100日裁判』テレビ単発・平成24年
ナカヤマミチコ『被告人〜裁判記録より〜』舞台・平成25年
寺島しのぶ/石橋杏奈『ソドムの林檎〜ロトを殺した娘たち』テレビシリーズ・平成25年〈宮島恵〉
藤山直美『鬼女』テレビ単発・平成25年〈三崎真由美〉
坂本文子『水曜エンタ 目撃スクープ!私、そこにいました。』テレビドキュメンタリー単発・平成28年
増田あゆみ『追跡!平成オンナの大事件』テレビ単発・平成28年
小泉今日子『毒おんな』舞台・平成30年

来島タケ(きじまたけ:)
〈〉来島又兵衛政久の妻。来島又兵衛政常の娘
立石凉子『竜馬がゆく』テレビ単発・平成16年

岸松雄(きしまつお:1906〜1985)
〈〉昭和期の映画製作者、映画評論家
山増圭『そのときがきたら〜映画監督山中貞雄の青春〜』舞台・平成22年
村上慎太郎(声)『永ちゃん本ちゃん劇的ラジオドラマ さどやん』ラジオドラマシリーズ・平成26年

来島又兵衛(きじままたべえ:1816〜1864)
〈政久〉幕末期の長州藩士、志士
実川延一郎『地雷火組』映画・昭和2年
実川延一郎『地雷火組 最終篇』映画・昭和3年
実川延一郎『維新の京洛 竜の巻 虎の巻』映画・昭和3年
市川左正『維新の曲』映画・昭和17年〈来島又兵ヱ〉
阿部九洲男『海峡の風雲児』映画・昭和18年
光岡龍三郎『剣風練兵館』映画・昭和19年
河野秋武『幕末太陽傳』映画・昭和32年〈鬼島又兵衛〉
立松晃『新選組』映画・昭和33年
加藤浩『維新の篝火』映画・昭和36年
根本嘉也『西郷隆盛』テレビシリーズ・昭和39年
北島和男『三姉妹』テレビシリーズ・昭和42年
安部徹/加賀邦男『竜馬がゆく』テレビシリーズ・昭和43年
高松英郎『天皇の世紀』テレビシリーズ・昭和46年
山村弘三『天皇の世紀《第二部》』テレビシリーズ・昭和48年
調査中『勝海舟』テレビシリーズ・昭和49年
石橋雅史『花神』テレビシリーズ・昭和52年
成瀬正『徳川一族の崩壊』映画・昭和55年
高杉玄『竜馬がゆく』テレビ単発・昭和57年
寺島幹夫(声)『まんが日本史』テレビアニメシリーズ・昭和58年
竜雷太『奇兵隊』テレビ単発・平成元年
掛政彦『真説・幕末太陽伝』舞台・平成11年
徳本憲治『風のピンチヒッター〜大旋風〜』舞台・平成14年
結城市朗『その時歴史が動いた 幕末 京都炎上 〜長州・久坂玄瑞、志に散る〜』テレビ単発・平成14年
出羽新一『高杉晋作と奇兵隊』舞台・平成15年
石橋蓮司『竜馬がゆく』テレビ単発・平成16年
生田智久『平成幕末世直し劇 草奔崛起!高杉晋作と奇兵隊』舞台・平成19年
田井宏明『近藤を待ちながら』舞台・平成22年
角田信朗『龍馬伝』テレビシリーズ・平成22年
早水リサ(声)『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』アニメ映画・平成22年〈来島また子〉
石橋祐『JIN 仁(完結編)』テレビシリーズ・平成23年
清水葉月『2013新説・坂本龍馬』舞台・平成25年
関戸将志『八重の桜』テレビシリーズ・平成25年
貴瀬雄二『舞台 新選組オブ・ザ・デッド』舞台・平成27年
金子清文『幕末太陽傳』舞台・平成27年〈長州藩士・鬼島又兵衛〉
山下真司『花燃ゆ』テレビシリーズ・平成27年
香綾しずる『幕末太陽傳《宝塚雪組公演》』舞台・平成29年〈鬼島又兵衛〉
麻斗海伶『幕末太陽傳《宝塚雪組新人公演》』舞台・平成29年〈鬼島又兵衛〉
菜々緒『銀魂』映画・平成29年〈来島また子〉
長州力『西郷どん』テレビシリーズ・平成30年

鬼子母神(きしもじん:)
〈夜叉、ヤクシャ、カーリー〉仏教の神
山田五十鈴『釈迦』映画・昭和36年〈カリティ〉
和田アキ子『西遊記 II 』テレビシリーズ・昭和54年
津田延代(声)『ゲゲゲの鬼太郎』テレビアニメシリーズ・昭和60年〈女夜叉〉
くじら(声)『機動新撰組 萌えよ剣 TV』テレビアニメシリーズ・平成17年

岸本綾夫(きしもとあやお:1879〜1946)
〈〉昭和期の陸軍軍人
片岡鶴太郎『どこにもない国 前編/後編』テレビ単発・平成30年  

岸本かすみ(きしもとかすみ:)
〈〉あだち充作「陽あたり良好!」の主人公
伊藤さやか〈←沢村美奈子〉『陽あたり良好!』テレビシリーズ・昭和57年
森尾由美(声)『陽あたり良好!』テレビアニメシリーズ・昭和62年
森尾由美(声)『陽あたり良好! KA・SU・MI 夢の中に君がいた』アニメ映画・昭和63年

岸本調和(きしもとちょうわ:1638〜1715)
〈壺瓢軒、士斎〉江戸前期の俳人 
實川延寿『奥の細道』舞台・昭和48年
中村吉五郎『奥の細道』舞台・昭和50年〈俳人調和 〉

岐秀元伯(きしゅうげんぱく:〜1562)
〈〉戦国・織豊期の禅僧
片岡仁左衛門『武田信玄』舞台・昭和63年
内藤武敏『武田信玄』テレビシリーズ・昭和63年
小池榮『風林火山』テレビシリーズ・平成19年

宜秋門院(ぎしゅうもんいん:1173〜1238)
〈藤原任子〉後鳥羽院の中宮
沢井桃子『草燃える』テレビシリーズ・昭和54年〈任子〉

妓女(ぎじょ:)
〈祗女、[ぎにょ]〉平安末期の白拍子。平清盛の愛妾・妓王の妹
轟美津子『武蔵坊弁慶』映画・昭和17年
澤村由次郎『平家物語』舞台・昭和33年
澤村由次郎『平家物語《歌舞伎座公演》』舞台・昭和34年〈白拍子妓女〉
花柳小菊『舞踊ホール 祗女』テレビ単発・昭和37年
市川滝之丞『平家物語 建礼門院』舞台・昭和44年〈白拍子祇女〉
市川滝之丞『建礼門院』舞台・昭和46年〈白拍子祇女〉
栗田幸子『新・平家物語』テレビシリーズ・昭和47年
加賀屋歌江『建礼門院』舞台・昭和52年〈白拍子祇女〉
坂東慶三『貞操花鳥羽恋塚』舞台・昭和55年
斉藤真理子『雪の華 建礼門院徳子の生涯』テレビ単発・昭和57年
調査中(声)『平家物語』テレビ人形劇シリーズ・平成5年
山本郁子『愛の森 清盛をめぐる女人たち』舞台・平成7年
美砂まり『六條山縁起』舞台・平成17年
ワルサーP38『月に叢雲、花に風』舞台・平成24年〈常盤祇女〉
花影アリス『平清盛』テレビシリーズ・平成24年〈祇女 読みは「ぎにょ」〉
窪田恵美『ホトケノハラ』舞台・平成25年〈祗女〉

義浄(ぎじょう:)
〈〉鎌倉期の僧侶。日蓮の法兄
橋本宣三『日蓮』映画・昭和54年

岸良彦七(きしらひこしち:)
〈〉幕末期の薩摩藩士
池田倫太郎『前田正名―龍馬が託した男―』テレビ単発・平成31年

紀信(きしん:〜B.C.204)
〈〉中国・秦末期の武将。劉邦の配下
水越健(声)『項羽と劉邦 King's War 日本語版』テレビシリーズ・平成25年

鬼神のお松(きじんのおまつ:)
〈鬼人のお松〉坂上田村麻呂に退治された伝説の女賊
原哲夫『てなもんや三度笠』テレビシリーズ・昭和37年

来生愛(きすぎあい:)
〈〉北条司作「キャッツ・アイ」の主人公
島津冴子(声)『ラジオコミックス キャッツアイ』ラジオドラマ単発・昭和57年
坂本千夏(声)『キャッツ・アイ』テレビアニメシリーズ・昭和58年
坂本千夏(声)『キャッツ・アイ(第2部)』テレビアニメシリーズ・昭和59年
立花理佐『キャッツ・アイ』テレビ単発・昭和63年
内田有紀『CAT'S EYE』映画・平成9年
園本桂子『石原正一ショー よろしくキャノンボール’99』舞台・平成11年
黒沢かずこ『toto BIG キャッツ・アイ 登場編』テレビCM・平成22年
萩原舞『キャッツ・アイ』舞台・平成24年
坂本千夏(声)『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』アニメ映画・平成31年

来生瞳(きすぎひとみ:)
〈〉北条司作「キャッツ・アイ」の主人公
戸田恵子(声)『ラジオコミックス キャッツアイ』ラジオドラマ単発・昭和57年
戸田恵子(声)『キャッツ・アイ』テレビアニメシリーズ・昭和58年
戸田恵子(声)『キャッツ・アイ(第2部)』テレビアニメシリーズ・昭和59年
早見優『キャッツ・アイ』テレビ単発・昭和63年
稲森いずみ『CAT'S EYE』映画・平成9年
安井博美『石原正一ショー よろしくキャノンボール’99』舞台・平成11年
恵俊彰『関口宏の東京フレンドパークII』テレビバラエティ単発・平成18年
村上知子『toto BIG キャッツ・アイ 登場編』テレビCM・平成22年
矢島舞美『キャッツ・アイ』舞台・平成24年
古川小百合(声)『戦国大戦 1582 日輪、本能寺より出ずる』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年〈江〉
戸田恵子(声)『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』アニメ映画・平成31年

来生泪(きすぎるい:)
〈〉北条司作「キャッツ・アイ」の主人公
滝沢久美子(声)『ラジオコミックス キャッツアイ』ラジオドラマ単発・昭和57年
藤田淑子(声)『キャッツ・アイ』テレビアニメシリーズ・昭和58年
藤田淑子(声)『キャッツ・アイ(第2部)』テレビアニメシリーズ・昭和59年
ミー『キャッツ・アイ』テレビ単発・昭和63年
藤原紀香『CAT'S EYE』映画・平成9年
田村遊『石原正一ショー よろしくキャノンボール’99』舞台・平成11年
石塚英彦『関口宏の東京フレンドパークII』テレビバラエティ単発・平成18年
大島美幸『toto BIG キャッツ・アイ 登場編』テレビCM・平成22年
須藤茉麻『キャッツ・アイ』舞台・平成24年
戸田恵子(声)『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』アニメ映画・平成31年

喜助(きすけ:)
〈〉森鴎外「高瀬舟」の登場人物。弟殺しで遠島になる囚人
久米譲『高瀬舟』映画・昭和5年
坂東三津五郎『高瀬舟』舞台・昭和6年
辰巳柳太郎『高瀬舟』舞台・昭和29年
北上弥太郎『高瀬舟 前編/後編』テレビ単発・昭和37年
市川染五郎『高瀬舟』舞台・昭和47年
岡田吉弘『高瀬舟』映画・昭和63年
市川染五郎『高瀬舟』舞台・昭和56年
成宮寛貴『BUNGO 日本文学シネマ 高瀬舟』テレビ単発・平成22年
中澤まさとも(声)『きくドラ 森鴎外「高瀬舟」』インターネットラジオドラマ単発・平成25年
渡邉宰希『月まんじゅう 罪人お鶴の微笑』舞台・平成29年〈お鶴〉

喜瀬川(きせがわ:)
()江戸〜明治期の花魁。複数存在する。落語に登場
前田敦子『超入門!落語 THE MOVIE お見立て』テレビ単発・平成28年

喜撰(きせん:)
〈醍醐法師〉平安前期の歌人。六歌仙のひとり
中村芝翫『六歌仙容彩』舞台・天保2年
相馬弘『喜撰法師』映画・大正10年
坂東三津五郎『六歌仙の内文屋と喜撰』舞台・大正11年
岩井粂三郎『文屋と喜撰歌仙彩』舞台・大正12年
尾上菊五郎『喜撰』舞台・昭和12年
坂東三津五郎『喜撰』舞台・昭和62年
坂東三津五郎『六歌仙容彩』舞台・平成3年
澤村田之助『成田山分身不動』舞台・平成4年
中村富十郎『六歌仙容彩《歌舞伎座公演》』舞台・平成5年
中村富十郎『六歌仙容彩《歌舞伎座公演》』舞台・平成11年
坂東三津五郎『六歌仙容彩』舞台・平成13年
佐藤祐四(声)『超訳百人一首 うた恋い。』テレビアニメシリーズ・平成24年

喜仙院(きせんいん:)
〈喜泉院、きせん院、殿村南平〉江戸後期の行者。勝小吉と交流があった
野々浩介『父子鷹』テレビシリーズ・昭和39年〈殿村南平〉
尾上緑三郎〈←尾上松五郎〉『勝海舟』テレビシリーズ・昭和49年
最上竜二郎『おとこ鷹』舞台・昭和47年
大関真『幕末幻妖伝』舞台・平成14年

徽宗(きそう:1082〜1135)
〈趙佶〉中国・北宋の八代皇帝
水谷豊『水滸伝』テレビシリーズ・昭和48年
市川喜美介『新・水滸伝』舞台・平成25年〈皇帝〉
野沢聡(吹替)『水滸伝 All Men Are Brothers 日本語版』テレビシリーズDVD版・平成25年〈徽宗皇帝〉
市川喜美介『新・水滸伝』舞台・平成27年〈皇帝〉

基増(きぞう:)
〈〉平安期の僧侶
呉圭崇(声)『きくドラ 今昔物語「木寺の基僧異名付くこと」』インターネットラジオドラマ単発・平成28年〈木寺の基僧〉

魏続(ぎぞく:)
〈〉中国・後漢末期の武将
辻つとむ(吹替)『三国志(原題・三国演義) 日本語版《NHKBS版》』テレビシリーズ・平成7年
江川央生(声)『真・三國無双4』PS2ゲームソフト・平成17年
江川央生(声)『真・三國無双4 猛将伝』PS2ゲームソフト・平成17年
江川央生(声)『真・三國無双5』PS3ゲームソフト・平成19年
江川央生(声)『真・三國無双5 Special』PS2ゲームソフト・平成20年
小柳基(声)『蒼天航路』テレビアニメシリーズ・平成21年〈将軍B〉
中山大吾(声)『最強武将伝 三国演義』テレビアニメシリーズ・平成22年

木曽路(きそじ:1685〜)
〈〉江戸中期の大奥女中、御使番。江島事件に連座
中村梅花『繪島生島《歌舞伎座3月公演》』舞台・昭和29年〈中老木曾路〉
中村梅花『絵島生島《歌舞伎座10月公演》』舞台・昭和29年〈中老木曽路〉
中村梅花『絵島生島《歌舞伎座公演》』舞台・昭和30年〈中老小木曾〉
旭輝子『繪島生島』舞台・昭和48年〈お年寄木曽路〉
高橋よしこ『繪島生島』舞台・昭和54年
市川升寿『絵島生島』舞台・昭和58年〈局番木曽路〉

木曽義仲(きそよしなか)→源義仲(みなもとのよしなか)

木曽義昌(きそよしまさ:1540〜1595)
〈宗太郎、左馬頭、伊予守〉戦国期の大名
加藤和夫『徳川家康』テレビシリーズ・昭和58年
宮田恭男『おんな風林火山』テレビシリーズ・昭和61年
笹野高史『火天の城』映画・平成21年
浜田賢二(声)『戦国大戦 1560 尾張の風雲児』トレーディングカードアーケードゲーム・平成22年
綿屋十目治『The Devil of the 6th Heaven』舞台・平成25年〈木曽義正 現代劇〉
石井愃一『真田丸』テレビシリーズ・平成28年

木曽義基(きそよしもと:)
〈義元〉平安末期の武将。源義仲の三男。木曽氏の祖とされる
斉藤佑介『ぬばたまの淵〜鬼ごっこ 今ひとたびの 逢うこともがな』舞台・平成21年

木曽義宗(きそよしむね:)
〈基宗、沼田義宗〉平安末期の武将。源義仲の五男を称し木曽氏の祖先とされる
森雅紀『鬼ごっこ〜闇から光はよく見える〜』舞台・平成20年〈木曽基宗〉

木曾義康(きそよしやす:1514〜1579)
〈〉戦国期の武将
下野紘(声)『鬼武者 Soul』オンラインシュミレーションRPG・平成24年

季孫意如(きそんいじょ:)  
〈〉中国春秋時代・魯の政治家
上別府仁資(吹替)『孔子 日本語版』テレビシリーズ・平成26年

季孫斯(きそんし:〜B.C.492) 
〈〉中国春秋時代・魯の政治家
谷昌樹(吹替)『孔子の教え 日本語版』映画DVD版・平成24年
水越健(吹替)『孔子 日本語版』テレビシリーズ・平成26年

北一輝(きたいっき:1883〜1937)
〈輝次郎〉昭和期の右翼思想家
鶴丸睦彦『叛乱』映画・昭和29年
緑川宏『けんかえれじい』映画・昭和42年
滝沢修『日本改造法案 北一輝の死』舞台・昭和47年
滝沢修『日本改造法案 北一輝の死』舞台・昭和48年
三国連太郎『戒厳令』映画・昭和48年
小林勝也『夢 桃中軒牛右衛門の』舞台・昭和51年〈北輝次郎〉
石橋雅史『ニュードキュメンタリードラマ昭和 松本清張事件にせまる 相沢事件 軍務局長斬殺さる』テレビ単発・昭和59年
石橋雅史『ニュードキュメンタリードラマ昭和 松本清張事件にせまる 襲撃 二・二六事件』テレビ単発・昭和59年
石橋雅史『ニュードキュメンタリードラマ昭和 松本清張事件にせまる 戒厳令下ル 二・二六事件』テレビ単発・昭和59年
森一朗『夢 桃中軒牛右衛門の』舞台・平成元年〈北輝次郎〉
大杉漣『密愛 2.26に散った恋』テレビ単発・平成3年
青木鉄仁『夢 桃中軒牛右衛門の』舞台・平成17年〈北輝次郎〉

北井波治目(きたいはじめ:1870〜1936)
〈〉明治〜昭和期の弁護士、実業家
片岡亀蔵『孤松は語らず』舞台・平成元年

北浦圭太郎(きたうらけいたろう:1887〜1954)
〈〉昭和期の政治家
なべおさみ『憲法はまだか』テレビ単発・平成8年

北浦忠吾(きたうらちゅうご:〜1264)
〈〉鎌倉期の武士
大沢萬之介『日蓮』映画・昭和54年

北浦忠内(きたうらちゅうない:〜1264)
〈〉鎌倉期の武士
田原千之右『日蓮』映画・昭和54年

北王英一(きたおうえいいち:1900〜1993)
〈〉昭和期の名古屋東山動物園初代園長
阪脩(声)『ぞう列車がやってきた』アニメ映画・平成4年〈藤王英一郎〉
三浦友和『象列車がやってきた』テレビ単発・平成17年〈遠山薫〉
田村ツトム『歴史秘話ヒストリア あしたは動物園に行こう』テレビ単発・平成28年

北大路欣也(きたおおじきんや:1943〜)
〈淺井将勝〉昭和・平成期の俳優
北大路欣也『船越英一郎殺人事件』テレビ単発・平成30年

北大路魯山人(きたおおじろさんじん:1883〜1959)
〈房次郎〉昭和期の陶芸家。美食家としても著名
緒形拳『炎の料理人 北大路魯山人』テレビ単発・昭和62年
佐藤慶(声)『ETV8 美覚独歩 北大路魯山人の生涯』テレビ単発・昭和62年
山城新伍『幻・ろさんじん』舞台・平成2年
北村和夫『魯山人・美と食の革命家』テレビ単発・平成5年
結城一朗『歴史ドキュメント01 グルメ誕生〜北大路魯山人と器』テレビ単発・平成19年
内田登巳夫『美の巨人たち 北大路魯山人「銀彩緑釉寿文輪花鉢」』テレビ単発・平成21年
呉圭崇(声)『きくドラ 北大路魯山人「料理メモ 握り鮨」』インターネットラジオドラマ単発・平成28年〈偉い先生〉

北尾光司(きたおこうじ:1963〜)
〈双羽黒〉昭和・平成期の格闘家。元力士
北尾光司『1・2の三四郎』映画・平成7年

北尾トロ(きたおとろ:1958〜)
〈〉昭和・平成期のライター
向井理『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか』テレビシリーズ・平成21年〈北森夫〉
設楽統『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』映画・平成22年〈南波タモツ〉
塩谷瞬『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』舞台・平成24年〈彼〉

北賀市市太郎(きたがいちいちたろう:1857〜1914)
〈〉明治期の車夫。大津事件でニコライ皇太子を助けた
堤禮二郎『兒島大審院長』舞台・昭和14年〈北ヶ市市太郎〉
堤禮二郎『兒島大審院長』舞台・昭和15年〈北ヶ市市太郎〉
内藤武敏『こがね虫』テレビ単発・昭和36年〈北賀市太郎〉
勝新太郎『鉄砲安の生涯』映画・昭和37年〈北ケ市安五郎〉
松本修『ニコライの鐘 大津事件の顛末』舞台・昭和61年〈北ヶ市市太郎〉
澤村国次『孤松は語らず』舞台・平成元年〈北ヶ市市太郎〉

北垣国道(きたがきくにみち:1836〜1916)
〈晋太郎〉幕末期の志士、明治期の政治家
郡司哲『龍馬疾る!』舞台・平成21年〈北垣晋太郎〉

喜多一晴(きたかずはる:1922〜)
〈〉昭和期の航空技術者、遊具制作者
松田岳『歴史秘話ヒストリア 遊園地を百倍楽しめる はじめて物語』テレビ単発・平成29年

北風荘右衛門(きたかぜしょうえもん:1736〜1802)
〈〉江戸中期の商人
江守徹『菜の花の沖』テレビシリーズ・平成13年

北方謙三(きたかたけんぞう:1947〜)
〈〉昭和期の作家
佐藤正宏『極楽探検隊』舞台・昭和61年

北潟屋半睡(きたかたやはんすい:)
〈三葉庵大睡〉江戸中期の俳人
浜里三志『千代 つるひとすじの』舞台・平成3年

喜多川歌麿[初代](きたがわうたまろ:1753〜1806)
〈信美、北川豊章〉江戸後期の浮世絵師
坂東簔助『歌麿をめぐる五人の女』映画・昭和21年
守田勘弥『浮世絵師写楽』舞台・昭和30年
長谷川一夫『歌麿をめぐる五人の女』映画・昭和34年
木村功『写楽はどこへいった』テレビ単発・昭和43年
大出俊『浮世絵女ねずみ小僧』テレビシリーズ・昭和46年
夏目俊二『江戸巷談 花の日本橋 浮世絵女房 浮き世は憂き世』テレビ単発・昭和47年
市川染五郎『歌麿』舞台・昭和47年
長谷川一夫『歌麿』舞台・昭和52年
岸田森『歌麿 夢と知りせば』映画・昭和52年
愛川欽也『北斎漫画』映画・昭和56年
原田大二郎『きらら浮世伝』舞台・昭和63年
福沢良一『歌磨《アメリカ公演》』舞台・昭和63年
家中宏『写楽考』舞台・平成元年
笠原章『写楽伝説』舞台・平成2年
笹野高史『幻の華 蔦屋夢草紙』舞台・平成3年〈北川豊章後に喜多川歌麿〉
佐野史郎『写楽』映画・平成7年
毛利賢一『歌麿おんな秘図』OV・平成7年
佐藤累央『きらら浮世伝』舞台・平成15年
小林高鹿『写楽考』舞台・平成17年
山崎雅志『カモン』舞台・平成17年
中野誠也『喜多川歌麿女絵草紙』舞台・平成18年
久保木秀直『新日曜美術館 喜多川歌麿 反骨の色香』テレビ単発・平成18年
久保木秀直『天才画家の肖像 〜美人画喜多川歌麿〜』テレビ単発・平成19年 
平野綾(声)『危機之介御免 音之壱盤〜毒味之危機〜』CDドラマ・平成19年〈喜多川ウタ〉
平野綾(声)『危機之介御免 音之弐盤「未来之危機」』CDドラマ・平成20年〈喜多川ウタ〉
野沢那智(声)『対決 巨匠たちの日本美術』美術展音声ガイド・平成20年
水谷豊『だましゑ歌麿』テレビ単発・平成21年
小西遼生『戯伝写楽』舞台・平成22年
田所草子『10人写楽』舞台・平成22年
川島得愛『きらら浮世伝』舞台・平成23年〈勇助〉
山崎健二『戯伝写楽−その男、十郎兵衛』舞台・平成24年
水谷豊『だましゑ歌麿 II 』テレビ単発・平成24年
矢口恭平『歴史秘話ヒストリア 歌麿 究極の美人画 愛と闘いの浮世絵師』テレビ単発・平成25年
水谷豊『だましゑ歌麿 III 』テレビ単発・平成25年
調査中『歴史秘話ヒストリア 花魁の真実〜江戸・吉原遊郭の光と影〜』テレビ単発・平成25年
水谷豊『だましゑ歌麿 IV』テレビ単発・平成26年
新尉ジン『先人たちの底力 知恵泉 ヒット作の生み出し方 蔦屋重三郎』テレビ単発・平成26年
笠原章『哥麿〜夢まぼろし』舞台・平成27年
小西遼生『戯伝写楽2018』舞台・平成30年
笠原章『歌麿屏風〜深川の雪』舞台・平成30年

喜多川歌麿[初代]の後妻(きたがわうたまろのごさい:)
〈〉のちに二代目喜多川歌麿の妻になる
鈴木杏樹『だましゑ歌麿』テレビ単発・平成21年〈おこう〉
鈴木杏樹『だましゑ歌麿 II 』テレビ単発・平成24年〈おこう〉
鈴木杏樹『だましゑ歌麿 III 』テレビ単発・平成25年〈おこう〉
鈴木杏樹『だましゑ歌麿 IV』テレビ単発・平成26年〈おこう〉

北川景子(きたがわけいこ:1986〜)
〈〉平成期の女優
北川景子『俺たちに明日はある』テレビ単発・平成26年

北川殿(きたがわどの:〜1529)
〈〉今川義忠の妻。北条早雲の妹(姉説もあり)
阿井美千子『天下を取れ』テレビシリーズ・昭和39年
あべ静江『若き日の北条早雲』テレビシリーズ・昭和55年〈夢子〉
増山江威子(声)『まんが日本史』テレビアニメシリーズ・昭和58年
林玉緒(声)『風雲!戦国を駆ける武将 アニメ静岡県史』テレビアニメシリーズ・平成12年
三澤紗千香(声)『戦国大戦 1477 破府、六十六州の欠片へ』トレーディングカードアーケードゲーム・平成26年
日下裕江『先人たちの底力 知恵泉 北条早雲 前編・新しい組織を作るには? 』テレビ単発・平成27年
調査中『歴史秘話ヒストリア 戦国の扉はオレが開く 最新研究 北条早雲』テレビ単発・平成30年

北川丞(きたがわゆずる:1909〜1932)
〈〉昭和期の軍人。肉弾(爆弾)三勇士のひとり
梅島昇『上海の殊勲者・三勇士《明治座公演》』舞台・昭和7年
片岡我當『三勇士《新橋演舞場公演》』舞台・昭和7年
尾上菊五郎『肉弾三勇士《歌舞伎座公演》』舞台・昭和7年
**鶴輔『肉弾三勇士《観音座公演》』舞台・昭和7年
河井**『肉弾三勇士《寿座公演》』舞台・昭和7年
**鶴之助『噫三勇士』舞台・昭和7年
高木繁『肉弾八勇士』舞台・昭和7年〈北川亟一一等兵〉
高木繁『爆弾八勇士』舞台・昭和7年〈北川亟一一等兵〉
高木繁『爆弾決死隊』舞台・昭和7年〈北川亟一等兵〉
中野健二『忠魂 肉弾三勇士』映画・昭和7年
森山保『肉弾三勇士』映画・昭和7年
葉山隆一『忠烈 肉弾三勇士』映画・昭和7年
城木元『誉れもたかし 爆弾三勇士』映画・昭和7年
静香八郎『昭和の軍神 爆弾三勇士』映画・昭和7年
**梅村『噫肉弾三勇士』舞台・昭和11年

北久保弘之(きたくぼひろゆき:1963〜)
〈佐倉大〉昭和・平成期のアニメーター、アニメ監督
伊藤寿克『トーキング・ヘッド』映画・平成4年〈北久保ヒロシ〉

北里惟信(きたざとこれのぶ:1828〜1902)
〈〉幕末期の熊本の総庄屋。北里柴三郎の父
立川恵作『テレビ偉人伝 北里柴三郎』テレビシリーズ・昭和35年
浜田光夫『肥後のカミナリ 北里柴三郎』テレビ単発・平成6年

北里貞(きたざとさだ:1829〜1897)
〈〉北里惟信の妻、北里柴三郎の母。加藤海助の娘
高杉寿恵子『テレビ偉人伝 北里柴三郎』テレビシリーズ・昭和35年
水前寺清子『肥後のカミナリ 北里柴三郎』テレビ単発・平成6年

北里柴三郎(きたざとしばさぶろう:1852〜1931)
〈〉明治・大正期の細菌学者
森雅之『怒濤《国民新劇場公演》』舞台・昭和19年
森雅之『怒濤《朝日会館公演》』舞台・昭和19年
小沢栄『愛の先駆者』映画・昭和21年
中村伸郎『怒濤《名古屋公演》』舞台・昭和22年
中村伸郎『怒濤《東京公演》』舞台・昭和22年
椎原邦彦『テレビ偉人伝 北里柴三郎』テレビシリーズ・昭和35年
三浦威『火山脈』テレビシリーズ・昭和39年
北村和夫『怒涛』舞台・昭和46年
二谷英明『怒涛』テレビ単発・昭和53年
長門裕之『遠き落日』映画・平成4年
勝野洋/富岡敬之介『肥後のカミナリ 北里柴三郎』テレビ単発・平成6年
高橋幸治『怒濤』舞台・平成12年
長谷川裕久『怒濤』舞台・平成16年
菊地聡『その時歴史が動いた ペスト侵入を防げ〜北里柴三郎 伝染病との闘い〜』テレビ単発・平成18年
勢至郎『TAKAMINE〜アメリカに桜を咲かせた男』映画・平成23年
中村獅童『歴史にドキリ』テレビシリーズ・平成24年
杉本光弘『怒濤』舞台・平成25年
中村獅童『歴史にドキリ ロワイヤルスペシャル』テレビ単発・平成25年
上田悠介『歴史漫才 ヒストリーズ・ジャパン』テレビシリーズ・平成29年
森下能幸『痛快TVスカッとジャパン ホントにあった歴史のスカッとする話SP』テレビ単発・平成30年

北里乕(きたざととら:1868〜1924)
〈〉北里柴三郎の妻。松尾臣善の娘
杉村春子『怒濤《国民新劇場公演》』舞台・昭和19年〈富子〉
杉村春子『怒濤《朝日会館公演》』舞台・昭和19年〈富子〉
柴田早苗『愛の先駆者』映画・昭和21年〈富子〉
杉村春子『怒濤《名古屋公演》』舞台・昭和22年〈富子〉
杉村春子『怒濤《東京公演》』舞台・昭和22年〈富子〉
八千草薫『怒涛』テレビ単発・昭和53年〈富子〉
宮崎淑子『肥後のカミナリ 北里柴三郎』テレビ単発・平成6年
熊谷真実『怒濤』舞台・平成12年〈富子〉
米川理恵子『怒濤』舞台・平成16年
白井貴子『TAKAMINE〜アメリカに桜を咲かせた男』映画・平成23年
大山秋『怒濤』舞台・平成25年〈富子〉

北里康子(きたざとやすこ)→渡辺康子(わたなべやすこ)
北里柴三郎の娘

北澤いの(きたざわいの:)
〈鈴木いの〉北澤楽天の妻
篠原ともえ『漫画誕生』映画・平成30年〈北沢いの〉

北澤豪(きたざわつよし:1968〜)
〈〉平成期のサッカー選手
菊池正美(声)『Jリーグを100倍楽しく見る方法!!』アニメ映画・平成6年

北沢典子(きたざわのりこ:1938〜)
〈〉昭和期の女優
北沢典子『カックン超特急』映画・昭和34年

北澤楽天(きたざわらくてん:1876〜1955)
〈保次〉明治〜昭和期の漫画家、画家
イッセー尾形/橋爪遼『漫画誕生』映画・平成30年〈北沢樂天〉

喜多七太夫(きたしちだゆう:1586〜1653)
〈長能〉江戸前期の能役者
喜多六平太『独眼竜政宗』テレビシリーズ・昭和62年

北島三郎(きたじまさぶろう:1936〜)
〈大野穣、ちん太、原譲二〉昭和・平成期の歌手
緒方賢一(声)『ダウンタウンのごっつええ感じ きょうふのキョーちゃん 大好き!紅白歌合戦の巻』テレビバラエティアニメ単発・平成6年〈西島三郎〉
菊川浩二『林家三平ものがたり おかしな夫婦でどーもスイマセーン!』テレビ単発・平成18年〈大野穣〉

北島雪山(きたじませつざん:1636〜1697)
〈〉江戸前期の書家
北村和夫『堀部安兵衛 後編』テレビ単発・平成19年

北島秀朝(きたじまひでとも:1842〜1877)
〈孝之介、竹原秀太郎、千太郎〉幕末期の志士、明治期の政治家
嵯峨善兵『無頼官軍』舞台・昭和44年〈北島千太郎〉

喜多嶋舞(きたじままい:1972〜)
〈〉平成期の女優
佐藤めい『失敗のコクハク』テレビ単発・平成

北島マヤ(きたじままや:)
〈〉美内すずえ作「ガラスの仮面」の主人公
香坂みゆき;高師深雪『ミュージカル ガラスの仮面』舞台・昭和54年
高坂真琴(声)『ラジオコミックス ガラスの仮面』ラジオドラマ単発・昭和57年
信沢三恵子(声)『夜のドラマハウス ガラスの仮面』ラジオドラマシリーズ・昭和57年
信沢三恵子(声)『夜のドラマハウス ガラスの仮面パート2』ラジオドラマシリーズ・昭和57年
鶴ひろみ(声)『ガラスの仮面 パイロット版』アニメ映画・昭和59年
勝生真沙子(声)『ガラスの仮面』テレビアニメシリーズ・昭和59年
大竹しのぶ『ガラスの仮面』舞台・昭和63年
北沢雅代『七人の代役』舞台・平成7年 
北沢雅代『新・七人の代役〜A concert of destiny』舞台・平成9年 
安達祐実『ガラスの仮面』テレビシリーズ・平成9年
緒方恵美(声)『ガラスの仮面』OVAシリーズ・平成10年
安達祐実『ガラスの仮面 II 』テレビシリーズ・平成10年
安達祐実『ガラスの仮面』テレビ単発・平成11年
小林沙苗(声)『ガラスの仮面』テレビアニメシリーズ・平成17年
大和田美帆『ガラスの仮面』舞台・平成20年
大和田美帆『ガラスの仮面〜二人のヘレン〜』舞台・平成22年
光浦靖子『ガラスの仮面 45巻、46巻発売キャンペーン』宣材ポスター・平成22年
山中聡『英介とやっかいな仲間たちvol.1 小芝居四種盛り ガラスのお面』舞台・平成23年〈まあや〉
安達祐実(声)『ガラスの仮面 名台詞カルタ CD付き』CD・平成24年
劇団ひとり『別冊花とゆめ4月号 第1回「ガラスの仮面」国民的名シーン投票』雑誌企画・平成24年
中根久美子(声)『ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?』アニメ映画・平成25年〈ザ・ネイチャー〉
中根久美子(声)『ガラスの仮面ですが』テレビアニメシリーズ・平成25年
中根久美子(声)『ガラスの仮面ですがZ』テレビアニメシリーズ・平成25年
貫地谷しほり『ガラスの仮面』舞台・平成26年
貫地谷しほり『ガラスの仮面』舞台・平成28年
阿澄佳奈(声)『3ねんDぐみガラスの仮面』テレビアニメシリーズ・平成28年
阿澄佳奈(声)『3ねんDぐみガラスの仮面』アニメ映画・平成29年

北島義彦(きたじまよしひこ:1911〜1959)
〈〉昭和期の政治家
萩原聖人『東京にオリンピックを呼んだ男』テレビ単発・平成26年

北島敬之(きたじまよしゆき:)
〈〉昭和期の盲学校教師
伊藤雄之助『NECサンデー劇場 妻なればわれも粧わん』テレビ単発・昭和36年
船越英二『妻の日の愛のかたみに』映画・昭和40年〈北原正之〉
伊藤雄之助『妻の日の愛のかたみに』テレビ単発・昭和40年
新克利『妻の日の愛のかたみに』テレビシリーズ・昭和51年〈幸男〉
滝田栄『妻の日の愛のかたみに』テレビ単発・昭和57年

北条景広(きたじょうかげひろ:1548~1579)
〈丹後守〉織豊期の上杉家武将
浜田賢二(声)『戦国大戦 1582 日輪、本能寺より出ずる』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年

北条高広(きたじょうたかひろ:1517?〜1578?)
〈〉戦国期の武将
和崎俊哉『天と地と』テレビシリーズ・昭和44年
西岡徳馬『武田信玄』テレビシリーズ・昭和63年
江川央生(声)『戦国無双2 Empires』PS2ゲーム・平成18年
南雲勇助『天と地と』映画・平成2年
新井康弘『天地人』テレビシリーズ・平成21年
八戸亮『戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜 戦国ヤンキー川中島学園』テレビバラエティシリーズ・平成22年
陽季想(声)『戦国大戦 1560 尾張の風雲児』トレーディングカードアーケードゲーム・平成22年
藤原啓治(声)『鬼武者 Soul』オンラインシュミレーションRPG・平成24年

北白川宮永久王(きたしらかわのみやながひさおう:1910〜1940)
〈〉昭和期の皇族
及川光博『春の雪』映画・平成17年〈洞院宮治典王〉
鳳月杏『春の雪』舞台・平成24年〈洞院宮治典〉

北白川宮成久王(きたしらかわのみやなるひさおう:1887〜1923)
〈〉大正期の皇族
山本圭『春の雪』映画・平成17年〈洞院宮治久王殿下〉
華央あみり『春の雪』舞台・平成24年〈洞院宮治久〉

北白川宮能久親王(きたしらかわのみやよしひさしんのう:1847〜1895)
〈伏見満宮、輪王寺宮公現法親王、陸運、東武天皇〉幕末・明治期の皇族
野村清一郎『彰義隊』舞台・昭和2年〈御門主の宮〉
舟木洋一『七番目の密使』映画・昭和33年〈輪王寺ノ宮〉
松田隆男『開化べらぼう侍』舞台・昭和52年〈輪王寺宮〉
張歌『台湾1895』テレビシリーズ・平成20年〈中国制作〉

北白川房子(きたしらかわふさこ:1890〜1974)
〈北白川宮成久王妃房子内親王、周宮〉大正・昭和期の皇族。明治天皇の皇女
高畑淳子『春の雪』映画・平成17年〈洞院宮妃殿下〉
萌花ゆりあ『春の雪』舞台・平成24年〈洞院宮妃〉

北城尚子(きたしろなおこ:)
〈ナッキー〉庄司陽子作「生徒諸君!」の主人公
榊原郁恵『ナッキーはつむじ風』テレビシリーズ・昭和54年〈星野夏樹・企画時は原作〉
堀江美都子(声)『ラジオコミックス 生徒諸君!』ラジオドラマ単発・昭和54年
上田美恵『生徒諸君!』テレビシリーズ・昭和55年
小泉今日子『生徒諸君!』映画・昭和59年
原田知世(声)『生徒諸君!』テレビアニメ単発・昭和61年
伊藤美紀『月曜ドラマランド 生徒諸君!』テレビ単発・昭和62年
内山理名『生徒諸君!』テレビシリーズ・平成19年

北すず子(きたすずこ:)
〈鈴子、間淵ヤス〉北一輝の妻
斎藤美和;黒田郷子『日本改造法案 北一輝の死』舞台・昭和47年〈しず子〉

喜多誠一(きたせいいち:1886〜1947)
〈〉大正・昭和期の陸軍軍人
阿力馬斯『東方戦場』テレビシリーズ・平成26年〈中国制作〉 

北添佶摩(きたぞえきつま:1835〜1864)
〈本山七郎、正佶、松陰〉幕末期の土佐藩浪人、志士
川上清『海援隊 阪本龍馬《12月公演》』舞台・昭和10年〈北添結磨〉
川上清『海援隊 坂本龍馬《1月公演》』舞台・昭和11年〈北添佶磨〉
川上清『海援隊 阪本龍馬《4月公演》』舞台・昭和12年〈北添佶磨〉
島田照夫〈←阪東扇太郎〉『維新の曲』映画・昭和17年〈北添信摩〉
大城泰『新選組』映画・昭和33年
舟木洋一『新選組始末記』映画・昭和38年
丘郁夫『新選組血風録 近藤勇』映画・昭和38年
岩尾正隆『新選組血風録』テレビシリーズ・昭和40年
松山照夫『竜馬がゆく』テレビシリーズ・昭和43年
川谷拓三『燃えよ剣』テレビシリーズ・昭和45年
高橋利道『燃えよ剣 土方歳三と沖田総司』舞台・昭和49年
前川哲男『勝海舟』テレビシリーズ・昭和49年
三上剛『花神』テレビシリーズ・昭和52年
丸山進『新選組始末記』テレビシリーズ・昭和52年
勝野賢三『徳川一族の崩壊』映画・昭和55年〈北添七郎〉
大村一郎『竜馬がゆく』テレビ単発・昭和57年
増田再起『時代劇スペシャル 沖田総司・華麗なる暗殺者』テレビ単発・昭和57年〈北添〉
森田順平『幕末青春グラフィティ 坂本竜馬』テレビ単発・昭和57年
森山陽介『白虎隊』テレビ単発・昭和61年
若柳三十郎『新撰組大変記 夢幻伝説』舞台・平成13年
谷口裕幸『大新撰組』舞台・平成14年
中島圭一『新撰組』舞台・平成14年
安田顕『LOOSER〜失い続けてしまうアルバム』舞台・平成16年
中川浩行『竜馬がゆく』テレビ単発・平成16年
松井工『新選組!』テレビシリーズ・平成16年
葛井亮平『幕末ノ丘』舞台・平成18年
長内努『文士劇 新撰組』舞台・平成18年〈北館琢磨〉
密岡芳江『新撰組伝』舞台・平成20年
中村京純『竜馬がゆく 風雲篇』舞台・平成20年〈土佐浪士北添佶摩〉
宮崎重信『番外 池田屋・裏』舞台・平成21年〈北添詰馬〉
井吹哲也『SPY』舞台・平成21年
森雄次『池田屋コント』舞台・平成22年
調査中『大河ドラマが描かない坂本龍馬の真実』テレビ単発・平成22年〈北添佶麿〉
吉川英夫『新撰組〜幕末剣舞烈風伝〜』舞台・平成23年
枝川吉範『新選組血風録』テレビシリーズ・平成23年
網切幸大『真心願 伏竜編』舞台・平成24年〈北添吉磨〉
鈴木結麻『新撰組〜外伝・沖田総司の一生〜《B班公演》』舞台・平成24年
熊木拓矢『池田屋・裏2012』舞台・平成24年
橋本昂広『殺陣祭 新選組〜熱血!池田屋!!!』舞台・平成24年
阿久津優『SPY〜Reservoir Dogs〜』舞台・平成25年〈北添桔麿〉
堀部佑介『バクマツ。』舞台・平成25年〈北添弥太郎〉
長島慎治『竜馬を殺す』舞台・平成26年
青木清史郎『士魂forever』舞台・平成27年〈北添桔麿〉
渡邉蓮『for×for=many mind〜士×志=十色〜《team今人公演》』舞台・平成27年
吉田昌弘『for×for=many mind〜士×志=十色〜《team P.s公演》』舞台・平成27年
野麻美(声)『THE iDOL M@STER CINDERELLA GIRLS』テレビアニメシリーズ・平成27年〈劇中劇〉
渡部一人『真心願〜machinegun〜 伏竜編』舞台・平成29年
河原田巧也『ザ・池田屋!』舞台・平成30年

北代伊予(きただいいよ:1804〜1865)
〈〉坂本八平の後妻。北代重治の娘。坂本龍馬の義母
吉田理保子(声)『お〜い!竜馬』テレビアニメシリーズ・平成5年
松原智恵子『龍馬伝』テレビシリーズ・平成22年〈坂本伊與〉

北大輝(きただいき:1916〜1945)
〈〉北一輝の養子。譚人鳳の子
中西一起;市丸得男/栗崎宏/清水伸一『日本改造法案 北一輝の死』舞台・昭和47年〈英生〉

北田忠之丞(きただただのじょう:)
〈〉江戸中期の八戸藩士。安藤昌益の門人
工藤一学『自り伝』舞台・平成24年
三國志郎『自り伝 其之弐〜江戸編』舞台・平成27年

キダ・タロー(きだたろお:1930〜)
〈木田太良〉昭和・平成期の作曲家
キダ・タロー『FLY!〜平凡なキセキ〜』映画・平成24年

木谷實(きたにみのる:1909〜1975)
〈〉昭和期の囲碁棋士。
仁科貴『呉清源 極みの棋譜』映画・平成18年

北野うし(きたのうし:1877〜1962)
〈竹本八重子〉大正・昭和期の娘義太夫語り。北野武の祖母
千石規子『たけしくんハイ!』テレビシリーズ・昭和60年〈西野菊〉
千石規子『続たけしくんハイ!』テレビシリーズ・昭和61年〈西野菊〉
樹木希林『菊次郎とさき』テレビ単発・平成13年
草笛光子『菊次郎とさき』テレビシリーズ・平成15年
草笛光子『菊次郎とさき(第2部)』テレビシリーズ・平成17年
吉行和子『菊次郎とさき(第3部)』テレビシリーズ・平成19年
音無美紀子『菊次郎とさき』舞台・平成24年
音無美紀子『菊次郎とさき〜北野家の逆転!?金メダル狂想曲!〜』舞台・平成27年
渡来るひか『ファミリーヒストリー 北野武〜父と母の真実 阿波国徳島に何が!〜』テレビ単発・平成29年

北野菊次郎(きたのきくじろう:1897〜1977)
〈〉北野武の父
林隆三『たけしくんハイ!』テレビシリーズ・昭和60年〈西野竹次郎〉
林隆三『続たけしくんハイ!』テレビシリーズ・昭和61年〈西野竹次郎〉
ビートたけし『菊次郎の夏』映画・平成11年
陣内孝則『菊次郎とさき』テレビ単発・平成13年
陣内孝則『菊次郎とさき』テレビシリーズ・平成15年
陣内孝則『菊次郎とさき(第2部)』テレビシリーズ・平成17年
陣内孝則/大和田唯斗『菊次郎とさき(第3部)』テレビシリーズ・平成19年
陣内孝則『菊次郎とさき』舞台・平成24年
陣内孝則『菊次郎とさき〜北野家の逆転!?金メダル狂想曲!〜』舞台・平成27年

北野久美子(きたのくみこ:1923〜)
〈〉北野武の長兄・北野重一の妻
岩崎ひろみ『菊次郎とさき』テレビ単発・平成13年
京野ことみ『菊次郎とさき』テレビシリーズ・平成15年
京野ことみ『菊次郎とさき(第2部)』テレビシリーズ・平成17年
佐藤詩子『菊次郎とさき』舞台・平成24年

北野さき(きたのさき:1904〜1999)
〈〉北野武の母。北野うしの養女
木の実ナナ『たけしくんハイ!』テレビシリーズ・昭和60年〈西野真利子〉
木の実ナナ『続たけしくんハイ!』テレビシリーズ・昭和61年〈西野真利子〉
岸本加世子『菊次郎の夏』映画・平成11年
室井滋『菊次郎とさき』テレビ単発・平成13年
室井滋『菊次郎とさき』テレビシリーズ・平成15年
室井滋『菊次郎とさき(第2部)』テレビシリーズ・平成17年
室井滋『菊次郎とさき(第3部)』テレビシリーズ・平成19年
室井滋『菊次郎とさき』舞台・平成24年
室井滋『菊次郎とさき〜北野家の逆転!?金メダル狂想曲!〜』舞台・平成27年
 
北野重一(きたのじゅういち:1920〜2012)
〈〉昭和期の実業家。宇野製作所取締役。北野武の長兄
中村俊介『菊次郎とさき』テレビ単発・平成13年
賀集利樹『菊次郎とさき』テレビシリーズ・平成15年
賀集利樹『菊次郎とさき(第2部)』テレビシリーズ・平成17年
阿部力『菊次郎とさき(第3部)』テレビシリーズ・平成19年
川口真五『菊次郎とさき』舞台・平成24年
平野勇樹『菊次郎とさき〜北野家の逆転!?金メダル狂想曲!〜』舞台・平成27年

北野武(きたのたけし:1947〜)
〈ビートたけし〉昭和・平成期のお笑い芸人、俳優、映画監督
ビートたけし(声)『まことちゃん』アニメ映画・昭和55年
調査中『痴漢電車 百恵のお尻』映画・昭和58年
小磯勝弥『たけしくんハイ!』テレビシリーズ・昭和60年〈西野たけし〉
小磯勝弥『続たけしくんハイ!』テレビシリーズ・昭和61年〈西野たけし〉
天宮良『ビートたけしの浅草キッド 青春奮闘篇』テレビ単発・昭和63年
ビートたけし『ビートたけし殺人事件』テレビ単発・平成元年
ビートたけし『ビートたけし殺人事件 失われた魔人の伝説』テレビ単発・平成元年
ビートたけし『人間ドキュメント 逸見政孝物語』平成6年〈予定のみ〉
ビートたけし(声)『ちびまる子ちゃん まる子、浅草に行くの巻』テレビアニメ単発・平成8年
ダンカン/松川尚瑠輝『菊次郎とさき』テレビ単発・平成13年
桑原成吾『菊次郎とさき』テレビシリーズ・平成15年
水道橋博士『浅草キッドの「浅草キッド」』テレビ単発・平成15年
ビートたけし『TAKESHIS’』映画・平成17年
塚本高史/桑原成吾『菊次郎とさき(第2部)』テレビシリーズ・平成17年
ビートたけし『和田アキ子殺人事件』テレビ単発・平成19年
塚本高史/大和田凱斗『菊次郎とさき(第3部)』テレビシリーズ・平成19年
ビートたけし『こちら葛飾区亀有公園前派出所』テレビシリーズ・平成21年〈キタノ〉
大嶋康太;中島来星『菊次郎とさき』舞台・平成24年
下地幸多;楢原蓮琉『菊次郎とさき〜北野家の逆転!?金メダル狂想曲!〜』舞台・平成27年
ビトたけし『成功の遺伝史5』テレビバラエティ単発・平成30年〈ビートたけし〉

北の富士勝昭(きたのふじかつあき:1942〜)
〈竹澤勝昭、竹沢、竹美山、井筒親方[十二代目]、九重親方[十二代目]、陣幕親方[十八代目]〉昭和期の力士
梅宮辰夫『千代の富士物語 青春篇 前後編』テレビ単発・平成4年

北信愛(きたのぶちか:1523〜1613)
〈〉織豊期の南部家武将
新毛国信『異説 九戸政実物語 ミュージカル 北斗の誓い』舞台・平成13年
岡本寛志(声)『戦国無双2 Empires』PS2ゲームソフト・平成18年
水純なな歩(声)『戦極姫〜戦乱の世に焔立つ〜』PCゲームソフト・平成20年
澤宮菜穂(声)『戦極姫〜戦乱に舞う乙女達〜』PS2ゲームソフト・平成21年
水純なな歩(声)『戦極姫2〜戦乱の世、群雄嵐の如く〜』PCゲームソフト・平成22年
澤宮菜穂(声)『戦極姫2〜葉隠の乙女、風雲に乗ず〜』Xbox360ゲームソフト・平成22年
澤宮菜穂(声)『戦極姫2〜百華、戦乱辰風の如く〜 炎』PS2ゲームソフト・平成22年
澤宮菜穂(声)『戦極姫2〜百華、戦乱辰風の如く〜 嵐』PSPゲームソフト・平成22年
水純なな歩(声)『戦極姫4〜争覇百計、花守る誓い〜』PCゲームソフト・平成24年
三木眞一郎(声)『鬼武者 Soul』オンラインシュミレーションRPG・平成24年
弦徳(声)『戦国大戦 1582 日輪、本能寺より出ずる』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年
水純なな歩(声)『戦極姫5〜戦禍断つ覇王の系譜〜』PCゲームソフト・平成25年
柴田清克『九戸政実市民文士劇 天を衝く』舞台・平成26年
水純なな歩(声)『戦極姫5〜戦禍断つ覇王の系譜〜』PSVitaゲームソフト・平成26年
小舘秀樹『二戸市民文士劇 天を衝く』舞台・平成27年
水純なな歩(声)『戦極姫〜天下覚醒・新月の煌めき〜』PCゲームソフト・平成27年
水純なな歩(声)『天極姫2〜覇権争奪、幻妖の将星〜』PCゲームソフト・平成28年

北野誠(きたのまこと:1959〜)
〈MAKOTO〉昭和・平成期のお笑いタレント
北野誠『科捜研の女《第4シリーズ》』テレビシリーズ・平成14年
儀間悠悟『いつみても波瀾万丈 波瀾万丈伝北野誠』テレビバラエティ単発・平成15年

北野大(きたのまさる:1942〜)
〈〉昭和・平成期の工学者、タレント。北野武の次兄
寒河江幸弘『菊次郎とさき』テレビ単発・平成13年
若葉竜也『菊次郎とさき』テレビシリーズ・平成15年
平山広行/村上雄太『菊次郎とさき(第2部)』テレビシリーズ・平成17年
平山広行/谷本和優『菊次郎とさき(第3部)』テレビシリーズ・平成19年
三澤康平『菊次郎とさき』舞台・平成24年
吉田翔『菊次郎とさき〜北野家の逆転!?金メダル狂想曲!〜』舞台・平成27年

北野屋加右衛門(きたのやかえもん:〜1746)
〈嘉右衛門、北野や加衛門、和風軒加之しか〉江戸前期の版木彫刻師、俳人
渥美国泰『隠密 奥の細道』テレビシリーズ・昭和63年〈北野加右衛門〉

北野安子(きたのやすこ:1940〜)
〈〉北野武の姉
岸本加世子/邑野未亜『菊次郎とさき』テレビ単発・平成13年
早瀬英里奈『菊次郎とさき』テレビシリーズ・平成15年
市川由衣『菊次郎とさき(第2部)』テレビシリーズ・平成17年
黒川智花『菊次郎とさき(第3部)』テレビシリーズ・平成19年
渋谷飛鳥『菊次郎とさき』舞台・平成24年
緑友利恵『菊次郎とさき〜北野家の逆転!?金メダル狂想曲!〜』舞台・平成27年

北野康行(きたのやすゆき:1961〜)
〈有栖川識仁、伏見博〉平成期の自称旧皇族
岸部一徳『有栖川の朝』テレビ単発・平成18年〈構想のみ〉
小川智弘『報道スクープSP 激動!世紀の大事件III』テレビ単発・平成27年

北畠顕家(きたばたけあきいえ:1318〜1338)
〈〉南北朝期の武将
市川左團次『みちのくの僧兵』舞台・昭和13年
片岡我當『みちのくの僧兵』舞台・昭和14年
後藤久美子『太平記』テレビシリーズ・平成3年
川島ゆかり『しろ』舞台・平成25年

北畠親房(きたばたけちかふさ:1293〜1354)
〈〉南北朝期の公卿
高光正二郎『小楠公とその母(修羅城)』映画・昭和11年
松本泰輔『孤城の桜』映画・昭和16年
立岡光『幻影の城』舞台・昭和36年
立岡光『幻影の城』舞台・昭和44年
田の中勇(声)『まんが日本史』テレビアニメシリーズ・昭和58年
近藤正臣〈←平幹二朗〉『太平記』テレビシリーズ・平成3年
調査中『歴史秘話ヒストリア ご存じですか?観応の擾乱 武士の世をつくった兄弟ゲンカ』テレビ単発・平成30年

北畠具房(きたばたけともふさ:1547〜1580)
〈中の御所、信雅〉織豊期の武将
水上剣星『信長のシェフ』テレビシリーズ・平成25年
落合福嗣(声)『信長の忍び〜伊勢・金ヶ崎篇〜』テレビアニメシリーズ・平成29年

北畠具教(きたばたけとものり:1528〜1576)
〈〉戦国時代の大名
下川辰平『花ちりぬるを』舞台・平成4年
山田真一(声)『戦国無双2 Empires』PS2ゲームソフト・平成18年
小野大輔(声)『戦国大戦 1560 尾張の風雲児』トレーディングカードアーケードゲーム・平成22年
橘九郎(声)『戦極姫4〜争覇百計、花守る誓い〜』PCゲームソフト・平成24年
本田博太郎『信長のシェフ』テレビシリーズ・平成25年
橘九郎(声)『戦極姫5〜戦禍断つ覇王の系譜〜』PCゲームソフト・平成25年
橘九郎(声)『戦極姫5〜戦禍断つ覇王の系譜〜』PSVitaゲームソフト・平成26年
國村隼『忍びの国』映画・平成29年
石井康嗣(声)『信長の忍び〜伊勢・金ヶ崎篇〜』テレビアニメシリーズ・平成29年

北畠具政(きたばたけともまさ)→木造具政(こづくりともまさ)

北畠具行(きたばたけともゆき:1290〜1332)
〈〉鎌倉末期の公卿
押切英樹『太平記』テレビシリーズ・平成3年

北畠敬具(きたばたけのりとも:)
〈〉室町期の国司
岡崎公彦『花の乱』テレビシリーズ・平成6年

北畠晴具(きたばたけはるとも:1503〜1563)
〈〉戦国期の守護大名
永井一郎(声)『鬼武者 Soul』オンラインシュミレーションRPG・平成24年

北畠治房(きたばたけはるふさ:1833〜1921)
〈平岡鳩平、平岡武夫、牧岡鳩平〉幕末期の寺侍、志士。明治期の法律家、政治家
宮本實『中山忠光』舞台・昭和10年〈平岡鳩平〉
杉田康『巨人 大隈重信』映画・昭和38年
西国成男『明治の群像 海に火輪を 陸奥宗光 前編』テレビ単発・昭和51年

北畠満雅(きたばたけみつまさ:〜1428)
〈〉室町期の南朝公卿
大樹慎『更に狂わじ』舞台・平成12年

北畠師親(きたばたけもろちか:1241〜1315)
〈〉鎌倉期の公卿
天田俊明『あさき夢みし』映画・昭和49年〈万里小路〉

北畠雪姫(きたばたけゆきひめ:〜1594)
〈千代御前〉織田信雄の最初の正室。北畠具教の娘
平祐奈『忍びの国』映画・平成29年〈北畠凛〉

喜多幅武三郎(きたはばたけさぶろう:1868〜1941)
〈〉明治〜昭和期の医師。南方熊楠の友人
内藤安彦『熊楠の家』舞台・平成7年
志村要『阿修羅の妻』舞台・平成13年
高松しげお『およどんお玉と熊ぐす博士』舞台・平成20年
横島亘『熊楠の家』舞台・平成29年

北林トモ(きたばやしとも:1886〜1945)
〈〉昭和期の社会主義運動家
高野由美『オットーと呼ばれる日本人』舞台・昭和37年〈南田のオバチャン〉
入江杏子『オットーと呼ばれる日本人』舞台・昭和41年〈南田のオバチャン〉
久保まづるか『オットーと呼ばれる日本人』舞台・平成12年〈南田のオバチャン〉
田中利花『オットーと呼ばれる日本人』舞台・平成20年〈南田のオバチャン〉

北葉山英俊(きたばやまひでとし:1935〜)
〈山田英俊、枝川親方[十一代目]〉昭和期の力士
北葉山英俊『魚河岸の旋風娘』映画・昭和38年

北原和憲(きたはらかずのり:1982〜2001)
〈〉平成期の学生
二宮和也『少しは、恩返しができたかな』テレビ単発・平成18年

北原菊子(きたはらきくこ:1890〜1983)
〈佐藤菊子〉北原白秋の三人目の妻
浅茅陽子『熱き炎の旅 ここ過ぎて 北原白秋の愛と詩に殉じた女』テレビ単発・昭和63年
貫地谷しほり『この道』映画・平成31年

北原きん(きたはらきん:1839〜1862)
〈〉高橋是清の生母
東日出子『高橋是清自伝 前後編』映画・昭和11年
池上季実子『燃えよ!ダルマ大臣 高橋是清伝』テレビ単発・昭和51年

北原謙二(きたはらけんじ:1939〜2005)
〈北原謙太郎〉昭和期の歌手
北原謙二『太陽に突っ走れ』映画・昭和41年

北原怜子(きたはらさとこ:1929〜1958)
〈エリザベト・マリア〉昭和期の修道女、篤志家
八千草薫『蟻の街のマリア』舞台・昭和33年
千之赫子『蟻の街のマリア』映画・昭和33年
馬淵晴子『ここに人あり 蟻の街のマリア 前後編』テレビ単発・昭和33年
奈良岡朋子(声)『蟻の街のマリア』ラジオドラマ単発・昭和33年
中村雅子『クライマックス 人生はドラマだ 蟻の街のマリア』テレビ単発・昭和35年
広瀬みさ『近鉄金曜劇場 永遠に咲く』テレビ単発・昭和40年
郷ちぐさ『星のふる街《宝塚雪組公演》』舞台・昭和47年
調査中『蟻の街のマリア』舞台・平成3年
町本絵里『蟻の街のマリア』舞台・平成21年

北原シケ(きたはらしげ:)
〈〉北原長太郎の妻。北原白秋の母
夏川静江『からたちの花』映画・昭和29年
尾崎勝子『少年北原白秋』テレビ単発・昭和30年
南美江『文芸劇場 ビードロの青春』テレビ単発・昭和36年〈北原シゲ〉

北原武夫(きたはらたけお:1907〜1973)
〈健男〉昭和期の小説家
大出俊『生きて行く私』舞台・昭和59年
国広富之『生きて行く私』テレビシリーズ・昭和59年
沢本忠雄『生きて行く私』舞台・昭和60年
鶴見辰吾『生きていく私』テレビシリーズ・平成3年

北原長太郎(きたはらちょうたろう:)
〈〉明治・大正期の酒造業者。北原白秋の父
山村聡『からたちの花』映画・昭和29年
若宮忠三郎『少年北原白秋』テレビ単発・昭和30年
今福正雄『文芸劇場 ビードロの青春』テレビ単発・昭和36年
嵯峨善兵『熱き炎の旅 ここ過ぎて 北原白秋の愛と詩に殉じた女』テレビ単発・昭和63年

北原鉄雄(きたはらてつお:1887〜1957)
〈〉昭和期の出版人。北原白秋の弟
高島稔『からたちの花』映画・昭和29年
白井建城『少年北原白秋』テレビ単発・昭和30年
大橋吾郎『熱き炎の旅 ここ過ぎて 北原白秋の愛と詩に殉じた女』テレビ単発・昭和63年
植本潤『舞台役者症候群像』舞台・平成7年〈劇中劇〉
調査中『舞台役者症候群像』舞台・平成9年〈劇中劇〉
山本修司『舞台役者症候群像』舞台・平成13年〈劇中劇〉
調査中『舞台役者症候群像』舞台・平成14年〈劇中劇〉
石橋和也『舞台役者症候群像《Aチーム》』舞台・平成16年〈劇中劇〉
藤原弘司『舞台役者症候群像《Bチーム》』舞台・平成16年〈劇中劇〉

北原登勢(きたはらとせ:〜1868)
〈登勢子〉幕末期の会津藩士・山川大蔵(浩)の妻。北原匡の娘
八島未来『明治任侠伝会津篇 戊辰残照』舞台・平成19年〈山川とせ〉
白羽ゆり『八重の桜』テレビシリーズ・平成25年〈山川登勢〉

北原信明(きたはらのぶあき:1873〜)
〈〉明治〜昭和期の医師。北原武夫の父
奥野匡『生きていく私』テレビシリーズ・昭和59年
川辺久造『生きていく私』テレビシリーズ・平成3年

北原白秋(きたはらはくしゅう:1885〜1942)
〈隆吉〉大正・昭和期の詩人
菅沼宗則『われ泣きぬれて』映画・昭和23年
酒井哲(声)『北原白秋』ラジオドラマ単発・昭和27年
北原隆『からたちの花』映画・昭和29年
花井満『少年北原白秋』テレビ単発・昭和30年〈北原隆吉〉
立川恵三『かつしかの笛と雀と 北原白秋伝』舞台・昭和31年
岡田英次『日本の歌 砂山』テレビ単発・昭和32年
山本学『文芸劇場 ビードロの青春』テレビ単発・昭和36年〈北原隆吉〉
中台祥浩『サンデー劇場 新しき明日の来るを』テレビ単発・昭和36年
宮口精二(声)『地上巡礼』ラジオドラマ単発・昭和37年
花上晃『風雪 新しき明日 石川啄木』テレビ単発・昭和40年
伊藤高『獅子のごとく』テレビ単発・昭和53年
花田信(声)『向日葵の女』ラジオドラマ単発・昭和55年
志垣太郎『邪宗門秘曲・青春の北原白秋』テレビ単発・昭和56年〈若き日の白秋〉
鈴木喜勝『華の乱』映画・昭和63年
奥田瑛二『熱き炎の旅 ここ過ぎて 北原白秋の愛と詩に殉じた女』テレビ単発・昭和63年
吉満涼太『ドラマスペシャル 中山晋平その生涯』テレビ単発・平成3年
加門良『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜』舞台・平成6年
加門良『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜』舞台・平成7年
調査中『舞台役者症候群像』舞台・平成7年〈劇中劇〉
吉野貴宏『知ってるつもり?! 北原白秋編』テレビバラエティ単発・平成7年
横堀悦夫『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜』舞台・平成9年
調査中『舞台役者症候群像』舞台・平成9年〈劇中劇〉
篠田英行『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜』舞台・平成12年
伊藤俊彦『ミュージカル HAKUSHU』舞台・平成12年
東龍一『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜《劇団あかぺら倶楽部公演》』舞台・平成13年
佐藤昌裕『舞台役者症候群像』舞台・平成13年〈劇中劇〉
調査中『舞台役者症候群像』舞台・平成14年〈劇中劇〉
地曳豪『舞台役者症候群像《Aチーム》』舞台・平成16年〈劇中劇〉
地曳豪『舞台役者症候群像《Bチーム》』舞台・平成16年〈劇中劇〉
太川陽介『妻をめとらば〜晶子と鉄幹〜』舞台・平成18年
鈴木浩之『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜』舞台・平成18年
太川陽介『妻をめとらば〜晶子と鉄幹〜』舞台・平成19年
阿部達雄『やっぱり好きやねん!〜与謝野晶子・寛と二人をめぐる人々〜』舞台・平成19年
澤田金一『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜《劇団フロンティア公演》』舞台・平成19年
綱島郷太郎『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜』舞台・平成20年
八重幡典子『リーディングドラマ パーテルさん』舞台・平成20年
ヨシケン『鬼の如く、地獄の如く、恋の如く』舞台・平成21年
古長英治『MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜《KPP公演》』舞台・平成21年
いこまみちお『MOTHER 君わらひたまふことなかれ《劇団神戸公演》』舞台・平成26年
花ケ前浩一『セシウムと少女』映画・平成27年
今井朋彦『時代を楽譜に刻んだ男 山田耕筰』テレビ単発・平成27年
花江夏樹(声)『文豪とアルケミスト』PCブラウザゲーム・平成28年
大熊隆太郎『人恋歌〜晶子と鉄幹』舞台・平成29年
小林智『日本文学盛衰史』舞台・平成30年
大森南朋『この道』映画・平成31年

北原秀雄(きたはらひでお:)
〈〉昭和期の外交官
鈴木健介『1964東京オリンピック 俺たちの“夢”がかなった オリンピック招致にかけた男たち』テレビ単発・平成25年
岩井秀人『いだてん 東京オリムピック噺』テレビシリーズ・平成31年

北原ひとみ(きたはらひとみ:1960〜)
〈〉平成期の青梅姉妹殺人事件の犯人
丸山秀美『実録・事件 青梅“姉妹”バラバラ殺人』OV・平成16年〈北原さとみ〉

北原三枝(きたはらみえ)→石原まき子(いしはらまきこ)
昭和期の女優

北原ミキ(きたはらみき:〜1939)
〈〉北原武夫の娘
百地千寿『生きていく私』テレビシリーズ・平成3年

北原里英(きたはらりえ:1991〜)
〈〉平成期の歌手。AKB48のメンバー
北原里英『こちら葛飾区亀有公園前派出所』テレビシリーズ・平成21年
北原里英『Dr.伊良部一郎』テレビシリーズ・平成23年
酒井敏也『有吉AKB共和国 指原莉乃にダメ出し、酒井敏也の大島優子魂』テレビバラエティ単発・平成23年

北原美貴子(きたはらみきこ:)
〈〉平成期の学生・北原和憲の母
大竹しのぶ『少しは、恩返しができたかな』テレビ単発・平成18年

北原遥子(きたはらようこ:1961〜1985)
〈吉田由美子〉昭和期の女優
吉岡優里『8.12日航機墜落30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い”〜ボイスレコーダーの“新たな声”』テレビ単発・平成26年〈吉田由美子〉

喜多文子(きたふみこ:1875〜1950)
〈〉明治・大正・昭和期の囲碁棋士
松坂慶子『呉清源 極みの棋譜』映画・平成18年

北別府広美(きたべっぷひろみ:)
〈〉北別府学の妻
山下容莉枝『最後のストライク』テレビ単発・平成12年

北別府学(きたべっぷまなぶ:1957〜)
〈〉昭和・平成期のプロ野球選手
北別府学『ドリームスタジアム』映画・平成9年
寺脇康文『最後のストライク』テレビ単発・平成12年
早川丈二『バイバイ 炎のストッパー 津田恒美物語』舞台・平成27年
早川丈二『バイバイ 炎のストッパー 津田恒美物語《大阪公演》』舞台・平成28年

貴田孫兵衛(きだまごべえ:)
〈毛谷村六助、木田孫兵衛、統治〉織豊・江戸前期の加藤清正家臣。江戸期に人形浄瑠璃や歌舞伎「彦山権現誓助剣」で伝説的豪傑とされた
調査中『毛谷村六助』映画・明治42年〈毛谷村六助〉
調査中『彦山権現毛谷村六助』映画・明治44年〈毛谷村六助〉
尾上松之助『毛谷村六助』映画・大正4年〈毛谷村六助〉
尾上松之助『毛谷村六助』映画・大正8年〈毛谷村六助〉
嵐璃徳『毛谷村六助』映画・大正12年〈毛谷村六助〉
澤村四郎五郎『毛谷村六助』映画・大正13年〈毛谷村六助〉
尾上松之助『毛谷村六助(樵夫六助)』映画・大正13年〈毛谷村六助〉
光岡竜三郎『毛谷村六助』映画・昭和2年〈毛谷村六助〉
市川右太衛門『毛谷村六助』映画・昭和8年〈毛谷村六助〉
阪東勝太郎『毛谷村豪傑伝』映画・昭和11年〈毛谷村六助〉
大谷日出夫『仇討彦山権現』映画・昭和13年〈毛谷村六助〉
坂東吉弥『桃山譚 地震加藤』舞台・昭和40年
実川延若『彦山権現誓助剣』舞台・昭和42年〈毛谷村六助〉
松本幸四郎『彦山権現誓助劒《歌舞伎座公演》』舞台・平成3年〈毛谷村六助〉
坂東八十助『彦山権現誓助劒《中座公演》』舞台・平成3年〈毛谷村六助〉
中村吉右衛門『彦山権現誓助劒 毛谷村《御園座公演》』舞台・平成4年〈毛谷村六助〉
市川團十郎『彦山権現誓助劒《国立劇場公演》』舞台・平成5年〈毛谷村六助〉
中村富十郎『彦山権現誓助劒 毛谷村《歌舞伎座公演》』舞台・平成5年〈毛谷村六助〉
中村吉右衛門『灰被姫 シンデレラ 賑木挽町戯場始』舞台・平成21年〈毛谷村六助〉

きだみのる(きだみのる:1895〜1975)
〈山田吉彦〉昭和期の作家
加藤嘉『子育てごっこ』映画・昭和54年〈星沢卓見〉

北村一輝(きたむらかずき:1969〜)
〈北村康〉平成期の俳優
北村一輝『俺たちに明日はある』テレビ単発・平成26年

喜多村孝一(きたむらこういち:1922〜)
〈〉昭和期の医学者
嶋田久作『未解決事件 File.05 ロッキード事件』テレビ単発・平成28年

北村小松(きたむらこまつ:1901〜1964) 
〈〉昭和期の劇作家、脚本家、小説家 
若尾哲平『キネマの天地』映画・昭和61年〈北原〉

北村実雄(きたむらじつお:1944?〜)
〈〉平成期の暴力団員組長。大牟田四人殺害事件の犯人
六平直政『全員死刑』映画・平成29年〈テツジ〉

北村純一郎(きたむらじゅんいちろう:)
〈〉昭和期の眼科医。岡潔の叔父、阪田三吉の主治医
内場勝則『天才を育てた女房 世界が認めた数学者と妻の愛』テレビ単発・平成30年  

北村鐘澤(きたむらじょんてく:1904〜)
〈イ・ジョンテク、李鐘澤、松田正次〉都はるみの父
高田次郎『好きになった人 恩師・市川昭介と都はるみ物語』舞台・平成20年

北村総一朗(きたむらそういちろう:1937〜)
〈総一郎〉昭和・平成期の俳優
北村総一朗(声)『こちら葛飾区亀有公園前派出所』テレビアニメシリーズ・平成8年

北村泰一(きたむらたいいち:1931〜)
〈〉昭和期の理学博士
山本裕典『南極大陸』テレビシリーズ・平成23年〈犬塚夏男〉

北村大膳(きたむらだいぜん:)
〈〉歌舞伎の河内山ものの登場人物。松江侯の家老
阪東豊昇『天保泥絵草紙 中篇』映画・昭和3年
清川荘司『河内山宗俊』映画・昭和11年
光岡竜三郎『愛染河内山』映画・昭和15年
如月寛多『極楽六花撰』映画・昭和26年
神保朋世『文士劇 天衣紛上野初花』舞台・昭和29年
月形龍之介『天保六花撰 地獄の花道』映画・昭和35年
南道郎『コメディフランキーズ カッコいい河内山』テレビ単発・昭和39年
山岡荘八『文春文士劇 河内山』舞台・昭和40年
垂水悟郎『無頼漢』映画・昭和45年
人見きよし『時代劇スペシャル 大江戸無頼 河内山宗俊』テレビ単発・昭和57年
松本幸右衛門『天衣紛上野初花 河内山《大阪松竹座公演》』舞台・平成12年
小沢象『大江戸評判記 美男の顔役』舞台・平成12年

北村孝(きたむらたかし:1981?〜)
〈〉平成期の元力士。北村実雄の長男。大牟田四人殺害事件の犯人
毎熊克哉『全員死刑』映画・平成29年〈サトシ〉
 
北村孝紘(きたむらたかひろ:1984?〜)
〈三池山〉平成期の元力士。北村実雄の次男。大牟田四人殺害事件の犯人。獄中手記が映画化
間宮祥太朗『全員死刑』映画・平成29年〈タカノリ〉

喜多村武七(きたむらたけしち:)
〈〉幕末期の長州藩士
竹沢勝美『竜馬がゆく』テレビシリーズ・昭和43年

北村孟徳(きたむらたけのり:1901〜1968)
〈〉昭和期の実業家
頭師孝雄『まあだだよ』映画・平成5年

北村太郎(きたむらたろう:1922〜1992)
〈松村文雄〉昭和期の詩人、翻訳家
豊川悦司『連続ドラマW 荒地の恋』テレビシリーズ・平成28年〈北沢〉

北村透谷(きたむらとうこく:1868〜1894)
〈門太郎〉明治期の詩人
山本學『風雪 浪漫光茫』テレビ単発・昭和39年
川崎桂『月に嘯く』舞台・昭和43年
みなみらんぼう『北村透谷 わが冬の歌』映画・昭和52年
中村彰男『風の中の蝶たち』舞台・平成16年〈北村門太郎〉
弓原建史(声)『茜さすセカイでキミと詠う』スマホゲームアプリ・平成29年

北村徳太郎(きたむらとくたろう:1886〜1968)
〈〉昭和期の政治家、銀行家
調査中『日本の戦後 退陣の朝 革新内閣の九ヶ月』テレビ単発・昭和52年

北村はな(きたむらはな:1892〜)
〈鈴木はな〉北村五十郎の妻。鈴木政吉の長女
松山愛里/安生悠璃菜『日本のヴァイオリン王 〜名古屋が生んだ世界のマエストロ 鈴木政吉物語〜』テレビ単発・平成28年〈鈴木はな〉

北村晴男(きたむらはるお:1956〜)
〈〉昭和・平成期の弁護士
布施博『行列のできる法律相談所〜激突!男の言い分!女の言い分SP!完結編 弁護士軍団・実録ドラマ 北村弁護士編』テレビ単発・平成19年

北村政治郎(きたむらまさじろう:)
〈〉大正・昭和期の無線技術者
田武謙三『風雪 放送第一声』テレビ単発・昭和40年

喜多村正秀(きたむらまさなか:)
〈石見守〉江戸後期の幕臣
嵐芳三郎『日本剣客伝 千葉周作』テレビシリーズ・昭和43年
細川俊之『北斗の人』テレビシリーズ・昭和49年

北村松代(きたむらまつよ:1919〜2005)
〈〉北村鐘澤の妻。都はるみの母
都はるみ『好きになった人 恩師・市川昭介と都はるみ物語』舞台・平成20年

北村真美(きたむらまみ:1959?〜)
〈〉北村実雄の妻。大牟田四人殺害事件の犯人
入絵加奈子『全員死刑』映画・平成29年〈ナオミ〉

北村美那(きたむらみな:1865〜1942)
〈石坂ミナ〉明治〜昭和期の英語教師。北村透谷の妻
八千草薫『風雪 浪漫光茫』テレビ単発・昭和39年
菅原チネ子『月に嘯く』舞台・昭和43年〈美那子〉
田中真理『北村透谷 わが冬の歌』映画・昭和52年
嶋まゆみ『青春の賦 乱れて熱き吾身には』舞台・平成
山本郁子『風の中の蝶たち』舞台・平成16年〈石阪美那〉
能島瑞穂『日本文学盛衰史』舞台・平成30年〈北村ミナ〉

北村みよし(きたむらみよし:)
〈小山みよし〉北村純一郎の妻。小山玄松の三女、岡みちの姉
萬田久子『天才を育てた女房 世界が認めた数学者と妻の愛』テレビ単発・平成30年

北村森(きたむらもり:1966〜)
〈〉平成期の書籍編集者、作家
北村一輝『途中下車』テレビ単発・平成26年〈灰島立〉

北村義貞(きたむらよしさだ:1839〜1899)
〈善吉〉幕末期の尊攘家。大高又次郎の門人の農民で池田屋事件を脱出。明治期の官吏
小林真弥『池田屋・裏2012』舞台・平成24年〈北村善吉〉

北村与六郎(きたむらよろくろう:〜1868)
〈〉幕末期の赤報隊隊士。竹中家家臣
松岡史明『赤報隊始末記』舞台・平成15年

北村利吉(きたむらりきち:)
〈〉明治期の警察官。俳優・北村和夫の祖父
三宅康夫『夢 桃中軒牛右衛門の』舞台・昭和51年〈北村高等刑事〉
岡部征純『夢 桃中軒牛右衛門の』舞台・平成元年〈北村高等刑事〉
永幡洋『夢 桃中軒牛右衛門の』舞台・平成17年〈北村高等刑事〉
 
喜多村緑郎[初代](きたむらろくろう:1871〜1961)
〈六郎、北村みどり、北村緑郎〉大正・昭和期の俳優
大矢市次郎『女難花火』舞台・昭和41年
石浜朗『春の波涛』テレビシリーズ・昭和60年
松井誠『鏡花幻想−恋女房すゞという女』舞台・平成12年

北杜夫(きたもりお:1927〜2011)
〈斎藤宗吉〉昭和期の作家
岸部シロー(声)『どくとるマンボウ&怪盗ジバコ』テレビアニメ単発・昭和58年
佐野史郎『どくとるマンボウ ユーモア闘病記〜作家・北杜夫とその家族〜』テレビ単発・平成25年

北矢部の平吉(きたやべのへいきち:)
〈〉幕末期の博徒
肥後克広『次郎長背負い富士』テレビシリーズ・平成18年

北山陽一(きたやまよういち:1974〜)
〈〉平成期のミュージシャン。ゴスペラーズのメンバー
北山陽一『うた魂♪』映画・平成20年

喜多利屋喜多八(きたりやきたはち:)
〈〉十返舎一九作「東海道膝栗毛」の主人公
市川猿之丞『弥次郎兵衛喜多八』映画・明治43年
調査中『弥次喜多阿部川』映画・明治44年
調査中『道中膝栗毛(赤坂並木の場)』映画・明治45年
調査中『弥次喜多道中膝栗毛』映画・大正2年
澤村四郎五郎『弥次喜多 赤坂並木と墓場』映画・大正5年
調査中『道中膝栗毛 前篇』映画・大正8年
調査中『弥次喜多 第一篇第二篇』映画・大正9年
中村扇太郎『弥次喜多 前篇 善光寺詣りの巻』映画・大正10年
中村扇太郎『弥次喜多 後篇』映画・大正10年
調査中『弥次喜多《松竹版》』映画・大正11年
調査中『弥次喜多九州回り』映画・大正11年
片岡市太郎『弥次と北八 第一篇』映画・大正12年〈きたりや北八〉
片岡市太郎『弥次と北八 第二篇』映画・大正12年〈きたりや北八〉
片岡仁引『東海道膝栗毛』映画・大正13年
曾我廼家五九郎『山賊』映画・大正14年
内田吐夢『舶来弥次喜多(舶来頓珍漢)』映画・大正15年〈トム〉
森肇『東海道膝栗毛第一篇』映画・大正15年
小泉嘉輔『新作膝栗毛』映画・大正15年
大河内伝次郎『弥次喜多 尊王の巻』映画・昭和2年
大河内伝次郎『弥次喜多 韋駄天の巻』映画・昭和2年
大河内伝次郎『弥次喜多 鳥羽伏見の巻』映画・昭和2年
大谷友右衛門『東海道中膝栗毛』舞台・昭和3年
浜田格『弥次喜多柿泥棒』映画・昭和3年
大河内伝次郎『弥次喜多 伏見鳥羽の巻』映画・昭和3年
大岡怪童『東海道膝栗毛第一篇 地獄から這上がった弥次喜多』映画・昭和3年
大岡怪童『新版東海道膝栗毛第二篇 化かされた弥次喜多』映画・昭和3年
山吹徳二郎『弥次喜多助太刀道中』映画・昭和3年
調査中『弥次喜多旅日記』アニメ映画・昭和3年
中村翫右衛門『木曽街道膝栗毛』舞台・昭和4年
大岡怪童『東海道膝栗毛弥次喜多第三篇 弥次喜多浮世染』映画・昭和4年
杉山昌三九『天下御免弥次喜多道中』映画・昭和4年
里見明『弥次喜多近代行進曲(弥次喜多浮世床 後編)』映画・昭和4年
大島敬輔『弥次喜多労働時代』映画・昭和4年
阪東三右衛門『弥次喜多 東海道の巻』映画・昭和4年
阪東三右衛門『弥次喜多 第二篇』映画・昭和4年
阪東三右衛門『弥次喜多 第三篇』映画・昭和4年
阪東三右衛門『弥次喜多 第四篇』映画・昭和4年
大谷友右衛門『九州道中膝栗毛』舞台・昭和5年
阪東三右衛門『弥次喜多 京の巻』映画・昭和5年
林誠太郎『弥次喜多再興』映画・昭和5年
広田昂『弥次喜多はしご道中』映画・昭和5年
マキノ登六『膝栗毛木曽街道』映画・昭和5年
新見映郎『背広の弥次喜多』映画・昭和6年
小宮一晃『弥次喜多道中東海道』映画・昭和6年
大谷友右衛門『奥州膝栗毛』舞台・昭和7年
大谷友右衛門『続奥州膝栗毛』舞台・昭和7年
高田浩吉『弥次喜多美人騒動記』映画・昭和7年
山吹徳二郎『女弥次喜多』映画・昭和7年
月形龍之介『三千世界膝栗毛 へそ取り天下の巻』映画・昭和7年
小宮一晃『満蒙弥次喜多道中』映画・昭和7年〈北八〉
実川童十郎『弥次喜多恋の剣法』映画・昭和7年
田村邦男『弥次喜多 江戸の巻』映画・昭和8年
坂東好太郎『弥次喜多 美人騒動』映画・昭和8年
坂東好太郎『弥次喜多《松竹版》』映画・昭和8年
大谷友右衛門『出雲道中膝栗毛』舞台・昭和9年
田村邦男『弥次喜多 箱根の巻 富士の巻』映画・昭和9年
調査中『歌ふ弥次喜多 東海道小唄道中』舞台・昭和10年
小柳ナナ子『弥次喜多《ムーランルージュ公演》』舞台・昭和10年
二村定一『弥次喜多 親子編』舞台・昭和10年〈小喜多〉
岸井明『續歌ふ彌次喜多 滿洲小唄道中《有楽座公演》』舞台・昭和10年
伴淳三郎『弥次喜多 前篇 暗中飛躍の巻 下の巻』映画・昭和10年
伴淳三郎『弥次喜多 後篇 上の巻 電光石火の巻』映画・昭和10年
伴淳三郎『弥次喜多 後篇 下の巻 万事解決の巻』映画・昭和10年
阿部正三郎『弥次喜多行進曲』映画・昭和10年
徳山※〈※=王へんに連〉『歌ふ弥次喜多』映画・昭和11年
阿部正三郎『二代目弥次喜多』映画・昭和12年
大岡怪童『海の弥次喜多』映画・昭和12年
藤尾純『歌う弥次喜多 京大阪の巻』映画・昭和12年
山吹徳次郎『弥次喜多 岡崎猫退治』映画・昭和12年
杉狂児『弥次喜多道中記』映画・昭和13年〈実は鼠小僧次郎吉〉
中村正太郎『突貫弥次喜多』映画・昭和13年
大坂志郎『弥次喜多凸凹道中』映画・昭和13年
榎本健一『エノケンの弥次喜多』映画・昭和14年
藤井貢『弥次喜多大陸道中』映画・昭和14年
杉山昌三九『天下御免弥次喜多道中記』映画・昭和14年
杉山昌三九『天下御免弥次喜多道中記 第二篇』映画・昭和14年
杉山昌三九『女弥次喜多』映画・昭和14年
海江田譲二『弥次喜多怪談道中』映画・昭和15年
藤井貢『弥次喜多六十四州唄栗毛』映画・昭和15年
綾小路絃三郎『弥次喜多木曽道中 前後篇』映画・昭和15年
澤村國太郎『弥次喜多 名君初上り』映画・昭和15年
藤井貢『弥次喜多捕物道中』映画・昭和16年
藤井貢『開化の弥次喜多』映画・昭和16年
榎本健一『弥次喜多道中膝栗毛』舞台・昭和
坊屋三郎『笑ふ宝船(お笑ひ週間 笑ふ宝船)』映画・昭和21年
調査中『弥次喜多凸凹道中』映画・昭和23年
調査中『弥次喜多猫化け道中』映画・昭和24年
坂東好太郎『東海道弥次喜多珍道中』映画・昭和24年
古川緑波『エノケン・ロッパの弥次喜多ブギウギ道中』映画・昭和25年
キドシン『黄門と弥次喜多 からす組異変』映画・昭和26年
伊藤雄之助『恋風五十三次』映画・昭和27年
横山エンタツ『新やじきた道中』映画・昭和27年
池田忠夫『新版歌う弥次喜多』テレビ単発・昭和28年
小杉勇『弥次喜多 三部作』映画・昭和29年
鶴田六郎『弥次喜多金比羅道中』映画・昭和29年
中島孝『弥次喜多双六道中』テレビ単発・昭和29年
北上弥太郎『弥次喜多民謡道中 奥州街道の巻』映画・昭和30年
喜味こいし『弥次喜多漫才道中・底抜け一家の巻』映画・昭和30年
喜味こいし『弥次喜多漫才道中・化け姫騒動の巻』映画・昭和30年
益田キートン『怪盗と判官』映画・昭和30年
相模太郎(声)『弥次喜多道中』ラジオドラマシリーズ・昭和30年
林成年『弥次喜多道中』映画・昭和31年
伴淳三郎『歌う弥次喜多 黄金道中』映画・昭和32年
久野四郎(声)『弥次喜多スッ飛び道中』テレビ人形劇シリーズ・昭和32年
久野四郎(声)『弥次喜多やりくり道中』テレビ人形劇シリーズ・昭和32年
小林桂樹『弥次喜多道中記』映画・昭和33年
小林桂樹『弥次喜多道中記夫婦篇 弥次喜多双六道中』映画・昭和33年
星十郎『殿さま弥次喜多 怪談道中』映画・昭和33年
トニー谷『大暴れ東海道』映画・昭和33年
市村羽左衛門『お好み日曜座 道中膝栗毛』テレビ単発・昭和33年
南利明『東海道弥次喜多珍道中』映画・昭和34年
南利明『日本ロマンス旅行』映画・昭和34年
中田ロケット『濡れ髪三度笠』映画・昭和34年
北上弥太郎『弥次喜多民謡道中記 奥州街道篇』映画・昭和34年
中村賀津雄『殿さま弥次喜多 捕物道中』映画・昭和34年
調査中『弥次喜多』テレビシリーズ・昭和34年
明石一(声)『こども名作劇場 弥次喜多珍道中』ラジオドラマシリーズ・昭和34年
南利明『弥次喜多珍道中 中仙道の巻』映画・昭和35年
中村賀津雄『殿さま弥次喜多』映画・昭和35年
坂東鶴之助『名作菊五郎劇場 東海道膝栗毛』テレビ単発・昭和35年
江利チエミ『ひばりチエミの仲好し歌道中』テレビ単発・昭和35年
勝新太郎『花くらべ狸道中』映画・昭和36年
藤木悠『サラリーマン弥次喜多道中』映画・昭和36年〈現代劇〉
藤木悠『続サラリーマン弥次喜多道中』映画・昭和36年〈現代劇〉
岩井半四郎『江戸姿歌う弥次喜多』テレビ単発・昭和36年
三遊亭柳枝『花かご道中』映画・昭和36年〈武蔵屋喜多八〉
江利チエミ『ひばり・チエミの弥次喜多道中』映画・昭和37年〈喜多さんを名乗る〉
八波むと志『講談ドラマ 弥次郎兵衛喜多八』テレビシリーズ・昭和37年
花柳寛『舞踊ホール ご存知膝栗毛』テレビ単発・昭和37年
人見明『歌謡弥次喜多道中記』舞台・昭和38年
堺駿二『大暴れ五十三次』映画・昭和38年
調査中『女弥次喜多タッチ旅行』映画・昭和38年
佐山俊二『大江戸遊侠伝』舞台・昭和39年
佐山俊二『勢ぞろい珍街道』テレビシリーズ・昭和39年
調査中『弥次喜多道中記《中座公演》』舞台・昭和40年
谷幹一『やじきた志ん幹線』テレビシリーズ・昭和41年
中村吉右衛門『弥次喜多 東海道中膝栗毛』舞台・昭和43年
待田京介『歌う弥次喜多膝栗毛』舞台・昭和45年
目黒祐樹『弥次喜多隠密道中』テレビシリーズ・昭和46年
山田太郎『江戸巷談 花の日本橋 弥次喜多女難の巻 怪談道中』テレビ単発・昭和47年
大山克巳『弥次喜多道中記』舞台・昭和49年
小松政夫『バラエティ世界史漫遊』テレビバラエティシリーズ・昭和50年
関時男(声)『まんが日本絵巻 弥次さん喜多さん ズッコケ道中』テレビアニメ単発・昭和53年
関時男(声)『まんが日本絵巻 弥次さん喜多さん ハラペコ道中』テレビアニメ単発・昭和53年
調査中『初暴れ弥次喜多道中』舞台・昭和57年
角川博『弥次喜多大阪に現る』舞台・昭和57年
せんだみつお『時代劇スペシャル ザ・ヤジキタ』テレビ単発・昭和57年〈大工キタハチ〉
調査中『初笑い!!ルンルン珍道中』テレビ単発・昭和58年
五木ひろし『春や春 恋の弥次喜多』舞台・昭和60年
水前寺清子『チータの歌う弥次喜多道中記』舞台・昭和60年〈お喜多〉
大塚國夫『弥次喜多』舞台・昭和60年
大塚國夫『弥次喜多』舞台・昭和61年
車だん吉『ぶらり日本名作の旅 十返舎一九東海道中膝栗毛』テレビバラエティ単発・平成元年
加藤茶『弥次さん喜多さん道中記 東海道五十三次』テレビ単発・平成2年
松田隆男『女ばっかり東海道』舞台・平成3年
麻生健史;中尾隆聖『ザ・弥次喜多〜江戸へ〜』舞台・平成4年
増岡弘(声)『続・やじさんきたさん』テレビ人形劇単発・平成5年
塩屋浩三『ザ・弥次喜多II〜地獄八景双六道中〜』舞台・平成6年
山川豊『唄う!弥次喜多故郷に帰る』舞台・平成10年〈喜多之丞〉
加藤茶『喜劇・弥次喜多忠臣蔵道中記』舞台・平成11年
塩屋浩三『ザ・弥次喜多III〜お気楽幽霊珍道中〜』舞台・平成12年
塩屋浩三『ザ・弥次喜多VI〜追って追われてまた追って〜』舞台・平成12年
調査中『弥次・喜多のお年寄りの交通安全』OV・平成12年
小熊ヒデジ『真夜中の弥次さん喜多さん』舞台・平成14年
小熊ヒデジ『真夜中の弥次さん喜多さん』舞台・平成16年
小熊ヒデジ『真夜中の弥次さん喜多さん』舞台・平成17年
中村七之助/広野健至『真夜中の弥次さん喜多さん』映画・平成17年
櫻井孝宏(声)『真夜中の弥次さん喜多さん 愛と幻覚のセレナーデ』CDドラマ・平成17年
柄本明『やじきた道中 てれすこ』映画・平成19年
塩屋浩三(声)『青山二丁目劇場 石松、弥次喜多に会う』ラジオドラマ単発・平成19年
井上順『唄う弥次喜多道中旅日記』舞台・平成23年
川上たけし『The平成時代劇 清水の次郎長』舞台・平成24年
真鍋拓『歴史秘話ヒストリア やじ・きたと“ブラ旅”に出よう! 〜「東海道中膝栗毛」魅惑の旅テク〜』テレビ単発・平成24年
調査中『謎とき!江戸のススメ』テレビシリーズ・平成24年
小熊ヒデジ『真夜中の弥次さん喜多さん』舞台・平成25年
市川弘太郎『獨道中五十三驛』舞台・平成26年
上田早紀(声)『きくドラ 十返舎一九「東海道中膝栗毛−小田原の宿−」』インターネットラジオドラマ単発・平成27年
中澤まさとも(声)『きくドラ 十返舎一九「東海道中膝栗毛−御油より赤坂−」』インターネットラジオドラマ単発・平成27年
柏士文(声)『きくドラ 十返舎一九「東海道中膝栗毛-宮より桑名の宿-」』インターネットラジオドラマ単発・平成27年
藤原祐規『真夜中の弥次さん喜多さん』舞台・平成28年
石田卓誠『長崎街道弥次喜多道中』舞台・平成28年
藤原祐規『ブタイモン 真夜中の弥次さん喜多さん おんTV』テレビシリーズ・平成28年
真鍋拓『歴史秘話ヒストリア 京都・まぼろし大仏の旅』テレビ単発・平成28年
藤原祐規『おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」双』舞台・平成29年
市川猿之助『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』舞台・平成29年
藤原祐規『おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」三重』舞台・平成30年
市川猿之助『東海道中膝栗毛』舞台・平成30年

北聆吉(きたれいきち:1885〜1961)
〈玲吉〉昭和期の代議士。北一輝の弟、多摩美術大学創始者
大山克巳『憲法はまだか』テレビ単発・平成8年

北脇田鶴子(きたわきたづこ:)
〈〉伊庭正人の妻、伊庭貞剛の母。広瀬宰平の実姉
田村多佳子『歌劇 天空の町 別子銅山と伊庭貞剛《7/14公演》』舞台・平成24年
田村多佳子『歌劇 天空の町 別子銅山と伊庭貞剛《11/16公演》』舞台・平成24年
鈴木のぞみ『歌劇 天空の町 別子銅山と伊庭貞剛《2/16公演》』舞台・平成25年
山口陽子『歌劇 天空の町 別子銅山と伊庭貞剛《9/16公演》』舞台・平成25年
蔵重万季代『歌劇 天空の町 別子銅山と伊庭貞剛《5/3公演》』舞台・平成26年
朝加真由美『百年の計、我にあり 知られざる明治産業維新リーダー伝』テレビ単発・平成28年〈伊庭田鶴〉

姫旦(きたん:)
〈〉古代中国・周の摂政
瀬野雅彦(声)『封神演義』テレビアニメシリーズ・平成12年

吉右衛門(きちえもん:)
〈〉織豊期の陶工。瀬戸十作の一人
調査中(声)『へうげもの』テレビアニメシリーズ・平成23年

吉三郎(きちさぶろう:)
〈小野川吉三郎〉江戸前期の寺小姓。八百屋お七の恋人とされるが実録ものでは遊び人
市川壽美蔵『夢介と僧と』舞台・明治43年〈吉三と呼ばるる青年〉
調査中『八百屋お七』映画・大正12年
村田実『お七物語』舞台・大正4年〈吉三〉
尾上紋寿『お七と伝七』映画・大正14年
中浜一三『八百屋お七』映画・大正15年
尾上栄五郎『お七鹿の子染』映画・昭和11年
中村錦之助『八百屋お七 ふり袖月夜』映画・昭和29年
調査中『八百屋お七 江戸祭り一番娘』映画・昭和35年
服部哲治『西鶴物語 八百屋お七』テレビ単発・昭和36年〈小野川吉三郎〉
林与一『お七かんざし』舞台・昭和41年
森竜二『情炎お七恋唄』映画・昭和47年
松橋登『江戸巷談 花の日本橋 初恋八百屋お七 燃える女』テレビ単発・昭和47年
花ノ本寿『八百屋お七 恋の緋鹿子』舞台・昭和48年
花ノ本寿『八百屋お七 恋の緋鹿子』舞台・昭和49年
調査中『八百屋お七 恋の曼陀羅』舞台・昭和49年
太田博之『江戸を斬る 梓右近隠密帳』テレビシリーズ・昭和48年〈生田吉三郎〉
富山敬『青二プロ10周年記念フェスティバル・ライヴ お七炎情』舞台・昭和53年
山口嘉三(声)『まんが日本絵巻 狂乱の炎 八百屋お七』テレビアニメ単発・昭和53年
真帆志ぶき『八百屋お七変化』舞台・昭和55年
真帆志ぶき『八百屋お七変化』舞台・昭和56年
石黒賢『天下の副将軍 水戸光圀』テレビ単発・平成4年〈小野川吉三郎〉
坂東八十助『松竹梅湯島掛額』舞台・平成5年
中村梅玉『松竹梅湯島掛額』舞台・平成10年
柄沢次郎『西鶴一代女』舞台・平成11年
市川新之助『松竹梅湯島掛額』舞台・平成13年
大貴誠『MUSICAL SAIKAKU』舞台・平成17年
黒神龍人『日本史サスペンス劇場 好評第2弾・本当にあったマル秘事件&情事』テレビ単発・平成19年
池松壮亮『あさきゆめみし〜八百屋お七異聞』テレビシリーズ・平成25年〈吉三〉
嵐芳三郎『松竹梅湯島掛額』舞台・平成26年

吉蔵(きちぞう:1887〜1813)
〈吉三郎〉江戸後期の船員。観世丸の乗組員
島田正吾『高田屋嘉兵衛《10月公演》』舞台・昭和9年〈吉三郎〉
島田正吾『高田屋嘉兵衛《11月公演》』舞台・昭和9年〈吉三郎〉
黒木友宜『菜の花の沖』舞台・平成11年
徳井優『菜の花の沖』テレビシリーズ・平成12年
黒木友宜『菜の花の沖』舞台・平成13年

魏徴(ぎちょう:580〜643)  
〈玄成〉中国・唐の政治家
丸山詠二(吹替)『則天武后 日本語版』テレビシリーズ・平成8年

吉川興経(きっかわおきつね:1508〜1550)
〈千法師〉戦国期の武将
京本政樹/三觜要介『毛利元就』テレビシリーズ・平成9年

吉川国経(きっかわくにつね:1443〜1531)
〈伊豆守、治部少輔〉戦国期の武将
草薙幸二郎『毛利元就』テレビシリーズ・平成9年

木津川計(きづかわけい:1935〜)
〈坂本凡夫〉昭和・平成期の雑誌編集者、作家
平泉成『芋たこなんきん』テレビシリーズ・平成18年〈畑山耕三〉

吉川晃司(きっかわこうじ:1965〜)
〈〉昭和・平成期の歌手、俳優
吉川晃司『ベトナムの風に吹かれて』映画・平成27年

吉川千法師(きっかわせんほうし:〜1550)
〈〉吉川興経の子
平野一真『毛利元就』テレビシリーズ・平成9年

吉川経家(きっかわつねいえ:1547〜1581)
〈千熊丸、小太郎、式部少輔〉織豊期の武将
御木本伸介『太閤記』テレビシリーズ・昭和40年
浜畑賢吉『黄金の日日』テレビシリーズ・昭和53年
伊智生士冶(声)『戦国大戦 15XX 五畿七道の雄』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年
三角園直樹『歴史秘話ヒストリア 秀吉 天下人のマネー術』テレビ単発・平成28年

吉川経幹(きっかわつねまさ:1829〜1867)
〈監物、駿河守〉幕末期の岩国藩主
滝田裕介『西郷隆盛』テレビシリーズ・昭和39年
滝田裕介『奇兵隊』テレビ単発・平成元年
寺十吾『花燃ゆ』テレビシリーズ・平成27年
猪野学『』テレビシリーズ・平成30年〈吉川監物〉

吉川経安(きっかわつねやす:1525~1600)
〈久利余七郎、吉川経冬、盛林、和泉守〉織豊期の毛利家武将
伊智生士冶(声)『戦国大戦 15XX 五畿七道の雄』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年

吉川経世(きっかわつねよ:)
〈〉戦国期の吉川家武将
大森博『毛利元就』テレビシリーズ・平成9年

吉川広家(きっかわひろいえ:1561〜1625)
〈民部少輔〉織豊期の武将
西沢利明『春の坂道』テレビシリーズ・昭和46年
勝部演之『関ヶ原』テレビ単発・昭和56年
相原巨典『徳川家康』テレビシリーズ・昭和58年
関篤『真田太平記』テレビシリーズ・昭和60年
恒川英之『東狸と西狐』舞台・平成11年
なべおさみ『葵 徳川三代』テレビシリーズ・平成12年
松野太紀(声)『決戦』PS2ゲームソフト・平成12年
小形満(声)『新釈 戦国英雄伝説 眞田十勇士』テレビアニメシリーズ・平成17年〈吉川蔵人頭広家〉
モロ師岡『功名が辻』テレビ単発・平成18年
江川央生(声)『戦国無双2 Empires』PS2ゲーム・平成18年
佐藤秀樹『関ヶ原BOOGIE☆ WOOGI〜毛利家の場合〜』舞台・平成23年
加藤重樹『歴史秘話ヒストリア 関ヶ原 知られざるヒーローたち〜戦国乱世に咲いた男の華〜』テレビ単発・平成23年
岡野浩介(声)『戦国大戦 1582 日輪、本能寺より出ずる』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年
加藤頼『軍師官兵衛』テレビシリーズ・平成26年
杉田智和(声)『戦国大戦 1600 関ヶ原 序の布石、葵打つ』トレーディングカードアーケードゲーム・平成26年
山本卓『関ヶ原で一人〜lonely SEKIGAHARA〜』舞台・平成27年
中家志穂(声)『戦極姫7〜戦雲つらぬく紅蓮の遺志〜』PCゲームソフト・平成28年
調査中『関ヶ原』映画・平成29年
中原茂(声)『仁王』PS4ゲームソフト・平成29年
中家志穂(声)『戦極姫7〜戦雲つらぬく紅蓮の遺志〜』PSVitaゲームソフト・平成29年

吉川広正(きっかわひろまさ:1601〜1666)
〈長熊丸、又次郎、左介、美濃守、内蔵助〉江戸前期の毛利家家臣
菅沼久義(声)『戦国大戦 1615 大坂燃ゆ、世は夢の如く』トレーディングカードアーケードゲーム・平成27年

吉川広嘉(きっかわひろよし:1621〜1679)
〈〉江戸前期の周防岩国藩主
葉山良二『柳生十兵衛』テレビシリーズ・昭和45年 

吉川元経(きっかわもとつね:1459〜1522)
〈〉戦国期の武将
ダンカン『毛利元就』テレビシリーズ・平成9年

吉川元長(きっかわもとなが:1548〜1587)
〈鶴寿丸、少輔次郎、元資、治部少輔〉織豊期の毛利家武将
田中充貴『秀吉』テレビシリーズ・平成8年
清水伸/仁科拓海『毛利元就』テレビシリーズ・平成9年
小野大輔(声)『戦国大戦 15XX 五畿七道の雄』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年
出合正幸『軍師官兵衛』テレビシリーズ・平成26年

吉川元春(きっかわもとはる:1530〜1586)
〈少輔次郎、毛利元春、治部少輔、駿河守〉戦国期の武将。毛利元就の子
二本柳寛『太閤記』テレビシリーズ・昭和40年
志村けん『ドリフ大爆笑’81』テレビバラエティ単発・昭和56年
はせさん治(声)『まんが日本史』テレビアニメシリーズ・昭和58年
調査中『鶴姫伝奇 興亡瀬戸内水軍』テレビ単発・平成5年
松重豊/安藤一志『毛利元就』テレビシリーズ・平成9年
Mr.オクレ『吉本大活劇 電気トオル 毛利元就編』テレビ単発・平成14年
草尾毅(声)『戦国無双2 Empires』PS2ゲームソフト・平成18年
桜川未央(声)『戦極姫〜戦乱の世に焔立つ〜』PCゲームソフト・平成20年〈毛利オルテナ〉
小林眞紀(声)『戦極姫〜戦乱に舞う乙女達〜』PS2ゲームソフト・平成21年〈毛利オルテナ〉
鈴之助『戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜 戦ハーフタイム』テレビバラエティシリーズ・平成22年
岩崎大『戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜 戦国武将がよく来るキャバクラ』テレビシリーズ・平成22年
桜川美央(声)『戦極姫2〜戦乱の世、群雄嵐の如く〜』PCゲーム・平成22年〈毛利オルテナ〉
小林眞紀(声)『戦極姫2〜百華、戦乱辰風の如く〜 炎』PS2ゲームソフト・平成22年〈毛利オルテナ〉
小林眞紀(声)『戦極姫2〜百華、戦乱辰風の如く〜 嵐』PSPゲームソフト・平成22年〈毛利オルテナ〉
小林眞紀(声)『戦極姫2〜葉隠の乙女、風雲に乗ず〜』Xbox360ゲームソフト・平成22年
奥山歩(声)『桜花センゴク〜信長ちゃんの恋して野望!?』PCゲームソフト・平成22年〈現代劇〉
田畑潤弥『道雪』舞台・平成23年
大友康平『戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち』テレビ単発・平成23年
桜川未央(声)『雀極姫』PCゲームソフト・平成23年〈毛利オルテナ〉
春日アン(声)『戦極姫3〜天下を引き裂く光と影〜』PCゲームソフト・平成23年
草柳順子(声)『戦極姫4〜争覇百計、花守る誓い〜』PCゲームソフト・平成24年
藤原啓治(声)『鬼武者 Soul』オンラインシュミレーションRPG・平成24年
加澄もも(声)『戦極姫3〜天下を切り裂く光と影〜』PSPゲームソフト・平成24年
小野大輔(声)『戦国大戦 1582 日輪、本能寺より出ずる』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年
杉田智和(声)『戦国大戦 15XX 五畿七道の雄』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年
大穂恭平『The Devil of the 6th Heaven』舞台・平成25年〈現代劇〉
草柳順子(声)『戦極姫5〜戦禍断つ覇王の系譜〜』PCゲームソフト・平成25年
吉見一豊『軍師官兵衛』テレビシリーズ・平成26年
前田公輝『俺の地図帳〜地理メンBOYSが行く〜 富士山からDON!〜毛利三兄弟〜』テレビシリーズ・平成26年
香澄もも(声)『戦極姫‐華‐〜真録・天下を切り裂く光と影〜』PCゲームソフト・平成26年
草柳順子(声)『天極姫〜新世大乱・双界の覇者達〜』PCゲームソフト・平成26年
草柳順子(声)『戦極姫5〜戦禍断つ覇王の系譜〜』PSVitaゲームソフト・平成26年
河原崎権十郎『新書太閤記』舞台・平成28年

キックリ(きっくり:)
〈〉紀元前15世紀のミタンニ出身のフルリ人。キックリ文書を残す
関智一(声)『天は赤い河のほとり《ファーストシーズン》』CDドラマシリーズ・平成9年
関智一(声)『天は赤い河のほとり サウンドシアター7』CDドラマ・平成14年
関智一(声)『天は赤い河のほとり サウンドシアター番外編 キックリの1日』CDドラマ・平成14年
関智一(声)『天は赤い河のほとり サウンドシアター8』CDドラマ・平成15年
凛城きら『天は赤い河のほとり《宝塚宙組公演》』舞台・平成30年
穂稀せり『天は赤い河のほとり《宝塚宙組新人公演》』舞台・平成30年

狐島吉次(きつねじまよしつぐ:)  
〈島本左衛門大夫、浄賢〉戦国期の雑賀衆
倉田地三『国盗り物語』テレビシリーズ・昭和48年〈島本右衛門太夫〉
浜田賢二(声)『戦国大戦 1582 日輪、本能寺より出ずる』トレーディングカードアーケードゲーム・平成24年

狐火の勇五郎[二代目](きつねびのゆうごろう:1760〜1792)
〈又太郎〉江戸中期の盗賊。池波正太郎作「鬼平犯科帳」の登場人物
岸田森『鬼平犯科帳』テレビシリーズ・昭和44年
近藤洋介『鬼平犯科帳』テレビシリーズ・昭和55年
速水亮『鬼平犯科帳(第一部)』テレビシリーズ・平成元年
世良公則『鬼平犯科帳』映画・平成7年
中村錦之助『鬼平犯科帳 狐火』舞台・平成21年

キツネ目の男(きつねめのおとこ:)
〈F〉グリコ・森永事件の犯人グループの一員の通称。捜査員が接触し唯一似顔絵が公開された
木村靖司『NHKスペシャル 未解決事件 グリコ・森永事件』テレビ単発・平成23年

吉本(きつほん:)
〈吉平〉中国・後漢末期の医師
平田広明(吹替)『三国志(原題・三国演義) 日本語版《NHKBS版》』テレビシリーズ・平成7年
堀部隆一(吹替)『三国志 Three kingdoms 日本語版』テレビシリーズ・平成24年〈吉平〉
西谷修一(吹替)『曹操 日本語版』テレビシリーズDVD版・平成25年〈吉平〉
石原辰巳(吹替)『曹操暗殺 三国志外伝 日本語版』映画DVD版・平成26年〈吉太医〉



最終アップデート 2019.01.17 
このページは「配役宝典」を完成稿として、そのままアップデートしたものです。
現在もデータ収集や記事の修正をしています。

情報をいただける方や興味をもたれた方はメールでご連絡ください。

配役宝典 第六版 目次


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ