2011年角川ソフィア文庫から玉城司訳注『現代語訳付き蕪村句集』が刊行されました。蕪村の発句から1,000句を選び、簡明な注解と現代語訳を付したものです。
この句集の続編を「俳句の森」に掲載します。不定期ですが、どうぞお楽しみに。

蕪村句集

与謝蕪村・玉城司訳注
1,238円+税
角川文庫WEBサイト

2011年岩波文庫から堀切実校注『鶉衣』上・下が刊行されました。手軽に読むことの出来なかった同書がようやく文庫で復活したのは大変嬉しいことでした。是非お求めになって也有の俳文に触れてみて下さい。

鶉衣

横井也有著・堀切実校注
上1,020円+税、下940円+税
岩波文庫WEBサイト

2013年角川ソフィア文庫から玉城司訳注『現代語訳付き一茶句集』が刊行されました。生涯2万句を越えるという一茶の作品から厳選された1千句について、季語別に整理して現代語訳と注を附した決定版一茶句集です。手元に置いて四季折々の句を鑑賞するのも楽しいですし、その斬新多彩な句業は実作者にも多くの刺激を与えてくれるでしょう。

一茶句集

小林一茶・玉城司訳注
1,238円+税
角川文庫WEBサイト

猿

地獄谷のsnowmonkey



シジュウカラ

早春の来客



シメ

これはシメ
目つきが……







link


俳文学会
俳文学会東京研究例会
連句協会
柿衞文庫
東山動植物園
一茶記念館
信州高山一茶館
江東区芭蕉記念館
芭蕉翁記念館
芭蕉データベース
芭蕉会議
季語と歳時記
酒折連歌賞
国立国会図書館
国文学研究資料館
国際日本文化研究センター
土地家屋調査士会連合会
アムネスティ日本





無料カウンター
立ち直りの早い四十雀(動画の再生はChromeを推奨します)

contents

★★★★★★ 現在、平成28年度白雄忌俳句大会の投句受付中です ★★★★★★
   →応募要項はこちらから




更新履歴




以前俳誌「松毬」に連載した拙稿を掲載してみます。日本の詩歌が「風景」をどう表現してきたかを追ったものですが、私は研究者でも専門家でもないただの俳句愛好家ですから、まとまった論考ではありません。
俳句についての文章を発表すると、知ったかぶりして恥をかいたということになって自己嫌悪に陥るのですが、もともと俳句作りは恥をさらすことですからこれも載せてみることにしました。

(JAN 25/ 2016/ 竹内)


平成27年10月11日、加舎白雄ゆかりの長野県上田市大輪寺にて白雄225回忌全国俳句大会が開催されました。
加舎白雄顕彰保存会発行の入選句集から、特選句をご紹介します。また、28年度の投句募集案内も掲載します。ふるってご応募下さい。
 →白雄忌俳句大会情報
 →加舎白雄の俳句

(DEC 7/ 2015/ 竹内)


角川ソフィア文庫版「蕪村句集」所載の全発句を蕪村千句として掲載しました。
蕪村の俳句観を知る上で欠かせない資料である「春泥句集」序を掲載しました。

(JUN 04/ 2011/ 竹内)


2011年5月、角川文庫「蕪村句集」の著者で長年の友人である玉城司氏を迎えて《玉城司・蕪村句集続編》のページを新設しました。
今後はこれと《竹内睦夫・横井也有を読む》の二つをメインとしたサイトとして運営していきます。
サッカーの強力ツートップに喩えたいところですが、まあ寄席の二人会のようなものでしょうか。ご贔屓をお願いいたします。
なお、旧「俳句の森」コンテンツのうち、アクセスの多いものについては一部をアーカイブスとして残しました。また、このサイトの管理は引続き竹内の責任で行います。

(MAY 01/ 2011/ 竹内)


2011年5月1日から俳句の森の片隅に住まわせていただくことになりました、玉城 司(たまきつかさ)と申します。どうぞよろしくお願いします。
つかさ 俳句の森のオーナー竹内睦夫さんとは、20年来のお付き合い。畏敬する大切な友人です。
この森で、2011年2月に上梓した『現代語訳付き 蕪村句集』(角川ソフィア文庫)の続編を編むことにしました。エッセイを加えて、ちょっと遊びたいと思っています。お付き合いいただければ幸いです。

(MAY 01/ 2011/ 玉城)


1997年に私竹内睦夫が開設した個人的な俳句サイトです。私は俳句に興味を持って作ったりもしていますが、要するに普通の素人です。
森番近影 世間には俳句があふれかえっており既に多過ぎると思っていますので、このサイトではネット句会のようなものはいたしません。もちろん拙い自作を並べるのもやめておきます。ここにはただ私が面白いと思ったものを載せてみるだけです。あなたにとって面白いものが何かあるといいんですが。
ご意見・ご質問その他は俳句の森番あてメールでお願いします。

(森番・竹内)


 (C) Mutsuo TAKEUCHI
(C) Tsukasa TAMAKI