俳句スクエア集・平成 29 年 2 月号

                  

                     通 巻 122号 


********************************************************************************************************************************************************************



  大寒や有袋類の子を抱いて         服部一彦

  雪催ふメンコべー独楽人さらひ

  棘のある言葉飛び交ふ寒の入り

 

  愛憎のねじれしままに名の木枯る      朝吹英和

  金管の背負ふ死の影虎落笛

  ハバネラに絡め取られし冬の蜂


  四阿囲む落葉の海に漂へり         前田呑舞

  冬枯れの中に微かな息吹あり

  ひっそりと生命繋ぐや枯葎


  大くさめ背中愛しき美僧かな        毬月

  探梅のこんなところで告白す

  別れ際会話途切れて雪景色


  極寒裡直ぐに無くなる文具入れ       石川順一

  雪の音今日がピークと身構へる

  冬の朝ライトの事を考へる


  ちらほらと舞ふ粉雪やただ嬉し       十河智

  風花や駅より人もそれぞれに

  雪明かり山懐に住宅街


  遠浅に翼をたたむ冬銀河          石母田星人

  風花と歩むや鳥の貌をして

  凍蝶の地下水脈の匂かな


  分け入れば半跏思惟なる枯野人       真矢ひろみ

  川枯れて吾も共食いの裔ならむ

  いびつなる牡蠣其々の卑屈かな


  ヘルダーリン呼べるアジアや実千両     大津留直

  福寿草卒寿の母の手の温み

  大寒や城の林檎酒醗酵す


  凍蝶に刻まれてゐる月の影         松本龍子

  波音を隠しつづける梅日和

  寒月を呑みこんでゐる犀の口


  傾きを直しては置く注連飾         於保淳子

  コーヒーはいつもより濃く冬うらら

  羽根白きショール軽やか新成人


  一月の日差しが射抜く渾天儀        今井みさを

  小寒の龍が封ずる裏鬼門

  満々と淑気溜めたる龍の口


  文旦の視線を集める言葉かな        石田桃江

  腹の皮伸ばして暮らし春を待つ

  一月やトンネル抜け出ケア教室


  冬鴉とばり揺らして地火明夷        加藤直克

  雪晴の水晶となる大気かな

  丹頂のひかりはね上げ墨降らす


  面会に来ぬ部屋もあり聖夜かな       菊池宇鷹

  数え日の食べ納めたるケーキかな

  古傷の亀の尾しみる冬至かな


  しなやかに天の采配雪降り来        松尾紘子

  海光の伊豆は親しも寒最中

  胸に揺る真珠一粒寒の月


  たをやかに寒九の水で墨を磨る       干野風来子

  わたつみの海恋すれば風花来

  かはらけを投げて雲居の峡寒し


  冬麗や一本早い汽車に乗る         根本葉音

  指先の血も踊り出す寒九の湯

  憂きことも腹にをさめて柳葉魚噛む

  

  冬凪いで星夜の底となりにけり       五島高資

  蓬莱や朝陽にまなこそそぎたる

  金星へ抜ける道あり鬼火焚

                             句稿到着順

 

**********************************************************************************************************************************************************************

 

次回、「俳句スクエア集」平成29年3月号の締切は、平成29年2月20日です。

同人は、3句(雑詠・既出句可)以上を、編集部宛 へ題名に「3月号投句」

と明記の上、ご投句下さい。題名のない場合は不掲載の場合があります。

新規にご参加希望の方は、まず「俳句スクエア」へご入会下さい。

編集部宛 に、氏名(俳号可)、住所(都道府県)、所属結社(あれば)を明記の上、

「俳句スクエア」参加希望と題してお申し込み下さい。

 

************************************************************************************************************************************************************************

 

        俳句スクエア集・バックナンバー 

 

            「俳句スクエア」トップページへ


       「俳句スクエア」トップページへ


     Copyright (C) Takatoshi Gotoh 1998.3.1