「サメ 〜Haieのナカミ〜」とは
<サイト立ち上げの経緯・基本理念>

●Haieとは? ●なぜサメ? ●おことわり
 ●広告不掲載 ●リンク希望 ●SNS不参加 ●運営者について


[Haieとは?]
 私、サイト運営者のハンドル・ネーム「ハイエ」です。名前の意味はドイツ語で、「サメ」を表し、複数形です。ちなみにアドレスの「1976」は生年ではありません。その辺にいるただのサメ好きのあんちゃんです。


[なぜサメなの?]
 サメが好きだからです。ただそれだけです。
生命としての尊敬。生物としての驚異。神秘に満ちた生態。
 筆舌に尽くしがたいほど魅力的な生き物です。

かくいう私は、直接は本物のサメに関わることはない人間ですので、専門家にとっては厄介なアマチュアのマニアです。無論、サメに関して知らないことだらけで、サメの知識量もかなりわずかなものです。ここには私の至らぬオツムで理解できたことだけしか情報はありません。
 お金を取れるようなレベルの記事ではないので、執筆活動はしていません。


[まじめな話とおことわり]
 サイトは完全な非営利目的の個人運営・個人編集です。
運営者は研究者・専門家・水産系・水族館・博物館所属の人間ではありません。
 自由な立場で論じたいのと、普段の生活にこそ「サメ好き」の心が芽生えると信じております。
 サイトの立ち上げは、当サイト主要コンテンツのひとつ、2004年の東海大学海洋博物館主催のサメセミナー参加後に、この体験を自分だけのものにしてはいけないとの思いがあったので、サイトを立ち上げるに至りました。ほかにはサメに関する情報を私なりの視点で捉えて、サメという生き物への理解を深めていただきたいというところに重点を置いています。

青少年には、いささか不適切な表現がありますので、18歳未満お断りではないですがお子様はサメの海の子ザメの海でべんきょうしてね。


★アフィリエイト(広告掲載)について
 当サイトは、Yahoo!ジオシティーズというサービスを利用しております。こちらの利用規定により、SEO対策等の広告リンクを張ることはできません。(張るつもりもないですが)

 サメ関連の有益な情報を提供していると私が判断すれば、無償で「勝手にサメリンク」のコンテンツへ張ることがあるかもしれません。
 またコンテンツ内でamazon等の書籍リンクを張ることがありますが、一切の利益を受ける行為ではないことを明示します。


[リンクについて]
 特に制限は設けませんが、運営者がサメ専門家ではないことをご留意ください。また、★掲示板や◆メールなどにリンクしたい理由などいただければ、今後のサイト運営の参考となりますので、是非ともお願いします。
ただ、ここにある情報が一部の学説や海外の著書を訳して取り上げたものであるため、正しい表現でない恐れがあります。二次利用ではサイトからの引用などは控えてください。また、画像単独のリンクについてはご遠慮ください。

ページの改変が頻繁にありますので、トップページへのリンクが無難です。

水族館へのリンクがありますが、リンクフリーのものも掲載しています。Haieは関係者や関連団体ではありません。でも、訪問して気に入った水族館であることは確かです。

相互リンクをご希望の方は、ご一報ください。(勝手ながら、企業サイトはご遠慮ください)
(こちらはバナーです)


[ネットでの活動・ソーシャルネットワークについて]
※2015年現在、以下のサイト・ツールで「Haie・ハイエ」を名乗り、活動はしていません
(いても赤の他人ですので、失礼なことはなさらないで下さい)

 ・2のつく掲示板、ツィッター、mixi(脱会済)、LINE、skype、ナントカ動画。リアルサメイベントにたまに出没しますが、不幸にも遭遇されるとサメの話を延々し出しますのでご注意。
 ほか、Youtubeに動画があります。サメTV ぶぶサメ
2015/9 サメブログ開設 熱く語ってもサメた話 Haieのフロク
2016/2 フェイスブックコミュニティ「関西サメ男の会(仮)」開設。気になる方はぜひ。

[どうでもいいHaieのコト]
 
  • 日本板鰓類学会"非"会員です。
    (研究者ではなくライトな愛好家です。会員になってご迷惑をおかけしたくないので)
    己はスラックティビストとの認識はあります。有体に言えば、ここは「サメ好きの放談サイト」です。悪しからず。
     
  • サメ好きであることをなかなか周囲に明かさなかったらしい。
     
  • サメの本は和洋あわせて??冊(50は超えたと思う)ほど持っているらしい。でもちゃんと読んだのはその半分もないらしい。
     
  • 女性のコメントには、かなり力を入れてレスを打つらしい。
     
  • サメ好きなオタクではなく、サメに関してオタクだと主張したいらしい。
     
  • 自然気胸で、海には潜れないらしい。故の水族館好き。
     
  • 年に数回更新が頻繁になる時期が来るらしい。(末永く見守り下さい)
     
  • メールアドレスはです。お気軽に。
     
  • ここまで見たあなたにご褒美→サイトの歴史[トップ画像の系譜]
  • トップへ
    トップヘ

    サイトの内容に関するお問い合わせは随時受け付けております。
    場合によっては時間がかかるかもしれません。
    オナガに、いや気長にお待ちください。