The end of company ジエン社 秋のワークショップ・オーディション2008

「ナンパの絶望性について〜なぜ私たちはナンパができないのか?

 

日時:1116(日),17日(月)18時より開始。

場所:早稲田大学学生会館にて

(くわしい詳細は受付返信メールにてお知らせします。また、一部チラシで開催日が間違っておりますが、こちらが正しい日程です。ご注意ください。)

 

概要

来年2月にひかえるジエン社第3回公演『ゴーストニートペアレント』に向けて「私たちはこのような考えで演劇をしている」ということを示すために、基礎稽古を公開します。また、男女ともに若干名キャスティングが決まっていないので、出演者も募ろうという話です。

 

内容

少なくともあと一年くらいは演劇活動に携わる気のある、どちらかといえば自己満足系の小劇場俳優のための稽古会です。演劇におけるテクニックや基本的スキルなどは一切学べませんし、受けたからといってすぐ使えるというような即効性のある訓練ではありません。

今回は演技うんぬん以前に、なぜ私たちはそのへんを歩いている人に、気軽に声をかけ笑いあったり、理解しあったりすることができないのか、なぜあいつらに対して昭和特撮の話や、三国志(正史ベース)の話で盛り上がることができないのか、そしてなぜ知らない人に話しかけると不審者やストーカーと間違えられてしまうのかを考えながら、コミュニケーションというものについて考える小芝居や観察報告会的なものをやろうと思っています。内容は参加者の数によって変更になる場合があります。二月公演に参加の意志がなくてもかまいませんので、どうぞお気楽に参加ください。また、両日ともにやる内容は大体同じですので、片方参加のみで十分です。もちろん、両日参加も大歓迎です。

ところで押井守は、「女の子をナンパするには場数を踏まないと難しい、一方で政治的な不良には誰でもなれる」と言っています(山本直樹『レッド』第2巻。巻末対談での発言)。もしもナンパというものが、あなたに本当に不可能ならば、私たちのとるべき演劇の態度というものは。

 

参加方法

参加者は、事前に連絡(下記アドレス。各回ともに前日の24時まで)をした後、てきとうな服装を用意して、時間になったらメールで指定した場所付近でうろうろしてください。(別に動きやすくない格好でもいいですが、椅子とかないので稽古場の汚い床に体育座りとかしても平気な格好がいいです。)途中早退、遅刻なども可。ただし事前にご連絡ください。

件名に「ワークショップ参加希望」と書き、本文に氏名、性別、年齢、所属劇団(あれば)、2月公演参加の意志の有無、緊急時の連絡先(ケータイ番号が望ましい)を送ってください。返信をもって受付完了とします。連絡先はこちら→ jiensya@hotmail.co.jp