Poem by 谷川俊太郎

 Photo by 大和伸一

 Site arranged by Habane

 BGM 「面影」 by TAM Music Factory

カムチャッカの若者が きりんの夢を見ている時

メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている

ニューヨークの少女がほほえみながら 寝返りをうつとき 

ローマの少年は頭柱を染める 朝陽にウインクする

この地球では いつもどこかで 朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ 緯度から 緯度へと

そうしていわば交替で地球を守る 

眠る前のひととき 耳をすますと

どこか遠くで 目覚まし時計のベルが鳴っている

それはあなたの送った朝を 誰かがしっかりと受け止めた 証拠なのだ

<<INDEX | <PREVNEXT>
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

Englandの風  Copyright(C) Ken Nemoto&Habane. All Rights Reserved.