WEB箱詰めパズル製造機 ver 0.8

  1. puzmaker_08.lzh  をダウンロード後、解凍して下さい。

  2. puzmaker.jar がプログラム(JAVAアプレット)で、他のファイルはサンプルです。

      puzmaker.html パズル表示ページ(パズルのパラメータを含む)
      box.gif      箱画像  (単色の場合不要)
      wood.gif     ピース画像(単色の場合不要)
      face.gif     完了時に現れる画像

  3. puzmaker.html 内のコメントを参考にして、パズルを公開するHTMLページを作って下さい。
    パラメータは <param name="***"  value="***"> という形式で記述します。

  4. puzmaker.jar と必要な画像ファイルなどをHTMLファイルと同じフォルダに入れて下さい。
    HTMLファイルを開くと、パズルが動きます。また、そのままサーバにアップロードすれば公開できます。

  5. 箱詰めパズルで枠とピースが多角形であれば、大抵は作れます。なお今のバージョンでは、円弧などの曲線は使えません。
    サンプルでは丸いピースになっていますが、これは多角形のピースに?形の画像を貼り付けたものです。

  6. シェアウェア化する予定もある関係で、左下にバナーが表示されます。目ざわりとは思いますが、お許し下さい。

  7. コメントだけでは分からない事が多いと思いますので、不明の点はその都度  はやしだ までお問い合わせ下さい。
WEB箱詰めパズル製造機(puzmaker.jar)および画像(face.gif  wood.gif)の著作権は林田伸一が保有しています。
サンプルパズル「九個の?」(puzmaker.html)の著作権は夏木智が保有しています。

本パッケージは再配布可能です。
puzmaker.jar は、そのまま、公開用WEBページ内で利用できます。
puzmaker.html は、改変して違うパズルになっていれば、公開用WEBページ内で利用できます。

このページへのリンクを設置した場合は、設置後に はやしだ まで連絡して下さい。

改版履歴
0.5 場合によりピースをドラッグできない・箱の線が消えるなどの問題を修正。
完成に必要なピース数を指定可能にした。 完成時にピースの移動をするかどうか指定可能にした。
0.6 Sun の Java環境で使用している場合、画像ファイル名の指定が無いとエラー終了する、という不具合を修正。
0.7 マウスに反応しない固定ピースを作れるようにした。
0.8 起動時のピース表示角度を指定可能にした。
完成時アニメの表示高さを指定可能にした。
ピースに画像を貼り付けた時の動作速度を改善した。