濁る青空
流れ揺れる汚い雲汚い落ち葉
汚い私の混濁した狂気
揺れないのはあのロープだけ
ねえ見ててよ
私の生き様死に様



笑顔キノコとキミとボク



とろける



落ちる



ぐじゅり



ここにいるよ、この街に



散る3月にさよならを



山茶花はとうにすべて散り落ちてしまったようで
ああ、雪の上に敷き広げ飾られた褪せた赤が
あの人たちを思い出させる。
ウチ一人ココに置きなさって何処いきはったん、お二人は



白い子



ぼくのいとしいおいしいおてて