世界に三月がやってくる



白濁の目のあの子が
あの木の下
俺をじつと捕らえる



春色さん



春和み



へんなぽーず 。



絵の中の彼は影と同色の羽を広げ



夜色キノコと首吊りの丘



心に羽を



こんにちわぁ
しぃとあそびましょぉー?



絡め捕られたその右腕で
何を掴み取るというのだ
何も掴めぬと泣き縋るのなら
俺が手を握ってやるのに。



ねこのなかには