Chanson du Toréador

from "Carmen"

フィレンツェ
 

歌劇 「カルメン」 より 「闘牛士の歌」 (ビゼー作曲)

"Chanson du Toréador" from "Carmen"  (Bizet)

(マンドリン・アンサンブル、4'49”、MP3 : 4.5MB)
(写真は スペイン; ロンダの闘牛場入口)

  サッカー競技の テレビ番組などでよく聞こえてくる皆さんお馴染みの曲で、今回、フラジル・リオデジャネイロでの オリンピック大会も近づいてきているところから Upさせていただきました (2016.6.4.記)
 
  この歌は、花形闘牛士の エスカミーリョが軍人達から闘牛場での勝利の乾杯を受け、そのお返しに歌う、内容的には いわば手柄話に近いような歌で、真面目な伍長であった ドン・ホセを誘惑した カルメンが後にこの エスカミーリョに心変わりした、その火種となった歌です。
 
  4分の4拍子で、この編曲は ホ長調。 曲の構成は、序奏の後、ここでは マンドラ が奏いている エスカミーリョによる独唱の A1, A2、 声をひそめた A3、そして行進曲風の B1、さらにそれに呼応した歓呼の合唱 B2 と続き (1番)、それが最初から繰り返され(2番)、そして歓呼の力強さを保った後奏で終わります。
 
  エスカミーリョ役としては、カルメン役が ミゲネス・ジョンソン、ドン・ホセ役が プラシード・ドミンゴの ビデオ映画の中で、背が高く自信満々で ちょっと クセのありそうな イケメン闘牛士として歌った ルッジェロ・ライモンディ (1941 - ) が ピッタリで、 その歌の声質、力強さ、キレの良さなども秀逸だと思います。
 
  なお当サイトには 「カルメン」 第2組曲より ハバネラ (管弦楽)、それに マチョッキの 「闘牛場にて」 も Upしてありますので、そちらもお聴きください。

  < 歌詞邦訳 >
 
  1.(A1) 軍人の皆さんの乾杯にお返ししよう。闘牛士も軍人も戦い好きだから! 
      (A2) 祭りの日、闘牛場は上から下から満員だ。 見物人は我を忘れ大騒ぎでどよめく。 
         (A3) わめき、叫び、熱狂し、興奮の渦。 それは誇り高き勇士の祭典。 
            (B1) さあ、身構えろ、いざ! トレアドール (闘牛士)よ、身構えろ、トレアドールよ!
                 戦いながらも心に留めよ、お前を見つめる黒い瞳。恋が待っているぞ、恋がお前を待っている。
               (B2 合唱)(B1) に同じ)
 
 2.(A1) 急に場内が静まり返る。 どうした? 騒ぎがおさまったその時、牛が囲いから飛び出した。
      (A2) 突進し、突きかかってくる。 馬が倒れ、ピカドール (騎乗の闘牛士) が投げ出される。 見物人が怒鳴る、「牛は強いぞ!」。牛はまた突きかかる。
         (A3) 刺さった槍を振り、怒涛の如く走る。あたりは血の海。 逃げ出す観客。 いよいよお前の出番だ。身構えろ。 
            (B1), (B2 合唱) (1番に同じ)。