Soiree de Printemps

 
 

春 の 宵 (カラーチェ作曲)

Soiree de Printemps (Calace)

(マンドリンと ピアノ、3'36"、MP3 : 3.4MB)
(写真は 京都 : 二条城 城内の桜)

  カラーチェ によるこの曲は、"風薫る春の夜、孤独に浸る" とでもいった気分、あるいは風情の、マンドリンの特徴が よく生かされ表現されている曲だと思います。
 
  イ短調、4分の3拍子。 3部形式 の曲で、短調の憂鬱な、あるいは やるせない気分で始まりますが、マンドリンが スタッカート で弾く ニ長調の中間部では、密やかな感じをもちながら 心躍るように、そして 慈 (いつく) しむかのように ピアノの 分散和音 とともに 音が散りばめられます。 そして短調に戻り、最後はしみじみとした弱音で終わります。
 
  "春の夜" の曲では、モンティの 「五月の夜」 もありますので、そちらもお聴きください。