ジプシー手塚プロフィール

名 前

ジプシー手塚

生年月日


1962年2月4日

血液型


O型

星 座


水瓶座


Gypcy's Biography

1962.2.4立春の日、川崎市を中心に不動産会社を経営する父・手塚勇と、鷺沼の農家の娘の母・富士(旧姓安藤)との間の長男としてこの世に生を受ける。今の私を知る人には想像つかないだろうが、少年時代は病弱で、さわれば折れてしまいそうなくらいに痩せていた。因みに、小学1年の時の体重が19kg、高校3年の時の体重が48kg、現在体重74kg(笑)。だが、好奇心旺盛な性格は現在と変わっていない。
人生とジャズのはざまに彷徨い、インプロバイズする放浪者。ギタリスト。エッセイスト。クラブ馬主 。麻雀二段(日本プロ麻雀連盟公認)。マイホームパパ。。。

バートバカラックの映画音楽に感動し、15歳の時にギターを手にする。学生時代は、バンド活動と平行し、応援団の団長を務め学園祭を賑わした。その後、ジャズギターを本格的にマスターするために、ギタリスト石山経麻呂氏に師事。当時、石山氏に師事していた、ほぼ同年代の仲間たちは、粒ぞろいで、松本孝弘氏(B`z)、ガンダーラ金子氏(聖飢魔U)、植田尚樹氏、佐藤克彦氏、ピアニストの沢村繁氏等、みんな(今でも)素晴らしいミュージシャン達がいた。

1983年に、前記の植田尚樹氏と2人で初渡米、帰国後、当時、平和島で毎年数万人規模で行われていたNECコンピューターのマイコンショーのデモンストレーション演奏のギタリストとして抜擢されたことをきっかけにプロ入り。

スタジオシーンでは、資生堂、ミノルタ、NEC、すかいらーく等のCM音楽製作、並びに企業のイメージミュージック製作にギタリストとして参加。

同時期に、各種スクールでレッスン活動を開始。今までレクチュアーした生徒数は、延べ数百人単位に登る。

平行して、度々単身海を渡り、ニューオーリンズ、LA、NY、サンフランシスコで演奏し、本場の人たちにも好評のプレイを披露している。

1990年にリーダーアルバム「LOVE&DREAM」を発表。

また現在まで、完全個人ギターレッスンの「ジプシー手塚ジャズギターゼミ」を田園都市線鷺沼駅傍で主宰、指導にあたり好評を得ている(月刊ジャズライフ誌にも掲載中)。

2002年度にインターネットマガジン「Jazz Page」誌主催で実施された、第四回ジャズメンの人気投票ギター部門で209票を獲得。第6位(!!!)に選出される。


Gypcy's Band

自己のバンドとしては、主に”ジプシー手塚トリオ”(ジプシー手塚guitar、竹下康志bass、大川剛志drums)をメインとして幅広い分野で活動している。
左より、ジプシー手塚(gt)、竹下康志(ba)、大川剛志(dr.)(2002.11.1武蔵中原レストランバーASARIでのライブギグより)。


Gypcy's Private

プライベートでは、2002年4月4日大安吉日に妻・薫(旧姓 仁尾)と結婚。下はハネムーンの写真。





2003年1月21日に長男。手塚恭大朗が生まれる。

 

Indexへ戻る