英語の基礎・基本をしっかり身に付けるための勉強法を中学の英文法を通してお伝えします。

ヘッチャラ英語学習

中学英語文法の基礎とその必要性

英語の勉強は、その基礎をしっかり身に付けるところから始まります。そして中学英語文法はその最も初歩の部分であり、更なる英語の理解に繋がる大切な部分の1つでもあります。

英語を初めて学習する方へ

このサイトは、私の長年による英語勉強の指導経験を基に、英語の初級レベルからやさしく学べるように、できるだけ分かりやすく作成しています。間違いのない英語学習法で、できる限り短期間で英語の基礎を身に付けてください。

まず、英語が出来ないというのは、もちろん一つ一つの単語の意味や発音を知らないという事もありますが、単語の意味が分っても、文章にするとその意味が分らなくなることがよくあるからです。

その理由は、まず、日本語と比べると、伝える言葉の語順が違ったり、言葉の使い方や考え方が違うからです。

また、英語は一つの単語でも、別の違った意味を持つものもたくさんあり、複雑な文になればなるほど、どの意味で考えればよいか分らなくなるからです。

例え、正しい意味でとらえても、全体を日本語で訳そうとすると、ちぐはぐなものになってしまいます。

普段から辞書をあまり使わない人は、単語の意味を調べる時に、一番最初に書いてあるものにしか目が行きません。せっかく辞書を開くのなら、他にどんな意味があるのかも、少しぐらいは確かめておきましょう。

そして、その単語だけを覚えるのではなく、それにつながる語句も同時に覚えることを強くお勧めします。

単語だけを暗記するような勉強はあまり意味がありませんし、いつまでもたってスムーズに話せるようにはなりません。

学校英語は文法ばかり、または文法が中心だから英語の習得には役立たないと言い切る人達もいます。

例えば This is a pen. なんて誰も普通は使わないよ、なんて言われたりもします。

実際そうかも知れませんが、これはあくまでも英語の1つの基礎となるものであって、一見ペンには見えない物を説明する際に、日本語の訳を「これはねペンなんだよ。」とかにしてあげれば十分に使える需要はあるのです。

さらにそこから This is a new pen. Take a look at this. It has a camera.「これは新しいペンなんだよ。これを見てみてよ。カメラが付いてんるんだよ。」みたいな応用だってできるのです。

学校で習った英語が役立ってなかったなどと言っている人たちは、それを実際の場面で使うことを知らなかっただけなのです。

また、英語をただの学力検査や、入試の科目であるとの認識しかなかったのではないでしょうか。

日本人が英語文法を知っていて損をすることは何もないのです。

ここに出てくる難しそうな英語の文法用語を正確に覚える必要はありませんが、余裕がある人はそれらを覚えることで、より便利になることは言うまでもありません。

さらに上を目指す人には、高校などでの勉強で役立つでしょう。 それは、学校のテストにはどうしても文法知識が必要になるからです。

英語を一からやり直したい方へ

中学校などで学んだはずの英語が全く身に付かず、もう一度一からやり直したいと思っている方も多いと思います。

仕事や家事がある状態では、なかなか勉強も手につかないかも知れませんが、中学レベルの英語力がしっかり身に付けば、何とか外国人と英語でのコミュニケーションはとれます。

そのための一番手っ取り早い方法は、文法を身に付けることだと考えています。

ここは、そういう方たちを含めた英語学習の初学者や、英語のやり直し学習をしたいと思っている方たちのために、最低限、英語の基本を身につけてもらいたいと思って作ったサイトです。

外国語を覚える本来の目的は、その言葉を使って会話をしたり仕事をしたりすることにあります。

しかし、高校入試や英検など英語の資格取得などのためには、どうしても文法知識が必要になってきます。

英検3級くらいのものなら、文法もそれほど難しくはありませんので、ぜひ挑戦してみてください。話の内容にもよりますが、日常的な英会話なら中学レベルの文法知識だけでも十分です。

文法にとらわれ過ぎるあまり、人前で英語が話せなくなる事が日本人の大きな欠点ともなっているようですが、とにかく簡単な基本を身に付けておくことが少しでも英語学習の役に立つものと考えています。

しかし、勉強が進んでいくにつれて、基本だけでは理解できなくなることもあります。その時には、身体全体を使って英文を丸暗記する方法を同時に行っていくことも、もちろん効果的です。

例えば、中学レベルで習う簡単な単語だけを使った study hard という英語の意味はわかっても、 hit the books という英語は、そのまま直訳しても日本語では全く理解できません。

hit を使った似たような表現は他にいくつもあるので、この一つの表現をものにするだけで、hit the road(出かける), hit the hay(寝る) などもあまり意識することなく、英語という言葉の持つ感覚(英語らしい言い方)を、少しずつうまく理解できていくことがあるのです。

そこで、丸暗記と言っても、これは単なる一夜漬けのようなものではなく、いつでも確実に使えるようにするために、脳にしっかり定着させる必要があるというお話なのです。

そのためには、ネイティブの発音を繰り返し聴き、それを何度もまねるように口に出して使ってみることも心掛けてみましょう。

そして、英語の勉強だと強く思わないで下さい。面白いと思える表現に出会い、そういうものも含め、少しでも自然と口から言いたい英語が出てくるようになれば、今よりずっと楽しく先に進んで行けるようになります。

親が言葉を文法から教えることはないので、英語を教えるのにも文法なんか必要ないという人もいます。

そんなのは当たり前です。小さな子供に、これは名詞で、これは助詞で、なんて教える人などまずいないでしょう。

でも、子供が間違った言い方をした時には、それとなくその間違いを指摘したり、正しく言わせてみたりすることもあるはずです。

それこそが、知らず知らずのうちに子供に教えている、親なりの文法なのだと私は思っています。

それぞれのページの末尾に、簡単な英語文法の確認テストを置いていますので、ページごとに理解ができたと思ったら、試してみてください。また、それぞれの確認テストを行った後に、簡単な解説も見られるようにしておりますので参考にして下さい。

英語姉妹サイト等

初心者へ贈る英会話勉強方法
初心者のための様々な英会話勉強法や、英作文練習問題などをレベル別に解説しています。日常的によく使われる簡単な慣用表現もあります。

英語イディオムで簡単日常英会話
簡単な英語イディオム(慣用句)を覚えて英会話に役立てよう。

おすすめ英語教材
英語がもっとうまく話せたり聞けたり、とにかく今の英語力をより向上させたいと思っている方のために特におすすめの教材をご紹介しています。

英文法の泉
中学英語を一通り理解できたら、高校英語や英検2級程度までの英文法にも挑戦してみてください。

英語学習 ランキング
人気英語サイトのランキング。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語勉強メニュー







大学受験 塾
ページのトップへ戻る