デッキ集  大会ページ  チャットルーム  掲示板  リンク  メール  
2008年4月15日(火)
とりあえず実験で

チャットをトップに設置しました。レイアウトとかまだまだです。色々不都合が出て来たましたらその都度修正します。
また、教えてくれると助かります。

2008年4月3日(木)
オフィシャルが……

まさかの強行メンテで、夢は潰えた……

2008年3月28日(金)
エラッタが出たら……

サイド3 3
ニューヤーク 3
ガルマドップ 1
イナクト 2
フラッグカスタム(グラハム機)※新規 3
シマゲル 3
ドラゴンガンダム 3
ジョニギャン 3

制圧 1
強行偵察 2
戦いの駆け引き 2
義に殉ず 3

シーマ  2
ギレン  2
ボッシュ 2

G 15

サイド

アプサラスU 3
アッグ 1
ズゴック(ハーディー・シュタイナー機) 2
クルスト・モーゼス 1
気化爆弾 3


ブリッツにエラッタが出たらこんな感じか。禁止なら↑な感じで、制限ならガルマドップの場所に。国葬が入るかもしれないと思ったり。
……oo対策にソロモンの亡霊とかどうだろう。うん、ヴァーチェが邪魔だ。出直そう。

2007年8月21日(火)
オフィシャル更新

ええ、今までもオフィシャルによる突然のエラッタや一枚制限はあったんですよ。でも、それによる実質的な被害は仲間内ではなかったんです。エラッタなんてお金のない僕らにはライバルが弱くなる都合のいいことでした。でも、今回は違いました。友人のS君がモロに被害を受けてしまったんです。
CS予選が終わり、秋葉原にカードを買いに行った時でした。その時S君は、引きの強さと運のよさと、ちょぴっとの実力で見事にCS予選を突破、決勝へと駒を進めていたんです。そこで更なる赤中強化ということで、血の宿命を買いに(一枚も持ってなかった)ショップに寄ったのでした。ですが、強力カードのため売り切れていた血の宿命。
もうこうなりゃ、パック買いじゃ!
と、三パックを購入したS君。当たるのは屑レアばかりで、血の宿命なんて出てきません。
落ち込むS君をほっといて、次の店に行きました。
なんとそこには、血の宿命がありました。
怒ってるんだか喜んでいるんだか複雑な表情のS君は、血の宿命を三枚三千円で購入してしまいました。
その時はやっと手に入れた喜びで、まるで飛び上がりそうなS君でした。
ですが、今回の一枚制限。残念なことに血の宿命が含まれていました。
・・・ドンマイ。
彼のことですから(オフィシャル更新を気にしない)きっとまだ気付いてないでしょう。彼が気付いた時、どれほどダメージを受けるのか。楽しみで可哀想で仕方がありません。

2007年7月31日(火)

いまさらボンボンが終わると知った。非常に残念だ。小学生の頃、コロコロとボンボンを両方買っていた自分にとって、思い入れのある雑誌だったのに。

特に思い出すのはやはり、SDガンダムだ。武者ガンダム系も好きだが、やはり騎士ガンダム系が一番好きだった。
兄貴が昔の騎士ガンダムのビデオをレンタルで借りてきて、それを見たのが始めてのガンダムだった。ナイトガンダムがいたからこそ、このHPがあると言っても過言ではないだろう。

さて、そんな思い入れのあるガンダムだが、ほしの竜一(作家)の騎士ガンダムはもう終わってしまっている。いまは別の作家が書いているらしいが、やはりほしの竜一ではないと、という思いがある。
ほしの竜一の作品はどれも秀逸で、特に最後の騎士ガンダム、『SDガンダム騎士団』は強烈な印象を与えてくれた。

『SDガンダム騎士団』は歴代のキャラがファンサービスとして次々と登場し、騎士ガンダムシリーズの総決算の模様を呈していた。だがその歴代のキャラが次々と死んでいく、しかもあっけなくザコに殺される、という本当に衝撃的なストーリーだった(あるキャラのファンだった自分は、開いた口が塞がらなかった)。


しかも終わり方も打ち切り的で、敵と戦っている途中にカメラがフィードアウトして、『戦いはまだ・・・終わらない』と言った風なニュアンスで締めくくり、そのまま終わってしまった(開いた口が塞がらなかった)。

まぁなんだかんだ言っても楽しい漫画だったのは間違いない。最後の作品はアレだったが、それ以前の騎士ガンダムシリーズは十分に読めるものだ。CS決勝大会の時にSDガンダムのムービーが流れたし、もしかしたらGWに参戦もありえるかもしれない。ここは、予習のために一度見てはいかがだろう?


2007年7月26日(木)
USBが見つかる

HPのデータを入れていたUSBメモリを失くして10日。ようやく見つかった。

まぁそれはさておいて、脈絡もなく独自路線青中を紹介。

ユニット
リボーコロニー 3
ジム(モルモット) 3
リック・ディアス 3
試作3号機ステイメン   3
試作3号機      3
ガンダムF90S   1
ロンゼ    2

キャラ
カミーユ(14弾) 1
シーブック(15弾) 1
アムロ(GTG) 1
アストナージ 2


コマンド
急ごしらえ 3
政治特権 3
身勝手な懇願 2
消える命、咲く命 2
周辺警護 1

オペレーション
カタパルト 2

青G 12
中立基地 3

3号機を出すことに全力を注ぎ、3号機を守ることに全力を注ぐと、勝利が見えてくるデッキ。
身勝手な懇願で奪われた3号機を奪い返すor相手の攻撃を無力化して、高起動でぶん殴る。
負けそうになっても一発逆転ホームランを狙えるようにロンゼを投入。
アストナージ、カタパルトと合わせて、予測もしない大打点を叩き出す、脅威のユニットだ。
ラスシュより、こっちだよね。

2007年7月16日(月)
CSレポート

使用デッキは青緑ブリクリ。

デッキ名 逆G事故

ユニット×15
ミデア 3
ジムモルモット 1
シマゲル 3
ガンダムEz-8(タクスタ) 2
ガンダム6号機(完成形態) 3
ケンプファー試作機 3

コマンド×16
急ごしらえ 3
政治特権 3
一時休戦 1
周辺警護 1
ブリッツクリーク 3
女スパイ潜入! 2
迫撃!トリプルドム 3

キャラクター×2
バーニィ(18弾) 2

G×17
青G 5
緑G 6
青緑G 6

サイドボード

七年の空白 3
ロンド・ベル 2
一時休戦 2
女スパイ潜入! 1
大きな損失 1
ホレス(御守用) 1

一回戦 青赤○××

一試合目
相手が色事故で青が一枚しか出ない。シマゲルで殴って勝ち。

二試合目
相手三枚スタート。相手可哀想だな、とか思った自分が愚かだった。
逆G事故が起こり、ケンプファー試作機しか場にでない状況。
Z3号機にカミーユが乗り、そのまま力で押されて負け。

三試合目
Z3号機にカミーユが乗り、6号機完成形態が転向される。どうしようもない。負け。

二回戦 黒赤 ○○

一試合目
また赤か・・・とか思いながらスタート。6ターン目辺りに迫撃が決まり、20点ぐらい本国を吹き飛ばす。相手が武力を貼るも、バーニィでもう一回迫撃して勝ち。

二試合目
4ターン目にブリクリ。殴る殴る。TRの何かが出たが、勝負はすでに決まった後。勝ち。

三回戦 私の戦争 ○○

一試合目
相手G事故。ブリクリ後に6号機でぶん殴る。相手が私の戦争で本国を回復するも、迫撃が決まる。勝ち。

サイドチェンジ。私の戦争が見えたので一時休戦×2を投入、女スパイとモルモットを外す。

二試合目
相手G事故。ブリクリで殴り、次のターンに迫撃して勝ちだな、とか思ってたら恫喝。
6号機でハンガーにGを送っていたため、手札に余裕が。
Gを4国まで出したところで、こちらの本国を相手が確認。そして私の戦争×3を一気にプレイしてくる。
「じゃ、一時休戦で」
「・・・・・・」
場が凍りついたのがわかった。
その後は6号機で殴って勝ち。
ターンを分けて私の戦争をプレイされていたら負けてただけに、危なかった。

四回戦 白中××
予選突破ラインにいるので、周りはピリピリしたムード。こんなデッキでここに来てすいません、と謝りたくなった。

一試合目
相手ブン回り。
投了。

二試合目
Gが止まる。ガンダム6号機完成形態を頑張って出すも、ハイマットとかいう変なのをブロックできない。投了。

五回戦 赤茶パトゥーリア ×○○
さっきとは打って変わって和やかムード。ガンダムウォーを楽しみたいんだ!というのがヒシヒシと伝わってくる。まぁ、勝っても予選突破できないからなぁ・・・。

一試合目
シマゲルで殴るも、パトゥーリア降臨。しかもなんか、おまけでシャアが。投了。

二試合目
ブリクリ後に殴ってたらなんだか勝った。

三試合目
ブン回り。4ターン目に、女スパイ→ブリクリ→迫撃で23点。勝ち。


3−2(7−5)で30位。サイドにボッシュ等の白対策を入れとかなかったのが響いたか。白中対策を講じていれば予選突破は出来たかもしれないだけに残念。
白に弱いことが判明したので、それはそれで収穫だったかな。
なにはともあれ、オリジナルデッキで予選突破出来そうだったのは少し嬉しかった(大半はブリクリの力と、相手のG事故、ホレスの加護によるものだったけど)。

大会終了後は浅草見物して、アキバでカードを買って帰還。
前日から寝てなかったので、家につくなり折りたたみベッドも敷かずに床に寝る。

朝、体が重くて目が覚める。状況を確認すると、立てて置いたはずの折りたたみベッドが、俺の上に圧し掛かっていた。
なにやら地震があったらしく、その時に倒れたらしいのだが、まったく記憶がねぇ。

なんだか、地震が起きても気付かず天に召されてそうだなぁ、と思ったそんな朝。

2007年7月15日(日)
CS終了

結果は3-2で30位。
仲間もあえなく沈没。ただ、一人だけ空気が読めない奴がいて、そいつだけCS予選を13位で突破した。
疲れたので詳しいレポは明日で。

2007年7月15日(日)
CS

反抗失地青中か、オリジナル青緑デッキ(私の戦争ではない)かで悩みまくった結果、オリジナル青緑デッキで出ることを決定。
いや、反抗失地もいいと思ったんだ。でも、慈愛が高くてパーツが足りないのは致命的ぽかったので、あえなく諦め。
青緑の方は友達の協力もあり、完全にパーツは揃ってるし、やっていて楽しい。初CSだし、エンジョイすることが大切だと思った。

結果は夜にでも。

めっちゃ台風だけど、CSへ出発。

2007年7月14日(土)
パソコンが届く
パソコンが届いた。狂喜乱舞。
予想より少し大きいことに面食らったが(予定していた場所に収まらない・・・)、無事に届いてなにより。
初期不良も見つからないし、よかった。
2007年7月7日(日)
パソコンがぶっ壊れた

パソコンが壊れ、今までのデータが全て飛んだことにショックを感じるかと思いきや、これで10回目なのでなんだか慣れてしまった安楽帝です。


まぁ形あるもの壊れるっていうし、パソコン買い換えるのにはちょうどいいタイミング(むしろ遅すぎた)だったからよかったと思うことにした。


え〜と、予算は……7万円か。貧乏は辛い。とにかく、買えそうなパソコンをネットで検索。

激安パソコンリンクサイトだああ! みたいなところを巡回していくと、とても安くて高性能なパソコンを置く『ねずみ会社(仮名)』にたどり着いた。

とにかく安い。他の『出ル(仮名)』というところでは、8、9万円はするものが、6万円で売ってるではないか。これはびっくりだ。だがしかし、「これだけ安いと怪しいな……」そう思い、その会社の評判をネットで検索してみる。


え〜と、なになに……『ここの会社のパソコンを買いました。予定日に届きませんでした。最悪です』
『買ったら初期不良で動かず。こんなクソ会社、二度と買わん』
 『マジ最悪。箱の中を開けてみたら輪ゴムで部品を固定してました。終わってます』
 『半年過ぎくらいから、パソコンが勝手にシャットダウンするようになりました。もう買いません。もうなにも信じません』

 
 ……これはなかなか、辛辣な評価だ。酷評が多くなるのは掲示板のシステム上当然だが、これはいかんせん多すぎるな……。
 
 掲示板を鵜呑みにするわけではないが、さすがに買うのは躊躇される。他のパソコンを探すことにする。
 
 すると、『ねずみ会社(仮名)』と並ぶほど安い『イーねずみ会社(仮名)』を発見。
 こちらも購入者の意見を検索してみる。すると、『ねずみ会社』と比べ物にならないほど、評判が良い。『5年間使ってますがノートラブルです♪』等、圧倒的な支持率だ。
 
 おお、これは良いものだ。さっそく購入を検討する、が……スペックが、スペックが『ねずみ会社(仮名)』と比べて2ランクダウンする。
 いや、別に性能が悪いわけじゃない。6万円台のパソコンの中じゃ、なかなかがんばってる方だ。だけど、だけど――『ねずみ会社(仮名)』と比較するととても物足りない。
 わかってる、わかってるんだ。6万円台じゃ『イーねずみ会社(仮名)』が普通だって。でもさ、人間ってさ、より良いものをより安く買いたい本能をもってると思うんだ。
 同じ値段で片方が高性能なんだ。なら、当然高い方を買うよ。いくらネットの評判が悪くても……悪くても。
 
 そう、そこが引っかかる。ネットの評判が悪すぎる。とても、信用できたものじゃないぐらいに。
   「でもま、ネットの信憑性なんて当てにならんしねぇ。ネットの評判を鵜呑みにするのは、ただのバカさ」
 それに偉い人が言っていた。「情報を取捨選択し、自分にとって必要なものを取るように」と。
 だから俺はやってやった。情報を取捨選択し、自分にとって都合のいいようにした。
 
 そして購入。本体が届くまで、あと五日ほど。
 安く購入できてよかったと笑うか、壊れて嘆くか……まさに天国と地獄。
 
 最近、こんなことばっかりやってるから泣きを見ることが多いんだな、とふと思った。

2007年6月17日(日)
青中に対する考え

・青中の特徴


青中は、ユニットさえ奪われなければ安定した力を発揮できる色だ。


カタパルトで常にリロール出来る状況を作り出し、優秀なユニットによって、攻防に渡り活躍することが出来る。

場以外では影響力を与えることはほとんど出来ず、一方的に除去コマンドなどをプレイされるが、相手のコマンド対策は多々ある。



・なぜ負けるか


今まで使って感じたことは、ユニットを奪われて負けてしまうことが多かったということ。

せっかく試作3号機や、アムロディアスで優勢だったとしても、三号機をジオや転向で奪われて負ける、というのがほとんどだった。

緑相手ではサイドからの投入でガンダムが取られまくる。

昔は試作3号機の換装が出来なくて負け、といった場面があったものの、近年は消える命とジムモルモットのおかげで、ステイメン換装→試作3号機はたやすくなった。青のドロー力を考慮すれば、このセットが揃わないことはほとんどなくなった。

破壊系はステイメンでなんとでもなる、だから、今の環境で考慮すべきなのは奪われないことにあると思う。シーブックを消える命で確保し、身勝手な懇願を2枚ほどメインで積むのがベストだ(今後、デッキを回していく上で変わるかもしれないが)。

アムロディアスは奪われたところで所詮、3/2/3の屑ユニットなので問題はない。死守するのは試作3号機。故に、例えコマンド耐性があろうとも、シーブックは3号機に乗せるべきだ。

現環境ではディアスよりもハイハンかもしれないが、それはまた別の話だろう。



・今後の青中


後はこれにロンゼを入れて、一発逆転満塁ホームランを狙えるようにしておけば完璧だ。
アストナージでもカタパルトでもいい、プレイしたと同時にリロール出来る手段があれば相手の計算は明らかに狂うはずだ。
血の宿命とかは気にしない方向で突っ走る。序盤とか、役にたたないけど気にしない。ロマンに理屈はいらないからだ。


上記のことで、ロンゼ以外で反論があるだろうが、それは真に正しいと思う。ロンゼを除けばこんなの、自分が勝手に感じたことなのだから、違う意見があって当然だ。むしろ、当たってたら自分がビビる。



…あ、ラスシュ忘れてた。

2007年6月14(木)

CSに出ようぜ!」
 と友だちに言われ、出ることが決定した。
…まいった。だって、デッキないもの。
今一番使ってるのが一撃型のブリクリだけど、血の宿命で死ねる…赤中と当たったら終わりと考えると、とても出れる気がしません。

改めて自分のデッキを見渡して、ほとんどが血の宿命で終わる構築になっているのが悲しい。
でも一つだけ終わらないデッキが…バイクウィニーか。



行くか。



ガンダムウォー −逆G事故ー
※かにチャット様はまだテスト中ということもあり、サーバが不安定になることがあるようです。繋がらない、対戦が途中で出来なくなった等の問題がありましたら、予備を使って下さい。
※ルールに関してはチャットルームで確認してください。
※人がいなくて戦えない! という人はチャットに「何時にチャットにいますから、対戦しませんか?」といったような書き込みをすれば、対戦できる確率が高いです。
ガンダムウォー -逆G事故-