<< Previous

No.4:テスコ・スペクトラム5(1992年製)

 image

 スペクトラム5は1966年、テスコ・ソリッド・ギターの最上級デル
して発売されました。35年前で
3万6千円はかなり高価ですね。スペ
ラム・シリーズ(2・3・4・5・22の5種類)の頂点に立つその名の由
来は、
5色の切り替えスイッチからきているそうです。6個のマクに2
つのアウト・ジャック。見ての通り、かなり斬新で複雑な作りです。
手のギターは必ずと言って良いくらい、発売当初は売れていません。スペ
クトラム5も、やっぱり売れませんでした。おまけにその年の暮れに、テ
スコ商事は
倒産。以後、カワイ楽器に吸収合併されてしまいました。   

 

 このギターの最大の特徴であるゴテゴテしたスイッチですが、一番左
の赤いスイッチはピックアップの切り替えではなく、出力の選択を行うも
のです。ステレオを選んだ場合、
ジャック2から1〜3弦ジャック1
らは4〜6弦の音色が出力されます。6個に分割されたピックアップは、
単に奇をてらったわけではなかったんですね。ちなみに、5つのスイッ
の役割は次のようになっています。
                 

 

1. ローカット・サウンド                   
2.オレンジ フェイズ・サウンド                 
3.黄 シングルコイル・サウンド                 
4. ノーマル・ハムバッカー・サウンド             
5.青 ハイパワー・ハムバッカー・サウンド            

 

 個人的にはの音色が一番好きなんですが、クリーンなサウンドを目指
て開発されただけあって、どのポジションを選択してもキレのある
「使
える音」
が出るので、現在の楽器にも十分対抗できますよ。      

 

 発売から20年以上たって再評価され、1992年の暮れに限定で再発売さ
れました。店頭販売価格は
13万円前後だったと思います。最近、また限
発売されてましたね。
                       

 

ライ・クーダーヴァン・ヘイレンをはじめ、海外にも多くのファン
持つスペクトラム5ですが、
                    

 

「このデザインが嫌だ。」                     

 

て言われちゃうと、ハイそれまでなんですけどね。          



<<Top >>

Next >>