詩的宇宙
コンテンツ>> ウェブログ リンク 掲示板
短歌
---お気に入りの---
○沖縄そば店リスト○
☆首里そば
(那覇市首里赤田町)
☆高良
(那覇市若狭)
☆ぐぅーし小
(浦添市内間)
☆高江洲そば
(浦添市伊祖)
☆ちらー小
(南風原町新川)
☆とぅんち小
(南風原町津嘉山)
☆御殿山
(那覇市首里石嶺町)


詩的宇宙バナー

◆◆ KAZ日記 ◆◆   2 


参るぜ。
このところ毎日、オイラとおんなじ階に住んでる住人の爆音チックなドアの開閉音とスピーカーの大音量に悩まされてるっての。
建物の管理者に苦情を言っても埒があかないし、あまりにもヒドイもんだから直接、「すみませんね。ちょっと熱を出して部屋で休んでるんで、スピーカーの音を少し絞ってもらえると助かるんですが…」つって言いに行った。
そしたら「あー?熱?オレと何か関係あんのかよ。チッ!」…だとさ。
どーやら、下手に出るだけ無駄らしい。
あ〜、水戸黄門でも誰でもイイから、とにかく助けてくれるヤツ募集中なコノゴロだ。困った。
つーか、刺されないよーにしなきゃな。…トホッ

職場のダチが、客人と徹マンするのにサイコロが要るってんで玩具屋に行った。
でも、最近のオモチャってのはテレビゲームが主流らしくって、サイコロだけっつーのは売ってないんだよな。
じゃ、「仕方ないから」ってコトでサイコロが付いてそうな卓上ゲームを探してたら…発見!その名も[乾杯ゲーム]。
<パーティーに最適!>とかってコピー文句がブッぱなされてて、説明文を読んだら…まっ、早い話しが<一気飲みのバツゲー>をするヤツなワケだ。
ご親切なゲームがあったもんだ。
「おい。サイコロが入ってるし、特価の480円だ。もうコレしかないだろ!」っつってダチの背中を押してやりましたっての。…「ヒョウタンから駒」ってゆーけど、アイツはチンチロ探しを期にノミスケになるワケだ。
いや〜、しかしイイ買い物をさせたぜ、ホント。
これでヤツも酒大将だな!っての。
今にきっと仕事中も腰にヒョウタンをぶら下げるようになるんだろうよ。でも、「地球は三角だ」とかってヌカすようになったらヤバイ気もするな…。
まっ、人生ってのは、チンチロからヒョウタンが出てくるってコトなんだな。そんなトコだ・・。

う〜ん。やっぱり相変わらずな毎日だ…。
オイラと同じ階に住む住人の騒音に悩まされてるっての。多分、一日中 磯野キリコあたりが耳元でベシャってるほうが穏やかな気がするぞ。
夜中の2時に「バターン!!」っつードアを閉めるドデカイ音・4連発で目が覚めてしまった。とうとう空爆が始まったのかと思って、ナベを防空頭巾の代わりに被りかけたっての。
眠れない…ソイツ、オイラの部屋の隣の隣のその又隣だってのにテレビの音がココまで聞こえてくる。ビデオで洋画を見てるらしいんだけど…「ドドドド!…ズダダダ!…」「バキュ〜ン!!」つって効果音とともに「Go to hell〜!」とかなんとかダーティーそうな男の声が響き渡ってますっての。
オイ!真夜中だぞ…。で、しまいにゃあ女優さんの絶叫で「オー!ノー!」「ヘルプミ〜!!」ときた。…すわ!一大事!助けてやんなきゃ
!…つーか、オイ!コッチが助けてほしいよ……また寝不足で仕事ですっての。

マズイ!
この頃、やたら体力が落ちてしまって歳を感じてるっての…
しかし、昔の人っつーのはスゴかったなって思うよ、ホント。なんせ、桃から生まれた爺サンがドンブラコ・ドンブラコつって竹ん中から取り出したキビ団子を持って、子分までコサえて月までクマ退治に行ったっつーくらいタフだったんだからな。それと比べるとオイラは…マズイよな。
まっ、ノリピーファンのオレとしては自分に言ってやれるコトは一つだけだな…
マンモス大丈夫かと、マンモスに頑張れよと。つーか、超マンモスに行ってみるかな…ほいじゃ。

街中に迷い込んだ野生の動物を捕獲するのに役立つのは「投げ縄」だったり「吹き矢」だったりレトロなもんだ。
当たり前だよね。そりゃ、子供しか入れないような家と家の隙間だったり、足元のおぼつかない沼地だったりするんだからさ…
でも、行過ぎたデンパ系感覚のヤツってのはホント、ヤバイよね。「もっと、最新の機械を使ってやればイイのに。コンピュータの時代なんだから、ソレで何でも出来るんだから。あいつら古いんじゃねぇの?」ときた。バカだ、ホント。コンピュータが万能だと思ってる。オイオイ!っての。
オイラは仕事の現場でキメの細かい作業をする時にいつも感じる。コンピュータほどイザとなったら役に立たないモノはないべ。
結局、最終的には人間のセンスや知性が重要だからな、ホント。
先人の英知や知恵ってのを無視していると痛い目に遭うぞっての。
新しきゃぁ何でもイイってもんじゃないだろって。
コンピュータってのは単純作業を肩代わりさせたり、自分がめんどくさいコトをさせるモンだろ、所詮。
「コンピは何でも出来る。アナログは古い!」なんて感覚になったらヤバイだろって。
機械ってのは[使われる]モンじゃなく[使う]モンだっての。
以前、オイラに向かって「パソコンがあるから、俺はお前より何でも知ってる」っつったデンパがいたけど[無知の知]っつーのは そうゆうヤツのコトだって思うべ。
つーか、馬鹿の最たるモノだな。
世の中、コンピュータで出来ないコトのほうが多いっての。コンピュータと結婚したり、いちゃついたりしたりは出来ないだろ。…極端な言い方だけどな。
つーか、 出来たとしてもオレはイヤだけどね…
そーいやあ、コンピュータを拝んだら「救われて天国に行ける」っつってた大馬鹿がいたな…

最近、ギターを弾いてない…っつーコトから思い立った。
よっしぁ!又、バンドでもコサエてみるかな。つーコトは、そうだな…まずは、カタチが大切だな。バンド名だよな、やっぱ。…ってなコトでメンバー募集中。『サージとぅポーポーぬ、ロンリーハーツ・クラブバンド』…ちょっと長いかな。ってより、カッコ良すぎだよね。もっと控えめな名前がイイか?…だよな。
う〜ん、思案中。ん?B♭ってコード、どんなんだったっけ…。

急速にヤバイ系のタイプが増殖してる…
コッチが「オハヨウ」とか「コンニチハ」、「元気?」って挨拶したら「ボク、ファイナルファンタジーで○○点も出すんです。ボクを尊敬したほうがイイですよ」とか「ボク、まだ嫁にオハヨウの言い方、教えられてないよ」って30歳過ぎた大の男が言うんだから…ゲーム脳、恐るべし。
普通に知力もあって学校も出て、普通に仕事して結婚して…コレか…。で、チョットお灸を据えられたら、固まって口も利くなったり、「ヤダ、ヤダ」って足をバタつかせてグズったり…幼稚園児みたいな30男が増えた…。
う〜ん、絶妙な世の中だ…。

安くて、お買い得な車があるらしい。
[今なら漏れなく、前の持ち主が付いてくる]っつってる。よっぽど、車に愛着があったんだろうな。
まっ、でもコノ世の人じゃないらしいから「やっぱ、返せ!」とかって言われるコトは無いし、心配は無用。たまには助手席に座って、タダでナビゲータもしてくれるらしいし…お買い得かも。「オイ、オイ。ハンドル切りすぎだろ。こするなよ、バンパー。馬鹿か、お前は?ったく、ヘタだよな〜。まっ、チョット俺と代わってみろ」とかっつってさ。…足も無いのにブレーキ踏めないだろっての。
ん?じゃあ、一度 走ったら行き先は一つじゃん…

オイラの田舎で、ビンタのコトをミンチャンバーってゆーんだけど(オイラの育った地域だけかな?)…響きが気に入ってる。
車や香水とかのブランド名で使ってくれないかな、誰か。…風を呼ぶ。そして、風を着る。…このクルマが時代を加速させる。トヨタから戦慄のデビュー!ニュー・レボリューション・マシン…[ミンチャンバー] 未来へ…ボクらの【ミンチャンバー】 週末はトヨタペット店か山城ポーポー屋へ…ってな感じでさ。
どーよ?って、やっぱダメか…車にビンタ食らっても困るしな…

ガキん頃、学校の放課後に友達同士で輪になってクイズを出し合ってて…「12月24日は何の日?」と質問されて「ウガンブドゥチ!」(沖縄の旧暦行事)と答えたコトがあるオイラ。
未だにクリスマスイブってのがシックリいかないっての…。 そりゃ、旧暦でバレンタインのチョコを貰うくらいだからな…。
そーいやぁ、[ウリズン](強いて言えば初夏にあたる)ってゆー時計のメーカーってのは無いんだな…随分あとになって知ったっての…。
でも、世界チャンピオンを世界チャンプルーって言ったのはオイラじゃないぜ…多分。

最近、食堂でよく出くわす訛具合がビミョーにグレイトな一団に注目している。
俺ん中でブレイク中だ。会話がかなりキテて凄くイイ。
「ここのガレ゛ーライズさウマイ゛んだ。セガイイズ(多分、世界一ってコトだろ)だあ゛」
「東京(どう゛ぎょう゛に聞こえるのよ)にもカレーはあっだんだな。すっごいな゛あ」なんて会話が飛び交っている。
で、しまいには、「今日のカレーは一段と黄色くてメンコイなぁ」って、おい!カレーをナンパすんのかよ。
「俺もカレーに生まれたかったなあ゛」ってオイ!生まれるなよ、カレーに!
きわどい一団だ。
でも少し仲間に入りたい気もするコノゴロだぞ…う〜ん。

<<back


アトリエ・ブレッシング・ファーム

古着屋ハンプティダンプティ
沖縄の古着屋サイト

すぱんく氏のホムペ
すぱんく氏のホムペ

気楽に行くべさ
KAZuのブログ


本サイト「詩的宇宙」へ掲載作品の著作権は、全てKazu.Mにあるものとします。
Copyright(c)2004. 詩的宇宙. All copyrights reserved.