噂の悪ガキ 「ノリと松坂」

2002 年5月

プロ野球最高の瞬間 を見た。たぶん。BWとは無関係の試合なんだが、そんなこたぁ どうでもいいんだよ、わしは。5/13 大阪ドームの近鉄・西武戦。中村ノリが松坂から打った2本目のホームランは、なんとバックスクリーン上の3階席を直撃だ! そして、その瞬間の光景を、わしは終生忘れることがないだろう。あぁ それは大げさだが、少なくともわしの誕生日までは忘れないよ。いつだそりゃ? あんまりうれしかったので、緊急コラムを書いちゃったよ。パ・リーグ万歳! くぅぅ


最近の中村ノリはすごいんだけど。
三重殺にサヨナラホームラン?あいかわらず、劇画なんだけど。
でもこの日の、あの松坂を一人で撃沈する活躍は。。

いやぁまったく、とんでもない選手だわ、中村ノリは。

一本目のホームランは、あんまり好みじゃない。
よくやるノリの 流し打ちのホームラン。案外 器用ってやつ?
器用って言っても、スケールがすごいけどな。

しかししかし、今年最高のシーンは、2本目なんだ。
このホームランには、伏線があるとわしは分析する。

シーズン当初から、新ストライクゾーンをめぐって
ノリ曰く
「んなもん、松坂ゾーンやんけ くそ。
  でもわしは高目は 優香 より好きや 打ったるでー」

松坂は、強気な天才だ。むかっとしたと思う。
「勝負したろやないけー このB?Eオヤジ!」
と。。

その一球。キャッチャーの伊東は内角低めの構えだった。
なんちゅうても、これ以上打たれてはいかんがな。
広岡野球は、無謀な勝負はしないんだよね。

でもノリは、いたずらっぽい目で松坂を誘っていたんだ。

「さっきは せこいホームランで 悪かったのー
 今度は 高目の一騎討ち しようや な!
 ずえーったいに 思いっ切り振るから! な!」。。と

松坂は丸い鼻の穴を広げて、誘いに乗ったんだわ。
「管理野球ごめんなさい!
  でも、このおっさんが、誘いよんねーん」

そして高目の松坂ゾーンに速球を 「おりゃー」
中村ノリが 目ぇつぶって 「おりゃりゃー」

かっきーん・・・・・・・・

アッパースイングどころの話やない。
ノッカーがキャッチャーフライ上げたみたいやったぞ。

その弾道は、もう打った瞬間、見たこともない角度でしてな。

このあとの想像を絶する光景が、わしらの度胆をぬいたんや。
ノリと松坂は、思わず驚いたように目を合わせて。
笑ったんよ。。

信じられる? この、どでかいおおらかなスケール!
マンガや!こいつら マンガやで!
マジ、水島漫画より水島漫画やで!これは

がははは と笑いながらベースを一周するノリと、
グラブで口を隠す松坂!
ライオンズ伊原監督は、すんごい顔してたけど。

二人は、ほんまどうしようもない 悪ガキなんやで。

小学生のときのいたずらで。
電車の線路に ドッジボール 置いたらどうなるやろなぁ。。って。
普通の子はそんなもん、怒られるからやめるねんけど、
いたずらアホ坊主は、どうしてもやってみたいんや。

で、やっちゃう。
電車が通ると、とんでもない大音響とともにボールが割れて、
電車は停まって。。車掌が降りてきて、人が集まって。。

大騒ぎの中、アホ坊主は大笑いしながら逃げる・・

ちょうど、そんときの顔やってん!
自分のホームランに驚く、中村ノリの顔って。
松坂は共犯の ボケ坊主!

やらかしたいたずらの、あまりの結果に笑っとるんや、
二人してな。

中継見てたわしは、うれしうてうれしうて 笑い転げた。
ディス・イズ・パリーグやんか!
なんだか、両軍ベンチもみんな笑ってるし。。

セ・リーグでは こうはいかんやろ。
前の巨人・阪神戦では、ちょっとした不用意な配球でも大騒ぎ。
投げた虎投手も投げさせた虎捕手も、ファンにまで叱られてるやん。
解説者もぎゃーぎゃーいうてな。OBも出てくるんやろ?

ああいうのん、なんか苦手なんよ。
実際に試合に出てる選手が、かわいそうやんか。
あんなこつ、アホボケ パ・リーグではしょっちゅうやで。
ただし、もっとポジティブな無謀さやけどな。

うちの大久保も、雨中のGS神戸で ノリ相手に。
フォーク投げんと、ストレート勝負で決勝3ラン浴びたけどな。
ぜんぜん、わしはよかったね。
火の出るような勝負が、見れてなぁ。

星勘定もおおざっぱ、勝利の方程式なんか くそ食らえ。
これがパ・リーグの魅力やろうし、生き残るチカラや。

しっかし、
ほんっまにノリと松坂は、最高やで。
悪ガキめ。。

パ・リーグのホームランが多い本当の理由、
ホームランバッターが 輝いている 理由、
みんなわかっているよね。

それは一見子供っぽく見えるけど、
本当は オトナの野球 をやってるからなのさ。
わかる?

うれしいな、まったく。

あ、それから、
さっきのいたずら、よい子のみんなは しないでね。

実話。。です

戻る