またかよソルトレーク通信

2002 年 2 月

いつも眠たそうなモーグル娘のメダル獲得で華々しく始まったはずの、ソルトレーク。思えば、自伝出版まで用意されていたもう一人の「テレビ映りのいいほう」の娘にメダルがなかったのが、ケチのつき始め。その後の日本人選手にたいした活躍もなく、「各局第一級総感動体制」で待ち構えるマスコミは、みるみるトーンダウン。4年前の「日の丸飛行隊」ばっかり流すんじゃないよ。まぎらわしい。しかも途中から社会面の話題になった、この五輪。いくつあるのかもわからないテーマソングとやらも、空しく響くばかり。トワエモアに歌わせればよかったんだよ。


アメリカ様が「癒された」そうだから、まぁよかったんじゃないのー?
冬季五輪を「アイスホッケーワールドカップ」としか位置付けていない私としては、なかなかおもしろかったよ。うん。

というわけで、アイスホッケーである。
日本ではほとんど無視されている、この競技。
閉会式前の決勝が、五輪のクライマックスになるはず、だった。
一般的アメリカ人は正直、「これだけ」を待っていたのだから。

カナダ相手の決勝でアメリカが勝っていれば、
「カトちゃんヒゲのドイツ人」が仕切ったとき以来の、
特定国の国威高揚五輪の大団円だったのだが。。

そうはイカの。。リングイネ

ジュリアーニNY総支配人まで来ていたのだがな。
ま、北米同士でまだよかったじゃない。

グレツキーの感極まった顔、
試合終了間際に少数のカナダ人が合唱したカナダ国家。
とかくアメリカという大国に隠れがちな、この国の勝利。
ホッケーくらいしか取り得がない、といわれつづけた国の意地。

私は専門的なことはわかりませんが、
決勝ではアメリカのレンジャーズのゴーリーが疲れてたってこと?
準決勝まではスーパーファインセーブを連発していたけどな。

しかしアイスホッケーは、おもろいどー。

あのスピード感、ワイルドさ、個人技とチームプレイのバランス。。
20分で3ピリオドという試合の適切な長さ、残り時間の明快さ!
ほんとに優れたスポーツだと思う。

なんと言っても、選手交代が自由なので常にエンジン全開!
びしっと決まったパスやゴールの爽快感は、いやっほう!だ。
ユニフォームもかっこいいんだよねー。

映画「スラップショット」で描かれた時代から大きく革新して。
ロシアやヨーロッパから大量に優れた選手を受け容れたNHL。
テクニック主体の近代アイスホッケーは、本当にスリリング。

そんなNHL選手がバランスよく各国に散っている、状況。
プロ選手が参加してこれほど盛り上がる五輪競技はないだろう。
MLBやNBAと違ってNHLは、組織として偉そうじゃなくていいよね。

どんなトーナメントでもそうだろうが、準決勝の方がよかったな。
特にアメリカ対ロシア!
一切たるみのない、すんばらしー試合やったどー。

興奮するわー 最後の「6人攻撃」!
(対抗してゴーリーが6人で、「6人守備」ってないの?)

日本も参加ぐらいはして欲しいよな。
ゲゲゲの鬼太郎に頼んで、「ぬり壁」を呼んで来ればいいのだ。
で、ゴーリーにして ゴールをふさいじゃうのだ。

■判定、抗議、検査、剥奪

一言でいって、フィギュアはあんな世界でしょ。
これまでも、これからも、ソープドラマ。
むしろそういうのが、盛り上がるんだから。

日本での認識とはずいぶん違うだろうけど、
彼らはアイス・ショーの女優、男優志願者なわけだろ。
まー宝塚とかショービズみたいなもんだから、
話題にさえなれば、なんでもね。。

この競技、オリンピックとは切り離したほうが、よかんべ。

ドーピング検査もなー、抜き打ちっていうのがなー。
当然のように注射で血液抜かれるなんて、たまらんやろ。
「なんでもあり」じゃダメか?見てるほう、それでええよ。

少なくともクリアじゃん。

で。

ロシアや韓国は、判定に対して毅然と抗議するよね。
日本って、あんなあからさまなことやられても、
別に国は後押ししてくれないよね。

「日本中でメダルを待っている」とか持ち上げるくせに、
五輪選手が勘違いして議員になるくらい、褒め上げるくせに。
ああいうとき、「国として」はなんにもしてやらないんだね。

押された相手が「オーノ」だからか?オーノはん。。

まーでも、血眼になってメダルを欲しがらない、というのは、
それはそれで、国のあり方としてはいいんでないの?
そういう国のほうが、いいよ。

■新競技提案
なんでこれが?ていうのが正式競技になってることだし。
私も、本当の意味で世界中が盛り上がる競技を提案したい。

それは、無作為選別ラージヒル・ジャンプだ!

各国が戸籍から「えいっ」と選び出した国民を選手に任命。
その人が有無を言わさず国を背負ってジャンプ!

いきなり選ばれた 山田吾郎さん(仮名)=農協職員 
いつもの職場で「お。茶柱が。。」とか言ってるところを。
黒スーツの政府職員にいきなり拉致されて、専用機で五輪会場へ。

テレビの五輪中継を見ている家族が
「この選手、お父さんにそっくりだね。。お、おとうさん??」

いきなり日の丸を背負った山田吾郎!
泣きながら、へッピリ腰で ジャーンップ!ズボッ!
吹っ飛ぶ黒ブチめがね。。

いろんな国の老若男女が ズボッ!ドボッ!ゴキッ!ベチョ!ぷー

オリンピックの真髄やろが、
これ。

戻る