DDF Loose Sox 公式ブルース『ローズとウッズとシーツが正津の絵を描いた』NEW!!

作詞:シゲ竹内
作・編曲:スージー鈴木

1.乳リン隠すな 球隠せ
出し入れいとし 喜味こいし
夜更けの巨乳に 揺れ揺られ
指でなぞれば 皆理解る

ローズとウッズとシーツが正津の絵を描いた
ローズとウッズとシーツが正津の絵を描いた

2.出し惜しみは止せ 安めぐみ
ヌーブラ外れ 夢しぼむ
口先八寸 床上手
ノン気気取れば 手が伸びる

ローズとウッズとシーツと正津は床上手
ローズとウッズとシーツと正津は床上手

真っ赤な潮(うしお)が チルチルミチル
爪痕残すな バンスロー
真っ赤なエロスに 美人局
夜風にふらりと バンスロー

3.言葉で言えない ことがある
身体で応えぬ こともある
ないない尽くしに 疲れ果て
着の身着のまま ホロホロリ

ローズとウッズとシーツが正津の絵を描いた
ローズとウッズとシーツが正津の絵を描いた

4.回転木馬に 恋焦がれ
回転ベッドで ケセラセラ
おんなじ回る モノなれど
絶倫不倫 インリン・オブ・ジョイトイ

ローズとウッズとシーツが正津の絵を描いた
ローズとウッズとシーツが正津の絵を描いた
ローズとウッズとシーツと正津は床上手
ローズとウッズとシーツと正津は床上手
ローズとウッズとシーツが正津の絵を描いた
セラフィニ!

[解説]ついさっき出来ました(2005年10月30日午後10時)。嘘のようで本当に嘘のような千葉ロッテマリーンズ日本一ということで、ただいまNHK『サンデースポーツ』にバレンタイン監督が出演しているらしい。というわけで、こんなことを書いている時間ももったいない。いやいやピアノもベースもギターも手弾き。手弾き。ギターも今回はいつもの「ぞうさん」ではなくって、テレキャスターですよ。弾きまくり。なおゲストギタリストとして、バティスタ、カブレラと並ぶ世界3大ギタリスト、フリオ・ズレータが参加しています。嘘。


DDF Loose Sox 公式春歌『エロバヤシ』

作詞・作曲:スージー鈴木

1.Ah エロバヤシ
Ah エロバヤシ
シャツを破れば エロバヤシ

2.Ah エロバヤシ
Ah エロバヤシ
タバコやめれば エロバヤシ

3.Ah シヤバロエ
Ah シヤバロエ
古本売れば シヤバロエ

4.Ah クリバヤシ
Ah クリバヤシ
珍金バンク クリバヤシ

[解説]2005年2月のレコーディング。友人が少なく、バンド結成は夢のまた夢なので(バンプ・オブ・チキンのコピーバンドをやりたいものだ)、自宅録音でありながら「ライブ」感をいかに出すかを追求。出てきた答えは宅録一発録りという倒錯した発想。いちおう気分はジョニー・ルイス&チャーやクリームとか、そんな気分なのですが、どうでしょうか。自分一人で2人分のギターバトルというのも我ながらバカなことをしています。といっても手癖フレージングは(当然)ほとんど同じだ。ちなみに歌詞の「エロバヤシ」さんは、DDFで私と正一塁手の座を争うライバルのニックネームです。まずは歌でプレッシャーを与えて、ということで(笑)。


3/20川崎球場公式説教ソング『ボブズはヘタレ』

作詞:シゲ竹内
作曲:スージー鈴木

*歌詞は聞き取り不能のため省略します。

[解説]小西康陽氏がスローピッチ好きだったら…という連想で。cooleditというアプリを作ってシコシコ作りました。元バカリミックスの帝王の私としては、この程度であればお茶の子です。


安城ソフトボール場公式テーマソング『雨の安城』

作詞:シゲ竹内
作曲:スージー鈴木

1.雨はいつも気まぐれ 蒼い吐息吹きかけ
心染みる 癒えぬ秋の風
素直に なれなくて

瞳閉じればあの日 じゃれあう貴方の影
思い出せば 辛くなるだけね
情けないわ but I miss you

つれないそぶりの理由(わけ)を ボールに確かめてみる
ウソでもいいから笑顔 見せて欲しいのホントに

いちずな気持ちの理由(わけ)を バットに確かめてみる
尾張と駿河の間で歌う ブルース

※涙の安城レイニー 去りゆく火を消さないで
二人の安城レイニー 燃やし続けて いつまでも ah-

2.ベースに書いたlove letter 気付かぬうちに消える
泣いて泣いて わすれじの安城
つらい思い still I love you

つれないそぶりの理由(わけ)を グラブに確かめてみる
次のイニング終われば 私の恋も終わるわ

いちずな気持ちの理由(わけ)を キャップに確かめてみる
JRと名鉄の間の ブルース

(※印くりかえし)

雨はいつも気まぐれ 蒼い吐息吹きかけ
心染みる 癒えぬ秋の風
素直に なれなくて

安城レイン
安城レイン

[解説]安城ソフトボール場に行って、雨が降って試合が中止になったと。雨を呪い、かつ笑いとばすために作った曲。スローピッチ界の松本隆ことシゲ竹内氏の詞に感化されて、60年代風歌謡ポップスの線で作ってみた曲。ギター:松崎由治(テンプターズ)、ベース:ルイズルイス加部(ゴールデンカップス)、キーボード:ミッキー吉野(同カップス)、ドラム:ジャッキー吉川(ブルーコメッツ)なんてスーパーセッションをイメージして。ここはひとつ是非大西ユカリさんに歌っていただきたい。無料提供します。


DDF Loose Sox 球団歌『亀甲おろし』

作詞:シゲ竹内
補作詞:ノマー渡辺/スージー鈴木
作曲:スージー鈴木

「毒島」
「南牟礼」
「源五郎丸」
「安仁屋宗八」
「Loose Sox Charge!」

1.金もいらなきゃ 女もいらぬ
あたしゃ野球が あればいい

遠くで見つめる ペタジーニ
すきがあったら かかってムーチョ
(かかってムーチョ)

なんやかんや言うたかって ルーズソックスNo.1
われ なんぼのもんじゃい

「ミヤーン」

2.肩で風切る 耳クソたまる
伊達に味噌カツ 食ってない

ギラギラ輝く オルガ夫人
心はひとつ くされアミーゴ
(くされアミーゴ)

あーだこーだぬかしても ルーズソックスNo.1
われ しばきまわすぞ

「シュールストロム」
「ペピトーン」
「ズレータ」
「安仁屋宗八」
「Loose Sox Charge!」

3.ゲイのためなら 男もイカす
顔面シャワーの ♪Ψ∞τ‖⊂(聞取り不能)

タイカップ型の このサオで
打って走って あほんだらボケカス死ね
(あほんだらボケカス死ね)

そんなこんなひっくりかえって ルーズソックスNo.1
われ 酒もってこい

[解説]たった12分で作曲。最短記録。策を弄さない鼻歌作曲こそが単純明快で口ずさみやすいメロディを生み出すのではないかという仮説のもとにチャレンジ。その結果として、コードのルート(根音)とメロディがほぼシンクロしているといういい加減さ。さぁ結果はいかに?


DDF Loose Sox 応援歌『ルーズソックスブルース』

作詞:スージー鈴木
作曲:スージー鈴木

1.DDF Loose Sox DDF Loose Sox
DDF Loose Sox DDF Loose Sox
朝から晩まで DDF Loose Sox

2.DDF Loose Sox DDF Loose Sox
DDF Loose Sox DDF Loose Sox
ピンからキリまで DDF Loose Sox

3.ステラドリーム ステラドリーム
ステラドリーム ステラドリーム
カリからサオまで ステラドリーム

4.ヌクドナルド ヌクドナルド
ヌクドナルド ヌクドナルド
後ろから前から ヌクドナルド

5.DDF シュビドゥバッパ DDF シュビドゥバッパ
DDF シュビドゥバッパ DDF シュビドゥバッパ
朝から晩まで DDF Loose Sox

[解説]初期クイーン風に言えば、"no synthesizer! no computer!" 全部マニュアルで弾いています。不得意なキーボードも手弾き。歌詞の内容は、なんというか最悪ですね。