Windows Server 2008 で時刻同期を設定する (NTP)




Windows Server 2008 で NTP サーバなどと時刻同期を設定する方法は次の通り。

まずは、設定を変更する前に設定を確認する。

コマンドプロンプトにて、

> w32tm /query /configuration

[構成]

EventLogFlags: 2 (ローカル)
AnnounceFlags: 10 (ローカル)
TimeJumpAuditOffset: 28800 (ローカル)
MinPollInterval: 6 (ローカル)
MaxPollInterval: 10 (ローカル)
MaxNegPhaseCorrection: 172800 (ローカル)
MaxPosPhaseCorrection: 172800 (ローカル)
MaxAllowedPhaseOffset: 300 (ローカル)

FrequencyCorrectRate: 4 (ローカル)
PollAdjustFactor: 5 (ローカル)
LargePhaseOffset: 50000000 (ローカル)
SpikeWatchPeriod: 900 (ローカル)
LocalClockDispersion: 10 (ローカル)
HoldPeriod: 5 (ローカル)
PhaseCorrectRate: 7 (ローカル)
UpdateInterval: 100 (ローカル)


[タイム プロバイダ]

NtpClient (ローカル)
DllName: C:\Windows\system32\w32time.dll (ローカル)
Enabled: 1 (ローカル)
InputProvider: 1 (ローカル)
CrossSiteSyncFlags: 2 (ローカル)
AllowNonstandardModeCombinations: 1 (ローカル)
ResolvePeerBackoffMinutes: 15 (ローカル)
ResolvePeerBackoffMaxTimes: 7 (ローカル)
CompatibilityFlags: 2147483648 (ローカル)
EventLogFlags: 1 (ローカル)
LargeSampleSkew: 3 (ローカル)
SpecialPollInterval: 3600 (ローカル)
Type: NT5DS (ローカル)

NtpServer (ローカル)
DllName: C:\Windows\system32\w32time.dll (ローカル)
Enabled: 1 (ローカル)
InputProvider: 0 (ローカル)
AllowNonstandardModeCombinations: 1 (ローカル)

今回は NTP サーバ「1.1.1.1」と同期するように設定する。

コマンドプロンプトにて、

> w32tm /config /manualpeerlist:1.1.1.1 /syncfromflags:manual
コマンドは正しく完了しました。


続いて、設定を反映させる。

コマンドプロンプトにて、

> w32tm /config /update

最後に、設定を確認する。

コマンドプロンプトにて、

> w32tm /query /configuration

[構成]

EventLogFlags: 2 (ローカル)
AnnounceFlags: 10 (ローカル)
TimeJumpAuditOffset: 28800 (ローカル)
MinPollInterval: 6 (ローカル)
MaxPollInterval: 10 (ローカル)
MaxNegPhaseCorrection: 172800 (ローカル)
MaxPosPhaseCorrection: 172800 (ローカル)
MaxAllowedPhaseOffset: 300 (ローカル)

FrequencyCorrectRate: 4 (ローカル)
PollAdjustFactor: 5 (ローカル)
LargePhaseOffset: 50000000 (ローカル)
SpikeWatchPeriod: 900 (ローカル)
LocalClockDispersion: 10 (ローカル)
HoldPeriod: 5 (ローカル)
PhaseCorrectRate: 7 (ローカル)
UpdateInterval: 100 (ローカル)


[タイム プロバイダ]

NtpClient (ローカル)
DllName: C:\Windows\system32\w32time.dll (ローカル)
Enabled: 1 (ローカル)
InputProvider: 1 (ローカル)
CrossSiteSyncFlags: 2 (ローカル)
AllowNonstandardModeCombinations: 1 (ローカル)
ResolvePeerBackoffMinutes: 15 (ローカル)
ResolvePeerBackoffMaxTimes: 7 (ローカル)
CompatibilityFlags: 2147483648 (ローカル)
EventLogFlags: 1 (ローカル)
LargeSampleSkew: 3 (ローカル)
SpecialPollInterval: 3600 (ローカル)
Type: NTP (ローカル)
NtpServer: 1.1.1.1 (ローカル)

NtpServer (ローカル)
DllName: C:\Windows\system32\w32time.dll (ローカル)
Enabled: 1 (ローカル)
InputProvider: 0 (ローカル)
AllowNonstandardModeCombinations: 1 (ローカル)

これで NTP サーバと同期するようになった。





1