griffonpapaの うんちくとひとり言…。
My Favorite Worms
(インプレはまったく個人の印象ですので、参考程度に留めておいてください。)
メーカー・ブランド インプレッション
ゲーリー・グラブ ご存知、ゲーリーのグラブ達です。上から5インチ、4インチ、3インチです。全て元は同じ色
なのですが、右上のグラブだけは何をしても色が変わりませんが、他は日にあてて少し変色
させています。又ある液体(秘密です。(^O^))に漬け込んであるものもあります。
強烈な匂いがしますが釣れるような気がします。それとテールの周辺を少し揉むと中から塩
が出てきて少し濁って白く変色します。これが絶妙にひれのように動き、思わず唸ってしまう
動きです。ボディを揉むと傷がついた魚のようですがこちらは効果はあまりないようです。
真夏の昼頃、誰もがへばって釣れず、やる気のない時に5インチグラブを3号くらいの大きな
シンカーをつけ、ダウンショットにして、投げて、煽って、落としてという釣り方でスイッチを入れ
まったく釣れないマスターズプロの目の前で、ナイスキーパーをあっという間に10本くらい
釣ったことがあります。あのでっかいテールのブリブリ感がいいんだと思いますが、
どうなんでしょうか…?3インチのグラブはもっぱらタフった時のダウンショットに使っていますが、先日の河口湖チャプターで釣った50cmのバスはこれで取りました。(ちょっとセコいかなぁ〜)
なんにもしなくてもよく釣れますが、いろいろいじるとあっと驚く発見があるかもよ…。
ケンクラフト・
ラウンドスティック
これ、某上○屋で売っているケンクラフトのラウンドスティックというワームです。
このワームだけはなかなか安く売っていないのですが、確かにそれだけのことはあり、
なかなか良く釣れます。センコーより、テールが細くなっている分、飛ばない気がしますが、
代わりにテールが微妙に振るえていい感じです。もちろんどこに行っても、グリーン系が良い
のは当然ですが、じつは下のハデなグリーンイエローやピンクも釣れちゃいます。
ただし、スレるのも早いですので、スパイス的に使うと効果的です。センコーが手に入らない時のスペアのつもりで使ってみましたが、どうしてどうしてなかなかです。塩もいっぱい入っている
ので、ゲーリーのワーム同様にワームの持ちは悪いですが…。
某上○屋で売っている商品の中では唯一使えるものではないでしょうか…?
なんでか判りませんが、河口湖の近くのセブンイレブンでも売っていました。
ゲーリー・ヤマセンコー これももともとはNO194というウォーターメロンのシード入りなのですが、見事に色が違います。
上から4インチ、3インチ、2インチです。河口湖や山中湖のバスのエサじゃないかと思うくらい、
よく釣れます。初心者や子供を連れて行った時はとりあえずこれの3インチのノーシンカーを
投げさせときます。3インチなら3ポンドラインでなんらストレスなく、釣りが出来、また釣れるので
重宝しています。ゲーリーのワームはここのザラザラ感がいいのか、塩がいいのか判りませんが
釣れますね…。2インチはマレオ前田プロがCBCのトーナメントで初40UPを釣ったワームですが
ちょっとここまでくると飛ばないし、使用感は良くないです。4インチはノーシンカーやテキサス
でよく使いますが、35〜のバスにはちょうど良いサイズで少し大物を狙う時に使っています。
キャストして、ミノーのようにトゥィッチ&ジャークするとバスがからみつくようにバイトしてきますし
テキサスで使って山中湖で40クラスをボコボコに釣ったことがあります。
エコギア・天々竹 エコギアの天々竹というワームです。このワームはソープ藤谷プロが大得意なワームで、
サイズは3.5インチです。もともと田辺さんがデザインしたワッキーリグ用のワームのようで、
かなり太くてボリュームがあり、投げやすくて使い易いワームのようです。
もちろんエコギアなので味と匂いのカプセルが入っていてそれはそれは良く釣れます。
河口湖で放流後にここぞとばかり、いろいろなワームを試すのですが、ゲーリーのセンコーより
明らかに釣れたことがありました。サイズも気のせいか大きいものが多かったように思います。
フォールするところをセンコーと比べた訳ではないので詳しくは判りませんが、フォールするとき
には両端の形が筍が成長してゆくような形をしており、これがより複雑な動きをしてバスを
誘っているような気がします。マス針のワッキーがけでフォーリング中にガンガン喰ってきます。
周りがセンコーを使っている時に使ってみてください。きっと釣り勝てます。
思わず、にやりとしてしまうこの形が良いですよね。
ズーム・ミートヘッド ズームのミートヘッドです。このワームの偉大なところはなんと20本も入っているのに価格が
安く、しかももともと安いのによく半額??(\300くらい)で売っていることです。
このワームは良くつれるし、ゲーリーと違ってワームがすぐには壊れないので長持ちします。
私はノーシンカーでは使わないのでもっぱらダウンショットで使っていますが、
パームス小沢プロやザラ田島プロなどはこのワームの使い手でなんとノーシンカーでも
使って、結果を出しています。私はもちろんこのウォーターメロンのシード入りが
お気に入りなのですが、上下が色違いのものなどもあり、白/レモンのものなども放流バスが
釣れ釣れになったことがありますし、シナモンにフレークの入ったものやブルー/白などもヒットした実績があります。でもゲーリーがなくなった時のスペアくらいにしか思っていません。(^O^)
ゲーリー・カットテール これもいまさら説明のいらないご存知、ゲーリーのカットテールです。上の2つが4インチで、
下が3.5インチです。私はマス針(本当の)でワッキーとオフセットでのノーシンカー、それと
ダウンショットで主に使っています。クラブのメンバーもこのワームが苦手などと言う者は
一人もいなく、全員が得意なワームではないでしょうか…?ラッキー高塚プロなどはこのワームを
溺愛しており、ワームBOXの中は一箱すべてカットテールのBOXがあります。
彼はウィードがあるところはとりあえずカットテールのノーシンカーを投げています。(^O^)
先日の雄蛇ケ池戦では44.5cmをスクール神田プロが釣って、ウイニングルアーになっています。
4インチはノーシンカーで使える快適な大きさですが、3..5インチはちょっと軽すぎて、
使用感がいまいちで、釣れ方も4インチと変わらないので私は4インチをメインに使っています。
ケイテック・ジザイシリーズ
& リトルスパイダー
ケイテックのジザイピューパ、ジザイワッキーです。専用のシンカーを中に挿入出来、重さや
挿入する場所によって動きまで、いろいろに変えられるという触れ込みの画期的な ????
ワームです。確かにイモグラブにシンカーを入れるとよく飛ぶのは当たり前ですが、
当然フォールは早くなり、フォーリング中のアタリがないような気がします。
ルアーと同じように勝負を早く、チェックしていくような感じで使用するにはいいと思います。
使用感はワッキータイプも同様です。ただしこのシステムは最大の欠点があり、
どちらもフルキャストするとシンカーが簡単に落ちてしまいます。イモグラブはマス針ではなく
オフセットを使えば、もちろん問題ないのですが、ワッキーはフルキャストすると
どうしてもシンカーが落ちてしまいます。7〜8分目くらいの力でキャストすれば問題ないのですが、
それでは意味ないですよね…。結局、ゲーリーのイモグラブやセンコーとくらべて明らかな
アドバンテージはなく、いまではほとんど使っていません。(^O^)
リトルスパイダーはジグヘッドやダウンショットで使っていますが言うまでもなく、素晴らしいです。
ストーム・スイムシャッド 世の中、スイムベイトブームですが、河口湖、山中湖をメインにしている我々には、
どうも大きなスイムベイトを投げる気にならず、私はこのサイズを時々投げています。
なんだかお腹のシンカーがキラキラ光って、本物っぽいのでずっとキャストを続けられる
ルアーです。お腹にトリプルフックが付いているので、バスの掛かりはよくバレもないように
思います。山中湖の旭ヶ丘周辺のまぱらにウィードの生えたところで使ってみましたが、
何匹か子バスが釣れました。このシリーズはお腹にフックがないものもあるので、
そちらなら底で立たせたり、ウィードのもっとあるところでも使用できそうです。
4個くらい入っていて、価格も普通のワームと変わらないのでお勧めです。
バークレイ・パワーホッグ ズームのブラッシュホッグが出てきた後、すぐに出てきて、匂い付きでブラッシュホッグを
蹴散らしてしまいました。写真は3インチと4インチです。このワームは一般的にはテキサス
で使用するのでしょうが、(私ももちろんそうしていますが)じつは少し前に一部で流行った
のですが、3インチをジグヘッドで使うと良いことがあります。私は昨年??(一昨年)に
河口湖がものすごいクリアになったことが(5mくらいまで丸見えだった)あって、そのときに
これを見えバスに試したことがありました。なにをやっても反応しなかった見えバスがハグッと
噛み付いてきました。40cmくらいのバスで、ランディングする前にバレてしまいましたが
良い思いをしました。このときにも子バスは何匹も釣れました。機会があったら試してみて。
デプス・デスアダー&
チビアダー
デスアダーは釣れるらしいのですが、ちょっと河口湖では使う勇気がなく、まだ使っていません。
チビアダーは主にジグヘッドやスプリットショットで使用しています。また水深の浅いところでは
ノーシンカーでも使用できます。細くて短いテールがじつにかわいらしくひくひくと絶妙に動き、
上下をさせるようなジグヘッドの使い方をするいかにも釣れそうな気にさせてくれます。
また最近流行りのレベルストロークでもよく釣れ、山中湖のウィードがまばらにあるような
ところでは使いやすいリグです。またパームス小沢プロもこの釣りは得意なようで山中湖では
かなりいい思いをしているようです。背中にスリットが入っているので、ワッキーというよりは
1/0フックのオフセットあたりをセットするとちょうど良く、ノーシンカーやスプリットショットの釣り
には私はオフセットフックを使っています。針掛かりも問題ありません。
エコギア・グラスミノー コバッチ釣りの最終兵器です。このワームを小さなジグヘッドにつけて、放流のあった日に、
河口湖に行くとバスがいくらでも釣れます。(^O^)。この釣りはジム加藤プロが大得意で、
河口湖の橋脚周りで二人で放流バスを釣っていた時のことです。私はゲーリーの3インチグラブ
のジグヘッドで釣っていたのですが、同じようなところを攻めていたのにも係わらず、
彼に釣り負けてしまいました。(^O^)これはたぶんワームの差だと思います。
コバッチ相手とはいえ、私はすぐグラスミノーを買いにいったのはいうまでもありません。
いつかこれでコバッチを釣ってやろうと思っていたのですが、それ以来この釣りは封印しているような気がします。どうしても困ったときはやってみましょう。投げて巻くだけでコバッチ釣れます。
ゲーリー・4インチワーム このワームはメジャーなゲーリーワームの中にあってはマイナーな存在のようです。
カットテールにグラブのようなカールしている尻尾を付けたような形状のワームですが、
これがなかなかな釣れます。4月の山中湖ででっぷり太った産卵前のバス(35〜40cmくらい)
をダウンショットでボコボコに釣ったことがあります。当日はグラブやカットテールも
使ってみましたが、当日の釣り方がズル引きがメインだった為か、このワームが一番反応が
良かったです。(テールのひらひらがバスを誘っちゃったのかも知れません (^O^) )
お店でもあまり売っているところを見かけませんが、売っていたら是非、購入してください。
マイナーな存在とはいえ、やっぱりゲーリーの一族です。しっかりと釣れますよ。
ズーム・ブラッシュホッグ いまではバークレイの匂いつきのパワーホッグにエイリアンワームの王座を奪われて
しまいましたが、(^O^)元祖はこちらです。やっぱりテキサスで使うのが一般的でしょうが、
ラバージグや、ジグヘッドに付けて使ってもおもしろい動きをします。
エビのハサミのような形にも見えますので、最近出てきた底で立つジグヘッドやラバージグに
セットして使うとザリガニが怒っているようでなんかいかにも釣れそうです。(^O^)
艶のないズーム独特の素材が良いのか、あのビロビロとした腕のようなものの動きが
良いのかどうか良く判りませんが効果があります。私は小さい方、(3インチ?)をダウンショットで
使うこともあります。不思議と釣れてくるサイズが少し良いような気がします。
ギャンブラー・スタッド 最近脚光を浴びています、レベルストローク、名古屋釣法、ミッドストローリング???なんかに
適したワームです。ジグヘッド(特にメガバスのリアルなヘッドのジグヘッド)にセットして使うと、
水平に引いて来るだけで(これがけっこう難しいんだけどね)勝手にローリングして、
いい泳ぎをしてくれます。テッップを揺らさなくてもオッケーです。またジャーキイJの代わりに
ワッキー横掛けにして、ヘッドにネイルシンカーを入れると、いい泳ぎします。以前に吉羽園で、
ゲーリーのワームで一通り釣って、あたりが遠のいた時にスタッドの3インチをスプリットで
使ったら、入れ喰いになったこともありました。いろいろなリグに使えて価格も安く、(某上○屋
では良く\300くらいで売っています。)なかなか使えるワームです。
ただしウォーターメロンシードはなかなかないのであったら即大人買いしてください。(^O^)
トップページへ戻る
Lure Impressionへ
My Tackle Impressionへ